ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さい字

その人はアメリカの人だと思いますが、カタカナは英語の大文字、 ひらがなは小文字に相当するものと勘違いしてたそうです。小さい「つ」や「よ」のほうが小文字に近いのでは? と思いましたが、「大文字ト小文字ハ、カタチ違ウカラ」とのことです。
確かにそうですが、その後に続いた言葉は納得いきません。
「ソモソモ、ワタシ、ソレ使ワナイ」

使わないって、どういうことなんでしょう。
消防車は「しようぼうしや」ってことなんでしょうか。
サイレンを鳴らして火災現場に急行している赤い車のこととはとても思えません、しようぼうしや。
現場にたどりつけるのか心配になりますが、それよりも、ホースから水が出るのか?帽子でも出るんじゃないか?帽子からハトが出たら楽しいな。などと、家がボーボー燃えてる最中にこれをお読みの方に怒られそうです、ゴメンなさい。手遅れになる前に逃げてください。

もしかしたら、使わないってのは、省くってことなのでしょうか。
「しうぼうし」
これじゃ、なにがなんだかわかりません。
蝶々は「ちうちう」だし、ターミネーターは「シワちん」です。
「シワちん、ちうちう」
だからって組み合わせる必要はないんですけど。

と、ここまで書いて、別の疑問がわいてきました。 それは、なぜ外国人の話す日本語は、カタカナに聞こえるのかです。
ご存知の方は、ぜひご一報を。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。