ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見ない買わない

「キャンペーン」なんて聞くと、ついつい何か貰えるんじゃないかというおトクな感じにウキウキしてしまいます。
【続きを読む】
スポンサーサイト

『ミリオンダラー・ベイビー』

「そして幽霊が戻ってきた」
正確な引用ではないかもしれませんが、そんなセリフが出てきます。

イーストウッド作品の多くに、幽霊が登場することはよく知られています。もちろんそのフィルモグラフィーには、ジャンルとしてのオカルト映画なんて存在しませんので、なんのことだかさっぱりわからないという人もいるかもしれませんが、興味があったら続けて読んでみてください。

05052801.gif

【続きを読む】

『ザ・インタープリター』

とあるお方のブログでコメント欄に『インタープリンター』って書き込んじゃって、顔から火が出る思い、まさに『炎のメモリアルン♪』でございます。
これから高速道路の料金所で領収証をもらうたび、それを悔いると考えると身も心も引き裂かれそうなので、ETCの導入を検討しているんでございます。 【続きを読む】

やましい気分

ふと思うのは、わが子のことです。
ここで言う「わが子」とはウチの子供でも特定の子供でもありません。もちろん、歌手松田聖子さんの長女SAYAKAさんの芸能活動休止と親子間の確執とも何ら関係ありません。


【続きを読む】

『デンジャラス・ビューティー2』

とびきりの美人でもセクシーでも金髪でもない、「女なのにニューハーフみたいな顔」とウチのものが評するのでよく見てみたら確かにそう思えなくもない、でも決して嫌いではない、そんなサンドラ・ブロック嬢が主演です。
05052301.gif

【続きを読む】

丸出し

どこの誰とは特定するつもりはありませんが『交渉人~真下正義』について書かれたブログのいくつかに、「子供に見せたくない番組」の報道に繋がると思われる記述がありました。 【続きを読む】

子供に見せたくない番組

「あのラーメン屋さんは、うまい」と言えるのは、その店でラーメンを食べたからで、食べてもないのに「あの店は不味い」なんて言うのは、悪質な営業妨害とか何らかの意図があるに違いありません。
あるいは、「大塚愛って可愛いね、見たことないけど」なんて言うヤツがいたら、頭がおかしいので関わらないほうがいいでしょう。

てなわけで、5月18日に各マスコミから報道された、「日本PTA全国協議会によるテレビ番組に関する小中学生と親の意識調査」の結果を見て思ったのは、テレビの善し悪しを決めるために、いろいろな番組を見て研究しないといけないなんて、PTAの会員は大変だな、ということでした。
【続きを読む】

『交渉人~真下正義』

見たことがない人でもその名前くらいは聞いたことがある『踊る大捜査線』シリーズの<スピンオフ>映画ですが、今思えばなんであんなに日本中が大騒ぎしたのかわからない『オースティン・パワーズ』のマイク・マイヤーズ初主演作であり「サタデー・ナイト・ライブ」のコントを映画化した『ウェインズ・ワールド』と同じ視点で観ることができるかを試される”自称映画ファン”の踏み石的問題作、ではなく、パニック娯楽作品です。
パニックなのに娯楽ってのも変ですけど。 【続きを読む】

ここに欲しい情報はありません

やはり、先日、テレビでとりあげられたせいでしょうか、そこから検索してここに来られた数多くというほどでもない方々が失望のあまり肩を落とす姿が目に浮かびます。人をガッカリさせることが目的の一部でもありますので、ここはひとつ「してやったり」と小さくガッツポーズを決めさせて頂くことをご了承ください。
【続きを読む】

『ブレイド3』

じつはこれが2回目の鑑賞。
誤解無きように申し沿えておきますと、『ブレイド』シリーズのうち2作を劇場で観たということではなく、『ブレイド3』を2回観たという意味です。
というのも、1回目は昨年末に海外旅行した際に観たのですが、これを読む人の多くがそうだと決め付けさせていただきますが、あいにく英語より日本語が堪能なせいで、大筋はわかったもののセリフの6割が理解できなかったので、改めて挑んだわけです。
05051001.gif

【続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。