ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ロードショー】

原語:ROAD SHOW(英語)

和訳:街頭興行

類語:封切公開(従来は特別興行の意)

用例:「金曜─」「─じゃなくてどうでしょうだよ、大泉洋は」
前回の続き)
幾多の試練を乗り越えやっと映画館に辿り付いたからといって、ここで油断してはいけません。実際に映画を見るまでには、まだいくつもの難関を乗り越えなくてはいけないからです。

まず、どのシートに座るかが問題となります。

音響設備の観点から言えば、館内のど真ん中が一番良いことになってるらしいのですが、茶の間でひとりでテレビを見るのとは違い、必ずしもそこに座れるとは限りません。
わたしはど真ん中にこだわらないから別にどこでもいいよという方もおられるかもしれませんが、真の問題は真ん中だの隅っこだの最前列だのという相対的な位置関係ではなく、個々のシートという絶対的な存在にこそ致命的な罠があるということです。

ある映画館のあるシートでは、腰をおろす部分に求められる弾力が著しく低下したものがいくつかあり、運悪くそこに座って長時間の鑑賞が辛かった経験があります。また、今はなきある映画館では、弾力云々を問う以前に腰をおろす部分すらなくて、でも背もたれは残ってるので気付かず座って酷い目を食らわされた経験もあります。

繁華街の場末にある映画館ならいざ知らず、最近の映画館は設備も新しいからそんなことはあり得ないよ、と安心してはいけません。
シートに腰をおろしてみたものの、誰かがこぼした飲み物のせいで床がやけにペタペタすることだってあります。それどころか、都内某渋谷の某シネマライズには、『小便小僧の恋』か『バスケットボール・ダイアリーズ』を見ているときに、花粉症のため止まらなくなったソレが、肘掛け部分にこすり付けられていたシートさえも存在するのです。
それに、最近の映画館ほどチケット購入時点で座る場所を決める全席指定を導入しているので、それはつまり自分の目で実際に館内を確かめぬまま決断を迫られるということですから、よりいっそう注意が必要です。いざ座ったらスクリーンではなく客席を向いてるシートだったとか、まわりがみんな阪神の応援団で、しかも新大阪行きの新幹線だったということがないとも限りません。

そうした事例を踏まえて慎重に選んで実際に館内に入ったものの、目的のシートに誰かが座っていることがあります、全席指定のはずなのに。
あなたが大人数ではなくひとりきりの場合「あー、キミキミ、ここは私の席だと思うのだが、キミのチケットの半券を確かめさせてくれないかな」と紳士的に言うのが恥ずかしくていきなり蹴り倒すような人だったらいいんですが、あいにくひとりで映画を見に行くようなヤツは紳士的でもなく腕に覚えもないので、いさぎよくそのすぐ後ろのシートに座り、聞こえよがしにブツブツ文句を垂れたり咳払いしたり前の背もたれに脱いだ靴下置いたりしましょう。
気をつけなくてはならないのは、あなたが座ってる席が誰かの席かもしれないということです。もし、その誰かが来てしまったら、すぐさま席を立ち他の席を探しましょう。その際、その誰かにはあくまで低姿勢に、しかしあなたの本当の席を奪った憎いアンチクショウには毅然とした態度でいられるのは、その誰かがいきなりあなたを蹴り倒すような人ではない場合に限られます。
それが集客性の高い作品だったりすると、席を移るたびに「その誰か」がやってくることもあり、うっかりしていると何度が移動してるうちにふと気付いたら新大阪行きの新幹線だったりします。

さて、やっとシートに腰を落ち着けたからといってそこで緊張の糸を解くことなく、前をよく見ましょう。
よく、魅かれ合う男と女の間には目に見えない何かが存在するなんて言われますが、あなたとスクリーンの間には目に見える他人の頭が存在するのでした。
(次回に続く)
スポンサーサイト

コメント

青春な映画

確かに初めての映画館での座席指定はとまどいますね。
ここ何年か仕事も家庭も忙しく映画を見に行く事がめっきり減ってしまったけど、久しぶりに2日間連続で映画館を訪れました。日常から離れて映画の世界にどっぷりと浸り、ああこのまま映画が終わらなければいいのにと思うあの感覚はたまらないですね。
くそみたいな仕事は早々に切り上げて映画を見に行こう。
しかし、最近見たのは女の子の映画ばかり。ジェシカ・アルバにときめいたまではいいのだが、まさか宮崎あおいにときめくとは。だめだね。

  • 2005/10/28(金) 01:26:04 |
  • URL |
  • はち #-
  • [ 編集]

あの~。

某渋谷の某シネマライズって何処ですか?
「某」って言われちゃうと分からなくなるので
ハッキリ教えて下さい。
もしかして渋谷のシネマライズのことかなぁ?
思い過ごしだったらゴメンなさいm(_ _)m

  • 2005/10/28(金) 15:22:09 |
  • URL |
  • こっちゃん #TyqeI/Mo
  • [ 編集]

はちさま

そういえばむかしは「平日解放、土日のみ指定席」って暴利をむさぼってた映画館もありましたね。

そういうあなたは、もしかして、ご無沙汰してるあなたでしょうか。

  • 2005/10/28(金) 22:42:22 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

なぜでしょう。

自分の席に誰かが座っているのを見た時。
「私が間違っているのだろうか」と不安になるのはなぜですか。
「あのぉ。ここ私の席なんですけど」と言った時に罪悪感を覚えるのはなぜですか。

教えてください、にらさま。

  • 2005/10/28(金) 22:49:14 |
  • URL |
  • あむろ #y.6mc9WE
  • [ 編集]

新大阪行きの新幹線だったなら大変です。
あなたが座った2人がけの席は大阪へ帰るオバはん3人連れによってスコーンとひっくり返され、いつの間にか4人組にされてしまいます。兄さん、食べたら?とオバはんに冷凍ミカンを差し出された時、『そこは私の席じゃないかな?よく確認してくれたまえ』と言って現れた国広富之によってあなたはまた渋谷の某シネマライズに戻れるのです。って勝手に話を戻してみる迷惑な女。
続きに“アフロ”という言葉はでてくるのでしょうか…ちと期待。

  • 2005/10/28(金) 22:49:56 |
  • URL |
  • たみお #-
  • [ 編集]

こっちゃんさま

真実を知るということは、時に痛みを伴い、時に恐ろしいものでもあります。
その覚悟があるというのなら、お答えしましょう、ホームシアター閉鎖の真相とごっちゃにして。

ちなみに、某は階段降りた地下のほうです。

  • 2005/10/28(金) 22:54:41 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

あむろさま

不安になる理由・・・
A.シネコンの場合
席ではなく、部屋(スクリーンっていうのかな?)を間違えたのかもと思うからですよ。
B.単館の場合
ここでは言えないような恥ずかしい作品を見に行ったからですよ。

罪悪感の理由・・・
A.秀吉の場合
もしかしたらその人は、冷え性のあむろさんのために席を暖めてただけかもしれないからですよ。
B.キリストの場合
全ての人々の罪を背負ってゴルゴダの丘に登ったからですよ。

  • 2005/10/28(金) 23:07:13 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

たみおさま

3人掛けでないがせめてもの救いです。
冷凍マグロでないのが九死に一生です。
とはいうものの松崎しげるも捨て難い。

ということで、限りなくアフロに近い石立鉄男が大活躍する次回の「噂の刑事~トミーとマツ」を、乞うご期待。

  • 2005/10/28(金) 23:23:31 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

座席指定

指定席に座ったものの、前の人がとてつもなく座高が高い人とか極端に頭のでかい人だと悲しくなっちゃいます。
そんなときは「すみません、頭がでかいんですけど・・・」などとは言ってはなりません。「もうちょっとゆったり座っていただけませんか?」くらいにしておきましょう。

  • 2005/10/29(土) 23:43:12 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

kossyさま

前列の人の頭が気にならないように、六本木ヒルズのシネコンにあるプレミアムスクリーンには、後ろの座席からタライが落とせる通称ドリフ・システムが導入されていると聞きました。
大阪では、ハリセンバージョンの通称チャンバラ・システムが開発中らしいです。

  • 2005/11/01(火) 11:03:08 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/104-91101f0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。