ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【上映】

読み:じょう-えい

類語: 放映(テレビ)

用例:「絶賛─中!」「大ヒット─中!!」「都合により─中止」

前回の続き)
注意すべきは前方ばかりではありません。
前方の障害物を、物理的に強制排除、もしくは精神的に無いものと想定したあなたの上半身を預けた背もたれが、後方からの強い衝撃に見舞われることがあります。
その原因は、1列後方の指定席へと向かう人がたまたまぶつかる、という事例がほとんどだと思われますが、中には真後ろの席に座った人が脚を組みかえる際に靴のつま先が当る、というケースもあります。
組んだ脚をブラブラさせてそれがあなたの背もたれに衝撃を与え続けるのなら、即座にやめてくれと進言したり睨んでみたりもできます。
しかし、そうした事例は極めて稀です。たいていは脚を組みかえる際にたまたま当たってしまうわけで、しかも次に脚を組みかえるまである程度の時間が開きます。
「今回はたまたまだろうから許してやるが、この次にドンとやりやがったら、絶対に文句をつけてやる」と心に誓い、関節が白くなるほどコブシを握り、血がにじむほど下唇を噛み、次の衝撃に備えるものの、いつしか怒りも誓いも忘れて映画に集中してしまうのでした。

かつて、ある大学教授が、上映中に人はどのくらいの頻度で脚を組みかえるのかを調査するため、ある映画を上映している映画館で生徒たちに他の観客を観察させたことがあるそうです。生徒たちが収集したデータを分析してわかったのは、「主役の女性はかわいいけど」とか「最後のオチが途中でわかっちゃいました」とか、人は映画館では脚の組みかえよりも映画を見ている、ということと、でもその映画はあまり面白くなかったということでした。

とはいえ、誰も観察してなくたって脚の組みかえはいたるところで起きています。
そしてあなたも、忘れた頃に背もたれを蹴られるのです。しかも、すっかり忘れている→背もたれに衝撃→びっくりする→蹴られたと気付く→怒りを蓄積するというプロセスを経ているうちに、またしても注意を促す機会を逸してしまいます。
この次こそは、とすぐ振り向けるようにと座りなおすあなたは、おもわず前列の背もたれを蹴ってしまい、すぐさま振り向いた前列の人から暗闇の中なのにはっきりわかるほど殺意のこもった視線と舌打ちを頂戴するハメになります。
小声で「すみません」と謝ったものの、その原因は後ろのヤツなんだと思うと、忍耐はほぼ臨界点に達します。こめかみは青筋立ち、奥歯が欠けるほど食い縛り、全身を怒りに打ち震わせていると、隣に座ってる人に「ビンボー揺すりはやめてください」と注意されてしまうのでした。

髪が逆立つほどのアドレナリン分泌を感じつつも、やり場のない怒りと震えを堪えるべく、床に足を踏ん張り変形するほど肘掛けを握り締め、ギリギリ音を立てるほど背もたれにその身を押しつけている、まさにその時、

ドン

ついにきたきたきやがったこのきかいをのがすまいおまえのせいでいわばしめんそかのじょうたいにあったんだからえぇえぇそうですともきっちりせきにんとってもらいますからねいえいえいいわけなんてさせやしませんよきさまがないてゆるしをこおうともおもいのたけをがんがんぶつけてこんなことならしんだほうがましだとおもうくらいにおいつめてやりますからこのうじむしめ。
光よりも速いそんな思いを脳裏を駆け巡らせつつ、振り向こうとしたその瞬間、

「ゴソゴソしてんじゃねーよ、てめーのでけーアタマでみえねーんだよ、それにいきなり髪の毛ピンコ立ちしてんじゃねーよ」

と、振り向くまでもないギャル系の女性に罵られ、館内全員の失笑を買う羽目になります。
この時点で、自宅を出た時に比べ2/3ほどに萎縮してシートに座り微動だにしないあなたは、「心頭滅却すれば火もまた涼し」を手の平に何度も書いては飲み、5回に1回「車」と「人」の時を書いては飲まねばなりません。そして、なんとかスクリーンに焦点があう頃、気付くのです。

右斜め前方で売店で買ったポップコーンを貪り食う人。
左横でマックシェイクをすする人。
左後方から携帯電話の着メロ。
右後方から聞こえる、あきらかにイビキだとわかる音。
反響で左右前後どことも知れないお喋りを続ける人々。

ある統計によれば、もしも映画館が100人の村だったら、30人はこうした迷惑な人たちを含め他の村人を「このウジムシめ」と思った経験があり、残りのほとんどの村人は、他の人をウジムシ以下だと思ってます。
残りのごくわずかな人は、「他人さまには迷惑をかけないようにしよう」というごく慎ましやかな住らしながら、「だって、自分はウジムシだから」「いやウジムシ以下の存在だから」と考えているわけで、結局のところ映画館という村はすべからくウジムシもしくはそれ以下な存在だらけなのでした。

と、思ったら涙があふれてきて、スクリーンから目をそらしてうつむいたあなたの足元に、白いウジムシが。いえウジムシみたいなポップコーンのカスが。
(続く)


ところで、この項を書くにあたり、「上映」は、映画に対してのみ使われるコトバなのだとあらためて認識した次第です。
たしかに、テレビの場合は放映だし、ビデオだったら再生です。音楽なら公演で、演劇だったら上演で、焼肉だったら叙々苑です。行ったことないけど。
スポンサーサイト

コメント

そうそう

本日渋谷のイメージフォーラムにて鑑賞中、まさに後方からの攻撃を受けたところです。何なんでしょう?何故あんなにも脚を組み替えるのか?掌が白くなるほど拳に力を込めたのですが、いつしか映画の世界に浸っていく情けない人間なのでした。エリカがきれいだった。(出張帰り)

  • 2005/11/03(木) 01:56:16 |
  • URL |
  • はち #-
  • [ 編集]

はちさま

これまた渋めの映画を渋めの劇場でご覧になられてますな。
ところで、はちさんは、以前渋めの谷までに初代エルメス兼初代お~いお茶をいっしょに見に行ったはちさんだと思ってますが違いますか?

もしも、はちさんとはち公の前ではち合わせになったときは、是非誘ってください、叙々苑渋谷店。

  • 2005/11/03(木) 09:43:03 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

蹴りたい背中

俺もよく蹴られます。もしかして頭がでかいのか?などと心配しつつも深く腰掛けていることを確認し、「次蹴ったら、タダじゃすまないぞ!」と怒ってみるのですが、やはり第2弾の蹴り攻撃はなかなか来なかったりします。
そんなこんなで、座席指定の際は後が通路である列を選んでます。また、そうした席を選べずに何度も蹴られる場合には、かゆくもない頭をポリポリ音を立てるように掻きむしってみたりします・・・

  • 2005/11/03(木) 15:53:53 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

なるほど、私を含め、にら学級の読み書きを勉強中の生徒さんは皆さん基本的に蹴られる方が多いわけですね。
前の席のつがいが互いにしなだれあって小山のようになっている場合、足を組み替えると見せかけ蹴りに行く私です。
つがいが振り向くと、間髪いれずに『ご、ごめんなさいっ』としおらしく謝罪し、相手の怒る気をそぎ取ってやるのです。
先日も何だかふわふわした頭に邪魔され字幕が読めないのでガッツリ蹴り上げ振りむく相手に先手必勝よろしく構えておりましたが相手の方はふわふわの中にあと4つ位目を持ちあわせているらしく…。

『この薄汚れたシンデレラっ!!』と
罵倒を浴びせられ。
こうなったら映画どころではありません、ピアノを弾くしかないじゃないですか!

  • 2005/11/04(金) 09:48:35 |
  • URL |
  • たみお #-
  • [ 編集]

あるあるって感じでよませていただきました。

  • 2005/11/04(金) 14:37:44 |
  • URL |
  • マイ #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

たみおさま

映画どころじゃなかったら、ピアノなんて弾いてないで、焼肉食べに行きましよう。

ああでも、哀れなシンデレラは0時になったら帰らなくてはいけません。急がないと馬車はカボチャに戻ってしまいます。
そのときは、薄く切って芯に火が通るまでまでじっくり焼いて、甘口ダレでお召し上がりください、その馬車を。
馬のほうは焼かずに柚子胡椒を入れたタレでどうぞ。でも、こちらは0時前に食べないと、大変なことに。

食事に励むあまり、哀れなシンデレラのことすっかり忘れて後ろから蹴られそうですが、コメントありがとうございました。

  • 2005/11/04(金) 15:52:00 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/109-6db227f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。