ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ALWAYS~三丁目の夕日』

新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがないったらありゃしない。

05112601.gif


昭和33年の古きよき日本を舞台に、家族の触れ合いを描いた心温まる人情ドラマ。

いつもお世話になってる「yahoo!ムービー」からの引用です。
yahoo!さんのことですから、はたしてこれが今作を簡素に言い表しているとは思えませんけど。

今作で繰り広げられる数々のエピソードは、ほんのり温かく、時にホロ苦く、いずれも涙腺をゆるませるような優しさに包まれています。同じ11月5日に封切られた『TAKESHIS’』が、時系列の混乱やシュールな展開が施されて不条理で難解でなんとも形容しづらかったのに比べ、今作はyahoo!さんが「人情ドラマ」とひとことで言い表しているようにわかりやすい物語になっています。
が、こちらの想像の域を超えない、というより、なんだかいつかどこかで見聞きしたような、カビの生えたような挿話ばかり。それを最新のCG技術を駆使したVFXと組み合わせた点が目新しいと言えばホメコトバですが、それで挿話のカビ臭さを誤魔化しているとも言えます。

だから今作がつまらない、ということではありません。

実は、あえて『TAKESHIS’』を引き合いに出したのには理由があります。
今作が描いた昭和30年代は北野監督が幼少期を過ごした頃ですし、しかも舞台はまさしく北野監督が育ったのと同じ東京下町です。どこかに三丁目の「たけしくん」がいてもおかしくない。
また、舞台が大阪だったら『血と骨』の金俊平のような「たけしくん」がいてもおかしくない。

ところが、そうした北野武的人物がそこに存在しないことで、今作の「夕日町三丁目」は成立しています。
言い換えるなら、昭和30年代の日本によく似ているし、「上野」だの「高円寺」だの「東京タワー」だの、その周囲には確かに「東京」が存在しますが、「夕日町三丁目」そのものは異次元の世界なのかもしれません。『嵐を呼ぶモーレツ!大人帝国の逆襲』の20世紀博会場、あるいは『コープス・ブライド』で描かれた死後の世界、と言ってもいいかもしれません。

しかも、今作のほとんどのエピソードは「夕日町三丁目」の中でしか起こりません。それはまるで、ある人物の脳内だけでエピソードが繰り広げられていた『TAKESHIS’』と同じです。
つまり、三丁目の路地から民家の屋根を越えられるほど自由であるはずのカメラでさえ路面電車の走る大通りまでしか出てゆかないオープニングの長廻しが象徴しているように、外界とは異質な町なんです。それは、路面電車が何度も映りますが、ただ走るばかりでほとんど停車せず、もし停止してもほとんど人は乗り降りしないことからもわかります。
だから、それを知っている人たちは、誤って町を抜け出したせいでおウチに帰れなくなってしまった一平と淳之介たちをいくら心配しても、決して町の外へ出てまで探そうとはしません(そういえば、子供たちがどしゃ降り雨で身動きとれずに橋の欄干に座っていたときも、異世界である「夕日町三丁目」に雨は降っていなかった気がします)。
また、買い物をするために、町の外へと出るようなこともしません。だから堤真一演ずる鈴木モータースがテレビや冷蔵庫を買ったときも、荷台の付いた自動車を所有していても、わざわざ配達してもらうのです。

唯一の例外は、その経歴、そして今回の役柄から「寅さん」を彷彿とさせる吉岡秀隆演ずる茶川竜之介です。
「寅さん」と同じく自分自身がトラブルメイカーだということにあまり自覚はありませんが、全国をさすらうテキヤとは違って「夕日町三丁目」で小売業を営む定住定職者である彼は、ある目的のために、どこをどうやって辿り着いたのかはわかりませんが、ゴジラに破壊されもした時計塔のある和光ビルでそれとわかる銀座を、ゲタ履きで闊歩し、易々と夕日町へ生還します。
確かに彼自身は無事戻れはしましたが、それを契機に彼の周囲の人間が次々と町を離れざるを得なくなるわけです。

青森という外界から鈴木モータースで働くために「夕日町三丁目」へとやってきた六子は、その法則にすぐ気付きます。
こんなことを書くと非国民ではないかと憂国の士からお叱りを受けるかもしれませんが、原作の漫画は読んだことがありません。なので堀北真希演ずる六子は、もしかしたら原作では男の子なのではないか?というのもあくまで憶測です。憶測ですが、ほぼ確信してます。もし男の子でなければ、映画のために創作された人物でしょう。
なぜなら、薬師丸ひろ子も小雪も決して悪くはないのですが、『ジュブナイル』と『リターナー』の鈴木杏に相当する役柄ではないからです。
もしかしたら山崎貴監督の今後の作品御用達になるやもしれぬ堀北真希ですが、話を戻して、彼女が頑なに故郷の青森へ帰りたがらないのは、その法則のためです。

以下、少々ネタバレになりますが、鈴木モータースに説得されて彼女は故郷へ、つまり町の外へ出るわけです。

「人情ドラマ」という色眼鏡を外して、六子のその軌跡だけを辿ると、ある人物が町にやって来ることで始まりその町を去ることで終わるわけで、まるである種の「西部劇」のようです。
前作『リターナー』にもその構造はありましたが、法則の非常さに徹しきれず、ややセンチメンタルに流れたきらいがありました。
今作は、物語上では六子は「夕日町三丁目」に戻ってくることを匂わせていますが、描写としてはあくまで町を離れてゆくところで踏みとどまっています。

自分も含めてその時代に生まれていない人たちですら「いつか見た懐かしい光景」なんて思うのは、テレビあたりに植えつけられた「偽ノスタルジー」に拠る部分が大きいんでしょうけど、それを巧みに利用して不条理な「町」の物語を忍び込ませている今作は、ある意味『TAKESHIS’』と同じくらい難解なのかもしれません。って、ある意味がどんな意味だかは知りませんけど。


ところで、六子ひとりに町を離れるリスクを負わせるわけにはゆかぬとばかりに、彼女をとともに動車に乗った鈴木モータース一家も町を出ます。
青森へと向かう彼女を乗せた列車を見送ったあと、鈴木一家は東京タワーを遥かに眺める土手から沈む夕日を見つめます。
「この夕日は明日、あさって、50年後もきっと綺麗だよ!」なんて、泣かせるセリフですけどよく考えたら、そりゃ夕日は変わらないけどそれが照らす風景もそれを見る人の心も綺麗かどうかわかったもんじゃないしそもそも人が生き延びてるかもわかったもんじゃない、なんて皮肉なことよりも、それを眺めてるのは「夕日町三丁目」ではないわけで、「さあ、帰るぞ」なんて言ってますけど、本当に帰れるのかどうか心配です。

12月2日追記:この記事に「鈴木モータース」と書かれてますが、いろんな方の記事を読んでるうちに正しくは「鈴木オート」だと判明しました。以前住んでたところの隣に「鈴木モータース」ってのが実在したので、それとゴッチャになったようです。自戒の意味も込めて、敢えて訂正はしませんので、ツッコミもしちゃダメですよ。


さて、ここでいきなりですがクイズです。
問1:サンタの正体は?
 A.サタン
 B.アクマ
 C.タクマ

正解はこちらに。

問2:怪獣映画にも欠かせないアイテムの東京タワー。その東京タワーを『ガメラ~大怪獣空中決戦』で破壊したのは?
 A.自衛隊
 B.ギャオス
 C.ガメラ

正解はこちらに。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

面白い

これは「裏から見た夕日町三丁目」と題して、SF作品を同監督に作ってもらうのがベストでしょうね~
原作のエピソードにはタイムマシンとかテレポートなんてのもあったような気がします(ただ夢落ち)けど、それをも考えていたのかもしれませんね。
六子が帰ってくるには、堤真一が自衛隊から略奪したF1戦闘機で東京タワーを壊しながら、三丁目に辿りつくしか方法はないのかもしれません。

  • 2005/11/29(火) 17:54:39 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

書きあがりを待っておりました(笑)
まちがいなく堀北真希は御用達です。
確かに西部劇の形をもった愛の表現だと、にらさんのを読んで確信しました。
で、この映画はおすきでしたか?

TBありがとうございます。

僕は単純な人間なのでかなりこの作品に惹かれましたが、にらさんの感想も新鮮で面白かったです。
こちらからもTB返させてもらいました。

  • 2005/11/29(火) 22:37:12 |
  • URL |
  • ふくちゃん #-
  • [ 編集]

あたり

お久しぶりです。
「チャリチョコ」以来のTB失礼します。
六子ちゃんのポジションはやはり男の子だったみたいですね。
僕も鑑賞中にあれ?と思い、
というかこれはどうも原作は男くさいぞ、と、
だって普通、自動車整備に工員として就くのは男じゃね?と、
映画館から帰って調べてみると、そのようでした。
いやでもしかし、にらさんが立てた法則には脱帽です。
「あ、ほんとだ」と膝を叩きました。

  • 2005/11/29(火) 23:05:23 |
  • URL |
  • 現象 #nl2TgjRk
  • [ 編集]

アカの他人のみなさま

コメントありがとうございます。

現象さま
現実的には、ロクちゃんが女の子ってのは、リアリティがないんですけど、あのポジションと堀北真希ちゃんの屈託のなさのおかげで、映画ならではのリアリティがありましたよね。

ふくちゃんさま
同じくこの作品に心惹かれた自分ですが、頭が悪いので単純とか複雑とかよくわかりませんけど、ふくちゃんさまが優しいお方だということはよくわかりました。

fooさま
お待ちどうさまでした(笑)。
この作品、もちろん大好きです。
大好きなんですけど、堀北真希ちゃんに対する山崎監督の愛と同様、かなり屈折しているかもしれません、って山崎監督の知り合いが読んだらどうしよう。

kossyさま
あるいは、夕日町3丁目が宇宙空間をさすらっちゃうとか。いろんな惑星に漂着するたび、茶川さんがそこの女性と恋に落ちちゃうとか(笑)。
この作品、確かに設定は過去なんですけど、雑踏につきものの路上のゴミやタバコの吸殻がまったく見当たらないせいか、なぜか近未来的なものも感じました。

  • 2005/11/30(水) 17:54:00 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

そういえば・・・
リターナの監督さんでしたっけ!?
CGは邦画としてはけっこうよく出来ていたし。
私は鈴木モーター一家は、無事に家にたどりついたと思います(笑)

  • 2005/11/30(水) 20:37:40 |
  • URL |
  • えふ #4A9T8td.
  • [ 編集]

コメントいただきありがとうございました。なんかおほめの言葉嬉しかったです。
たいした人間ではないんですけど。

にらさんも脱力系といいつつ、あのような「感動的」コメントはタダモノではないのでは?

ブログを通じて感動の輪を広げていければと思っていますので、何かネタがありましたら教えて下さいね。
今後も宜しくお願いします。

  • 2005/11/30(水) 22:18:43 |
  • URL |
  • 「感動創造」 #-
  • [ 編集]

なるほど!

TB&コメントありがとうございました!
雨については、なるほどその通りだな~と思いました。そう考えると確かに異空間っぽいですね。

  • 2005/11/30(水) 23:50:03 |
  • URL |
  • マチ #-
  • [ 編集]

 TBありがとうございますm(_ _)m

 まず、TOPのイラストで大爆笑!
ガメラ(特撮)好きには、たまらない
コメントです♪(モスラでも可)

 映画の内容は、シンプルなのに、何
故こんなに感動させられちまったのか。
懐かしい風景と温かい人々、今ではす
っかり失われたモノがそこに存在した
からなのかなぁ~。

 夕日は普遍的だケド、それを浴びる
風景はガラリと変わってしまいました
よねw

  • 2005/12/01(木) 12:19:11 |
  • URL |
  • たましょく #H84T0CS.
  • [ 編集]

なるほどー。

簡単にのめり込んでしまう、単純なヤツですが(自分)、なぜか、えー、これでいいのかぁ? と思っていました。でも、どうしてそう思ったのか、わからなかったのですが…。
こちらを拝見して、もやもやがかなり払拭されました。ありがとうございます。『~大人帝国…』を思い出すあたり、さすがですね。路面電車が、『千と千尋』に出てきた水の上も走る電車のように見えたのは、あながち自分がおかしいわけではなかったのかな、と。

  • 2005/12/01(木) 13:51:39 |
  • URL |
  • あかん隊 #t50BOgd.
  • [ 編集]


トラバありがとうございます^^

夕日に吼えるギャオス、いいですね~
鈴木オートゴジラと対決させたいです。

既にご存知かと思いますが・・・
ご推察のとおり、六ちゃんは原作では男の子です。他にも茶川さんが若返っていたり、淳之介がメガネかけてなかったり、原作とテイストが変わっています。しかし、一平ちゃんのおかあさん(薬師丸さん)は漫画から抜け出てきたかのようです(笑)そのまんま!!

hakapyonは3回観にいきました。
二回目は昭和世代どまんなかの母を連れていきました。さて母の反応やいかに?
こたえはトラバで・・・

  • 2005/12/01(木) 14:26:02 |
  • URL |
  • hakapyon #-
  • [ 編集]

TBありがとうございました

こんにちは♪
ギャオス、超かわいいです!
イラストいつも楽しませていただいています。
この映画の別角度での(?)見方をさせていただき感心しました~。
みんながヤラれまくった理由がここに!

  • 2005/12/01(木) 16:47:44 |
  • URL |
  • ミチ #0eCMEFRs
  • [ 編集]

新人ながら

こんばんわ♪TB有難うございました♪

六子を演じた堀北真希。地元青森県人として彼女の発声は評価に値するほど素晴らしいものでした♪まだまだ新人の女優さんですがこれからが期待できますし、もしかしたらこの映画を機に、山崎監督作品常連の女優さんになるかもしれませんね♪

  • 2005/12/01(木) 17:15:10 |
  • URL |
  • メビウス #mQop/nM.
  • [ 編集]

TBありがとうございました。

素晴らしいレビューですね。
私も『男はつらいよ』を思い出しながら
「作者の心の中の町」とまでは考えましたが、
そこに六さん(原作では男です)を絡めての
町への出入りというところまでの考えには及びませんでした。
いやあ、読み応えありました。

  • 2005/12/01(木) 18:22:21 |
  • URL |
  • えい #3ObD7mQw
  • [ 編集]

虚構の昭和

TBありがとうございました。
見事な考察ですね。
確かに六子さんは原作では男でした。
正確には原作の六さんには妹がいて、映画の六子は兄妹を合体させてるんですけどね。
同様にヒロミも原作の二つのキャラクターを合体させています。
この映画は原作をベースにして、山崎監督が思い描いた理想の昭和に現在を投影しているのでしょうね。
私は人情物に見せかけた大特撮ファンタジーと受け取りました。

  • 2005/12/01(木) 19:04:36 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集]

凄いの一言

TBありがとうございました。
イラスト、最高です^^これを楽しみにしてますよ
漫画のほうは読んでみましたか?w
法則か…凄い考察力ですね。単なる内容と言うより監督や製作者の心理構造に肉迫している感じで、推理小説を読んでいるような気がしました。面白かったです。

  • 2005/12/01(木) 19:50:37 |
  • URL |
  • COO #VhNaT.1s
  • [ 編集]

TBありがとうございました

興味深く読ませていただきました。
昭和30年代をちょこっと知る者としては、昔の街の狭さは、本当に狭かった。車なんか、滅多に通らない。まず車がない。自転車だって、そう簡単に手に入る代物でもありませんでした。隣の町に行くのも、ものすごい冒険だったような気がしました。
小さいときから、ひょいと車に乗って、どこにでも行ける今では、その狭い街というのは、分からないかもしれないですね。街から出るというのは、ものすごいハレのこと。そんな感じでした、昔は。

  • 2005/12/01(木) 21:05:25 |
  • URL |
  • sakurai #8zie0QSw
  • [ 編集]

TBありがとうございました。
青森ロクちゃんは、今後、山崎監督のご用達になるのですか・・・
そういえば、「リターナー」の杏ちゃんも、ほっぺたが赤かったです。
ウチの親(昭和30年代に小学生だった年代)が観にいったみたいですけど、単純に「マンガやねえ。オモロかった」と言ってましたよ。非常に健全で的を得た見方をしている・・・と、我が親ながら感心しました。

なるほど!

TBありがとうございました。
すごく面白い考察、なるほど!と読ませていただきました。
まぁ、それはわかってはいても、ああいう人情味溢れる世界に憧れる部分が、自分の中では
感動に繋がっているんでしょう。たぶん。

  • 2005/12/01(木) 23:10:49 |
  • URL |
  • kino #01r4NFe2
  • [ 編集]

ご訪問&TBありがとうございます

わたしもやられちゃったクチです。
作り物だとわかっていても泣いちゃいましたから。
独自の批評おもしろいですね。
他の人の感想を見ると映画がひと味違って楽しめそうです。TBさせていただきます。

  • 2005/12/02(金) 01:07:45 |
  • URL |
  • ふとんちっと #-
  • [ 編集]

再び、アカの他人のみなさまへ

ホントにありがとうございます。

ふとんちっとさま
涙もろいくせに負けず嫌いのせいか、「ヤラレター」って思うほど、涙を悟られないようなこと書いてしまいます。

kinoさま
人情味って、愛と同じで、与えられるんじゃなくて与えるものだと思ってます。それを今風にボランティアだのセクハラだのって言い換えちゃうから、押し付けに感じられるのかもしれないですね・・・って、ストーカー的TBするような身で、こんなこと書くと怒られそうです。

RINさま
健全に一歩どころか百歩も及ばぬ身です。
ですけど、「マンガやねえ」って思ってしまい、さらに「オモロかった」って思っちゃって、本当に申し訳ありません。

sakuraiさま
昭和30年に一歩及ばぬ身です。
ですけど、地方に住み、いまだに県庁所在地に出かけるときにはドギマギしてしまうだけでなく、近所の映画館に行くときでさえハレの気持ちですから、それは痛いくらいわかるつもりです。
ですけど、今作が日本だけの特権的ノスタルジーではなく、汎世界的ファンタジーとして通用するんだとなんとか書き留めたかったんです。
ですけど、それには程遠い結果になってしまい、申し訳ありません。

COOさま
推理小説ですか。
ならば淳之介役の須賀健太クンに、その謎を解いてもらえば「まさかのミステリー」・・・って、それって、日テレ(笑)。

ノラネコさま
>理想の昭和
そこから「あり得たかもしれない平成」とは考えたくないですよね。
特撮に頼らない人情だって、今でもいっぱい転がってるぜ、って。

えいさま
なんで、3丁目に居を構えているわけではない、いわば部外者のロクちゃんで始まって、ロクちゃんで終わるのかな、って思ったのが運の尽きでした。

メビウスさま
真希ちゃんと山崎監督には、次回はぜひ外国語の作品に挑戦してもらいたいもんです。
青森弁をマスターできるなら、英語なんてチョロいチョロい(笑)。

ミチさま
だって、別角度にしないと、「感動しました」以外のコトバが思い浮かばないんです。

hakapyonさま
3回も!
こちらの細部の記憶違いは目をつむってくださいね(笑)。
VSギャオスでは、間違いなく鈴木ゴジラが勝ちます。なにしろ夏に岡田くんの『フライ・ダディ・フライ』特訓受けてますし、師である岡田くんは『東京タワー』のプロですから。

あかん隊さま
3丁目の人たちに比べて、あの路面電車の乗客たちの生気のなさはただごとではありません。
とはいえ、あれはふたりの子供の主観で、外の世界がとても恐ろしいものに映っていただけなのかもしれないですね。

たましょくさま
失われたモノ・・・でも、完全には失ってなかったよ、って50年後のヤツらに言いたいですね。
だからって、失われたモノを取り戻すために、ギャオスやレギオンやアメリカ軍や堤真一に、焦土にされたくはないんですけど(笑)。

マチさま
あれが夏だったら局地的豪雨って解釈もできそうですけど。
でも、冬の雨だからこそあの二人が寒そうで、心が締めつけられますよね。

感動想像さま
感動に不慣れで、風邪に拭かれた洗濯物を見ただけで感動してすぐ泣いちゃう傾向にあるので、あまり感動的なネタは持ち合わせていませんけど、何かの折には協力させてください。

えふさま
そうですよね。きっと帰れたはずです。
用意周到な奥さんが、きっと旦那さんの上着の袖にお守りの地図を縫い込んでくれてます。

  • 2005/12/02(金) 01:52:32 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

ぷぷぷ。
なんともまぁイカした記事ですこと(^o^)
さすが先生です。
こんな発想を抱きもしませんでした。
ギャオスは出ないんですね。
画像も冴えてますぞ(^o^)/

  • 2005/12/02(金) 16:31:03 |
  • URL |
  • こっちゃん #TyqeI/Mo
  • [ 編集]

はじめまして、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。

にらさんのちょっと違った視点からの感想はホントに参考になりました。
この映画に関してはどの方もベタ誉めなので、にらさんの意見は新鮮でした。

  • 2005/12/02(金) 20:51:18 |
  • URL |
  • マイコ #-
  • [ 編集]

はじめまして!

TBありがとうございます。
こちらの記事を拝見していて、「トゥルーマン・ショウ」を思い出しました。
この映画の持つドラマ性は好きなのですが、確かに住民の皆さん、フィクショナルな感じがしましたね。

  • 2005/12/02(金) 22:23:19 |
  • URL |
  • Ken #-
  • [ 編集]

TBありがとうございます。

今朝のニュースで、堤さんが助演男優賞・薬師丸さんが助演女優賞を受賞していましたよね。うれしいです。

  • 2005/12/02(金) 23:52:00 |
  • URL |
  • lyu #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございました。
かつてバブル期以前に「たけしくんハイ!」がテレビドラマになってましたよね。その後バブルがやってきて我々は浮かれた。この数珠つなぎが今また起ころうとしているように思えるのはわたくしだけでしょうか?「たけしくんハイ!」に感動したポイントってこの映画の「泣き」に共通する気がします。ということは日本人ってだいぶ前から「病んでた」ってことなんです、多分。
ま、この映画を見て「六本木ヒルズ」ではなく「道徳的」な生活に観客が憧れることを願うばかりです。

  • 2005/12/03(土) 03:05:02 |
  • URL |
  • まつさん #-
  • [ 編集]

あの頃から

夕日は何一つとして変わっていないんですよね。
でも人も時代もずいぶん変わってしまったみたいで・・・
あの頃を知らないながら寂しい感じもします。
あんな日本もあったんだなぁと羨ましくもとても温かい映画でしたね

  • 2005/12/03(土) 11:48:01 |
  • URL |
  • ななな #-
  • [ 編集]

今回は

映画館で見ましたからね!
誰からも、文句は言われないでしょう。

  • 2005/12/05(月) 03:49:24 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #-
  • [ 編集]

できてない

できてない東京タワーっていうのもすごいなあ、ってそれは結構どきどきしました。
そうだよなあ。
前からあるわけじゃなかったんだもんなあ、って。
そのときの日本の人たちの「元気だすぞ!」「こんなすごいもんあるんだぞ!」っていう、気持ちの象徴だったのでしょうねえ・・・


・・・どうでもいいですが、
なによりもあなたのHNがツボです(笑
コメントありがとうございました。

  • 2005/12/06(火) 10:54:35 |
  • URL |
  • しまりす #-
  • [ 編集]

雨!

どしゃぶりの雨なのに鈴木オートのところは降っていなかった・・・ということに、にらさんの記事を読んで気づきました(遅いって)。セーターのツギ当ての中にお札が入っていて、「洗濯しても大丈夫だったのかな」というところに気がいっていたものですから。
TBがえしとコメントありがとうございました。

  • 2005/12/06(火) 22:26:16 |
  • URL |
  • km_achin #-
  • [ 編集]

三度、アカの他人の皆さまへ

km_achinさま
セーターって、おウチでは洗濯せず、クリーニング屋さんにだすんです。でも、ツギアテするほどボロの場合は、クリーニングではなく、ほどいて毛糸にもどして、他のもの編み直すんです。
だから、あのお守りは大丈夫なんですよ。

しまりすさま
ちなみに、ウチの子供は「みにら」といいます。

猫姫さま
さっそく文句言わせて頂きに参りました(笑)。

なななさま
いつの時代も「いまどきの若いもんは」って人がいます、それに「隣の芝は青く見える」もんですよ(笑)。

まつさんさま
やや趣旨は違うんですけど、「もっといい未来を目指していた昭和33年を描いた映画。それを見て今よりよかった過去へノスタルジーを馳せる観客。その二つのベクトルがぶつかるところって・・・あ、バブル期?(笑)
」ってたいむさんの記事にコメントを書かせて頂いたのを思い出しました。

lyuさま
受賞とは、おめでたい。
でも、堤さん、『フライ・ダディ~』の主演では取れなかったのか。それとも、あれも含めて、助演?

Kenさま
『トゥルーマンショー』というより『ダーク・シティ』が念頭に浮かんでしまい、「あの東京タワーは、宇宙人が夜な夜な念力パワーで建築している」って思い込みそうになったとき、「ところで念力パワーなんていまどき使うかしら?」と気付いたおかげで、今回の記事が書けました。

マイコさま
みなさん絶賛ですね。
ひとりくらい「目が腐った」とか「死ぬほどつまらなくて死んだ」って人がいないものかしら。あ、死んだ人は記事が書けませんね。

こっちゃんさま
誤字を発見しました。
「なんともまぁイカ」に続く一文字目が「れ」ではなく「し」になってますよ。

  • 2005/12/07(水) 10:42:29 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんばんわ~

コメント&TBありがとうございます!
監督も淳之介くんの演技プランには驚かされたと言ってました!まだ10歳くらいなのに半端じゃない仕事量こなしてますよねー。。。それもびっくりです
また遊びに来まーす

  • 2005/12/08(木) 00:17:10 |
  • URL |
  • リオ #-
  • [ 編集]

TBありがとうございました。

異次元世界、わかっちゃいるけどはまりました。ファンタジー好きなものですから。
どこか主体的に感動している自分がいた。



  • 2005/12/08(木) 00:54:42 |
  • URL |
  • トネン #-
  • [ 編集]

実相寺

原作マンガにも、たまに怖い話の回があったり、不条理の回あったりしてました。当然ですが、一平は永遠に○年生です。
実相寺ここにもキてたんですね!
恐れ入りました!!

  • 2005/12/08(木) 20:08:24 |
  • URL |
  • aq99 #-
  • [ 編集]

三丁目の北野くん

こんにちは。

確かに、ここに北野君がいてもおかしくないですね。
が、歳は、もしかしてもう六子ぐらいになってるかもしれないですね。
この町を出たら帰ってこれない・・。
ミステリアスで面白いですね。

  • 2005/12/09(金) 00:39:08 |
  • URL |
  • toe #uqhLHKYI
  • [ 編集]

にらさんの視点は独特で面白いです。

街から外にほとんどでないのは、セットか予算の関係かと単純に思ってましたが、しっかり考えてあったんですね。

  • 2005/12/09(金) 03:12:04 |
  • URL |
  • たかゆき #-
  • [ 編集]

最後の、アカの他人のみなさま

たかゆきさま
あの町そのものが主役だったのかもしれません。
だから、外へ一歩出るとCGだらけの世界(笑)。

toeさま
調べてみました。
北野君は昭和22年生まれで、33年だと11歳の小学高学年。なので、ロクちゃんと一平君の中間ってとこです。

aq99さま
実相寺+三丁目=春日部市、ってことで、詳細は『クレヨンしんちゃん~
嵐を呼ぶモーレツ!大人帝国の逆襲』をご参照ください。

トネンさま
自分も感動して、涙を流した主体です。

リオさま
演技プラン!
こちとら、この歳で生涯プランどころか今度の休日の予定すら立てられない「スカ」だってぇのに。

  • 2005/12/09(金) 12:17:32 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメント有り難うございます。

記事に書かれている他の映画を見ていないので、良くはわかりませんが、映画としての観点からの掘り下げがとても面白く読ませて頂きました。
背負ってきた生き様や、得てきた知識、そして住んでいる世界により、見方たが全く違ってしまう。
それが映画だったり、文学だったりする訳ですが、それらを知る手だては、なかなか難しい物ですが、それをいとも簡単に行えてしまう。
ブログのTBって、本当に良い物ですね。

  • 2005/12/12(月) 11:47:02 |
  • URL |
  • fujimino #-
  • [ 編集]

はじめまして

ものすごい考察力ですね!感嘆とともにTBさせていただきます。
私は本作を観ているあいだ、次から次へ出てくる涙と鼻水で、なにも考えられなくなってしまいましたので…。
言われてみると、三丁目には虚構の町の要素が詰まっていますね。参考になりました~。

  • 2005/12/18(日) 02:04:00 |
  • URL |
  • chatelaine #-
  • [ 編集]

こんにちは

原作ではなぜ六ちゃんが男の子だと思うんでしょうか?>>もし男の子でなければ、映画のために創作された人物でしょう。
なぜなら、薬師丸ひろ子も小雪も決して悪くはないのですが、『ジュブナイル』と『リターナー』の鈴木杏に相当する役柄ではないからです。
とかかれていらっしゃいますが、どういう意味でしょう?理解力が乏しくてすみません。

  • 2005/12/27(火) 10:08:06 |
  • URL |
  • さる #RdrASfiE
  • [ 編集]

”さる”さま

物語上のキャラクターと、それを演じる役者について、ゴッチャになった稚屈な記述で申し訳ありません。

まず、「なぜ六ちゃんが男の子だと思うのか」について。
六ちゃんの立場ではなく鈴木オートの立場として、自動車修理工場に整備士として女の子を雇用することは、昭和33年の当時でも実際にあり得たかもしれませんが、「いつかどこかで見聞きしたような」挿話やキャラクターで構築された今作の世界では、むしろ男の子のほうが自然だと思えました。それゆえ、原作では男の子だと邪推したわけです。

次に、なぜ「映画のために創作された人物」と思ったか。
山崎監督の旧作では、鈴木杏が演じた10代の少女が重要な役回りでしたから、今作でもそれに相当する少女がいるはずだ、と見る前から思い込んでいました(もちろん、それは、悪しき既成概念であります)。堀北真希がそれに相当する人物かな、というのは、見ている最中では、あくまでおぼろげな雑感でした。
見終えてから登場した主要な女優さんを思い返すと、薬師丸ひろ子も小雪も、もちろんもたいまさこも、それに相当する役柄ではない。やはり、堀北真希が今作における「鈴木杏」なんだと確信したわけです。
しかしながら、鈴木家のエピソードに六ちゃんが「雇用」以外で絡むのがケーキのエピソードしか無いわけで、しかもそれは鈴木家の息子でも置き換え可能なエピソードです。
物語の構造も六ちゃんが夕日町にやって来て去るまで(一時帰郷ですが)に設定されているわけで、だとしたら、彼女の存在は映画と原作を繋ぐ橋なのかもしれない、つまり、橋渡し役として映画オリジナルに創作された人物かもしれない、と思ったわけです。

これで、少しお判りいただけたでしょうか。

と、ここまで書いて読み直すと、やっぱりキャラと役者をごっちゃにしてるなぁ(笑)・・・ところで、”さる”さま、あなたはだあれ?

  • 2005/12/30(金) 02:11:11 |
  • URL |
  • にら #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

お返事ありがとうございました。とってもよくわかりました。なるほど、確かに男の子のほうが自然ですね。六ちゃんというキャラは、話に直接大きな影響を与える為でなく「つなぐ」ためにでてきたんですね。ここまで考えられるなんてすごい!
オールウェイズの公式ホームページで3丁目を体験できるところがあるのですが、まだ見てない時点でそれをやってみると「えっ?町これだけ?」と思ったんです。で、ここの考察をよんでとても納得しました。ああ、そういうことだったのかー、と。
素敵な考察ありがとうございます。

  • 2005/12/30(金) 12:20:40 |
  • URL |
  • さる #-
  • [ 編集]

TBありがとうございました。

「TAKESHIS’」と似ている面があるんですね~
私は「TAKESHIS’」を観ていないのでDVD化されれば観てみたいと思います(^^)

  • 2006/01/06(金) 21:48:20 |
  • URL |
  • Ky'z #xwHVJmBg
  • [ 編集]

たけしさんの故郷と三丁目はかなり地域差があります
三丁目の小学生の大半は高校大学まで行って当然という感じでした
たけしさんのあたりはそうでなかった
今でも学力問題で都立名門校で差別されてます

  • 2006/01/07(土) 05:52:45 |
  • URL |
  • Setagayan #-
  • [ 編集]

Ky'sさま

あくまで、構造上の類似で、物語は全く別物ですから(笑)。

てなわけで、コメントありがとうございました。

  • 2006/01/07(土) 22:34:37 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

setagayanさま

ご指摘ありがとうございます。
「東京」という、世界的に見れば「ある国の首都」とひと括りにされるであろう地域に存在するらしい詳細なヒエラルキーはなんとなくわかりました。

しかし、その「地域差」や「学力問題」が、今作にどう影響を及ぼしているのかまでは、都立名門校の方には無条件で差別されるであろう「田舎者」にはあまりよくわからなかったので、お手数でなければご指導頂ければ幸いです。

てなわけで、三丁目ってフィクションだという信念は譲りませんが、とりあえず謙って、コメントありがとうございました。

  • 2006/01/07(土) 23:45:33 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

舞舞さま

ギャオさんとは別人です。

お恥ずかしい話ですが、パソコンが前世紀のものなので、映画の公式HPにアクセスするにはあまりに能力に事欠くため、滅多に見たことがないんです。

  • 2006/01/07(土) 23:51:47 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

TBさせて頂きます。

はじめまして、TBさせて頂きます。
確かに観ていた時には気が付きませんでしたが、
三丁目だけが別次元に思えてきました。

  • 2006/01/08(日) 11:54:09 |
  • URL |
  • 出田(nao) #-
  • [ 編集]

出田(nao)さま

『キング・コング』の場合は現実の1933年ではないフィクションだと割り切って楽しまれる方が多いんですけど、今作は「あの当時の日本は」とか「それに比べて現代の日本は」なんて現実とフィクションの見分けがつかなくなる人が多いようですね。
夕日町3丁目もドクロ島も、沈む夕日は同じなのに(笑)。

てなわけで、遅れ馳せながら、コメントありがとうございました。

  • 2006/01/12(木) 15:51:08 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

TBさせていただきました。

遅くなりましたが…(すみません。)。

先日観ましたが、いまだに余韻を引きずっています。

  • 2006/01/16(月) 14:09:14 |
  • URL |
  • いずみちゃん #-
  • [ 編集]

いずみちゃんさま

いえいえ、TB頂けるだけでも、こちらは嬉しいですから。

余韻に浸って、フラリと3丁目に行くときは、焼き鳥を忘れずに(笑)。

  • 2006/01/16(月) 17:23:28 |
  • URL |
  • にら(管理タヌキ) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

本当にガッカリ記事ですね

普通のコメント記事すぎてびっくりしました。
プロットや構造なんてどんなものでも似てるところ見つけれるのはあたりまえすぎ。音楽のメロディが似てると言う批評と同じなのでは。そんな誰でも言えそうな分かりきった意見よりも、個人的に何を感じたかを聞いてみたいかも。世界の狭さの話もマンガでも何でも同じなのでは、単にどこにフォーカスしてるかの違い、、、
か、今と昔では、生活行動範囲の違いもあったのでは?特に子供の生活範囲は今に比べたら全然近所という狭い範囲に決まってるじぢぁないですか。
なんだかがっかりさせられたのでそのことをこちらもお伝えしたく書いちゃいました。まあ気が向いたら、で気持ちとしては何を感じたのか、なーんにも感じなかったのかは教えてほしいかもー!

  • 2006/01/22(日) 01:03:17 |
  • URL |
  • だいず眼鏡 #-
  • [ 編集]

だいず眼鏡さま

こんな普通の記事にガッカリどころかびっくりまでして頂いて、光栄です。

個人的に何を感じたのかを知られるのが恥ずかしいからこんな普通のふざけた記事を書いている、と賢明なだいず眼鏡さまならお察し頂けることと思いますが、せっかくのご質問に不義理しても申し訳ないので、個人的に感じたことを述べますと、頂いたコメントよりも今作のほうが心揺さぶられました。

それはさておき、だいず眼鏡さまがこんな普通の記事に感じたことは何となく察しがつきましたが、今作に対してどう感じたのかは頭が悪くて察することが出来ないので、気持ちが鎮まった頃にお教え下さいね。

その時、コメントの普通ではない誤字の訂正もして頂けると嬉しいです。

  • 2006/01/22(日) 03:29:16 |
  • URL |
  • にら(普通すぎる管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんばんわ♪

いつもコメントありがとうです。
この作品の凄いところは、
この時代の人には、実体験に近い郷愁を
若い世代には、こういう時代があったんですよ、
と(作られたノスタルジーを含め)納得・感動
させる、力を持っているところだと思います。

六郎のキャスティングには深い意味は感じませんが…。
大人の事情ではないでしょうか(笑)

  • 2006/06/12(月) 18:09:48 |
  • URL |
  • 耕作 #-
  • [ 編集]

目が腐ったとまではいいませんが、テーマパークに行って本当に涙でぐしゅぐしゅになるひとがいるとはびっくりした、というのが、DVDレンタルで見た後の正直な感想でした。
ひねくれもんではないつもりですが、皆さん、ちょっとばかし安くないでしょうか??

で、にらさんの感想を読んでちょっとすっとしました。

  • 2006/06/20(火) 20:33:29 |
  • URL |
  • ノヴ #-
  • [ 編集]

おじゃまします。

おじゃまします。
吉岡秀隆に対して苦手意識が強く、ピエール瀧に対し特別な思いを抱く(ウソ)、ピロEKです。
吉岡秀隆への苦手意識と、この映画の前評判の高さから、期待しすぎて“普通”という感想しか抱けなかった私。
期待させ過ぎられるのも考えモノです。

>怪獣映画にも欠かせないアイテムの東京タワー

東京タワーって、たしか蛾の幼虫にも巣を作られちゃいますねぇ。

では、またきます。

  • 2006/10/21(土) 23:37:33 |
  • URL |
  • ピロEK #-
  • [ 編集]

これはどんなイラストかな?とわくわくしながら見ました。
「ギャオスかぁぁ!」とニヤリとしました(笑)

  • 2006/12/03(日) 18:03:11 |
  • URL |
  • ひめ #-
  • [ 編集]

コメント&TBありがとうございました

大変興味深く拝読しました。私にはこの作品をみて「TAKESHIS’」など浮かびもしませんでした。なかなか深い考察をされてますね。
私は単純に、その時代には生きていないのですが、ノスタルジックな思いと強い人情味を感じた次第です。
では。

  • 2006/12/08(金) 22:58:32 |
  • URL |
  • イエローストーン #LWshcgts
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日

 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・ 長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い

  • 2005/11/29(火) 17:56:05 |
  • ネタバレ映画館

ALWAYS 三丁目の夕日

暖かい。温かい。・・・それを感じることって自然と涙が出るんだなと思いました。久々にボロボロ泣いてしまいました。白状すれば、監督も鈴木オートの夫婦(薬師丸ひろ子も堤真一)もみな同じ世代。昭和33年は知らなくても、その残り香を感じている世代。やさしさをいろん

  • 2005/11/29(火) 18:20:21 |
  • 毎週水曜日にMOVIE!

ALWAYS 三丁目の夕日

学校から家に帰ってくると、両親が熱く語り合っていた。耳をたてて聞いてみると、「昭和30年代が・・・」とか「東京タワーって・・・」とか聞こえてきた。どうやら今巷で話題の“ALWAYS 三丁目の夕日”観てきた様子。父は当時、物心がついていたためなんとなく懐かしいと

  • 2005/11/29(火) 20:12:28 |
  • まことのブログ

ALWAYS 三丁目の夕日

子供の頃に家族で東京タワーに登ったことがあります。しかもどうしてだか?理由は覚えていないけど、階段で登りました。あの頃はかる~く[:ジョギング:]駆け上がって登ったのを覚えています。今だったら翌日は死んでいます[:汗:]展望台から見下ろした街並みは、車がミニカー

  • 2005/11/29(火) 20:22:30 |
  • Lovely Cinema

『ALWAYS 3丁目の夕日』

♪タタタッタタ! タタタッタタ! タタタタタタッタ~ タタタタタタッタ~♪(変な鼻歌でゴメンナサイ。m(_ _)m)何故かサザエさんを思い出しちゃった。(笑)それよりちょっと前の話なのだけど…。でもこのほんわか幸せな気持ちは、サザエさんに通じるものがる!?『ALWAYS

  • 2005/11/29(火) 22:07:18 |
  • Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~

ふくちゃんの映画日記 その17

「ALWAYS 三丁目の夕日」{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞{/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、集団

  • 2005/11/29(火) 22:38:23 |
  • ふくちゃんの懸賞日記

ALWAYS 三丁目の夕日@柏ステーションシアター

皆がけばだったセーターを着てつんつるてんのズボンを穿いている。東京タワーの建設が始まり完成するまでの、昭和33年の春夏秋冬を織り交ぜた下町人情群像劇。VFXを駆使して当時の町並を再現し、小道具にも細心の注意を払って古き良き時代をアピールした。作家を目指す茶川

  • 2005/11/29(火) 22:46:04 |
  • ソウウツおかげでFLASHBACK現象

ALWAYS 三丁目の夕日 [CGオタクの新境地]

CGという技術を手に入れたクリエイターがCGべったりでただCGと遊ぶばかりで、物語とか演出とかそういう部分がまったく面白くなく、というよりそもそもそういう基本的技術を必要としていないかのような映画作りをする。その一番極端な例がエピソード1以降のジョージ・ルーカ

  • 2005/11/29(火) 23:49:34 |
  • 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ

ALWAYS 三丁目の夕日

ちょっと落ち着きました。そして、ようやく映画を観られる日々が帰って参りました!3ヶ月ほど観る暇がなかったのでございます・・・(涙)そして復帰第1戦に選んだのがコレ。☆5つ! ホントに良かったです! ま~泣いた泣いた。う~ん、最近「東京タワーもの」にやられ

  • 2005/11/30(水) 00:01:48 |
  • マチのチマチマ教員日記

「ALWAYS 三丁目の夕日」

一ツ橋ホール「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会。 「ジュブナイル」「リターナー」の山崎 貴監督作品。 原作は西岸 良平の漫画「夕焼けの詩 ―三丁目の夕日」。 日本のVFXの第一人者と言われる山崎 貴監督が、こういうノスタルジックな映画を作った事が不思議な感じがするけれ

  • 2005/11/30(水) 00:07:31 |
  • 試写会帰りに

ALWAYS 三丁目の夕日

携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったんだろう。 <ス

  • 2005/11/30(水) 01:25:11 |
  • any's cinediary

「ALWAYS三丁目の夕日」観賞

ALWAYS三丁目の夕日観賞しました~。昭和33年の東京の下町を舞台に描かれたコミックを、映画化された作品。建設途中の東京タワーは、どんどん出来上がっていき、最後には完成してましたね。東京タワーが出来てから、47年経っていたんですね。このコミ...

  • 2005/11/30(水) 01:33:38 |
  • Cafeアリス

『 ALWAYS 三丁目の夕日 』

映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ]2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ]監 督:山崎 貴VFX:   〃脚 本:山崎 貴、古沢良太原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」    (小学館 ビックコミ

  • 2005/11/30(水) 01:49:23 |
  • やっぱり邦画好き…

ALWAYS 三丁目の夕日

第266回★★★★(劇場)(万人に薦められる故、核心に触れる文面にご注意あそばせ)「ALWAYS 三丁目の夕日」は、まさに夕焼けを見たくなるような思いに駆られる作品で、終盤になるとそれぞれのエピソードの結末にいちいち感動させられる。 とこ....

  • 2005/11/30(水) 02:09:05 |
  • まつさんの映画伝道師

泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ!

楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。泣いた。一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな....

  • 2005/11/30(水) 07:55:10 |
  • 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!

「ALWAYS 三丁目の夕日」

10月16日(日)「ALWAYS 三丁目の夕日」 一ツ橋ホールで鑑賞昭和33年まだ東京タワーが建築中。作品中どんどんタワーが高くなっていく様子がちょっと嬉しい。たいした作品では無いだろうなんてタカをくくって見に行ったら、それはそれは作品の中に入り込んでし

  • 2005/11/30(水) 11:18:31 |
  • てんびんthe LIFE

ALWAYS 三丁目の夕日

この原作はとても好きで家にもたくさんある。原作は1話構成で成り立っているのでどうかなと興味津々。しかしやはり原作にこだわってはいけない。六ちゃんは映画では少女だし、主要人物は美男美女ばかり。最初はそこら辺に戸惑いをおぼえてしまうが、

  • 2005/12/01(木) 03:19:10 |
  • 映画君の毎日

三丁目の夕日ぃ~

「ALWAYS 三丁目の夕日」観てきました。{/kaeru_en3/}この前まで、三丁目の夕日を「ゆうひがおかの総理大臣」と間違ってた俺。夕日しか合ってないじゃん。バカちんでし。さらに、劇中で、「茶川」竜之介(吉岡秀隆)というキャラが出てくるのだが、初め、文字しか出て来ない

  • 2005/12/01(木) 03:34:22 |
  • ナイス旦那日記

映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」

昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...

  • 2005/12/01(木) 06:35:46 |
  • ☆ 163の映画の感想 ☆

ALWAYS 三丁目の夕日

公式サイト…ALWAYS 三丁目の夕日携帯もパソコンもTVも無かったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。昭和33年…豊かではなかったけれど明日への夢があったあなたの心の いちばん暖かい場所へまず、堤真一のキャラが面白かった!堀...

  • 2005/12/01(木) 07:59:27 |
  • my life of my life

[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]須賀くんと小清水くん。子役が光っていた

[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]@吉祥寺で鑑賞。「困った時に使ってね」って、あの文字は小学生にちゃんと読めたのか。ひらがなでよかったのでは。でも、よかった。またまた感動してしまった。昭和33年。東京タワーが建った年。東京の夕日町三丁目には、個性的な人々が暮らして

  • 2005/12/01(木) 11:18:17 |
  • アロハ坊主の日がな一日

「ALWAYS~三丁目の夕日~」を見た

現在劇場上映中の「ALWAYS~三丁目の夕日~」を淡路東宝で見てきた。 そしたら、貸し切り状態だった。観客は私ひとり。淡路をご存じない方のために。大阪市の一番北に位置する下町で、私の住んでいる吹田市に隣接している。私の家からは二駅、約十分。い....

  • 2005/12/01(木) 11:45:44 |
  • 映像職人'舞'録゛

ALWAYS 三丁目の夕日

10/18の試写会ネタです。今回はビックカメラ有楽町店の7Fにあるよみうりホール。ここは席のオフセットがちょっと少な目で、段差もそれ程大きくないので、余り見やすいとは言えないんですけどね。洋画で字幕が出たりする訳ではないのでまあいいかと。肝心の映画ですが・・・.

  • 2005/12/01(木) 11:49:49 |
  • VAIOちゃんのよもやまブログ

ALWAYS 三丁目の夕日

【ALWAYS 三丁目の夕日】の試写会へ行って来ました。小学生だった頃、父がビックコミックを買っていて、私はその中の【三丁目~】だけを読んでいた。小学生の時は成人誌を見ても、絵が凝りすぎていて受け付けなかった。そんな中【三丁目~】は絵も内容も、ほのぼのし...

  • 2005/12/01(木) 12:12:28 |
  • ペ・ンギン日誌

『ALWAYS 三丁目の夕日』

携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAYS

  • 2005/12/01(木) 12:14:54 |
  • 京の昼寝~♪

ALWAYS/三丁目の夕日

「ALWAYS/三丁目の夕日」評価 ★★★★★(4.5)『あらすじ』 昭和33年、日本は高度成長期を前に人々は、期待に胸膨らませ暮らしていた。東京では、東京タワーの完成が近づきつつあった。春、集団就職で青森から上京した星野六子(堀...

  • 2005/12/01(木) 12:20:03 |
  • 何を書くんだろー

映画 : ALWAYS 三丁目の夕日

試写を見た友達のおすすめだったので観に行った。ビッグコミック・オリジナル「三丁目の夕日」の映画化。昭和33年の日本。地面は土で野良犬が歩いてて人と人との壁が薄かった時代。建設途中の東京タワーが主人公。ALWAYS 三丁目の夕日 公式サイトhttp://www.always3.jp/ 「

  • 2005/12/01(木) 12:27:21 |
  • 青いblog

『ALWAYS三丁目の夕日』★★★★★95点

『ALWAYS三丁目の夕日』公式サイトマメ情報  ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;'05/日本                      配給;東宝  上映時間;143分        監督;山崎貴       出演;堤真一/吉岡秀隆/小雪観賞劇場:11/3(木祝)日劇PLE..

  • 2005/12/01(木) 12:32:28 |
  • ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ

ALWAYS 三丁目の夕日

なんといってもキャストが素晴らしい。お話は基本的に2本立てで進んでいきます。鈴木オート側の堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希中心のお話と駄菓子屋側の吉岡秀隆、小雪中心のお話。どちらも人情話ながらテレビ好…

  • 2005/12/01(木) 12:44:29 |
  • テレビ好き日記

古き良き時代のいい話を堪能せよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」

評価:85点{/fuki_osusume/}ALWAYS 三丁目の夕日原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。涙もろい私にはかなり毒です。体内の水分がかなり減りました。水分補給必須の作品となっています。舞台は昭和33年、東京タワーが作られ始めてから、完成する

  • 2005/12/01(木) 12:56:36 |
  • 平気の平左

「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました!!

前評判の高い映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。この映画は小学館発行の「ビッグコミックオリジナル」に連載されている西岸良平氏の「三丁目の夕日」が原作です。実に32年にわたって連載されている超人気作品です。私も愛読していますが、ほのぼのしてくる漫画で

  • 2005/12/01(木) 12:58:27 |
  • 馬球1964

ALWAYS 三丁目の夕日

監督:山崎貴脚本:山崎貴/古沢良太音楽:佐藤直紀出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子《携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。》東京下町・夕日町三丁目。昭和33年春、短気だが家族思いの鈴木則文が経

  • 2005/12/01(木) 13:33:25 |
  • 夢見る小悪魔

ALWAYS 三丁目の夕日

ダイハツの「ミゼット」に乗ったことがあります。まだ現役で市内を走行している路面電

  • 2005/12/01(木) 13:41:01 |
  • cococo

「ALWAYS・三丁目の夕日」でhakapyon母号泣!!の巻

★本日三件目の打ち止め日記です^^★金曜レディースデイにつき「ALWAYS・三丁目の夕日」を再び見に行って参りました!!今回は昭和世代どまんなか還暦すぎの母と一緒に!!最初見たときにこれは絶対に親に見せてあげたいという想いが募りましたそれにあの時代をリ..

  • 2005/12/01(木) 14:27:49 |
  • 刹那と永遠 - amomentandeternity -

ALWAYS 三丁目の夕日

日本 133分監督:山崎貴出演:吉岡秀隆    堤真一    小雪    薬師丸ひろ子昭和33年、東京下町の夕日町三丁目を舞台に人情&個性豊かな人々が繰り広げる心温まる人間模様。西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化。この時代...

  • 2005/12/01(木) 14:49:55 |
  • Saturday In The Park

ALWAYS 三丁目の夕日

SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!

  • 2005/12/01(木) 14:51:12 |
  • Akira's VOICE

ALWAYS 三丁目の夕日

当初観る予定には入っていない映画だった。子供で泣かせようなんざ許せねぇ、と思っていたし、みんなで「あの頃はよかったよな~それに比べて今の世知辛い世の中・・・」なーんて後ろ向きなハナシするのもイヤだったしね。・・・んだが!あんまりまわりの評判がいいので文句

  • 2005/12/01(木) 14:54:25 |
  • 龍眼日記 Longan Diary

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

監督:山崎貴出演:堤真一/吉岡秀隆小雪/薬師丸ひろ子掘北真希/もたいまさこ三浦友和昭和33年、それは戦争が終わってたった13年、けれど人々は未来を信じて前進し続けていた。活気に溢れた町はどんどん姿を変えていく。東京の風景は、どこからも工事中の東京タワーの姿

  • 2005/12/01(木) 15:05:08 |
  • teeter-totter

ALWAYS 三丁目の夕日

携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。人気コミック「三丁目の夕日」東京タワーが建設中の昭和33年が舞台。とっても素敵な映画でした。オープニング、子供達が飛ばした紙飛行機が空を舞い「ALWAYS 三丁目の夕日」とタイトルバックが出た

  • 2005/12/01(木) 16:13:15 |
  • アンナdiary

ALWAYS 三丁目の夕日

東京タワーが建設中だったあの頃… 昭和33年の東京を舞台に空前のスケールで贈る、 夢と希望のエンタテイメント映画!!………………  試写会チラシより………………………………………………………………………………  原作は西岸良平のコミック『三丁目

  • 2005/12/01(木) 16:38:19 |
  • 花ごよみ

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。こ

  • 2005/12/01(木) 16:44:07 |
  • ミチの雑記帳

ALWAYS 3丁目の夕日(評価:◎)

【監督】山崎貴【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和【公開日】2005/11.5【製作】日本【ストーリー】昭和33年、東京タワーが

  • 2005/12/01(木) 17:08:01 |
  • シネマをぶった斬りっ!!

ALWAYS 三丁目の夕日

昨日は友達と夜中まで遊んでました。で、現在放映中の『ALWAYS 三丁目の夕日』をレイトショーで鑑賞。もうね、すんごく良かった!!物語後半は、皆さんの感動してすすり泣く声が前後左右から聞こえてきました。もちろん私も号泣しましたけど、なにか??...

  • 2005/12/01(木) 17:21:48 |
  • 39☆SMASH

ALWAYS 三丁目の夕日

観に行ってきました。年配の方がたくさん観に来ていました。映画ですが・・・よかったです{/face_yoka/}ほんわかあたたかい気持ちになる、心地いい映画でした。「消しゴム」で泣かなかったのに、涙・鼻水が止まりませんでした{/namida/}昭和33年春から冬までの、鈴木一家

  • 2005/12/01(木) 17:41:03 |
  • ダラダラ生活 日記

『ALWAYS 三丁目の夕日』

----うわあ、なにこれ?東京タワーが壊れている。しかもその前を路面電車が走っている?「(笑)これはね。いまだに根強い人気を持つコミック『三丁目の夕日』を実写映画化したものなんだ。舞台が昭和33年。というわけでこれは建設中の東京タワー」----それって撮影が難しく

  • 2005/12/01(木) 18:23:53 |
  • ラムの大通り

「ALWAYS 三丁目の夕日」みた。

なかなか評判の良い映画の模様。私もそう思う(笑)。でも不思議と涙が出なかったの

  • 2005/12/01(木) 18:32:19 |
  • たいむのひとりごと

物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』

11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと...

  • 2005/12/01(木) 18:53:49 |
  • 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

ALWAYS 三丁目の夕日・・・・・評価額1400円

この映画を観ていて「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を思い出した。「昭和」に限りないノスタルジーを感じ、思い出の世界こそ理想と考える一団が、古き

  • 2005/12/01(木) 18:59:06 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

昭和33年の景色

お店に『三丁目の夕日』のコミックスが何巻かある。 大好きなお客さんいて、土曜日の

  • 2005/12/01(木) 19:30:43 |
  • 喫茶店日誌

Always 三丁目の夕日

私は昭和36年生まれである。「もはや戦後ではない」という言葉はもうなかった。池田内閣が『所得倍増計画』を打ち出したのがその前年。私は文字通り高度経済成長とともに育った。東北の日本海側(今でも裏日本とか言うのだろうか・・)の片田舎なんぞ、東京の進み方と5,

  • 2005/12/01(木) 20:59:57 |
  • 迷宮映画館

ALWAYS 三丁目の夕日

携帯もPCもコンビニも、TVはじめ家電も、もちろん高層ビルも無かった、昭和33年の東京下町・夕日町三丁目が舞台である。町からは建設中の東京タワーが眺められ、映画の進行とともに段々と高くそびえてゆく様や、東北からの集団就職が到着する上野駅など、見事なVFX

  • 2005/12/01(木) 21:01:49 |
  • ようこそ劇場へ!

ALWAYS 三丁目の夕日/堤真一、吉岡秀隆、小雪、掘北真希

いやぁぁぁ、ヨカッタぁぁぁ、もぉ最高に笑顔と涙があふれこぼれるハートウォーミングな素敵な作品でした、感動的ですっ。女性だけではなく年配の男性のすすり泣きが劇場のあちこちから聞こえてきましたヨ。もちろん私もとっても気持ちよくボロ泣きしちゃいました。原作のこ

  • 2005/12/01(木) 21:22:06 |
  • カノンな日々

ALWAYS-三丁目の夕日-

朝はいつも、とくダネの私です。小倉さんが「よそのテレビ局制作だけどね、良いものはいいと紹介しなきゃね~」オープニングトークで、メイキングが紹介されていたのです。シリーズ化しても良いのでは?なんて事も言っていたのですかりんとうさんも超おすすめしていたし、一

  • 2005/12/01(木) 21:29:03 |
  • ゆめのある場所

ALWAYS 三丁目の夕日

2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。

  • 2005/12/01(木) 21:56:43 |
  • ★☆★ Cinema Diary ★☆★

ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) 132分

 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の

  • 2005/12/01(木) 22:17:16 |
  • 極私的映画論+α

笑って、泣いて、

みんなそれぞれがいい味出してた、笑った、泣いた、忙しい映画やったっ _|\○_ぃゃっ ε= \_○ノほぉ~ぃALWAYS 三丁目の夕日  当時のことは知らないけれど、でも、胸が苦しくなったし、でも、爽快感もあってね、貧しくっても「満たされたキモチになれる」ってい

  • 2005/12/01(木) 22:19:51 |
  • deli*cling ★ talk to myself ★

極楽浄土「ALWAYS 三丁目の夕日」

昭和33年かあ・・・。私は、まだ生まれておりません。ウチの親が、ちょうどこの映画に出てくる子供ぐらいだったはずです。「わたすは嘘吐きでねえだっ!{/ase/}」いやあ、ポスター見て、「堤真一、小川直也みたいだよ・・・{/namida/}」と思っていたんですけど、あれはイラ

  • 2005/12/01(木) 22:40:46 |
  • 凛大姐&小姐的極楽日記!

本当は恐ろしい・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」

正直に告白します。私はこの映画を観て、泣きませんでした・・・。(え~~ん、みんなオトナだろっ!石投げないでよ~~っ!{/face_naki/})でも、あまりにも皆さまの評判・感想がよく、皆さま感動なさっているので、正直な感想を書くのも、水を差すようでオトナ気ないかし

  • 2005/12/01(木) 22:41:16 |
  • 凛大姐&小姐的極楽日記!

「ALWAYS 三丁目の夕日」 ちょっと前のことなのに

予告を何度か観たけど、”どうせ泣かせようって魂胆みえみえのクサイ映画でしょ??”と思ってて、観る気なかったんですが、評判がいいのと、堤真一見たさに・・・。東京タワー建設中の昭和33年。売れない作家の茶川、自動車修理工場の鈴木オート一家、飲み屋の美人のおかみ

  • 2005/12/01(木) 23:11:34 |
  • 目の中のリンゴ

『ALWAYS 三丁目の夕日』 鑑賞(試写会)

Hさんありがとう♪ビッグコミックオリジナルに連載中の「三丁目の夕日」の映画化です。思わず涙してしまいました。(T_T)★★★★★★★★☆☆http://www.always3.jp/原作:西岸良平「

  • 2005/12/01(木) 23:11:51 |
  • ♪日々 新鮮♪

ALWAYS 三丁目の夕日

ドラマ/ファミリー/コメディ2005年 日本監督 山崎貴出演 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/三浦友和/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/須賀健太/小清水一揮/マギー/温水洋一/小日向文世/木村祐一/ピエール瀧/神戸浩/飯田基祐/麻木久仁子/奥貫薫/石丸謙二郎/松尾貴史/小木茂光/

  • 2005/12/01(木) 23:56:18 |
  • レンタルだけど映画好き morey’s room(別館)

「ALWALS三丁目の夕日」知らないはずなのに懐かしい

今日はレディスデイで映画を見てきました。タイトルは「ALWALS三丁目の夕日」です。昭和33年の東京の下町を舞台にしています。自分が生まれる前のことだけどどこか懐かしい風景です。不覚にもうるうる来てしまいました。一癖あるような人たちもいい人ばかりです。..

  • 2005/12/02(金) 01:07:21 |
  • お台場を遊ぼう!ふとんちっとのお気に入り

Always 三丁目の夕日

観てきました。賛否両論だったきもするけど。私はまずまず満足。泣き所ではしっかり泣いてきたし、笑いどころではしっかりたくさん笑ってきた。隣に座ってたカップルの彼氏のほうが号泣しててちょっとひいたけどw

  • 2005/12/02(金) 01:47:25 |
  • 書き物

ALWAYS 三丁目の夕日

製作国:日本公開:2005年11月5日監督/VFX:山崎貴脚本:山崎貴、古沢良太出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、もたいまさこ、三浦友和 ほか川崎で鑑賞するつもりだったけど色んなことがあって、結局いつもの立川シネマシティで鑑賞すること....

  • 2005/12/02(金) 06:57:32 |
  • 外部デバイスへの記録

『ALWAYS 三丁目の夕日』

~携帯もパソコンもTVもなかったのに、     どうしてあんなに楽しかったんだろう。~というフレーズと、一緒に流れるどこか懐かしいと無性に思う映像を予告編でチラッと観たときから、ずっとずっと惹かれるものがあった。そして昨日、待ちに待った『ALWAYS 三

  • 2005/12/02(金) 08:58:51 |
  • My Style

ALWAYS 三丁目の夕日

現在もビッグコミックオリジナルで連載中のマンガ。超ロングランの記録更新中であり

  • 2005/12/02(金) 09:04:36 |
  • 遠い海から来た・・

「ALWAYS-三丁目の夕日-」を観て来ました

ああ・・・覚悟していったのですが泣きまくり(笑やっぱり皆様に迷惑をかけないように息を止めていたので死ぬほど苦しかったです。暖かいお話でしたね。誰もが誰かのことを他人事と思えなかったり必死に生きていこうとする、そういう暖かい思いがたくさんつまってました。純

  • 2005/12/02(金) 11:38:17 |
  • しまりすのひとりごと

ALWAYS 三丁目の夕日

今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな~って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。昭和33年の日本を舞台に、家...

  • 2005/12/02(金) 12:32:57 |
  • Alice in Wonderland

ALWAYS 三丁目の夕日

ノルタルジックな昭和の世界をリアルに再現。 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て

  • 2005/12/02(金) 15:27:50 |
  • Black Pepper's Blog

ALWAYS 三丁目の夕日

思わずポロリときました。これは勝手な想像なのですが、恐らく今現在、劇場公開されている映画の中で、一番ハートウォーミングなお話ではないでしょうか?ビデオもケータイもプレステも無かったこの時代に、今、モノに何一つ不自由しない我々が一番欲しかった物がいっぱいあ

  • 2005/12/02(金) 16:26:39 |
  • こっちゃんと映画をみまちょ♪

ALWAYS 三丁目の夕日

泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉

  • 2005/12/02(金) 17:56:11 |
  • toe@cinematiclife

映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日Always 三丁目の夕日を観た。そういえば、家の前の道路は舗装されてなくて、通りから家の中までよく見えたな。日中戸締まりしている家なんてなかった...

  • 2005/12/02(金) 21:55:27 |
  • ヒューマン=ブラック・ボックス

【映画】ALWAYS 三丁目の夕日

2005年日本監督)山崎貴出演)吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろ子 堀北真希 三浦友和満足度)★★★★☆ (満点は★5つです) TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて 昭和33年、夕日町三丁目。自動車修理工場鈴木オートを営む鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸

  • 2005/12/02(金) 21:56:14 |
  • セルロイドの英雄

ALWAYS 三丁目の夕日

●荒波の浜辺からいざ出発!そういう人って「いたいた探検隊」の竜宮城ツアー。古い玉手箱を開けて精神的に一気に老け込むか、はたまた「新玉手箱」を開けて、可能性という広い海原で前向きな「挑戦」を続けて「スタイル」を確立するか。「時代と人を知る」には良き指標とな

  • 2005/12/02(金) 22:52:37 |
  • わかりやすさとストーリー

ALWAYS 三丁目の夕日

久しぶりに、いい映画 を観たなぁ。内容も、キャストも素晴らしかった。吉岡くん演じる茶川竜之介、ちょっと汚かったケド(^。^;;?いい味出してたし、小雪演じる石崎ヒロミは、なかなかいい役立った。六ちゃん演じる堀北真希も、赤いほっぺがかわいかった。ノブ

  • 2005/12/02(金) 23:53:39 |
  • Lyuの日常

ALWAYS 三丁目の夕日

昭和33年、東京下町を舞台に繰り広げられる人情味溢れた物語~~邦画では久々に‘イイモン’観たって感じがする。この時代はさすがにまだ生まれていなかったので「懐かしさ」こそあまり感じなかったが、あの‘東京タワー’が建設されるころ~~終戦から10年以上経て「....

  • 2005/12/03(土) 00:00:12 |
  • future world

ALWAYS 三丁目の夕日

戦後の高度成長期を背景に繰り広げられる人情劇。人間っていいね、とウェルメイドに浸れる。★「ALWAYS 三丁目の夕日」 2005年日本、132分 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆    堤真一    小雪    薬師丸ひろ子    堀北真希★Story昭和33年、東京下町

  • 2005/12/03(土) 01:08:42 |
  • cinema capsule

★「ALWAYS 三丁目の夕日」

久しぶりに映画館のはしごをしてきました。こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。あらすじ昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。町場の修理工場・鈴木オート

  • 2005/12/03(土) 02:46:18 |
  • ひらりん的映画ブログ

ALWAYS 三丁目の夕日

私は生まれた時には何でもあったと思う。この時代にはそういう便利なものは何もない。でもこの時代に私はすごく欲しいものがありました。昭和30年代。知っているわけがありません。でも冒頭からのCGがとてもよくて映画のノスタルジックな雰囲気に何だか懐かしさを感じてしま

  • 2005/12/03(土) 11:40:59 |
  • 映画を観たよ

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日監督:山崎貴        原作:西岸良平出演:吉岡秀隆 堤真一 薬師丸ひろ子 小雪 掘北真希 三浦友和ストーリー昭和33年の東京下町。東京タワーが着々と建築されるのを眺める町、夕日3丁目。「鈴木オート」を営む鈴木家に、

  • 2005/12/03(土) 15:04:18 |
  • ハイジのシネマパラダイス

ALWAYS 三丁目の夕日(映画館)

携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他■日本産 133分最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。実はこの映画まったく観る予定じゃなかったんです

  • 2005/12/03(土) 23:13:01 |
  • ひるめし。

ALWAYS 三丁目の夕日

特に変わっているわけでもない普通のエピソードなのに、こんなに心を打つのはなぜなんだろう。先を予想する

  • 2005/12/04(日) 00:30:05 |
  • Paranoia Vagrant

ALWAYS 三丁目の夕日

いや~ いい映画でした正直、最初の30分は ん? 大丈夫かな?って思ったけど、気付いたらいつの間にか、昭和の世界に気持ちよすぎるくらいどっぷり浸かっていました戦後のまだまだ豊かとはいえない時代であっても、当時の街はこんなにも温もりで溢れてたのかな~ とか古

  • 2005/12/04(日) 12:27:56 |
  • takin' it easy

ALWAYS 三丁目の夕日

これは観る価値のある映画です。昭和33年の生活をうまく表現していることにまず驚きます。そして、この1本の映画の中に様々な人間ドラマがうまく盛り込まれていて、感動すること間違いなし。何ヶ月か前に映画の予告を観た時は、原作も知らないし、「観なくてもいいか」と

  • 2005/12/04(日) 16:49:22 |
  • まぁず、なにやってんだか

ALWAYS 三丁目の夕日

人気blogランキングに参加してます!ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。ご協力お願い致します。今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。集団就職で青森から来た六ちゃん。怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。駄菓子屋の茶川さんは、....

  • 2005/12/04(日) 23:10:36 |
  • ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日泣いた、、、ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。SXFとは、こういう使い方をするんだぁ!年代は...

  • 2005/12/05(月) 03:50:38 |
  • 猫姫じゃ

ALWAYS三丁目の夕日(2005日)

邦画だし、なんとなく「台場一丁目商店街」風にノスタルジーを煽ろうというのかしら、などという疑いもあり、あまり期待せずに観にいきました。しかし。2時間13分の間に、何回涙をこぼしてしまったことでしょう。しかもじわーっと泣く気持ちのよい涙なのです。今年で一番思

  • 2005/12/05(月) 12:41:53 |
  • WAKOの日常

「ALWAYS三丁目の夕日」@イイノホール

今年の秋の『泣ける邦画』としてあーちゃんが注目していた2本は不発…という事で今日はめっちゃ楽しみにしていきました。{/kaeru_cry/}STORY オフィシャルサイト昭和33年、東京タワーが完成するこの年、夕日町三丁目では個性豊かな住民たちが暮らしていました。そん

  • 2005/12/05(月) 15:11:33 |
  • 旦那にはひ・み・つ (☆o☆)

★ALWAYS 三丁目の夕日★

『ALWAYS 三丁目の夕日』監督/VFX:?山崎 貴出演: 吉岡秀隆 堤 真一 小雪 薬師丸ひろ子     堀北真希 須賀健太 小清水一揮 三浦友和 もたいまさこ 他 昭和33年、東京タワーができた年の東京下町の夕日町三町目。ある日、則文(堤)、トモエ(薬師丸

  • 2005/12/05(月) 17:11:55 |
  • ★☆cause_k の DAILY LIFE☆★

ALWAYS 三丁目の夕日(2回目の鑑賞)

日本映画界の宝となるべき作品。僕にとっては生涯忘れることのできない映画となりました。この映画による人と人との触れ合いから感じる温かさと優しさは忘れてはなりません。

  • 2005/12/05(月) 22:06:38 |
  • ★☆★ Cinema Diary ★☆★

ALWAYS 三丁目の夕日

西岸良平の漫画の映画化ですが、漫画の方は長らく愛読していました(最近は漫画を買わなくなったためご無沙汰していますが)。短いページできれいにまとめ、当時の雰囲気を表現する氏の漫画を、生意気な言い方で申し訳ないですが、まともな脚本を書ける人のいない今の邦画界

  • 2005/12/06(火) 01:28:23 |
  • lunatic's 映画評

ALWAYS 三丁目の夕日 by 山崎貴

ストーリーはいいとして、映像の出来は、邦画もここまできたかと感動的。 当たり続け

  • 2005/12/06(火) 02:37:59 |
  • 東京右往左往

ALWAYS 三丁目の夕日

観て来ました{/hiyos/}実は、「インハーシューズ」を見るつもりが、午後からの上映がなかったので、急遽変更!!今日から公開のハリーポッターも考えたけど、めちゃ混みだったので、面白いと聞いていた「ALWAYS三丁目の夕日」になったという訳。確かに面白かった{/hikari_bl

  • 2005/12/07(水) 21:40:11 |
  • ガブ飲み生活♪

「ALWAYS 三丁目の夕日」 (その映像について)

本当にしみじみと温かい気持ちにさせてくれるいい映画でした。誉めるところが多すぎてどこから誉めたらいいのかわかりません。今回は映像のことに絞って語ります。「神は細部に宿る」といいますが、この映画には細部への情熱というのは生ぬるい、むしろ妄執とでも言うべき・

  • 2005/12/07(水) 22:13:18 |
  • キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~

今年最後の映画の日に

2005年最後の映画の日に選んだのは・・・          「ALWAYS三丁

  • 2005/12/08(木) 00:10:53 |
  • 物欲エントロピー

「ALWAYS 三丁目の夕日」 “スカ”を作ってました。すんません。

同じ特撮マンでありながら、“特技監督”という日本の映画界ではこだわっている呼称とその精神を引き継いだ樋口真嗣監督とは対照的に、デビュー以来“VFX”という呼称で通した山崎貴監督は、この映画の大ヒットでこの先何年か、ある程度の予算で、東宝で映画を作らせても

  • 2005/12/08(木) 20:00:44 |
  • 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

「ALWAYS 三丁目の夕日」見てきました

前々からいい映画だとは聞いていたが、本当に良い映画だ。何が面白いかって?なんだろー?あえて云うなら何もかも。宇宙戦艦ヤマトで沖田艦長が地球の姿を見てしみじみというセリフ地球か・・何もかもが懐かしい・・・。そう!子供時代の昭和、記憶の中の昭和....

  • 2005/12/08(木) 20:22:09 |
  • ぱるぷんて海の家

ALWAYS 三丁目の夕日

製作:2005年、日本原作はビックコミックオリジナルで30年以上も連載し続けている漫画。舞台は昭和33年の東京。東京タワーも建造中の最中。VFXでの東京タワーや、東京の街並みの復元は、すばらしい!自分はまだまだ生まれてもいない。小さい頃でも、この映画に出てくる日常

  • 2005/12/11(日) 18:40:17 |
  • 季節が無い毎日 ~映画の影をめざして~

「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望が恥ずかしくない頃

「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演山崎貴監督、2005年予告編を見た時、「この映画はやめよう」と思っていた。「泣き」の映画のあざとさのようなものを嗅ぎ取ったからだ。で、映画館の暗闇で上映開始を待...

  • 2005/12/11(日) 20:34:46 |
  • soramove

always 三丁目の夕日

 小学館 ビックコミック、1975年~2004年までの49冊、2000年~2004年53冊と長期に渡って圧倒的な人気を得てきた西岸良平の原作マンガを映像化した映画だそうです。高校生以降、コミック系の単行本や、雑誌を買って読んだ記憶がありませんが、彼の

  • 2005/12/12(月) 10:05:55 |
  • 日々好日

「ALWAYS 三丁目の夕日」

氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ~ということで・・・。高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思....

  • 2005/12/14(水) 03:55:19 |
  • 雑板屋

ALWAYS三丁目の夕日~子供のこと心配しない親なんていないのよ~

気分よく鉄板焼き屋を出てのんびりフラフラたどり着いた先は六本木ヒルズ東京タワーが綺麗ですよ東京タワー?…と言えばそうだ!観ちゃいますかー「ALWAYS~三丁目の夕日」評判いいし、気分いいし、たまに寄った時に観る映画もオツだろうしぃ、、、♪ 学校ないしぃ~家庭も

  • 2005/12/16(金) 18:34:03 |
  • いつか誰かと交換日記!?

『ALWAYS 三丁目の夕日』/涙腺崩壊

バイト先の店長(団塊世代)に、ぜひとも観たまえ、いいから観なさいと言われ、時間がないなら店を早退してもよい、とまで半ば強引に薦められたので、お言葉に甘えて早めに帰って、『ALWAYS 三丁目の夕日』を観にいった。が、それにしても、私の涙腺はいったいどうしてしま

  • 2005/12/18(日) 01:35:02 |
  • 西欧かぶれのエンタメ日記

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。 物語の出だしは、やや平凡で退屈な印象を受けるが、

  • 2005/12/25(日) 01:16:15 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

ALWAYS 三丁目の夕日

ロングヒットの 『ALWAYS 三丁目の夕日』 をやっと観ました。 全体的に、何かとてもハイセンスというか、美しさを基調とした作品だなぁ と感じました。 “笑い” と “感動” がバランス良く織り交ぜられているし、テンポが良いのか、観てい

  • 2005/12/29(木) 19:39:34 |
  • Tak.Arai の 今夜もナローマインド!

ALWAYS 三丁目の夕日

ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/}思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/}感動させられたなぁ薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってましたそして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/}あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/}テレビが家にやってきた

  • 2005/12/30(金) 16:57:53 |
  • 時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド

温 ~「ALWAYS 三丁目の夕日」~

山崎貴監督作品、吉岡秀隆主演の、映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た。昭和33年、東京下町の夕日町三丁目に住む人々の話。感想。①郵便屋さんはもう少し大切に扱いましょう。②オラ、東京さ何遍が行っだげど、東京タワーはまだ見だごどねぇ~。③夕日は何十年経

  • 2005/12/31(土) 20:00:06 |
  • サナダ虫 ~解体中~

『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました!

 2005年11月8日『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー!47年後に、逢いましょう。すべての日本人に贈る夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!!文部科学省選定作品★スタッフ★監督・脚本・VFX:山崎貴脚本:古沢良太音楽:佐藤直紀主題歌:D-51 「ALWAYS」  ★キャスト★

  • 2005/12/31(土) 23:31:15 |
  • ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!

映画 ALWAYS 三丁目の夕日

昭和33年の東京。高度経済成長の真っ只中、東京タワーが完成するこの年に東京夕日町三丁目に青森から集団就職で六子(堀北真希)が鈴木オートにやってきた。短気だが家族思いの父・鈴木則文(堤真一)、優しさで皆を包み込む母・トモエ(薬師丸ひろ子)、やんちゃ坊主の長男

  • 2006/01/05(木) 21:11:38 |
  • musi-k ~ムジーク

「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代

「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演山崎貴監督、2005年予告編を見た時、「この映画はやめよう」と思っていた。「泣き」の映画のあざとさのようなものを嗅ぎ取ったからだ。で、映画館の暗闇で上映開始を待...

  • 2006/01/07(土) 19:31:51 |
  • soramove

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★

>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。観に行ったのですが、普通(」゜ロ゜)」 ナント普通の日本映画でした。普通でないのは映像技術。遠くに見える東京タワーですとか、昭和の町並み。次第に出来上がって

  • 2006/01/08(日) 11:47:24 |
  • AI-z「出田直正(nao)の一日。」

ALWAYS 三丁目の夕日

監督:山崎貴出演:堤真一,吉岡秀隆,小雪,薬師丸ひろ子,掘北真希,もたいまさこ,三浦友和昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビが....

  • 2006/01/08(日) 22:20:05 |
  • KINOKANAL

ALWAYS -三丁目の夕日-

最近は良い邦画が多いですね。その中でも特に良かったのがこの映画。舞台は昭和三十年代の東京の下町 (東京タワーの近くだから芝のあたりかな)。主人公は三丁目の人々とそれを優しくつつみ込む夕日。 とにかく涙腺をくすぐる映画で、観客席の四方八方からすすり泣く声が聞

  • 2006/01/11(水) 00:23:43 |
  • しろうと日記

ALWAYS 三丁目の夕日

 昨日は町田で映画を鑑賞してきました。観たのは『ALWAYS 三丁目の夕日』。私は基本的にアートな作品を好むので、これ、どうかなぁ~? と思っていたのですが…。 いやぁ~、意外と楽しめましたよ。ストーリー自体は、まあ、予定調和的に進んでいくのですが、そんなこ...

  • 2006/01/14(土) 01:35:19 |
  • いずみちゃんの徒然草

ALWAYS 三丁目の夕日

これから高度成長期に入ろうとする昭和33年。東京タワーの建造が始められ、戦争後の貧困・混乱から脱した時代だ。モノがあふれている現代より「心の豊かさ」「幸せ」があふれている時代。そんな時代でのある町内のドラマ。

  • 2006/01/19(木) 01:31:50 |
  • 八ちゃんの日常空間

昭和な日本 『ALWAYS 三丁目の夕日』

余りの高評価に、昨年からずっと見たかった「ALWAYS 三丁目の夕日」。

  • 2006/01/20(金) 18:28:43 |
  • VIVA!ちどりあし

ALWAYS 三丁目の夕日(★★★★☆)

日本映画 133分 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろ子 堀北真希 ほか 昭和33年、東京タワーが完成するこの年。 ここは東京下町の夕日町三丁目。 短気な家族思いの父・鈴木則文(堤真一)、優しい母・トモエ(薬師丸ひろ子)、やんちゃな小学生の息子・

  • 2006/01/22(日) 23:41:07 |
  • お気楽で行こう!

【劇場映画】 ALWAYS 三丁目の夕日

≪ストーリー≫昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残っ

  • 2006/03/09(木) 23:37:10 |
  • ナマケモノの穴

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版ALWAYS~三丁目の夕日~今日一日を夕日は全てすっぽりまあるく包み込んでくれる。1958年でも、2006年でも。ベトナムでも、日本でも。そういう映画。◇…◇…◇…◇…◇…◇…◇ベトナム行きの飛行機の中で見ました。飛行機の中だっていうのに( p_

  • 2006/03/26(日) 19:40:35 |
  • *カエルとIKIRU*

ALWAYS 三丁目の夕日/山崎貴

最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そういえば私が生まれ育ったのもこんな下町でした。物語は、六子が田舎から集団就職のために上京してくるところから始ま

  • 2006/06/04(日) 18:33:40 |
  • 文学な?ブログ

ALWAYS三丁目の夕日(6月9日DVD発売)

このページの最終更新:2006・6・7「携帯も,パソコンも,テレビもなかったのに,どうしてあんなに,楽しかったんだろう」舞台は,昭和33年の東京.則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子),息子の一平(小清水一揮)が暮らす自動車修理工場「鈴木オート」に,集団...

  • 2006/06/07(水) 14:30:28 |
  • オレメデア

ALWAYS 三丁目の夕日

製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 133分 監督 山崎貴 原作 西岸良平 脚本 山崎貴 、古沢良太 音楽 佐藤直紀 出演 吉岡秀隆 、堤真一 、小雪 、堀北真希 、三浦友和 (allcinema ONLINE) 解説: 昭和33年の古きよき日本を舞台に、家族の触れ....

  • 2006/06/09(金) 20:21:17 |
  • タクシードライバー耕作のDVD映画日誌

ALWAYS 三丁目の夕日

西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴監督が得..

  • 2006/06/13(火) 18:00:15 |
  • Extremelife

Always

『ALWAYS 三丁目の夕日』この映画は東京タワーの完成を間近に控えた昭和33年、東京の下町を舞台に繰り広げられる人情味溢れる物語です。笑いあり、涙あり、世代を超えて共感出来る古き良き日本を感じさせてくれる作品。駄菓子屋の店主でしがない小説家、茶川竜之介

  • 2006/06/15(木) 18:18:25 |
  •  

ALWAYS 三丁目の夕日

http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10006060612 ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島

  • 2006/06/16(金) 23:27:27 |
  • 東京ミュービー日記

ALWAYS 三丁目の夕日

素晴らしい、素晴らしい、素晴らしい!!これは、日本映画の代表格にしても構わないく

  • 2006/06/21(水) 02:43:46 |
  • Goda Web

ALWAYS三丁目の夕日-(映画:今年80本目)-

監督:山崎貴出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、三浦友和評価:88点公式サイト(ネタバレあります)こだわり抜いた昭和33年の再現。そのリアルさが見る人に大きな郷愁と感動を呼び起こしているのだろう....

  • 2006/06/22(木) 09:22:03 |
  • デコ親父はいつも減量中

ALWAYS 三丁目の夕日

story西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ

  • 2006/07/05(水) 23:30:52 |
  • 土曜の夜は・・・

ALWAYS三丁目の夕日応援委員会HP 更新情報をブログ化しました

6/9発売のDVDで、ALWAYS三丁目の夕日の面白さと感動を知った皆様も多いことだと思います。ただネット上には整理された総合情報が少ないため、 ALWAYS三丁目の夕日応援委員会 ホームページとしてまとめてみました。 深く考えず家族とぶらっと見に行った...

  • 2006/07/06(木) 22:18:31 |
  • ALWAYS三丁目の夕日応援委員会ホームページ 更新日記

引越しのお知らせ(ALWAYS三丁目の夕日応援委員会更新情報)

ALWAYS三丁目の夕日応援委員会(http://www.geocities.jp/always3chome/)委員長です。本日より「更新情報」を、こちらのgooブログに引っ越しました。DVD発売後一ヶ月が過ぎましたが、以前からの三丁目ファンの皆様は元より、DVDで初めて三丁目の感動を味わいもっと三丁目を

  • 2006/07/26(水) 23:09:28 |
  • ALWAYS三丁目の夕日応援委員会ホームページ 更新情報

ALWAYS 三丁目の夕日…邦画マイブーム再燃なるか?

今週の北部九州はずっといい天気{/kaeru_fine/}みたい。職場には窓が無いんですけどね{/face_ase1/}ブログに記事と一緒に天気を書いてて思うことは「いい天気{/fine_sim/}」の割合って多いんだなぁということ。あんまり雨マーク使った記憶ないですもんねぇ。最近はたくさん

  • 2006/10/17(火) 00:43:52 |
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 A-(演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40)『評論』あれ

  • 2006/10/25(水) 10:19:17 |
  • ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!

江頭2:50が「Always 三丁目の夕日」を絶賛!!(動画在り)

早くもテレビ放送された映画「Always 三丁目の夕日」。堀北真希ちゃんが、まさかの名演。去年映画館でみたとき、ドラマ「野ブタでプロデュース」で知っていたのに最後まで本人だと気が付かなかったくらいです。ベタ

  • 2006/12/02(土) 07:36:55 |
  • 泣ける映画と本のblog

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、三浦友和、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、須賀健太...「携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。

  • 2006/12/03(日) 18:20:13 |
  • ひめの映画おぼえがき

映画 「ALWAYS三丁目の夕日」

路面電車、ダイハツミゼット(初代)、東京タワーの作っているとき。生まれる前の話なので、私はノスタルジーはありませんがこれぞ、古き善き時代だったのでしょう。

  • 2006/12/03(日) 21:53:45 |
  • ゼロから

50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」

昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。彼はひょ

  • 2006/12/05(火) 00:21:40 |
  • 取手物語~取手より愛をこめて

50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」

昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。彼はひょ

  • 2006/12/05(火) 00:28:04 |
  • 取手物語~取手より愛をこめて

ALWAYS 三丁目の夕日

評判いいですね、この映画。観よう観ようと思っていると、TVで放映。ラッキー。(^^)昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む小さな町工場に青森から集団就職で六子がやってくる。向かいの駄菓子屋の茶川は、芥川賞の選考に残った経験がありながら、今は

  • 2006/12/10(日) 02:49:04 |
  • 映画、言いたい放題!

ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!!

ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。

  • 2006/12/17(日) 23:18:07 |
  • 名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など

ALWAYS 続・三丁目の夕日

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。前作が大好きな妻と一緒です。前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、)山崎監督のこういう感じの作品も観てみたいかも(^o^

  • 2007/11/02(金) 18:04:31 |
  • アートの片隅で
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/121-5c52a468
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。