ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

了見の狭い輩

なんともお恥ずかしい次第であります。

ここのブログが一度にトラックバックできる数は、5コ。
そうとも知らず、セッセセッセと多くのブログを巡ってトラックバックURLをかき集めて、一度にドバッと更新かけてたものでした。そんでもって、トラックバックが返ってきたら早速お礼に馳せ参じようと、虎視眈々と待ち構えていたのもでした。なのに、ちっともトラックバックが返ってこないからといって、見ず知らずの人たちの薄情ぶりを呪ったものでした。呪うあまり、夜な夜な神社に出かけては、ワラ人形に五寸釘を打ちつけたものでした。カナヅチを忘れたので額が血まみれになって、ますます逆恨みをつのらせたものでした。
この場を借りて謝罪します。勝手に呪ったり恨んだりしてすみませんでした。

でも、トラックバックできてない方たちは、何かの間違いでもない限りここのブログに来ない方たちですから、本気で謝ってるわけではありません。
とはいうものの『TAKESHIS’』と『三丁目の夕日』だけは、もう一度トラックバックしてみました。そこからお越しいただいた方で、ここ数ヶ月の間に何らかの呪いの兆候があったという方がいらっしゃったら、コメントを残したりせずにその場で挙手だけしててください。


それはさておき、映画が好きな人で、かつ、ブログを運営している人というのは、映画に対しては厳しいこともありますが、人に対しては優しい方が多いようです。どこぞの掲示板に無責任に書き込むのとは違って、ブログ運営という責任を背負っているわけで、おのずと他の人への悪意をむき出しにすることを避けることになるんでしょう。ちなみに、地球に優しいかどうかについては、よくわかりませんが、月に優しいかどうかはそのうち調べてみたいと思ってます。

とはいうものの、世の中は広いもので、ときには悪意ある方というのを見かけます。

先日、あるサイトを拝見していたときのことです。
ソフト化されたある映画をご覧になられたブログ運営者の方が、その感想を書かれた記事に、こんな趣旨のコメントを見つけてしまいました。

「映画の感想とは、劇場で見た作品について書くのが原則です」

映画は劇場で見る。まさしく正論です。
何らかの事情でスクリーンで見逃した作品を、ブラウン管で見て、それが面白かったとき「ああ、映画館で見たかったなぁ」と思うことはよくあることです。
だからって、その感想を書くなとは何事だ。
小説に例えたら、単行本で発売されていた小説を文庫本で読んでも感想を書いちゃいけないんです。その小説が新聞連載されたものだったら、その時点で読んでいなければ感想を書くな、と言ってるのと同じです。

なんと了見の狭い輩でしょう。
と、早合点してはいけない、百歩譲ってとても厳格な人なのだ、他人に厳格であるということは自らにはもっと厳格な人でさぞ立派な非の打ちどころのない聖人君子に違いない。なにしろそのコメントには、その聖人君子のサイトへのリンクが張られているくらいです。
畏れ多くもそのサイトを拝見させて頂きたく思いました。姿勢を正し、イスの上で正座して、おっといけないマウスを持つ手も石鹸で洗わねば、ああこんな服装ではいけないせめてネクタイくらいは締めないと、という聖人君子に謁見するかのような準備をして、そのサイトを開かせて頂きました。

やはり了見の狭い輩でした。

その輩が運営するサイトは複数あるようで、その中の映画の感想を書いたブログは、たしかに劇場で見た作品ばかりでした。
前後して書かれた2作品の感想それぞれに「映画雑誌が絶賛」というコトバを使っているとか、句点の使い忘れとか、決してふざけているとは思えない「ですます」調と「である」調の混在とか、ツッコミどころが無くもないというか有りすぎるんですけど、そういうことは「映画雑誌」と違って第三者の校正を経ずに記事するブログにはありがちなことです。

気になったのは、映画情報と銘打たれたブログです。
そこで紹介される映画情報のほとんどは、発売されるDVDについてなのです。他人にソフト化された映画を見て感想を書くなと忠告している輩がDVDの記事を書いていることに、まず唖然とさせて頂きました。しかも、そこから伸びるリンク先が「アマゾン」だったりするので、結局のところアフィリエイトの小銭稼ぎでしかないものを、それを「映画情報」なんて、よくもぬけぬけと銘打ったものです。
とはいえ、心優しい多くの方だってアフィリエイトをされているし、心が優しかろうと優しくなかろうと誰しもカスミを食って生きてゆくわけにはいかないわけです。そもそも、その行為は誰かに迷惑をかけているわけでもないので、了見が狭いうえにただのバカだと笑って済ませておけばいいことです。

ところが、と、ここからが核心ですよ。
そこに書かれた記事の内容がよろしくない。
あるDVDの紹介記事は某老舗「映画雑誌」の文章が、丸写しとまではいきませんが、かなりの部分流用して書かれてました。
また、某国の映画興行に関する記事もあったんですが、それも同じ「映画雑誌」の同じ号に記載された文章の流用です。過去の記事のいくつかも、その「映画雑誌」の過去の号からの流用がありましたし、もしかしたらそのほとんどが色々な「映画雑誌」からの無断引用なのかもしれませんが、そこまで調べて訪問カウント数を増やして、その了見の狭い輩を喜ばすのもシャクです。
あ、了見が狭い輩、って書き方はその人に失礼ですね。

≪卑劣漢≫

そう書かせて頂きます。おめでとうございます、格上げです。
ファンタジーやフィクションの世界にしかいないと思っていた、絵に描いたような≪卑劣漢≫ってやつに、初めてお目にかかりました。
あまりにそれが嬉しくて、某老舗「映画雑誌」に、メールで報告してあげました。

「●ら●す●」と名乗るその卑劣漢へのリンクは張ってあげません。
ここまで書いといてそりゃないぜと思われるかもしれませんが、こっちだって負けないくらい卑劣漢なもんですから。
スポンサーサイト

コメント

ちょっと探しに・・

いっちゃったじゃないですか(笑)
もらりすととかちらりすととかてらりすととか・・見つかりませんでしたけど。。
いつか探し出して批判したいものですね。

  • 2005/12/01(木) 19:02:42 |
  • URL |
  • foo #-
  • [ 編集]

観方なんて

こんばんは。
その卑劣漢さんは、スティーブン・ソダバーグの新作みたいに映画館とDVDで同時公開の映画はどう反応するんでしょうね(笑
私のブログでは観た映画に値段つけてますけど、それは映画館で観た映画だけです。
これは私なりの拘りですが、映画の観方は人それぞれ、ましてや感想なんて全く自由に書いていいと思いますね。

  • 2005/12/02(金) 01:34:24 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集]

非卑劣漢のみなさま

ノラネコさま
『KAMIKAZE TAXI』って作品は、Vシネマだったのに評判がよくて、劇場公開されましたし、薬師丸ひろ子と共演してないほうの松田優作主演の『探偵物語』なんて、テレビで放映されて10年以上経ってから、劇場で再編集版が上映されました。
日本未公開でソフト化される作品だってあるし、『呪怨~JUON』のように劇場公開作がソフト化される時「ディレクターズカット版」になることだってありますよね。

>映画の観方は人それぞれ、ましてや感想なんて全く自由に書いていいと思いますね。
もしかしたら、この記事も誰かの自由を侵害してるかな・・・。

fooさま
実は、某老舗「映画雑誌」に告発する前に、イヤミなコメントしてやったんですが、それに反応してくだんの記事を消さないどころか、そのコメントを消すことすらしないフテブテしい卑劣漢なのです。
幸いなことに、某老舗「映画雑誌」から、対処したい旨のメールが来ましたので、fooさまには申し訳ありませんが、批判する前に消えちゃうと思います・・・が、それすら無視しかねない卑劣漢だったら、こっそり教えてあげますよ(笑)。

  • 2005/12/02(金) 02:17:33 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんばんは!

ごめんなさい、明日(今日)からお遊び出張なので、今日は寝ます。
後日改めて参上つかまつります。

  • 2005/12/02(金) 02:46:53 |
  • URL |
  • あるサイトの管理者 #-
  • [ 編集]

あるサイトの管理人者さま

こちらこそ、ごめんなさい。
ぐっすりおやすみください。

  • 2005/12/02(金) 03:16:59 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

ですます

ドキリとしてしまいました。
俺のブログでは「ですます」調と「である」調がかなり混在しますである。
最近、文章能力まで批判してくれる人がいなかったので、ちょいとばかし有頂天ホテルになっていましたであります。
校正しなければいけないと思いつつ、書き上げた喜びでついつい送信ボタンを押しちゃうんですよね・・・

  • 2005/12/02(金) 09:16:59 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

ござりまする。

kossyさんに負けじと無理矢理「ござりまする調」で登場の
こっちゃんでござりまする。
にらさま。
これはイケませんでござりまする。
またしても笑っちゃったでござりますよ。
まったく何たる卑劣漢でござりましょう!

完全に、にらさまの逆鱗に触れてしまったのでござりまするね。
こっちゃんも、消される前にその方にぜひとも
お目にかかりたいでござりまするなぁ。
Amazonへ馳せる熱き想いを供に語り合いたいでござりまする。

  • 2005/12/05(月) 16:22:14 |
  • URL |
  • こっちゃん #-
  • [ 編集]

映画館

くルシまぎれ(?)な雑誌の記事丸写しは、論外として、
らイター気取りなんでしょうね、あの方。
の~タリン?
すいこうする暇もないのでしょうね。
けっきょく、卑劣感?ですか??

ぁ、縦に読んでは、いけません、、、

  • 2005/12/08(木) 16:55:59 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #-
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/12/08(木) 17:01:45 |
  • URL |
  • #
  • [ 編集]

「●ら●す●」。

この記事を読んで以来、ずーっと「●ら●す●」って誰なんだろーって疑問に思ってましたが、猫姫さんのおかげでよーやくわかりました。
でも猫姫さんは「●ら●す●」ってヒントだけでたどり着いたんでしょうか。
それとも以前からにらさんと同様のことを感じていたのか、そこがちょっと気になるところです。

  • 2005/12/11(日) 01:57:48 |
  • URL |
  • せぷ #-
  • [ 編集]

せぷ さま、

こんばんは、管理人さますっとばしてコメント、失礼致します。
実はあたしが「あるサイトの管理者」なのです、DVDばかりでずびばぜん、、、
ちなみに、変なカキコ発見致しました。
細越麟太郎氏の、プロにあるまじき「勝手に使ったよ、ごめんね」という、一方的事後承諾申請コメです。
ということは、老舗映画雑誌が、1ブログ記事を勝手に使った、ということ??
世の中、不思議なことがありますね。

  • 2005/12/12(月) 03:46:00 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #-
  • [ 編集]

書き忘れ

書くの忘れていました。
事後申請願いは11月17日付、コメントIDも、その日付らしい。
しかるに、引用された元ブログ記事は、11月18日付です。
おまけに、引用したブログ記事にコメントしないで、この人のグループの、別のブログの、それも全然関係ない記事にコメントされています。
ぁ、こんなことしていないで、寝ますね。
おやすみなさ~い!

  • 2005/12/12(月) 03:53:41 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #-
  • [ 編集]

猫姫さま

細越氏の名を騙った<卑劣漢>ですが、その経過をご説明します。

まず、言及されているコメントが「わかる人ならわかる」書き方をしているので「わからない人にはわからない」かもしれませんが、<卑劣漢>による<卑劣漢>に対する「卑劣なイヤミ」であることをご承知措き下さい。
その「卑劣なイヤミ」を無断引用の11/18付記事(その文章が記載された雑誌の発売日は11/19ですが、そこは<卑劣漢>だけに記事の日付はわざわざ過去にしたんでしょう)にコメントしようとしたんですが、そのブログはコメント拒否設定がされているのか、受け付けられませんでした。そこで、仕方なく<卑劣漢>が運営する別の映画感想ブログにおけるその当時最新であった11/17付記事に、11/26付でコメントしたわけです。

これでぐっすりおやすみ頂けますでしょうか?

ちなみに、これをお読みになられた他の方にも誤解なきよう申し沿えておきますが、この記事本文は、某老舗「映画雑誌」から<卑劣漢>の記事が悪質な無断引用である旨のメールを受信した後に掲載しています。

  • 2005/12/12(月) 23:24:18 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

猫姫さん、早速のレス、ありがとうございます。

猫姫さん、早速のレス、ありがとうございます。
結局、事情に疎い自分には何が何やらだったんですが、ともかく世の中には不逞やからもいるってことですね。

話は変わりますが、以前からお名前はよく拝見していました。
同じく映画を趣味とするもの同士ですから、にらさんのところで名前を見かけるのはそれほど不思議ではないと思うのですが、keiさんのところでも猫姫さんのコメントを見るにつけ、ネットの世界って広いようで狭いものだなぁと以前から思っていました。
今度猫姫さんのブログにも遊びに行かせてもらいますね。

ps.にらさん、私信に使って申し訳ありません。

  • 2005/12/12(月) 23:51:05 |
  • URL |
  • せぷ #-
  • [ 編集]

納得

な~んだぁ、そうだったの?
いや~ん、なんか変な展開になるのかなぁ、、って、思っちゃったわ。
じゃ、ぐっすり寝ますね。
ぁ、せぶさま、負け犬、、、ですね。
あは、、ホント、ブログ界は狭い??
またよろしく、です!

  • 2005/12/13(火) 02:54:56 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/122-882eba00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。