ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドラえもん~のび太の恐竜2006』

今作に登場するピー助ことフタバスズキリュウは、分類学的にいうと恐竜ではないため、今作を正しいタイトルにするならば『のび太の白亜紀の海にすむ爬虫類』となりますが、そんなタイトルの作品はあまり見たいと思いません。

06030601.gif


初めて映画館で見た「ドラえもん」は、1980年の劇場版第1作「のび太の恐竜」でした。
最後に映画館で見た「ドラえもん」は、1980年の劇場版第1作「のび太の恐竜」でした。
つまり映画館で見た「ドラえもん」は、1980年の劇場版第1作「のび太の恐竜」だけでした。

テレビ朝日で放送されている現行のテレビアニメを見たことがないとは言いませんし、日本テレビ系列で放送されていた、いわゆる「旧・ドラえもん」も見たことがありますが、必ずしも熱心な視聴者ではありませんでした。漫画も、藤子のAとFが入り混じってた頃の単行本を数冊読んだことがある程度です。
つまり、ドラえもんにはほとんど思い入れがありません。

なのに、今回、公開初日に劇場へ出向いたのは、他でもないウチの”みにら”が「この映画が見たい」などと言いやがったからです。
みにらも、テレビアニメのドラえもんはほとんど見たことがないので、思い入れはないはずです。しかし、今作のTVCMを見て、1歳から『ジュラシックパーク』を鑑賞する環境にいたみにらの「恐竜が出てくるというだけで血が騒ぐ」DNAが刺激されたらしいのです。
本当は、生まれて初めての映画館体験は3月下旬公開予定の『ウォレスとグルミット』新作にしようと画策していたんですけど、暗闇で大音響という状況だけ考えるとオバケ屋敷と変わらない、つまり、恐怖のあまりいつ「帰りたい」と言い出さないとも限らない映画館ですから、ミステリの国イギリスらしいというか作品を重ねるごとにスリラー色が濃くなってるそのシリーズより、「ドラえもん」のほうが日本の子供には安全パイだろうということで、万障繰り合わせてみにらと劇場へ馳せ参じたわけです。

みにらとの珍道中を書くことが目的ではないので、以降その点は割愛させて頂きますが、とりあえずなだめつすかしつ最後まで見ることができたことだけ記しておきます。

ということで、『のび太の恐竜2006』についてです。

人物がアップになったときのささくれ立った輪郭線とか、巨大な恐竜が激しく動き回るカットでの皮膚の質感とか、クオリティの低さが目に付きました。
それは、映画館だから気になることであって普段見ている15インチ程度の小さいブラウン管なら気にならないことかも知れませんし、ディズニーやスタジオ・ジブリのように映画にだけ関わっていられるわけでなく毎週放送するテレビアニメと掛け持ちのスタッフにそれを求めてはいけないのかもしれません。そもそも、第1作以外は劇場はおろかテレビ放映もビデオも見たことがないので、今作とディズニー作品やジブリ作品との比較はできても、ドラえもんシリーズ全体の作画の質と比較して判断する立場ではありません。
ピーピー言わせるために旬の神木隆之介クンをキャスティングするとか、劇団ひとりにひとり何役もやらせるのは、たしかに声優に有名人を当てれば宣伝も容易だし相乗効果も見込めるとはいえ、おそらく年間興行収入10位以内に入るであろう今作が、そんなところにカネを掛けるのはどこか間違えているように思えるんですけど。

作画の質が悪い=作品が面白くない、というわけではありません(
技術力の高さだけで評価されるとしたら、草創期の作品より最新の3DCGアニメのほうがダントツに面白くなければいけないはずですが、そんなことはないわけです)。
なので、視点を変えて、今作のストーリーはどうでしょう。

のび太が白亜紀に恐竜を連れて行くという大筋や、「あたたかい目」とか「鼻でスパゲッティ」とかのいくつかの細部は1980年版や元ネタの漫画にもあったことを覚えていますが、決定的に思い違いをしていたのは「悪役」が登場していたことです。
1980年版が公開された頃だったらいざ知らず、勧善懲悪という構図の中にも人間味ある悪役を描いた同じ「クレヨンしんちゃん」シリーズを輩出したシンエイ動画であれば、2006年版ではもう少しなんとかならなかったんでしょうか。
無限ともいえる秘密道具がウリのドラえもんでは、それらを上手く組み合わせて使えば、どんな困難もラクラク乗り越えられてしまうわけで、そうした「ドラえもん」の持つ、冒険モノとしての構造的欠陥を覆い隠すために、こんな悪役を出さざるを得ないわけで、これが「オバQ」だったら、悪役なんて使わなくても白亜紀のサバイバルだけでじゅうぶん面白いストーリーが作れるはずだと思いますが、それを言っちゃあおしまいです。

てなわけで、たかがキャラクターのイラストがプリントされたプラスチック製ケースに入ったたかがポップコーンの値段を600円に設定したヤツを、一生許さないと決意をして、クイズです。

問1:1980年オリジナル版『のび太の恐竜』の伴映作品は?
 A.『モスラ対ゴジラ』
 B.『ゴジラ対モスラ』

正解はこちらに。

問2:冒頭に書いたように、フタバスズキリュウは、厳密には恐竜ではない生物ですが、分類学的に恐竜とされているのは「竜盤目」と、もうひとつは?
 A.恐盤目
 B.鳥盤目

正解はこちらに。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

温かい目

キャラがアップになったりすると、途端に作画が荒くなるシーンとかありますよね。自分もあれは気になったー・・
でも旧作と比べると、ドラえもんは結構笑いを取るキャラクターに生まれ変わってますね。温かい目とか言いながらかなり『怪しい目』だったし、タイムマシンの故障をバレないように、アロハシャツ着込んで平静さを装ったりと。劇場でお子ちゃま達の笑い声が絶えませんでしたよ(笑

  • 2006/03/07(火) 01:58:56 |
  • URL |
  • メビウス #mQop/nM.
  • [ 編集]

刑事ッ! と思ったです♪

ドラえもんの頭さながらに、文字(ふぉんと、っていうの?)がデカくなってて驚きィ。
視力が悪くなりつつある私のためにィ?
自意識過剰な女性を見つけたら膝カックンくらいしてしまいそうなにらさんと知ってて書いてみました。ペコリ。
一言、“読みやすいです”でいいのにネェ。

  • 2006/03/08(水) 14:11:28 |
  • URL |
  • たみお #-
  • [ 編集]

歯ぐき

コメントありがとうございました!
私は結構リアルタイムで見たほうなので、声の違和感をどう克服するかが目下の課題です。(多分30分も見れば慣れると思うのですが・・・)
声と同じように気になるのが、ドラえもんの「歯ぐき」です。これがあったらもはやロボットではない気がするんですが、どうなんでしょう。

  • 2006/03/08(水) 21:28:21 |
  • URL |
  • ロイ from 週末に!この映画! #vXeIqmFk
  • [ 編集]

あんなこといいな皆さま

◆ロイさま
きっと、未来の世界の人が生物的なリアルさを追求して作ったんですよ、歯ぐき。
ドラえもんに限らす、「未来少年コナン」とかも、よく歯ぐき剥き出しにしてましたが、アニメの登場人物の歯ぐきって、なぜだか違和感覚えますね。

◆たみおさま
フォント、直ってますでしょうか?
もし自分に「自意識過剰な女性に膝カックン」できるくらいなら、こんなところでコソコソと記事書いてないで、マーチったらチッタカタと街へ繰り出して、すれ違いざま女性をザクザクボコボコして、今ごろ刑務所の中です。

◆メビウスさま
あまり詳しくはないんですけど、コミックもテレビも、それほどドタバタではないから、旧作はまだその流れを汲んでたキャラだったのかもしれません。
「あたたかい目」のシーンには、こちらの劇場も子供たちの笑い声がおきてましたが、子供たちに負けまいと、自分もしずかちゃんのパンチラシーンに、ニヤリと笑っておきました。

  • 2006/03/09(木) 17:42:55 |
  • URL |
  • にら(できたらいいな管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

後ろのお子様の…

にらさん。こんばんは。
ご無沙汰いたしておりました。

後ろの席にお座りになっていた、恐竜大好きであろうかと推察されるお子さまが、前の座席(そこには私が座っているのだ)を興奮してボコボコと蹴るのでございます。
「あと1回蹴ったら『蹴るのやめなさいよ』とやさしく諭してあげよう」と思いながら温かい目で画面を観ておりました。

しずかちゃんのお風呂シーンにドギマギしました。昔のキャラより足が長くなってたな。

  • 2006/03/19(日) 21:49:07 |
  • URL |
  • あむろ #y.6mc9WE
  • [ 編集]

あむろさま

今作のしずかちゃんのように脚の長い愚息が、ご迷惑をお掛けしたようで申し訳ありませんと、謝ってみたものの、いくらなんでも本州半分ほど隔った前の座席を蹴るほど長いとも思えませんし、だからそれは脚ではなく「夜の如意棒」だったという真相を知られるのもマズイし、やっぱり謝っておくことにします。

  • 2006/03/23(木) 09:36:07 |
  • URL |
  • にら(後ろの管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

北京版のドラえもんみたいwww

  • 2007/09/21(金) 19:34:16 |
  • URL |
  • w #-
  • [ 編集]

こんばんわ

初めまして

りゃりゃです。

私は、鉄人兵団のリメイクには賛成です。

できればオリジナルで、トリックがばれた後、本物の世界中でロボットが人間狩りをするシーンを取り入れてほしいです。

リルルもできれば髪の毛を縛るシーンをやってほしいです。

もし鉄人兵団がリメイクされたら、管理人様は、どんな話がいいですか?

エンディングテーマも、とても悲しかったです。

  • 2007/09/27(木) 21:59:11 |
  • URL |
  • りゃりゃ #reoM.4kQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

13 ドラえもん・のび太の恐竜2006

受験終了後、脱力したのと忙しいのでなかなか書けず残念です。親子試写会に当たったので行ってきました。東宝の試写室。CMに写るかもよー。書いてあったし。じつは、ドラえもんの映画を観るのは生まれて初めて。ポケモンは全部見てますが、ドラは敬遠気味。子どもだけで行

  • 2006/03/06(月) 22:44:52 |
  • 毎週水曜日にMOVIE!

新生・映画「ドラえもん・のび太の恐竜2006」で大笑い!

入場者プレゼントも先にGET!声の出演者のメンバーチェンジそして1年間の映画休止今年 新生版として登場の「ドラえもん・のび太の恐竜2006」の試写会に行ってきました。1年間のブランクも感じさせず声のチェンジも感じさせず映画「ドラえもん」パワーは健在です。少

  • 2006/03/07(火) 01:45:31 |
  • bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ

ドラえもん のび太の恐竜2006(評価:○)

【監督】渡辺歩【声の出演】水田わさび/大原めぐみ/かがずゆみ/木村昴/関智一/神木隆之介/船越英一郎/劇団ひとり【公開日】2006/3.4【製作】日本【ストーリー】ある日

  • 2006/03/07(火) 01:48:04 |
  • シネマをぶった斬りっ!!

ドラえもん のび太の恐竜2006

期待値:90%  1980年公開「のび太の恐竜」のリメイク。 ドラえもん映画 第一作目のリメイクとい

  • 2006/03/08(水) 11:38:31 |
  • 週末に!この映画!

つ、ついに見た!!

久々のBlog更新実は、火~水曜日と連休だったので、実家帰ったりと結構忙しかった。月曜の夜に仕事帰りからそのまま実家へ行き、翌日の昼に自宅へ帰宅。実家へ戻ったのは、近く?でもないけど大きな熱帯魚ショップで餌を買うため都内のショップは、値段が高くて餌買う....

  • 2006/03/09(木) 14:20:27 |
  • おサルの玩具箱

映画ドラえもん のび太の恐竜2006

 チケット売り場では「ドラえもん、大人一枚・・・」と小声になり、顔を隠して通路の隅を歩くおっさんの光景を見た事ありますか?

  • 2006/03/14(火) 11:01:19 |
  • ネタバレ映画館

ドラえもん のび太の恐竜2006

新ドラえもんの初映画作品なので見てきました。まぁ、なかなか良かったです。それにしても、しずかちゃんの性格がかなり違うような・・・それから、ピー助の声は神木龍之

  • 2006/03/18(土) 00:21:22 |
  • STAR BASE 74656 - Administrator's Log

『映画どらえもん のび太の恐竜2006』

劇団ひとりや神木龍之介クンって出てなくてもよかったんじゃない?

  • 2006/03/18(土) 08:52:51 |
  • なんでもreview

ドラえもん のび太の恐竜2006

テレビシリーズのドラえもんを卒業してからも、“大長編” という文字にわくわくしながら、毎年の映画は原作単行本とともに恒例行事のように楽しんでいました。しかし、それも、鉄人兵団あたりを最後に全く見なくなってしまって、いつの間にか、声優さんが交代するほどの年

  • 2006/03/22(水) 17:03:23 |
  • 映画で綴る鑑賞ノート

映画ドラえもん のび太の恐竜2006

映画ドラえもんシリーズには縁遠い生活を送ってきました。しかし実は初めて映画館で観たのが『映画ドラえもん のび太の恐竜』(1980)なんです(その後『海底鬼岩城』あたりで離脱)。

  • 2006/03/23(木) 16:32:07 |
  • 映画をささえに生きる

温かい目のドラえもん弁当

4月7日のお弁当~「温かい目のドラえもん」弁当連続ドラえもんになってしまいました映画を観に行った人には分かるかも…ちびにどうしても作ってと言われたから挑戦したけど似てない(T_T) これじゃ、やらしい目のドラえもんだよーちなみに「温かい目のドラえも...

  • 2006/04/08(土) 13:08:14 |
  • キャラ弁頑張り中

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」

声優が変わってからは何となく避けてきましたが、実は私は映画ドラえもんシリーズが好きです。何気に感動するし分かりやすいし。…そんなワケで観てきました、『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』。大人になってから観るドラえもんはまたひと味違って良いですよ。やは

  • 2006/07/14(金) 23:53:21 |
  • Tokyo Sea Side
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/149-02fea268
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。