ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」

カーネギーの成功法則は、読んだかね?


ショーン・ペンってこんな鬱陶しい役者でしたっけ?
メソッド、メソッド、メソッド全開な、メソメソ演技。

メソッドとは、簡単に書くと、アクターズ・スタジオを主宰するリー・ストラスバーグらが広めたと、書くのも面倒くさい演技理論のひとつのことです。

別にメソッドが悪いと言ってるわけではありません。
そんなものを、延々見せるな、と言いたいだけです。

ショーン・ペン演ずる今作の主人公が、「権利」ばかりを主張して「義務」には無頓着な人物だということはわかりました。

実話?
そんなの知ったこっちゃありません。


ちなみに、かつて勧められてカーネギーの本を手にとったことがありますが、いくらページを繰ってみても何も書かれていませんでした。
きっと特殊なインクで印刷されてて、不真面目な人間や負け犬には読めないようになってるんでしょうね。

◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[ リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ]かっこいいぞ、ショーンペン

[ リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ]@渋谷で鑑賞。[ リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ]。タイトル通り、1974年、民間機をハイジャックしてホワイトハウスに墜落させる、という大統領暗殺計画を実行しようとした男の物語である。筋肉質とか、軍隊あがりとかでは

  • 2006/03/23(木) 07:55:47 |
  • アロハ坊主の日がな一日

DVD「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」

実話を元にして作られた作品です。セールスマンをしている主人公だけど、お客さんに嘘をつきたくないという考えから当然ボスとはうまくいかない。セールスマンの「嘘」っていっても、原価と売値の違いだったりするからねぇ。。。それじゃ、仕事にならないよぉ。。。そ...

  • 2006/03/26(日) 22:21:47 |
  • ☆ 163の映画の感想 ☆

リチャード・ニクソ\ン暗殺を企てた男

{amazon} 映画『リチャード・ニクソ\ン暗殺を企てた男』この映画は1974年2月にワシントンのバルチモア国際空港で起きたハイジャック未遂事件を基にした映画。犯人は民間空港機をホワイトハウスに突っ込ませるという9.11を彷彿とさせるショー

  • 2007/11/05(月) 16:27:44 |
  • 悩み事解決コラム
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/157-71743b43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。