ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サウンド・オブ・サンダー』

「ものすごい進化の波が来ちゃうよ。助けて、ドラえも~ん」

06032701.gif


『サウンド・オブ・サンダー』=ピーター・ハイアムズ
『サウンド・オブ・サンダー』=『タイム・コップ』+『レリック』

このふたつの公式にピンときた人は、以降のクソみたいな駄文は読まずに、今すぐ劇場に駆けつけてください。

てなわけで、ピンとこなかった人に向けて、今作をお薦めする10のスゴイ理由を書き連ねることにします(でも、クソみたいな駄文)。

スゴイ理由その1:キャストがスゴイ
主役のエドワード・バーンズの天才科学者ぶりが、『ペイチェック~消された記憶』で、いつも口が半開きのせいかちっともそうは見えなかった天才ハッカー役のベン・アフレックと同じくらい、スゴイです。
アカデミー賞俳優であり『スピーシーズ』だろうと『サスペクト・ゼロ』だろうと『サンダーバード』だろうと依頼されたらどんな仕事も断わらない人柄のよさを、みじんも感じさせないカリスマ悪役になりきったベン・キングズレーのチリチリふわふわ白髪が、これまたスゴイ。カツラかしら。

スゴイ理由その2:監督とカメラマンの一心同体ぶりがスゴイ
だって、兼任なんだもん。

スゴイ理由その3:原作がスゴイ
なにしろディックに比べて映画化作品は少ないんですけどトリュフォーのおかげでその名前だけはよく知られるSF小説の巨匠レイ・ブラッドベリですから。でもその原作はかなり脚色されてるらしいので、あんまり関係ないっちゃあ、ないんですけど。

スゴイ理由その4:ストーリーがスゴイ
それなりに厳密だった気がする『タイム・コップ』ですら甘く思える、太字の「えすえふ」の今作は、50年後のシカゴが舞台です。
恐竜狩り目的で行った白亜紀末期の太古から、ほんの小さな「あるもの」が持ち込まれてしまったために、過去に歪みが生じてしまい、現代にとんでもないことが起きてしまいます。
その歪んだ過去を修復すべく四苦八苦するってのが物語の大筋です。
SF以外のところにチカラが入ってたり、それもかなり御都合主義なところもありますけど。

スゴイ理由その5:悪役がスゴイ
ベン・キングズレー演ずる恐竜狩り体験タイムトラベルツアー会社の経営者がスゴイのは前述したとおりですが、そのお客たちも憎々しい顔してます。
いつも、悪役が強烈なハイアムズ作品なので、今回はおぞましい怪物たちが出てくるものの、それに勝るとも劣らぬいい顔してる役者さんたちがスゴイ。

スゴイ理由その6;美術がスゴイ
シド・ミードが担当してます。
50年後のはずなのにちょっとゴツくてクラシックな自動車とか、いかにもシド・ミード好みなデザインに仕上がっててスゴイ。
タイムマシンの心臓部らしき部品になぜかトイレの洗浄剤みたいな青い液体を封入したデザインもよくわかんないけどハイアムズ監督の「水」へのこだわりが感じられてスゴイ。

スゴイ理由その7:ビジュアルエフェクトがスゴイ
タイムトラベルで行く白亜紀末期の太古の映像がスゴイ。
鬱蒼と生い茂るジャングル、木々の隙間からニュウと顔を出す大型肉食恐竜の、ぬめっとしているのに乾いてる蛇を髣髴とさせる質感が再現された皮膚がスゴイ。
ハイアムズ監督の好きなシカゴの50年後の町並みもスゴイ。
過去が歪んだことで生物の進化過程が変わってしまい、それが「進化の波」として、まるで大津波のようにの摩天楼をも軽々と越えて、襲ってくるその特撮が『アビス~特別版』や『ディープインパクト』みたいでスゴイ。
襲い来る進化の波のせいで、植物が巨大化し次第にジャングルへと変貌する町並みがスゴイ。異なった進化を経て怪奇で凶暴になってる生き物たちがスゴイ。
何よりスゴイのは、ホログラムで再現された迫力満点のライオンです。やっぱりホンモノはスゴイです。

スゴイ理由その8:バタフライエフェクトがスゴイ
ちょうちょの特撮がスゴイってことじゃありません。
カオス理論でいうところの「中国で蝶が羽ばたくと、翌日アメリカに嵐が起きる」ってやつです。日本でいうところの「風が吹いたら桶屋が儲かる」ってのと同じです。
今作では、白亜紀末期の太古から持ち込まれたほんの小さな「あるもの」が、現代にとんでもない進化の嵐を巻き起こします。
その「あるもの」とは何か?
書きたいけど書いたらこれからご覧になられる方の楽しみが半減するので書きません。ご覧になった方はニヤリと笑うかもしれませんが、絶対に書きません。

スゴイ理由その9:制作費がスゴイ
100億円近いらしいです。
撮影途中で製作会社が潰れちゃったらしいんですけど、それでもなんとかおカネかき集めて、なんとか完成させて、なんとか公開したってのも、涙ぐましくてスゴイ。
オマケに大コケしたってのもスゴイ。
それから1年を経て劇場公開する配給元の松竹もスゴイです。

スゴイ理由その10:実は9つしか思いつかないのがスゴイ


つまり、このオチがやりたかったんです、ということで、クイズです。

問1:『サウンド・オブ・サンター』ではなく『サウンド・オブ・サイレンス』に出演していたのは?
 A.マイケル・ダグラス
 B.ダスティン・ホフマン

正解はこちらに。

問2:ベン・キングズレーが「貴方は、偉業を成し遂げた」と、顧客を喜ばせようと使うお世辞で、コロンブスとともに挙げられる偉人は?
 A.ガガーリン
 B.アームストロング

正解はこちらに。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

ホログラム

50年後にはホログラム映画館が誕生しているかもしれませんよね。格闘場みたいに四方八方から観劇して、向かい側の観客の表情まで楽しめる映画館。もちろん鑑賞中には鼻くそをほじってはいけません。寝てしまっても大変です。
駄作だとわかったら座布団も飛び交うんだろうなぁ・・・早く観たいぞ!

  • 2006/03/29(水) 21:18:52 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

嫌いではない

これがTVMだったら思わぬ当たりなのですが。

  • 2006/03/30(木) 08:00:56 |
  • URL |
  • arudenteな米 #Rsd9606k
  • [ 編集]

意外な新事実を・・・

そ、そこまでして公開にこぎつけたとは露知らず。
にら様の「10スゴ」に感心してしまいました。
原作ってそんなに脚色されてたの?
ならば「何故にあの程度?」という疑問が拭いきれません。

もしかして「過去」になにか良からぬ変化が
製作陣に影響を与えてしまったのでしょうか?

これからサマータイムマシンに乗ってちょっくら修正してきます。
んじゃ。

  • 2006/03/30(木) 09:50:38 |
  • URL |
  • こっちゃん #TyqeI/Mo
  • [ 編集]

にらさんTB&コメント有難うございました

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
にらさんTB&コメント有難うございました
にらさんの「10スゴ」拝見しました
愛情一杯つつ、ブラックを少々のレビューは凄いです。
(^_^;)アラン・スミシー監督作品にもならず、何とか作品に成った訳ですから・・・
良しとします

  • 2006/03/30(木) 18:47:01 |
  • URL |
  • hide #GxAO5jdM
  • [ 編集]

こんにちは♪

イラストの進化の波が気になって仕方ありません(爆)
この映画のスゴイ理由、全てに大爆笑でした!

  • 2006/03/30(木) 20:17:25 |
  • URL |
  • ミチ #UZXVS8Ac
  • [ 編集]

おひさしおひさし

相変わらずお元気そうですな。
ネトゲにハマってる間ご無沙汰しておりましたm(__)m
カエル君もお元気そうで何よりですw
また遊びに来ますねw

  • 2006/03/31(金) 12:53:40 |
  • URL |
  • まっちゅ♪改めくらぶたん #-
  • [ 編集]

ベン・キングズレーの髪も進化の波にのまれちゃってあんなにフサフサに!

髪の毛がある方がインパクトのある役者さんってすごいなあ。さすがは「サー」です。

  • 2006/04/02(日) 21:44:58 |
  • URL |
  • あむろ #y.6mc9WE
  • [ 編集]

「サウンド・オブ・サンダー」

書き込み有難うございました。

この作品、監督がカメラマンを兼任してたんですか!?それは知りませんでした。多くの方がB級評価を下しているこの作品。「巨額の制作費を投入しながら、何であんなに映像がちゃっちゃいの?」という声も多々在る様ですが、自分はそこそこ楽しめました。

あと、ハロルド坂田氏って誰?と一瞬思い、検索して納得。彼や松崎まこと氏、確かにサンダー杉山氏に似てますね。こういうネタ、個人的に大好きです^^。今度使わせて貰います(笑)。

  • 2006/04/03(月) 12:21:27 |
  • URL |
  • giants-55 #CSnc5kz6
  • [ 編集]

日々進化し続ける皆さま

◆giants-55さま
3人ともすでに鬼籍に入られていますので、そのぶん、獣神サンダー・ライガーには頑張って頂きたいものですね。

◆あむろさま
4月1日のワンセグ開始により、電撃ネットワーク化したベン・キングスレー氏が、頭につけた缶ビールを注ぐ光景が各地の花見で目撃されたそうです。

◆まっちゅ♪改めくらぶたんさま
かれこれ何年ぶりでしょう。
お久しぶりでございます。
もちろん、お元気です。

◆ミチさま
イラストの進化はささやかな進化です。
本人にしてみたらとても大切なことですけど、普通の人にとっては進化ではなく当たり前のことかもしれません。
レーザーメスであっという間の進化です。

◆hideさま
むしろ逆だったりして。
ブラックたっぷり愛情少々だったりして。

◆こっちゃんさま
ついでに、今作製作開始当時にわが身が起こしたとてもここでは書けないあの出来事を止めるようにわが身に伝えてください。

◆arudenteな米さま
シネスコ作品なので、映画館で見られただけでも良し、としときますか。

◆kossyさま
座布団飛び交うならまだしも、塩をぶん投げたり、力士放り投げたりして、向こう正面の人が危険だからと法規制されそうで心配ですね、ホログラム映画。
ってここに書いておけば、50年後の人が読んで気をつけてくれるから、そんな心配無用です。

  • 2006/04/03(月) 14:22:51 |
  • URL |
  • にら(管理退化人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

TB&コメントどうもです。

こんにちは。
コメントも入れよっかなぁ・・・と思っていたらいきなり先を越されてしまいました。
なんだかんだと言いつつ結構たくさんのヒトが観ている作品ですよね。って自分もか。
ベン・キングズレーの出演作品選択基準はホント、謎です。あ、あの今回の髪の毛も?

  • 2006/04/03(月) 17:15:05 |
  • URL |
  • sabunori #JalddpaA
  • [ 編集]

TBどうもです。

こんばんは。
>スゴイ理由その10
どうであれ、色々な意味ですごい作品だったって言うことですね?
B級だ~としてそこそこ楽しめました。

  • 2006/04/03(月) 20:19:45 |
  • URL |
  • たいむ #-
  • [ 編集]

10の「スゴイ!」がすごい^^

TBかえし&コメントありがとうございます。「10のスゴイ!」を発見できるにらさまがすごい!と思いました。このスゴイ!映画をもっと深く理解しようと原作本を買いに書店に行ったのですが置いてませんでした;;。にらさんのイラストのファン^^になりました。これからたびたび^^お邪魔します。

  • 2006/04/04(火) 06:53:28 |
  • URL |
  • A・C・O #E.RWHTOc
  • [ 編集]

ピンときた

私もハイアムズの名前でピンと来て観に行ってしまいました。
今時劇場公開されたのが奇跡のようなすんごいB級でしたが、嫌いじゃない・・・うん。
関係ないけど、本国版のポスターはあまりといえばあんまりなネタバレしてますね。

  • 2006/04/04(火) 18:39:29 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集]

かわいいB級。

B級映画だろうな、と覚悟して観に行きました。やっぱりB級でした。わりと楽しかったですけど(笑)。
その後、原作を立ち読み(!)しました。…原作ほとんど無視じゃないですかぁ。本屋で爆笑しそうになりました。
ところで、ベン・キングスレー出演作品に『サンダーバード』をきちんと入れていただいて、私は非常に嬉しい。映画版『サンダーバード』の監督のファンなのです~vv

そうそう、この映画観た数日後に『バタフライ・エフェクト』観ました。

  • 2006/04/06(木) 02:00:38 |
  • URL |
  • Deanna #-
  • [ 編集]

持ち帰ってはならない皆さま

◆Deannaさま
『バタフライ・エフェクト』のほうは、ファンタジーで包み込んで、パラドックスへの言及を避けてますよね。
この映画を見た数日後に『サンダーバード』ではなく『チームアメリカ』を見てごめんなさい。

◆ノラネコさま
ポスターでミスディレクションさせるより、ギャグというかダジャレに走っちゃったんでしょうかね。
それとも、アメリカ人はバカなので変な生き物に驚いたあとでその原因となったネタ見せても理解できず驚かない、という判断かもしれません。

◆A・C・Oさま
10個目のスゴイを見つけて頂きありがとうございます。
今作も安心して成仏できることでしょう。

◆たいむさま
タイムパラドックスものは必ずどこかに矛盾があるわけですから、楽しんだもん勝ちですよね。

◆sabunoriさま
同時期に今作みたいな映画の封切りがないから、たくさんの人が駆けつけたのかもしれません。
そのおかげか、封切第1週目は観客動員上位5位以内に入ったようです。

  • 2006/04/06(木) 11:33:42 |
  • URL |
  • にら(持ち込み管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

オチが効いてますね!

ホント、あらゆる意味で凄かったっす。
なぜDVDレンタルに止め置かなかったのか
不思議に思いますね。

  • 2006/04/13(木) 13:32:50 |
  • URL |
  • Yin Yan #-
  • [ 編集]

Yin Yanさま

洋画はファンタジー物、邦画はアニメ、あとは韓国映画。

いずれも基本的に苦手な部類なので、こういう小粒な作品(って制作費はでかいんですけど)が公開されるのは、個人的に嬉しいんですけど。

日本では大コケはしてないようですから、似たような考えの人がそこそこ居たのかな。それとも、宣伝にまんまと騙された人が大勢いたのかな(笑)。

  • 2006/04/13(木) 15:55:06 |
  • URL |
  • にら(劇場公開管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

可愛い~~~っ

にらさん いつもコメント&TB有難うございますm(__)m
ワタクシ にらさんの絵日記大好きですっ!
可愛いし面白いし たまらなく魅力を感じる絵ですぅ
グッズ販売したら売れそう(笑)

  • 2006/04/29(土) 03:25:19 |
  • URL |
  • エビマヨ丼 #mQop/nM.
  • [ 編集]

エビマヨ丼さま

お返事遅れてごめんなさい。

イラストをプリントしたTシャツをネット販売してボロ儲け。

そんな夢を抱いて、家内手工業で生産する前に試算してみたら、ボロ儲けするには1枚あたりン千円の値をつけねばなりません。
ブランド物でもないのにそんな高価なTシャツを買う人はバカに決まってますので、そんなバカから金をふんだくるのは心が痛むし申し訳ないし、そもそもそんなバカに着てもらいたくないということで、企画をアッサリ却下しました。

  • 2006/05/12(金) 10:03:25 |
  • URL |
  • にら(イラスト管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

あたしだって

脱いだらスゴイんです!
って、平気で大嘘つけるところが、スゴイ。

  • 2006/08/04(金) 03:17:10 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #-
  • [ 編集]

猫姫さま

ウソかマコトか、真偽のほどを確かめてさしあげます。
その際、脱いだときの効果(エフェクト)を考慮して、ここはひとつバタフライ・ショーツでお願いします。

でも、猫姫さまのほうが立派だったらどうしよう(なにが?)。

  • 2006/08/04(金) 11:10:18 |
  • URL |
  • にら(人並みな管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

映画館「サウンド・オブ・サンダー」

過去を変えたら、未来が変わっちゃったぁ~!って、タイムトラベルが可能になった時代のお話~。タイムトラベルモノって、嫌いじゃないのですがなんだかガッカリすることが多いんですよねぇ。まぁ、これはガッカリまではしませんでしたが。車などは未来的なのに服装...

  • 2006/03/27(月) 23:08:43 |
  • ☆ 163の映画の感想 ☆

サウンド・オブ・サンダー

 全てはライオンのホログラムが間違いのもとだった。おかげで全てがホログラムに見えてしょうがない・・・

  • 2006/03/27(月) 23:54:20 |
  • ネタバレ映画館

サウンド・オブ・サンダー A SOUND OF THUNDER

エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマックベン・キングスレー主演 レイ・ブラッドベリ原作2055年のシカゴ 時空を行き来出来るマシンをTIME SAFARI社が所有し裕福な人達を満足させる為恐竜ハンティング・ツアーを主催していました危険が伴う事を承知で社長ハットン

  • 2006/03/28(火) 01:48:33 |
  • travelyuu とらべるゆう MOVIE

『サウンド・オブ・サンダー』 2006・3・26に観ました

『サウンド・オブ・サンダー』公式HPはこちら ←クリック●あらすじ2055年、人類はタイムトラベルに成功していた。金持ち相手に、6500万年前への恐竜ハンティング・ツアーも行われていたが。生還した後、現代に急激に、劇的な異変が起こりはじめる・・・・・・・

  • 2006/03/29(水) 18:46:57 |
  • 映画と秋葉原とネット小遣いと日記

サウンド・オブ・サンダー

先週は風邪でダウンしてしまい、観ようと思っていた映画の予定が大幅に崩れてしまいました・・・。この作品もそうだったのですが、いや~別に初日じゃなくてもよかったかなと(笑)ていうか、レディーズデーで十分でありました。といっても途中で飽きて退屈するとか眠くなる

  • 2006/03/29(水) 23:21:19 |
  • まったりでいこう~

「サウンド・オブ・サンダー」は、バック・トゥ・SF・パニック映画だ!

宣伝コピーが<過去を変えた人類に未来はあるのか?2055年人類絶滅!>の「サウンド・オブ・サンダー」の試写会に行ってきました。冒頭から「タイムマシン」旅行を見せられワクワク~2回目の「タイムマシン」旅行で問題が発生し過去が変えられ2055年の世界に危機が

  • 2006/03/30(木) 00:51:00 |
  • bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ

サウンド・オブ・サンダー 

好きだが良い意味でも悪い意味でも派手さはない。サウンド・オブ・サンダー(A SOUND OF THUNDER)http://www.sot-movie.jp/≪ストーリー≫西暦2055年、人類はタイムトラベルを可能にしていた。シカゴの大手旅行代理店タイム・サファリ社では、6500年前にタイムトラ

  • 2006/03/30(木) 08:01:33 |
  • arudenteな米

サウンド・オブ・サンダー

うわっ!コテコテのB級映画やんっっっ!コレを観はじめてすぐそう思いましたねぇ。なんともチープなVFX。イマイチ”華”のない俳優人。特別、あっ!っと「驚かない」展開(笑)こんな映画を、今この時点で「試写会」として観ているのが不思議な気分にすらなってしまいます。

  • 2006/03/30(木) 09:50:06 |
  • こっちゃんと映画をみまちょ♪

サウンド・オブ・サンダー

この映画を観る予定ではなかったんだけど、仕事で時間が遅くなり選択の余地がなくなって・・・エドワード・バーンズはかなり好きな俳優さんで特に声が大好きなので期待はして観たのですが、このB級感がプンプンしてて、内容も映像も良く言えばレトロ、悪く言えば古くさ...

  • 2006/03/30(木) 13:42:54 |
  • Alice in Wonderland

B3:サウンド・オブ・サンダー

2055年、旅行代理店タイム・サファリ社はタイムマシンを使用して6500万年前の白亜紀に行き恐竜狩りをするというツアーで大儲けしていた。過去にあるものを少しでも変えてしまったら、未来も変わってしまうということを知りつつもツアーを続けていたが、ある日のツアーを境に

  • 2006/03/30(木) 17:02:35 |
  • ~勝手に映画評価~

映画「サウンド・オブ・サンダー」

映画館にて「サウンド・オブ・サンダー」★★☆SF小説の巨匠レイ・ブラッドベリの短編をピーター・ハイアムズ監督が映画化。白亜紀の空間に丸い穴が開き、そこから透明の通路が延びて、恐竜などをウォッチングするというタイムトラベルツアーが商売として成り立っている2055

  • 2006/03/30(木) 20:14:53 |
  • ミチの雑記帳

「サウンド・オブ・サンダー」見てきました

 難しいことを考えずに、単純に楽しめそうな映画、サウンド・オブ・サンダーを見に行ってきました。前売り券のおまけは砂時計です。一応、タイムトラベルネタと言うことで砂時計なのかな?ちょっと微妙なおまけですが。。。前売り券を買った時は、サウンド・オブ・サンダー

  • 2006/03/30(木) 22:06:11 |
  • よしなしごと

サウンド・オブ・サンダー

布施ラインシネマ10 思いつきそうで、思いつきそうな発想のSFだ。がしかし、よくできている。タイムスリップは、これまでとんでもない数が映画化されてきた。 本作はB級ものの上といえる。大きな話なのに、

  • 2006/03/31(金) 03:08:53 |
  • 映画評論家人生

サウンド・オブ・サンダー

現代にタイム・ウェイブ(進化の波)が襲ってくる度に段階的に世界が瞬時に変貌するという設定が面白く、次にどんな変貌が起きるのかとても興味を惹かれました。 こうしたタイムトラベルを題材にした物語は興味を惹かれるのですが、CGと画面に粗さがとても目立つのが残念で

  • 2006/03/31(金) 15:17:09 |
  • シアフレ.blog

★「サウンド・オブ・サンダー」

SF・・・しかもタイムトラベルもの・・・お金かかってそうな作品はとりあえず観てみるべし。主演は、エドワード・バーンズ・・・ちょっと影うすいかなぁ・・・

  • 2006/04/01(土) 01:55:46 |
  • ひらりん的映画ブログ

サウンド・オブ・サンダー

CGが安い映画は我慢ならん、って人は観ないほうが良いでしょうね。特に街の描写は開き直りとも思えるレベルで、いまにも機関車トーマスが登場しそうな雰囲気を漂わせています。

  • 2006/04/01(土) 16:21:45 |
  • 映画をささえに生きる

「サウンド・オブ・サンダー」

**********************************2055年、シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社は、人類の長年の夢で在ったタイム・トラベルを売り出した。最新のタイムマシーンTAMIを使って白亜紀の恐竜狩りを客に体験させるというスリリン

  • 2006/04/02(日) 00:43:51 |
  • ば○こう○ちの納得いかないコーナー

サウンド・オブ・サンダー(映画館)

過去を変えた人類に未来はあるのか?CAST:エドワード・バーンズ/キャサリン・マコーマック/ベン・キングズレー 他■アメリカ産 102分これ最初04年のお正月公開予定だったみたいで、延びて延びてやっと公開~。王様のブランチでLILICO姉さんが「突っ込みどころ満載の愛す

  • 2006/04/02(日) 16:35:28 |
  • ひるめし。

【劇場鑑賞29】サウンド・オブ・サンダー(A SOUND OF THUNDER)

西暦2055年人類はタイムとラベルに成功・・・第1波 異常気象発生第2波 熱帯系巨大植物繁殖第3波 凶暴な道の巨大生物出現第4波 そして、終わりを告げる波がくる。取り戻せ、過去を守り抜け、未来を進化は、人類など求めていない

  • 2006/04/02(日) 17:14:56 |
  • ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

『サウンド・オブ・サンダー』

雷の音…した?

  • 2006/04/02(日) 20:59:34 |
  • なんでもreview

懐かしいB級映画の香り/『サウンド オブ サンダー』

●サウンド オブ サンダー●A SOUND OF THUNDER 2004年 アメリカ・ドイツ監督:ピーター・ハイアムズ原作:レイ・ブラッドベリ出演:エドワード・バーンズ、ベン・キングズレー、キャサリン・マコーマック、   ジェミナ・ルーパー、ウィルフリード・ホ....

  • 2006/04/03(月) 03:04:57 |
  • 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世

SF・アフター・パニック@サウンド・オブ・サンダー

この映画がSFしてるのは最後の最後で視点がタイムワープする部分だけである。

  • 2006/04/03(月) 10:24:03 |
  • 憔悴報告

サウンド・オブ・サンダー

タイムトラベルの3原則「過去を変えるな」「過去に何も残さない」「何も持ち帰えるな」西暦2055年。シカゴにあるタイムサファリ社は6500万年前にタイムトラベルし恐竜狩りをする・・・というツアーを売り出し、高額所得者相手に人気を集めていた。1ツアーで客は1組。

  • 2006/04/03(月) 16:55:46 |
  • 龍眼日記 Longan Diary

「サウンド・オブ・サンダー」みた

ブログが不安定なのに、懲りない私です(笑)ブログの完全復旧を待とうかと、暇つぶしも兼ねて映画鑑賞に行ってきた。これって”ブラッドベリ”だったのね。どーりで・・という感じの作品だった。(以下ネタバレあり)まー、すごくわかりやすいです。突っ込

  • 2006/04/03(月) 20:14:27 |
  • たいむのひとりごと

「サウンド・オブ・サンダー」

「サウンド・オブ・サンダー」九段会館で鑑賞前評判が悪いのであまり期待せずに行ったらそれなりに面白かったです。SFタイムトラベルのお約束、残さない。持ち込まない。そこで起こる何かなんですがたった1.3gの何かを探すんですが…。私は道を踏み外したときに靴底につ

  • 2006/04/03(月) 21:23:37 |
  • てんびんthe LIFE

シネマ日記 サウンド・オブ・サンダー

「進化は、人類など求めていない」 近未来もの好きの私は、このコピーに惹かれ、公開初日に観てしまいました。2055年、主人公は、タイムトラベル会社の研究員兼ツアコン

  • 2006/04/03(月) 21:27:41 |
  • skywave blog

サウンド・オブ・サンダー

2005/アメリカ監督:ピーター・ハイアムズ出演:エドワード・バーンズ   キャサリン・マコーマック   ベン・キングズレー   2006/3/25 映画館にて鑑賞 ★★☆予告を見たときから妖しいとおもっていたけど・・・やっぱりB級だったぁー!ヾ(≧▽≦)ノギャハハ で

  • 2006/04/03(月) 21:54:14 |
  • Lovely Cinema

サウンド・オブ・サンダー

昨日見てきました。春休みだから、意外とお客が入っていましたよ♪☆サウンド・オブ・サンダー☆(2004)ピーター・ハイアムズ監督レイ・ブラッドベリ・・「雷のような音」または「サウンド。オブ・サンダー」原作エドワード・バーンズ・・・・・・・トラヴィスキャサリン..

  • 2006/04/03(月) 23:55:39 |
  • ぷち てんてん

サウンド・オブ・サンダー・・・・・評価額900円

観る前から期待してはいけない映画なのは判っていた。何しろ昨年の全米公開時は、800館強という決して多いとは言えないスクリーンで公開されたのだが、僅か2週間で60館ほどに・・・

  • 2006/04/04(火) 01:24:32 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

サウンド・オブ・サンダー(2005年)

タイトル サウンド・オブ・サンダー---感想---時は2055年。人類は、タイムトラベル技術をついに手に入れ、時間を超えた観光旅行を楽しんでいる時代の話。しかし、そのタイムトラベルは、人類滅亡への旅でもあったと言うのが設定。まぁ、タイムマシンで過去の時空を歪めると

  • 2006/04/04(火) 07:21:34 |
  • 勝手に映画評

サウンド・オブ・サンダー

う~ん、凄い。最近これほどまでにチープな映像表現でここまで大きな話を扱った映画があっただろうか。完成までに紆余曲折があったとはいえ、この特撮レベルでよく公開できたもんだ。とはいえ、我々日本人は、映像がどんなにチープでも感動できるSF作品が存在することを、ウ

  • 2006/04/10(月) 20:46:48 |
  • 俺の話を聴け~!

サウンド・オブ・サンダー

★★★☆  決算で忙しくて、だいぶ長いこと映画館に行けなくてストレスが溜まりましたが、やっとこの映画を観に行くことが出来ました・・・。  本作は、レイ・ブラッドべリの短編『いかずちの音』を映画化した、時間テーマSF作品である。さて話の内容だが、近未来でタイ

  • 2006/04/16(日) 17:49:10 |
  • ケントのたそがれ劇場

サウンド・オブ・サンダー<ネタバレあり>

2055年の話。タイムトラベルが出来るようになった人類ですがシカゴの旅行会社が(経営者が)強欲だったばっかりにとんでもない事に発展していきますな。まぁ あんな恐ろしい恐竜狩りをしてりゃ いつか誰かビビリがへまを起こすのは目に見えてましたがそれより あの..

  • 2006/04/25(火) 03:54:14 |
  • HAPPYMANIA

サウンド・オブ・サンダー 06年154本目

サウンド・オブ・サンダー2004年  ピーター・ハイアムズ 監督エドワード・バーンズ 、キャサリン・マコーマック 、ベン・キングズレー 、ジェミマ・ルーパー 、デヴィッド・オイェロウォふ~ん、、、こういうお話だったのね。ストーリーはおもしろいです。650....

  • 2006/08/03(木) 18:41:22 |
  • 猫姫じゃ

『サウンド・オブ・サンダー』 まさにバタフライ・エフェクト

ストーリーとしては、すごく面白そうなのに、全てにおいて、イマイチでした。まず、出演者が誰一人として、魅力的でない。外見的にも、美男美女は皆無だし(まぁこれは、私の個人的好みですが(笑))、それぞれの背景が、全く見えてこない。CGも、時間の衝撃波が襲ってくる

  • 2006/08/04(金) 20:01:53 |
  • *モナミ*

【洋画】サウンド・オブ・サンダー

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B-(演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響3/音楽2/美術2/衣装3/配役2/魅力2/テンポ2/合計25)『評論』「蝶

  • 2006/08/24(木) 15:48:33 |
  • ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!

サウンド・オブ・サンダー…デタラメ時間旅行理論は斬新かも!?

今日{/kaeru_fine/}もお休み。最近三連休とれることってあんまりないのですが、どこにもいかずに家でDVD観てマス{/face_ase2/}他には「ケロロフィックス」買ってきたぐらいの一日。で、映画の記事です。「サウンド・オブ・サンダー」(監督:ピーター・ハイアムズ、出演:エ

  • 2006/10/28(土) 23:10:27 |
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画『サウンド・オブ・サンダー』

原題:A Sound of Thunder6500万年前の蝶一匹のために劇的で未曾有なタイム・ウェーブが、恐竜ハンティング・ツアーでの些細なトラブルが、・・異常気象に巨大なシダ、未知の動物・・ 2055年シカゴのタイム・サファリ社の社長チャールズ・ハットン(ベン・キングスレー)は

  • 2007/03/13(火) 02:48:02 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

『サウンド・オブ・サンダー』

アメリカでの興行が大失敗に終わってしまったSFパニック超大作。 80億円もの制作費がありながら製作会社倒産などの憂き目にあい、鑑賞に堪えうる作品として完成されなかったのは残念な限り。 ストーリー自体は割とよくあるパターンながら悪くはないと思うんだよね。 展...

  • 2009/01/24(土) 01:58:58 |
  • cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/12/16(月) 15:58:47 |
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/159-23a0a000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。