ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タイフーン』

あふれる涙、あふれる会話、あふれる銃声。

06041001.gif


・チャン・ドンゴンが好き
・社会的政治的メッセージのある映画が好き
・報道ステーションと朝まで生テレビと朝日新聞が好き
・韓流映画だったらなんでも好き
・アフリカ象が好き
・台風が好き
・石原良純

まだ映画を観てない以上のいずれかに該当する方は、こんな記事なんて読まずに、サッサと劇場に行くべきです。

この煽り方法、『サウンド・オブ・サンダー』でも使ったなぁ。
ま、逆の使い方だから、良しとしておくことにします、って誰に言ってんだ。

オープニングクレジットはないけど後日談がつくという点で、『ファイヤーウォール』とは違うイマドキのハリウッド超大作風な今作は、『亡国のイージス』のほぼ倍にあたる約24億円の製作費がかけられたそうです。
『亡国のイージス』といえば阪本順治、阪本順治といえば『KT』、『KT』といえばキム・カブス。
そのキム・ガプスに再会できたのが、最大の収穫でした。
「禁煙です」という警備員の制止も聞かず、タバコを吹かすキム・ガプスさん、いいなぁ。

と、かなり無理矢理な賛辞を形式的に綴り終えて、以下、気に食わないところを冒頭に書いた3項目に渡ってダラダラとあげつらいますので、すでに今作を見終えて感動している「以上のいずれかに該当する方」はここで読むのを止めておいてください。


<あふれる涙>
何かってぇと、目ん玉ひんむいてすぐ泣くんですよ、チャン・ドンゴン。
そんなんでよくもまぁ海賊の首領になれたよなぁ、っていうのはその過程が省略されてるのでツッコミ入れません。
でも、イ・ミヨン演ずる姉との再会シーンで、この女性が本当に姉だということを(観客には知らされてるんですけど)ドンゴンは知らないはずなのに、一目見た時点でポロポロ涙と鼻水あふれさせるのを見せつけられると、「ドッキリ」で桑マンに寝込みを襲われる若手女性アイドルよりも無防備に思えてしまいます。そんなんでよくもまぁ今まで当局に捕まらず生き延びられたなぁ。
そういえば、映画の評価とは関係ありませんが、今作の予告では「なぜ、あの時、俺の手を離した!」って字幕スーパーが、本編では「なぜ、あの時、俺を待ってなかった!」に変わってましたが、韓国語のヒアリングが出来ない自分には、どっちが正しいのかわかりませんでした。

<あふれる会話>
韓国、北朝鮮、中国、タイ、ロシア、オーストリア・・・と実際にロケしたかどうかはわかりませんが、007ばりに世界を股にかけた今作。
さまざまな風景を見せてくれはしますけど、こちらが知りたいことはほとんど会話か画面外のオフの声で説明するだけで見せてくれません。
前述の首領になる過程よりはマシですが、KCIA(?)に引き抜かれた軍人役のイ・ジョンジュがドンゴンやイ・ミヨンを見つけ出す過程は言葉で説明されるだけで、そこに至る苦労が伝わりません。
そんなの「大河ドラマの名場面ではない場面ばかりをつないだダイジェスト版」みたいです。しかも「名場面ではない場面の中で比較したら名場面」な箇所はほとんど予告で見せられてるので、視覚的にビックリさせられることは一度もありません。

<あふれる銃声>
銃弾が銃口から飛び出す音ばかりか、遊低が前後する音や薬莢が排出される音までクッキリです。
でも、前述の2項目を踏まえたら、視覚の不満を聴覚で誤魔化されてるだけのような気がします。


この程度だったらリチャード・ギアとブルース・ウィリス共演の『ジャッカル』のほうがマシだし、『ジャッカル』の元ネタのF・ジンネマン監督作『ジャッカルの日』は傑作かも、と思わせてしまう今作は、ツバ吐きかけて足で踏みにじるべきかもしれません。
しかし、それでは心有る人にとって悪い意味で印象に残るわけですから、むしろ、金歯を差したドンゴンの役作りがジョニー・デップにそっくりな『パイレーツ・オブ・カリビアン』と比較される程度で、嘲笑われて忘れ去られることを強く望みつつクイズです。

問1:海賊といえば『シー・ホーク』のエロール・フリン(なのか?)。そのフリン役を『アビエイター』で演じていたのは?
 A.ロブ・ロウ
 B.ジュード・ロウ

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:海賊といえば「黒ヒゲ危機一●」(なのか?)。●に入る漢字は?
 A.発
 B.髪

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

ワーイ!アップが楽しみ~!

麗しのドンゴン様に、愛しのジョンジェ様作品。
評判はヨロシク無かったですが、、、、
にらさんの評価は如何に?楽しみでーす!
これからお仕事行って来ますが、
帰って来たら記事アップしてるかなあ?(^^;)

  • 2006/04/11(火) 20:52:15 |
  • URL |
  • cremama #YrGnQh/o
  • [ 編集]

映画検定

にら様の問題、いつも頭を抱えて悩んでいます。もしかしたら映画検定2級クラスなのではないでしょうか。まぁ、受ける予定は全くないのですが、「公式テキストブック」は買ってしまいました。
チャン・ドンゴンって、色もの映画というか、風変わりな人物ばかり演じてますなぁ・・・

  • 2006/04/13(木) 10:13:17 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

cremamaさま

記事が遅れてすみません。
叩きまくってすみません。
石原良純さんすみません。

役者さんたちは頑張ってる感じだったんですけどね・・・。

  • 2006/04/13(木) 15:58:50 |
  • URL |
  • にら(気象管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

kossyさま

映画検定の存在は知ってますけど、詳しいことは知りません。
上位者には名誉以外に何か特典とかあるんでしょうか。

映画がタダで見られる?
ポップコーンが貰える?
ドーナツ全品百円?
金芽米を一生分?
荒川静香一生分?

うーん、受ける気がしない。

  • 2006/04/13(木) 16:19:05 |
  • URL |
  • にら(検定管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

TBありがとうございました♪

色々とツッコミを入れなきゃと思いつつチャン・ドンゴンのウルウル目にすっかり圧倒されちゃいました
楽しめたので結果オーライってことで( ̄m ̄〃)

問題の答えは両方Bですね(≧∀≦*)

  • 2006/04/13(木) 18:19:38 |
  • URL |
  • cherry@Cinemermaid #yx9fSxcY
  • [ 編集]

TB有難うございます。^^

にらさん、今晩は☆
私は計画のアバウトさに「よく海賊の首領に…」と思いました(笑)
とはいえ、「プロミス」の奴隷から出世した海賊ドンゴンは格好良かったです♪

  • 2006/04/14(金) 00:38:58 |
  • URL |
  • ルーピーQ #-
  • [ 編集]

再度

スミマセン!
TBが反映されないので、また時間を置いてチャレンジしてみますね(汗)

  • 2006/04/14(金) 00:41:37 |
  • URL |
  • ルーピーQ #-
  • [ 編集]

ダイスキダカラな皆さま

◆ルーピーQさま
部下たちもそのアバウトさに気付かないくらいアバウトだったんですよ、たぶん。あるいはあのギラギラした瞳からドンゴン光線発射して、部下を催眠状態にしてたのかな。
TBできなかったようなので、ルーピーQさまの記事のURL書いときますね。

http://ru-pi-q.seesaa.net/article/16367926.html


◆cherry@Cinemermaidさま
今作のビデオタイトルが「チャン・ドンゴン様のウルルン台風記」に決定したらしいです。
ちなみに今回の正解は、ネットで簡単に調べられますよ。

  • 2006/04/14(金) 11:55:57 |
  • URL |
  • にら(管理海賊人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

省略しなければ・・

にらさんこんにちは♪TB有難うございました♪

韓国の情報院がシンの姉を探す過程をもうすこし詳しく描いて欲しかったのは同感ですね。省略されてる箇所がちらほら見えたのも否めなかったので、そこがストーリーにあまり入れ込めなかった要因なのかもしれません。
でもドンゴンの演技は個人的には○ですたっ♪

  • 2006/04/14(金) 14:28:09 |
  • URL |
  • メビウス #mQop/nM.
  • [ 編集]

トラックバックありがとうございました

はじめまして。
冒頭の文を読んで、てっきり大絶賛のレビューかと思ってしまいました(笑)。
姉弟の出会い・・・確かに唐突でしたが、思わず泣いてしまいました。しかし感動のシーンがそこだけだったので裏切られたような気もします。
出会いといえば、シンとセジョンが最初にすれ違う場面も説得力に欠けていましたね。

韓流ラーメン

いやあF・ジンネマン監督作『ジャッカルの日』は個人的には傑作でありますよ。
エドワード・フォックス渋いし。
新しいほうは観てないけど。
それはさておき、何でこんな007みたいな漫画チックなサスペンスにしちゃったのか理解に苦しみます。
せめてゴルゴ13程度のリアリティがなければ、こんな深刻なテーマは伝わりません。
韓流辛口ラーメンで例えれば、麺や具は一級品なのにスープの仕込みで失敗しちゃった様なものですな。

  • 2006/04/19(水) 21:14:43 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集]

ダイスキカラダなみなさま

◆ノラネコさま
この韓流ラーメンのスープが仕込みに失敗したのは、途中で涙がたくさん入っちゃってショボイ味になったせいですよ、たぶん。
『ジャッカルの日』は忠賢というより忠犬という形容が似合うミシェル・ロンデールもよかったです。クライマックス直前にお偉いさんたちの家に盗聴器仕掛けるのは原作どおりなんですけど、ロンデールのおかげで「飼い犬の手を噛む」ってコトワザを具現化したかのようでした(笑)。

◆朱雀さま
セジョンが違った見知らぬ男が、シンだと気付くシーン。
セジョンが勘の鋭い人だという説明はできなくもないんですけど、それよりも「観客がすでにシンの正体を知っている」ということを利用した安易な御都合主義にしか思えませんよね。

◆メビウスさま
省略しているというより・・・↑へ続く

  • 2006/04/20(木) 17:48:35 |
  • URL |
  • にら(極東管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんにちわ☆

こんにちわ☆
コメントありがとうございました。
お話が飛び飛び・・・でしたね。
確かに、この作品の最大の収穫はキム・ガプスですね~♪
彼は良いさじ加減の役をものの見事にこなしていて、彼が出ているシーンは、緊張感がみなぎってました。
禁煙なのに、そこまで吸いたいほどの緊迫感は見事でした。そういえば「KT」にも出ていましたね・・・懐かしい。
この作品、迫力や物語の勢いは凄かったですね。役者の演技とバックボーンも中々、ちゃんと描かれていて、そこは上手いなと思いました。結構、観終わった後は重い作品でしたが・・・♪

  • 2006/04/28(金) 16:45:40 |
  • URL |
  • orange #JalddpaA
  • [ 編集]

orangeさま

お返事遅れてごめんなさい。

ガプスさん、『KT』ほどギラギラはしてませでしたが、それでもえもいわれぬあの威圧感の片鱗は窺えました。

  • 2006/05/12(金) 09:47:33 |
  • URL |
  • にら(超管理ナマケモノ) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

制作費

結構かかってたんですねえ。

TB&コメントありがとうございました

  • 2006/05/29(月) 17:07:07 |
  • URL |
  • ななみ #uszzu23E
  • [ 編集]

ななみさま

どこに掛かったんでしょうね、製作費。

ドンゴンさんの金歯?

てなわけで、コメントありがとうございました。

  • 2006/05/30(火) 23:18:26 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんばんは。

冒頭の箇条書きに一つも当てはまらなかった私は
やっぱり楽しめませんでした。
そうそう、TB受け付けていなくてすみません。
『タイフーン』にやたら迷惑TBが来ていたのでしばらく受け付けるのを止めていました。
すっかり忘れていました。
解除したのでもしよろしければ、またよろしくお願いします!

  • 2006/08/03(木) 22:36:53 |
  • URL |
  • しましま #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

チャン・ドンゴン主演「タイフーン」奥深き作品でした。

「シュリ」「JSA」「ブラザーフッド」を凌ぐ衝撃と言われているチャン・ドンゴン主演の「タイフーン」を観てきました。前作「プロミス」では生身の演技?があまり観れませんでしたが今回はチャン・ドンゴンの演技が堪能できます。チャン・ドンゴンと張り合うイ・ジョンジ

  • 2006/04/11(火) 17:24:19 |
  • bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ

タイフーン TYPHOON

 「映画検定公式テキスト」によると海賊映画なるジャンルがあるらしい。この映画もこのジャンルに入れていいのでしょうか・・・

  • 2006/04/13(木) 10:17:49 |
  • ネタバレ映画館

「タイフーン」~引き裂かれた姉弟

2005年韓国  監督/クァク・キョンテク出演/チャン・ドンゴン イ・ジョンジェ イ・ミヨン台湾沖、アメリカが秘密裏に運搬していた核ミサイル用の衛星誘導装置が、”シン”(チャン・ドンゴン)という男の率いる海賊によって奪われた。事実が公になることを恐れてアメ..

  • 2006/04/13(木) 17:21:07 |
  • お茶の間オレンジシート

タイフーン

韓流映画を映画館まで足を運んで観たのは何ヶ月ぶりだろう?生まれて初めて韓流スターを格好良いと思った( ̄m ̄〃)10キロ減量して映画の撮影に望んだチャン・ドンゴンシャープになって眼光鋭く、乱れたパーマロン毛もナイス!狼のように敏捷なキレ者のテロリストを演じてい

  • 2006/04/13(木) 18:15:30 |
  • Cinemermaid

最新作はチャンドンゴン・缶バッチ&トレカ!

春めいてきた4月だというのにタイフーンが日本上陸するもようです。しかもとてつもなくでかいやつが。名前はチャン・ドンゴン。注意してくださいよ!見逃さないように!ということで、実はもう上陸済み。韓流スターの中でも「ハリウッドに一番近い男」ともいわれ、もちろん

  • 2006/04/13(木) 19:23:32 |
  • ○○をアレしちゃいました

タイフーン

東南アジアの界隈というのは、マジにヤバイ。海賊というのが本当にいる。遠いニッポンで平和な毎日を享受していると、世界はこんなんなんだ!と驚愕する事ばかりなのだが、それが現実だ。アメリカの商船が、難民風の舟を見つけるが、スルーしようとする。それは想定済みのよ

  • 2006/04/13(木) 21:47:58 |
  • 迷宮映画館

タイフーン

メッセージ性が弱くて,退屈な二時間。

  • 2006/04/14(金) 14:10:44 |
  • Akira's VOICE

【試写会】タイフーン(評価:○)

【監督】クァク・キョンテク【出演】チャン・ドンゴン/イ・ミヨン/イ・ジョンジェ【公開日】2006/4.8【製作】韓国【ストーリー】アメリカ船籍の民間貨物船が正体不明

  • 2006/04/14(金) 14:19:59 |
  • シネマをぶった斬りっ!!

30日に「タイフーン」の試写会に行ってきました。

30日に、ジストシネマで開催し地元テレビ和歌山主催の「タイフーン」の試写会に行ってきました。内容は、亡命を求めた一家が拒否され、両親が殺されて、その弟が南朝鮮をうらんで生き別れになった姉を探しながら海賊になり、その海賊を追う捜査官との人間ドラマを船と台風

  • 2006/04/14(金) 17:42:06 |
  • かなやす日記

タイフーン TYPHOON/チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ、イ・ミヨン

うーん・・・公開二日目の日曜だというのにガラガラですヨ。お客さん30人くらいしかいませんヨ。そういう私も実はあんまり期待してないんですけどね。韓国の娯楽大作ってハズすことが多いので本能的に自己防衛モード設定中デス。+++ちょいあらすじ

  • 2006/04/14(金) 18:09:05 |
  • カノンな日々

タイフーン

公開初日の初回で観てきました。・・・ガラガラでした・・・。全体の感想としては・・・突拍子もないお話&欲張りすぎという感じがする。話しがあっちこっち波及し過ぎているため、観ている方は十分に入っていけないところがある。<ここからネタバレしてますので、これから

  • 2006/04/14(金) 18:14:20 |
  • UkiUkiれいんぼーデイ

タイフーン

「タイフーン」 THE TYPHOON / 製作:2005年、韓国 124分 監

  • 2006/04/14(金) 18:46:55 |
  • 映画通の部屋

タイフーン:お熱いのがお好き?

★監督:クァク・キョンテク(2005年 韓国作品) MOVIX京都にて鑑賞。 ★あらすじ(lived...

  • 2006/04/14(金) 21:32:02 |
  • 「朱雀門」という方法・第2章

タイフーン:俺たち生まれ変わったら WMC新百合ヶ丘

チャミソルのCMで知名度はあがったけど、評判はどうなのよのチャン・ドンゴン主演。 バンコック、ウラジオストックロケといかにもの大作。お金をかけて大迫力の映画を撮りました。 アメリカの貨物船が、タイを拠点の海賊に襲われた。この貨物船には台湾から日本に秘密裏

  • 2006/04/14(金) 23:17:49 |
  • 気ままに映画日記☆

タイフーン

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ れっきとした社会派ムービー 

  • 2006/04/15(土) 13:10:52 |
  • カリスマ映画論

実は似ている二人の物語。『タイフーン』

幼少時代、脱北に失敗し、目の前で家族が殺された過去を持ち、その後、海賊になった男が起こした事件を極秘捜査官となった元海軍大尉が追いかける物語です。

  • 2006/04/15(土) 22:27:41 |
  • 水曜日のシネマ日記

タイフーン・・・・・・・・・チャン・ドンゴン&イ・ジョンジェ

今日は寂れた映画館に・・(笑)昔からある映画館。いまでは椅子が所々抜けている。しかし、設備投資はできないだろうな~~。この客の入りじゃね。まあそんな映画館なもんで寒くてね~~。おかげで、眠くはならなかったけど風邪引きそうだった。☆タイフーン☆(2005)ク..

  • 2006/04/16(日) 10:03:07 |
  • ぷち てんてん

タイフーン TYPHOON その2

●『タイフーン TYPHOON』2006年4月8日公開。韓国では大ヒットなのですが・・・物語を知るとちょっとありえなさすぎで問題かも・・・。「アメリカが日本に核ミサイルを配置する目的で・・・」はまずありえない。まあ、娯楽映画として受け止めたいが....

  • 2006/04/16(日) 11:53:58 |
  • 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ

南北分断の悲劇を嵐に乗せて!/『タイフーン/台風』チャン・ドンゴン

●タイフーン =台風●監督;クァク・キョンテク出演;チャン・ドンゴン/イ・ジョンジェ/イ・ミヨン 韓国 2005年作品先週の水曜、レディスデーに高崎109シネマにて鑑賞。大きな5番スクリーン、観客は年輩の奥様が8割、30人くらいの入りだった。チャン・ドン...

  • 2006/04/17(月) 01:08:00 |
  • 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世

「タイフーン」みてきました。

 最近は劇団四季のミュージカルにこっていたのと、仕事が忙しかったのとで、久々の映画です。約半月も映画みてなかったんですね。それはストレスもたまるわけだ。。。定期的に映画を見て、僕なりのストレスを発散しないといけません。。。

  • 2006/04/18(火) 23:51:41 |
  • よしなしごと

『タイフーン』

序盤、ストーリーとアクションシーンの融合が面白い!

  • 2006/04/19(水) 18:09:58 |
  • ストーリーの潤い(うるおい)

タイフーン・・・・・評価額1200円

「プロミス」での扱いはかなりアレだったが・・・こっちはチャン・ドンゴン本来のギラギラした男臭さを前面に押し出した、熱血ポリティカルアクション。二つの祖国に裏切られ、両親

  • 2006/04/19(水) 21:15:24 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

「タイフーン」南北分断は韓国映画のテーマ、いつか過去になれ!

「タイフーン」★★★チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ主演クァク・キョンテク監督ドロ臭く熱い男を演じる、チャン・ドンゴンと理性的であろうとする男を演じる、イ・ジェヨンジェ。韓国で昨年クリスマス前に公開し2週連続首位、「ハリー・ポッター」や...

  • 2006/04/20(木) 08:18:32 |
  • soramove

タイフーン

 チャン・ドンゴンが海賊を演じる! という事もあって大スペクタクルな冒険活劇を想定していった観客の方々も多いかと思います。 しかし、扉を開けてみたら、分断国家の悲劇的な家族の物語でした。 僕は、かつて大韓民国に旅行に行った時に....

  • 2006/04/26(水) 12:19:46 |
  • とにかく、映画好きなもので。

タイフーン

チャン・ドンゴン主演の韓国映画タイフーンを見てきました脱北をしたものの 南が亡命を受け入れずその復讐のため盗んだ核廃棄物で朝鮮半島壊滅を企てる男そこには 姉弟愛あり心にぐっと...

  • 2006/05/25(木) 21:47:25 |
  • めざせイイ女!

『タイフーン』・試写会

今日は某レンタルショップサイトで当選した『タイフーン』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★

  • 2006/07/25(火) 11:47:00 |
  • しましまシネマライフ!

映画『タイフーン』

原題:Typhoon昔、日本軍がこんにゃくを貼り付けた風船爆弾をジェット気流に乗せてアメリカまで飛ばし、一部は実際にカリフォルニアまで飛んで山火事を起こしたらしい・・? 核戦争に海賊に南北分断の物語に、松本清張の「砂の器」を彷彿とさせる過酷な宿命を背負う姉弟の

  • 2007/03/14(水) 03:07:24 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/162-eedc10c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。