ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プロデューサーズ』

今作のサントラCDをお買い求めの方は、Amazon.comをご利用頂き、文庫版「わが闘争」とセットでご注文ください。

06042101.gif


映画界におけるアカデミー賞に相当するとも言われる演劇界で最も権威ある賞のひとつトニー賞を2001年に12部門受賞した、人種や国籍や年齢や外見やゲイや女性を差別したりバカをバカにした下品で猥褻な台詞と歌が満載の舞台劇の映画化、とのことですが、ブロードウェイの事情に疎いのでよくわかりません。
日本の演劇界に例えるなら、文化庁の芸術最優秀賞が、劇団四季の「ライオンキング」じゃなくて、キングはキングでも和風の白塗りキングである<バカ殿>率いる一座の舞台「志村魂」に贈られるようなもんでしょうか。

<感想文>
映画初監督であるスーザン・ストローマン女史のお目付け役として雇われたであろうベテラン撮影監督ジョン・ベイリーとチャールズ・ミンスキーによる、テクニカラー風でグラマラスな色使いがよかったです。
ゲイリー・ビーチ演ずる舞台演出家ロジャーの登場シーンが、まるでグロリア・スワンソン風だなぁと思ってたらアナスタシア風衣装だなんて言われてショックでしたが、後半で「スワンソン風のホクロ」ってセリフが出てきたので、やっぱり間違いじゃなくて安心しました。
カルメン役のロジャー・バートはどこかで見たことあるぞ、『ステップフォード・ワイフ』で下院議員に立候補するオカマ役じゃないかと思ったら、確かにその通りでよかったです。
ユマ・サーマンがパンチラしまくりながら歌い踊る「あたしのお宝を見せちゃうわ」の歌詞に出てくる<Gストリングス>が、戸田奈津子女史の名訳により、ティーパックとT-バックというオヤジギャグに置き換えられてて、わかりやすかったです(Gストリングスというのは、バッハの「G線上のアリア」のG線、つまりバイオリンのG弦のことであり、また、布部分が極端に小さい女性用下着、つまり紐パンの一種のことでもあります)。
舞台初日に「グッドラック」を言っちゃダメだという説明をしている背後で、ネイサン・レインが楽屋口に入る人に脚立の下をくぐらせたり、鏡を割ったり、黒猫を放りこんだりという、西洋で不吉とされるコトを次々披露しているにもかかわらず、映画館で誰も笑ってなかったのがおもしろかったです。
「ハイル・ヒットラー!」と右翼を掲げるハトたちが、あきらかに作りものな辺り、ドリフのコントみたいでよかったです。
水色のシーツの切れ端を嗅ぎながら床に卒倒してフニャフニャもだえるマシュー・ブロデリックが、吉本新喜劇とか松竹新喜劇みたいでよかったです。
ネイサン・レインに向かって「デブ、デブ」と言ってるのが小デブなマシュー・ブロデリックなのもおもしろかったです。
黒人もアジア人も差別されてなくてよかったと思いました。


てなわけで、画面に人物を納めるサイズと構図が悪いとか、カット割りがヘタクソだとか、これが映画だと思うとイライラさせられたり前列座席の背垂れをボコボコに蹴ってしまうことこのうえないため、そっちの回路をロボトミー手術並みに強制遮断することで、上記のように楽めました。

そんな白痴からクイズです。

問1:やっぱり最後に顔を出してたメル・プルックスですが、実は劇中でもこっそり声をあてていたんですけど、それはハトのヒルダと?
 A.ハトのアドルフ
 B.ネコのトム

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:そんなメル・ブルックスが製作を手がけたクローネンバーグ監督の作品は?
 A.『ザ・フライ』
 B.『ザ・ブルード』

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/04/21(金) 18:02:39 |
  • URL |
  • #
  • [ 編集]

気になるー

プロデューサーズ、すごい気になるー
レポお待ちしております☆

  • 2006/04/21(金) 22:48:30 |
  • URL |
  • まっちゅ♪ #-
  • [ 編集]

こんばんは♪

なんかM・ブロデリックが微妙にキモかったです・・・。

  • 2006/04/23(日) 01:20:03 |
  • URL |
  • Notorious♪ #HDEnqCks
  • [ 編集]

カメオ

メル・ブルックスのような脚本家が映画の中に出演するときにはカメオ出演と言えるのかもしれませんが、ゲイがいっぱい映画の中に出ることをカマオ出演と呼ぶのは本当ですか?

  • 2006/04/23(日) 03:48:56 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

お願いします

はじめまして。
とても詳しいんですね。
レビューをよんでフムフム、とうなってしまいました。
突然ですが、リンクフリーとあるので
わたしのblogにリンクをはらせてください。

  • 2006/04/24(月) 07:10:08 |
  • URL |
  • swallow tail #-
  • [ 編集]

そういえば。

Tバック。

トラックバックもTバックだなぁ…。
とくだらないことしか考えられません。
Gストリングスは慣れるまでくすぐったいのです。
コメント&Tバックをありがとうございました。

  • 2006/04/25(火) 21:02:01 |
  • URL |
  • あむろ #y.6mc9WE
  • [ 編集]

木彫りの坊やな皆さまへ

◆あむろさま
そうですね、Gストリングス、くすぐったいですよね。
と、応えてみます。
もちろん、知ったかぶりです。ホントです、穿いたことなんてありません。
穿いたことはありませんが持ってます、ってわけでもありません。

◆swallow tailさま
ほぼインチキですから、本気にして同僚や友人に話すと酷い目にあうので気をつけてください。
こんなウソツキ狼少年ですが、僭越ながらこちらからもリンクさせて頂きますね。

◆kossyさま
基本的にはその解答で正しいのですが、カジノで有名な中華人民共和国の特別行政区で撮られた場合はマカオ出演になるので注意が必要です。
ただしそれが萬屋錦之介の弟の場合はカツオ出演になり、アンパンマンで山寺宏一さんが声をあててる場合はカバオ出演です。

◆Notorious♪さま
いかにもオカマさんらしいオカマさんたちの演技より、ある意味、マシューのカマトト演技ほうがキモイかもしれませんね。

◆まっちゅさま
気に掛けて頂いたのに、こんな記事で済みません。

  • 2006/04/25(火) 23:05:48 |
  • URL |
  • にら(公認管理士) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

グーテン・ターク トン トン♪

何時もコメントありがとうございま~~す

Adolf Elizabeth Hitler! ですか あのシーン笑えました~
なんたっても ウィル・フェレル好きの私としては
大満足の映画でした~
Guten Tag hop hop♪
Guten Tag clop clop♪

てなことで これからもよろしく~

  • 2006/04/26(水) 00:08:48 |
  • URL |
  • yuu #pPot321I
  • [ 編集]

黒猫の名前はトムですか?

はじめまして、ねこつながりでよろしくお願いします。
この映画のCDをアマゾンで検索すると、「このCDを買った人は、こんな本も買っています。」と『我が闘争』を紹介されます?

  • 2006/04/26(水) 03:32:41 |
  • URL |
  • ねむりねこ #-
  • [ 編集]

春の日の皆さまへ

◆ねむりねこさま
さっそく調べてみました。
しかし、サントラ側から「わが闘争」を購入したという紹介記述は見つかりませんでした。
なので、「わが闘争」側から見てみようとサーチしたところなぜか「井上和香写真集」が出てきたのはどうやら「わが」を「わか」と打ち間違えたためらしく井上さんは好みではないので「ほしのあき写真集」をサーチしようとしたところ「はしのえみ」が出てくる、そんな「商品検索におけるアマゾンとのわが闘争」をご紹介することでお許しください。

◆yuuさま
こちらこそ、よろしくおねがいします。
てなわけで、グーテン・モルゲンでございます。

  • 2006/04/26(水) 16:56:50 |
  • URL |
  • にら(管理エリザベス人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

にらさんTB&コメント有難うございます

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです。
にらさんTB&コメント有難うございます
>このキャスティングで
>『チーム★アメリカ/ワールド・ポリス』を実写化して欲しいです。

マペットですか。(^_^;)
(^_-)-☆それも面白そうです。

hide的には、この映画のノリで、『ブロークバック・マウンテン』をメル・ブルックスにミュージカル化して貰いたいです

  • 2006/04/27(木) 19:19:29 |
  • URL |
  • hide #GxAO5jdM
  • [ 編集]

日本版キャスティング

こんにちは。
茸茶さまのところで、にらさまのコメントを拝読しました。
出資者=細木数子
これいい!^^
TBさせてください

  • 2006/04/28(金) 18:22:31 |
  • URL |
  • COO #VhNaT.1s
  • [ 編集]

わはは

こんにちは。
相変わらず着眼点が素晴らしいです。
映画より笑わせて頂きました!

  • 2006/04/29(土) 05:25:43 |
  • URL |
  • Yin Yan #-
  • [ 編集]

面白かったです

>舞台初日に「グッドラック」を言っちゃダメだという・・・映画館で誰も笑ってなかったのがおもしろかったです。

私の観た映画館でも笑ってなかったですねぇ。
みんな、笑いのツボが違うようで、誰も笑ってないのに、私だけが噴出してしまったりと、気まずい思いをしてしまいました。観客の数が少なかったからさらに目立ってしまったんでしょうが・・・。私はゲイの人たちは何をしてても大笑いしちゃいました。

  • 2006/04/30(日) 20:57:10 |
  • URL |
  • km_achin #-
  • [ 編集]

お返事遅れてごめんなさい

◆km_achinさま
ゲイの集団の中にひとりだけレズ女性(そちらの知識も経験もないので正確にはなんと呼んだらいいのかわかりません)がいて、ダンスシーンで他のゲイたちと接触するたび、イヤな顔してたのが印象的です。
ゲイといえども男性ですから、男性よりも女性と触れ合いたいレズにとっては、不愉快極まりないことなんでしょうね。

◆舞舞さま
映画としてはあまり楽しめませんでしたが、ご覧になっても損はないと思います。

◆Yin Yanさま
ありがとうございます。
着眼点が「ユマのパンチラ」だったということが、他の方にバレてなければいいのですが。

◆COOさま
マックス・・・堀江貴文
レオ・・・小林公認会計士
ウーラ・・・乙部綾子
フランツ・・・武部幹事長
オカマ2人組・・・永田議員と前原代表
マックスへの出資者・・・細木数子
って、キャスティング案のことですね。
ホールド・ミー、キス・ミーな細木女史・・・この思い付きに我ながら嘔吐しそうです。

◆hideさま
このノリで『クラッシュ』とか『ミュンヘン』とか『ホテル・ルワンダ』もミュージカル化して、社会派を名乗る深刻ぶった映画を一掃して頂き、「映画に描かれた偏見や差別に強い怒りを感じました」とかサラリと言っちゃう人も一掃してもらいたいものです。

  • 2006/05/12(金) 09:24:35 |
  • URL |
  • にら(管理ナマケモノ) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

あいかわらず

イラストがポイントおさえててお上手ですよね~。感服いたします。
最後の最後までエンタテイメントを楽しめました。個人的に爆笑したのは「敬礼するハト」でした・・・TBさせていただきました!

  • 2006/05/18(木) 23:39:57 |
  • URL |
  • カオリ #-
  • [ 編集]

カオリさま

お褒め頂き光栄です。

お礼にコッソリ秘密をお教え致します。
ポスターとかフライヤーやパンフ、あるいは名場面のスチル写真の画像ではなく、手描きのイラストにしているのは、

1.将来的にネットにおける肖像権とか著作権とかが厳しくなった場合を考えて

2.スチル写真の多くはリハーサル中などに映画フィルムとは別に撮影されたもので、我々が見た映画の中のショットとは、俳優の表情も撮影角度もライティングも焦点深度も違う別モノだから

3.いつか高名なイラストレーターの目に留まり、マスコミに取り上げられ、雑誌に連載を開始、ワイドショーのコメンテイターもこなすが、突然「イラスト以外の仕事はしません」という事実上の引退宣言をするが、キャラクターグッズの売上でボケーっとしててもボロ儲け、年に数枚描くタマシイのこもってないイラストが高値で売買され、時にはその獲得を巡って生じた殺人の報道を鼻をホジりつつ眺め、ホジった鼻クソで貼り絵を作ればどのくらい儲かってどのくらいの人が殺しあうかと考えながら、リオのホテルのスイートルームでカオリさまと、それがダメならユマ・サーマンと過ごす優雅な生活がしたいから

のいずれでもありません。

この秘密、ふたりだけの秘密ですよ。

  • 2006/05/19(金) 12:03:02 |
  • URL |
  • にら(いい気になってる管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

返TB&コメント、ありがとうございました!

こんにちは!
ゲイコンビが華を添えてくれたから良かったようなものの、私個人的には笑えるネタが少な過ぎました・・・(-_-;)

  • 2006/06/14(水) 07:00:21 |
  • URL |
  • honu #-
  • [ 編集]

こんばんは。

にらさんは結局あまり楽しまれなかったのでしょうか?
私はテンションの高さに途中からついていけなくなってしまいました。

  • 2006/08/03(木) 22:26:39 |
  • URL |
  • しましま #-
  • [ 編集]

今頃すみません

私は最初から最後まで楽しめてしまいました。一人でウケていて、終わったあと友達を振り返り、満面の笑みで
「面白かったねー♪」
と言ったときの、寒かったこと、寒かったこと。
友達二人に「全然ついていけない」
と言われ、撃沈した記憶があります。・・・

  • 2006/10/16(月) 19:36:52 |
  • URL |
  • とらねこ #.zrSBkLk
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『プロデューサーズ』 2006・4・9に観ました

『プロデューサーズ』  公式HPはこちら ←クリック米国公式サイト(Flashが見物です)はこちら ←クリック●あらすじ1959年、ニューヨーク。ブロードウェイで、今やすっかり落ち目のプロデューサーのマックス(ネイサン・レイン)小心者だけど夢はブロー

  • 2006/04/22(土) 23:48:18 |
  • 映画と秋葉原とネット小遣いと日記

プロデューサーズ

「プロデューサーズ」 THE PRODUCERS/製作:2005年、アメリカ 1

  • 2006/04/23(日) 00:11:38 |
  • 映画通の部屋

プロデューサーズ

 アメリカ ミュージカル&コメディ 監督:スーザン・ストローマン 出演:ネイサン・レイン     マシュー・ブロデリック     ユマ・サーマン     ウィル・フェレルかつてはブロードウェイで栄光を極めたものの今やすっかり落ち目のプロデュ...

  • 2006/04/23(日) 01:20:35 |
  • Saturday In The Park

映画「プロデューサーズ」

原題:The Producers華やかなブロードウェイのイメージに、悲哀に満ちたプロデューサーと虐げられた会計士が出会い、優しくて楽しいハッピーエンドの幕が上がる。 We can do it、me and you!・・何がって?・・そう、それは二人の男の友情だったよね。時代は1959年ニュ

  • 2006/04/23(日) 02:05:35 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

プロデューサーズ

 エンドロールが終わるまでじっくり楽しめます。最後に脚本のメル・ブルックスまでちゃっかり登場♪

  • 2006/04/23(日) 03:49:59 |
  • ネタバレ映画館

プロデューサーズ THE PRODUCERS

ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリックウィル・フェレル、ユマ・サーマン主演1959年ニューヨーク、マックス・ビアリストックはthe king of Broadwayと呼ばれるほど名うてのプロデューサーだったのですが今では開幕と同時に閉幕の言葉が出るほど落ちぶれています彼の財源

  • 2006/04/23(日) 21:54:01 |
  • travelyuu とらべるゆう MOVIE

『プロデューサーズ』

客電がつくまで立っちゃダメですよ♪

  • 2006/04/23(日) 22:37:50 |
  • なんでもreview

プロデューサーズ

原題:THE PRODUCERS製作国:アメリカ製作年度:2005年上映時間:131分公開:2006年4月8日監督:スーザン・ストローマン脚本:メル・ブルック

  • 2006/04/24(月) 07:08:12 |
  • スワロが映画を見た

プロデューサーズ(映画館)

のはずが、の傑作に――― それはブロードウェイの神様のイタズラ。CAST:ネイサン・レイン/マシュー・ブロデリック/ユマ・サーマン/ウィル・フェレル/ロジャー・バート 他■アメリカ産 134分げっ!!・・・・ウィル・フェレルが出てるのか~。この人苦手・・・・。で

  • 2006/04/24(月) 20:24:34 |
  • ひるめし。

「プロデューサーズ」

「プロデューサーズ」  公式サイト 劇場鑑賞ゆづの好き度 ★★★★ (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年4月8日公開  上映時間134分見てきました。ユマ・サーマン!もともとが宝塚歌劇好きのミュージカル好きの私です。この作品もかなりツボを押さ

  • 2006/04/24(月) 20:47:21 |
  • ●○ゆるゆるシネマ感想文○●

20 プロデューサーズ

またしても一週間遅れの更新。。これもいつものように、ひとりで観にいってきましたが、失敗。こういう映画は誰かと共に行き、共に笑えばよかった。後悔。ひとりで泣くのは良いんだけど、ひとりで笑うのは結構恥ずかしい。何度も書いておりますが、きっと前世はアメリカ人。

  • 2006/04/24(月) 23:59:09 |
  • 毎週水曜日にMOVIE!

プロデューサーズ

ミュージカルのテンションの高さには、いつも拍手です・・・{/hakushu/}コメディなら尚更だと思うのだけど、このテンションがなければ観客を引き込めませぬ。そこが、イマイチと思う方はなかなか入り込めないでしょうね。歌いながら演技、というのは違和感を感じていた自分

  • 2006/04/25(火) 23:01:46 |
  • シャーロットの涙

またまた『プロデューサーズ』がやって来た。

観終わって、思わずスタンディング・オベイションをしたくなった位楽しい映画でし観終わって、思わずスタンディング・オベイションをしたくなった位楽しい映画でした。実際、来日公演の舞台版の時にはスタンディング・オベイションしたんですけどね..。(劇中でこの言...

  • 2006/04/26(水) 03:35:48 |
  • またたびCINEMA

プロデューサーズ

“ショーが始まる前に Good Luckと言ってはいけない”演劇界のジンクス、だ

  • 2006/04/28(金) 18:24:30 |
  • 遠い海から来た・・

「プロデューサーズ」下品で贅沢で見た目勝負の笑いの舞台

「プロデューサーズ」★★★★ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック主演スーザン・ストローマン 監督、2005年アメリカブロードウェイ・ミュージカルを実際には見たことはないが度派手な舞台を見ている気分にさせてくれる映画ままにならない現実を嘆く...

  • 2006/04/28(金) 22:51:23 |
  • soramove

プロデューサーズ

面白かった。久々にずっと笑いながら観てた。楽しい134分だったな~。エンディング曲を聴きながらスタッフロールを眺めてたら、最後に御大メル・ブルックが出てきて、さらにお得感倍増。これから観に行く方はくれぐれも途中で席を立たないように!初めはちょっと大袈裟なコ

  • 2006/04/29(土) 05:24:03 |
  • 俺の話を聴け~!

映画館「プロデューサーズ」

マシュー・ブロデリック、懐かしいなぁ~!青春アイドル、その後はサラ・ジェシカ・パーカーの旦那って感じだったけど、コレで完全復活かしら~!?まさに、エンターテイメント!という作品でしたねぇ!つい最近、ミュージカル版の「プロデューサーズ」も日本でやっ...

  • 2006/04/30(日) 00:05:52 |
  • ☆ 163の映画の感想 ☆

プロデューサーズ

レディースディのレイトショーで、期待の「プロデューサーズ」を観ました。さぞや混んでいると思いきや20名ほどの入りでした(少なっ)。オープニングの金管楽器の演奏と、ネオンの明るさでワクワク感が高まります。「面白い」と評判だったので、最初から笑いを期待してい

  • 2006/04/30(日) 20:48:44 |
  • まぁず、なにやってんだか

プロデューサーズ

まず私は、ミュージカルがちょっと苦手・・・。そんな私ですが、本作はけっこう楽しめた。ブロードウェイに行ったかのような気持ちにさせてくれる。“笑い”という点においても、英語の微妙なニュワンスは分からないものの、動作や表情でかなり可笑しかったシーンもあった。

  • 2006/04/30(日) 22:30:04 |
  • UkiUkiれいんぼーデイ

プロデューサーズ / The Producers

{/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/}1968年アカデミー賞脚本賞を受賞した、メルブルックス脚本の映画「プロデューサーズ」その後2001年にブロードウェイでミュージカル化、トニ

  • 2006/05/08(月) 10:17:24 |
  • 我想一個人映画美的女人blog

プロデューサーズ(05・米)

「本作品は、エンドロールが終ってからも映像がありますのでご注意ください」そ、そうですか、映画館のスタッフさん、ご丁寧にどうも・・・?と、言うことで始まった映画はまさに「これがショービジネス。これがエンターテイメント。」実際の人気ミュージカルの映画化

  • 2006/05/18(木) 23:37:11 |
  • no movie no life

プロデューサーズ (2005)

すぷり~んぐたいむ、ふぉーひっとらーいずじゃ~まに~プロデューサーズ(THE PRODUCERS)http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/≪あらすじ≫1959年、ニューヨーク。かつてはブロードウェイで栄光を極めたものの今やすっかり落ち目のプロデューサー、マックス・

  • 2006/05/19(金) 19:00:05 |
  • arudenteな米

『プロデューサーズ / THE PRODUCERS』 ☆今年50本目☆

メル・ブルックス監督が1968年に作った映画作品を、2001年ブロードウェイでミュージカル化し大ヒット!トニー賞では史上最多12部門を獲得。その作品を再度映画化。公開されてからだいぶ経ってしまって、早くしないと終っちゃうんじゃないかとハラハラしてたけど、ようや...

  • 2006/06/04(日) 16:25:15 |
  • honu☆のつぶやき ~映画に恋して~

The Producers

『プロデューサーズ』個人的にミュージカルは“大”が付くほど嫌いです。なので正直この映画は期待どころかいつまで我慢出来るかが心配でした。テーマは“一晩で大コケする史上最低のミュージカル”。失敗作で大儲けを企むペテン師マックスと気弱な税理士レオは、最低の脚本

  • 2006/07/11(火) 01:31:30 |

『プロデューサーズ』・試写会

今日は某雑誌で当選した 『プロデューサーズ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★☆☆

  • 2006/07/25(火) 11:46:14 |
  • しましまシネマライフ!

7.プロデューサーズ

もう最ッ高~~に楽しかった!!★★★★★ 早くも私の今年のベスト1かも♪ このミュージカルのコメディセンスは、抜群で、知的あり、下品あり、くだらないジョーク系、顔芸もあれば、ゲイネタもあり~の☆゛諷刺も鼻につくほどではなく、露出もあるけどヤリスギではなし..

  • 2006/10/16(月) 19:37:41 |
  • レザボアCATs

プロデューサーズ-(映画:2006年131本目)-

監督:スーザン・ストローマン主演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン 評価:86点公式サイト(ネタバレあります)マシューが186センチあるから、彼より頭一つでかかったユマ・サーマンは210センチくらいか。セ....

  • 2006/10/29(日) 20:15:43 |
  • デコ親父はいつも減量中

プロデューサーズ

プロデューサーズ監督: スーザン・ストローマン 出演: ネイサン・レイン (マックス・ピアリストック)マシュー・ブロデリック(レオ・ブルーム)ユマ・サーマン(ウーラ)ウィル・ファレル(フランツ・リープキン)ゲイリー・ビーチ(ロジャー・デ・プリー)ロ....

  • 2006/11/01(水) 12:34:19 |
  • 獅子の手帳

映画『プロデューサーズ』★★★★

>映画『プロデューサーズ』★★★★ 久々に面白いミュージカル映画を観た!!!!!!!!!ミュージカル映画は、言葉が分からなくても楽しめるところがあるから、面白いですよねー。おばあちゃんの集団闊歩とか。ネイサン・レインさん、マシュー・

  • 2006/11/28(火) 19:36:56 |
  • AI-z「出田直正(nao)の一日。」
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/163-14c74937
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。