ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ポセイドン』

A「軟らかく煮た極太の緬に、濃厚で真っ黒でドロドロのタレを絡める、三重名物のアレね」
B「それは、イセウドン」

06061401.gif


A「亀山Pと本広Dがカンヌまで出向いて、作品PRの露店を出したり、世界初の特別上映でジャーナリストから失笑を買ったり、不買運動まで起きた、あの作品のリメイクですね」
B「そうそう、その通り。正解。リメイクってことだけ」
A「それ以外は、間違い?」
B「間違ってないけど、別の映画のネタだよ」
A「讃岐の秘密を巡る?」
B「巡らない」
A「『ウ・ドンチ・コード』?」
B「ダ・ヴィンチ。なんでウとドの間に『・』とか無理やり入れてるんだよ。そもそも今回取り上げる映画のタイトルは『伊勢うどん』じゃなくて『ポセイドン』」
A「砂の嵐に隠された?」
B「そう来ると思った。ロプロスも、ロデムも、ヨミも出てこない」
A「あのですね」
B「なに?」
A「そういう回りくどいツッコミしてるから、ちっとも本題に入れないんですよ。さっさと『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクって言えばいいのに。そもそも3つも重ねるほど面白いツッコミでもないのに」
B「ああ、そうですか、それじゃさっそく始めましょ。で、どうだった」
A「オープニングから、びっくりです」
B「巨大な豪華客船の周囲をぐるりと回る、あの特撮ね」
A「ちがいます、その前です。ロゴがワーナーだったから、びっくり」
B「『アドベンチャー』のほうは、FOXだったもんな」
A「で、調べてみたら、『アドベンチャー』の続編『2』はワーナー製作でした」
B「そのときに版権が移ったのかな」
A「それから、上映時間の短さにもびっくり」
B「98分だもんな。『キング・コング』の半分」
A「同じ海難モノの『タイタニック』の半分です」
B「あの規模の船が転覆して沈没するまでの時間を計算して、リアルタイムで脱出劇を描くためだったらしいよ」
A「それ、詭弁です。だって、転覆するまでの時間だってあるわけですから」
B「確かに、そこで登場人物を紹介したり、ドラマを作り込まなきゃいけないのに。そういう説明的なところがものすごく駆け足だった」
A「ペーターゼン監督はきっと、嵐が来るまでの描写はダラダラしてるわ、いざ嵐が来たらただ揺れてるだけだわ、なのに130分もあるわ、しかも音がでかくて居眠りもできやしないわ、という『パーフェクト・ストーム』の反省を踏まえてのことなんでしょう」
B「あの作品、ドラマらしいドラマが無かったねぇ。実話だからそれがリアルなドラマなんだ、って言ったらそうなんだけど」
A「ペーターゼン監督に人間模様なんて期待するほうが間違いです。なにしろ、今作では、自分を語った人が次々死んでいくんですから」
B「うーん、必ずしもそうでもないけどね。ネタバレになっちゃうから詳しく言えないけど、でも何人かはその通りだ。そういえば、せっかくヒーローがふたりもいるのに、彼らが対立する要素とか入れてないから、同時多発的に起きる惨事というイベントをさっさと消化するためだけに配されてる感じ。やっぱり、ドラマなんてやりたくないんだ」
A「ジョシュ・ルーカスとカート・ラッセルね。オマケにふたりとも、パーティーのときの礼服のままで白いシャツに白いズボン姿だから、後姿とか水中の姿とか、どっちがどっちやら。もしかしたら、最初の編集版があまりにダラダラしてたから、どんどん刻んじゃったのかもしれません」
B「で、98分と。そういえば、カート・ラッセルの娘の彼氏が怪我した脚を未亡人女性に診てもらうところ、怪我した脚のショット、次に顔をしかめた未亡人が娘を見やるショット、次にその視線を受けて戸惑うような娘のショット。こんな繋ぎ方してるから、この若造の怪我が後々の伏線になってるのか、と思ったら・・・」
A「余計なシーンは残してるのに、予告にあった津波が来る前の地震のような地響きシーンはカットされてました」
B「なのに、航海士が「なんか変だぞ」と言ってるカットは残ってる。変なのはオマエじゃ!」
A「あのですね」
B「なに?」
A「せっかく、対話形式の記事にしてるんですから、どちらかが褒める役、褒めないまでも聞き手に徹しないと、ペーターゼン監督のファンに怒られますよ」
B「そうなの?」
A「だって今から、『第5惑星』と『アウトブレイク』を除いて黒人が活躍する作品が皆無なペーターゼン監督はきっと人種差別主義者です、って呟いてしまいそうですから」
B「うーん、それが真実かどうかはさておき、いきなりクイズで締めくくっちゃうってのは、どう?」

問1:映画の中では「フラッシュ・ファイヤー」と字幕が出ていた火災現象の正式な呼称は?
 A.バックドラフト
 B.フラッシュオーバー

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:本文中で少し触れたポセイドンやロプロスを操る少年の名は?
 A.アニメは「バビル2世」だが、漫画は「バベル2世」
 B.アニメは「バベル2世」だが、漫画は「バビル2世」
 C.どちらでもない

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

リアルタイム

こんばわでっす♪

>リアルタイムで脱出劇を描くためだったらしいよ

この映画ってリアルタイム的な映画だったのですかっ。人間ドラマは弱かったですけど、迫力ある映像には驚き。・・・でも2時間もないのがなんか勿体無いな~・・と思っていたんですよね。

と言うか『アウトブレイク』もペーターゼンだったのですね・・・( ̄▽ ̄;)あの映画個人的に結構面白かったんですよねー

  • 2006/06/15(木) 22:42:51 |
  • URL |
  • メビウス #mQop/nM.
  • [ 編集]

UDON

「シークレット・サービス」~「アウトブレイク」のあたりが全盛期でしたね~。もう沈むばっかりか。
「デスノート」もワーナーなのは驚きです。
いせうどんは食べた事ないです~。

  • 2006/06/16(金) 22:24:55 |
  • URL |
  • aq99 #-
  • [ 編集]

こんにちは♪
褒めるべき点は90分代で走り抜けたこと
だけですね♪ (゚▽゚)v

  • 2006/06/18(日) 11:43:48 |
  • URL |
  • Notorious♪ #HDEnqCks
  • [ 編集]

味噌煮込みじゃダメ?

にらさん、おはようございます。
この映画は今年度上半期で「レディース・デイで見る映画」に輝きそうです。
1800円出すのには抵抗がありますね~
もっとも、最近はレディース・デイ以外に映画を見たことないですけど。

伊勢うどん。
知りませんでした・・・名古屋の味噌煮込みうどんは好きなんだけど。

  • 2006/06/20(火) 07:33:00 |
  • URL |
  • swallow tail #-
  • [ 編集]

おはようございま~す。
パニックものって割と好きなハズなんですけど、劇場で予告編を観た時に『カート・ラッセル、老けたなぁ。なんか花さかじじぃ』みたいだ…と思って敬遠しちゃいました。
なのに、私は『夢駆ける馬ドリーマー』とか観ちゃったりしてる…ケケヶ。
『パーフェクト・ストーム』、劇場で観ましたけどキツかったですねぇ、、、
“漁師に密着・48時間!”とか観たほうが良かったです。むろん、そんな番組はありませんけど。
記事を読ませていただいてなんだか『タワーリング・インフェルノ』をもう一度観たくなってきました。

  • 2006/06/21(水) 10:38:20 |
  • URL |
  • たみお #-
  • [ 編集]

にらさんこんばんは!やっぱりにらさんは素敵!!
確かに予告は期待させすぎですね(^^;

  • 2006/06/22(木) 09:25:31 |
  • URL |
  • chie☆ #-
  • [ 編集]

オリジナル

勝てそうなところだけで勝負して、良かったと思いました。
勝てそうにない人間関係とか心理描写したら、
もっと突っ込めたと思いますyo。

  • 2006/07/05(水) 14:33:34 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #-
  • [ 編集]

こんばんは

ホント時間の短い映画でしたね。
でもドキドキしっぱなしだったので
これぐらいでちょうどよかったのかもしれませんね。

  • 2006/07/26(水) 22:42:23 |
  • URL |
  • しましま #-
  • [ 編集]

生存者の皆さまへ

◆しましまさま
イマイチに思えたのは、ドキドキするポイントを間違えてたせいかもしれません。

◆猫姫さま
勝てそうなところの勝負、勝ってたかなぁ・・・(笑)。

◆chie☆さま
chie☆さまが思っている以上に、自分のことを素敵だと思ってます。
ただし、実物は、予告で期待させて本編でガッカリという今作と同じく、ガッカリ者です。

◆みおさま
カート・ラッセル、花さか?
あの頬の垂れ具合、むしろコブとりじいさんでは?

◆swallow tailさま
伊勢にはほかに伊勢イモ伊勢エビというものもございます。
イセイモイセエビイセウドン・・・早口言葉みたい。
ポセイモポセエビポセイドン・・・早口言葉としても失敗作のようです。

◆Notorious♪さま
なりふりかまわずって感じで駆け抜けてましたねぇ。

◆aq99さま
ここ最近のワーナーは、日本に配給できそうなハリウッド作品の持ち駒が不足してるのかもしれませんね。

◆メビウスさま
勿体無いですよねぇ。
こんなんじゃ死んでも死にきれない、とジーン・ハックマンが草葉の陰で泣いてます・・・え?ハックマンってまだ存命中?

  • 2006/07/27(木) 16:01:04 |
  • URL |
  • にら(伊勢名物管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ポセイドン

「ポセイドン」 POSEIDON/製作:2006年、アメリカ 99分 監督:ウォ

  • 2006/06/15(木) 20:36:02 |
  • 映画通の部屋

ポセイドン(評価:◎)

【監督】ウォルフガング・ペーターゼン【出演】ジョシュ・ルーカス/カート・ラッセル/エミー・ロッサム/リチャード・ドレイファス/ジャシンダ・バレット/マイク・ボーゲル/ジミー・

  • 2006/06/15(木) 22:42:39 |
  • シネマをぶった斬りっ!!

「ポセイドン」 ここでもドイツ

今、アメリカを除く全世界を虜にしているFIFAワールドカップ サッカー開催国のドイツが誇るウォルフガング・ペーターゼン監督。アカデミー賞6部門にノミネートされた「U・ボート」(元造船工場の溶接工 村上ショージ永遠のベスト1映画)の後、西ドイツ映画界が総力

  • 2006/06/16(金) 22:25:04 |
  • 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

ポセイドン

 逆さまになっても上からモノが落ちてくるんですよ! 

  • 2006/06/17(土) 09:49:42 |
  • ネタバレ映画館

『ポセイドン』2006・6・4に観ました

『ポセイドン』  公式HPはこちら ←クリック●あらすじ大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船“ポセイドン号”に巨大な波が押し寄せ船体が180度転覆の危機に。生存者達は船内に残る者と、混乱する船内で出口を探すサバイバルに向かう者達と別れる事に成る・

  • 2006/06/17(土) 14:15:58 |
  • 映画と秋葉原とネット小遣いと日記

ポセイドン

 アメリカ  パニック&アドベンチャー&サスペンス 監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:カート・ラッセル     ジョシュ・ルーカス     ジャシンダ・バレット     リチャード・ドレイファス大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船ポ...

  • 2006/06/18(日) 11:44:22 |
  • Saturday In The Park

ポセイドン

原題:POSEIDON製作国:アメリカ製作年度:2005年上映時間:98分公開:2006年6月3日監督:ウォルフガング・ペーターゼン原作:ポール・ギャリコ脚本:マーク・プロトセヴィッチ音楽:クラウス

  • 2006/06/20(火) 07:24:07 |
  • スワロが映画を見た

「ポセイドン」と失敗談・・・

もひとつ映画ネタ☆「ポセイドン」も早速観てきました   やはりこれは迫力的に映画館で観るべきでしょう一瞬自分もポセイドン号に乗ってるかのような錯覚をおこして、一緒に水の中で息苦しくなってる気になりました(^^;  いや....

  • 2006/06/22(木) 09:26:48 |
  • ★お水女社長のファッションチェック★

ポセイドン

 私事で恐縮ですが、自分が十代の頃ロードショーで観た作品が3本たてつづけにリメイクされます。この作品と『日本沈没』、そして『犬神家の一族』。

  • 2006/06/23(金) 07:11:39 |
  • シネクリシェ

「ポセイドン」大味だけど楽しめる

「ポセイドン」★★★ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、エミー・ロッサム主演ウォルフガング・ペーターゼン 監督、アメリカ、2006年あんな大津波が来るのが何故分からなかったんだろう、まあ、昔はそうだったんだろうな。そんなふうに設定を飲み込ん...

  • 2006/07/01(土) 18:27:15 |
  • soramove

ポセイドン 06年137本目

ポセイドン2006年  ウォルフガング・ペーターゼン 監督カート・ラッセル 、ジョシュ・ルーカス 、ジャシンダ・バレット 、リチャード・ドレイファス 、ジミー・ベネット申し訳ございません。 お見それいたしました、、、

  • 2006/07/05(水) 14:26:07 |
  • 猫姫じゃ

『ポセイドン』・試写会

今日は某フリーペーパーの携帯サイトで当選した 『ポセイドン』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入

  • 2006/07/25(火) 11:34:00 |
  • しましまシネマライフ!

ポセイドン

1972年、ジーン・ハックマン主演の「ポセイドン・アドベンチャー 」をウォルフガング・ペーターゼンがリメイク。本当は映画館で観たかった。(T^T)DVDで鑑賞。大みそかの夜。北大西洋を航海中の豪華客船ポセイドン号ではカウントダウン・パーティの真っ最中。その頃

  • 2006/10/11(水) 15:09:36 |
  • 映画、言いたい放題!

ポセイドン(DVD)

その瞬間、運命もさかさまに転覆し始める。

  • 2007/03/04(日) 13:36:28 |
  • ひるめし。

ポセイドン

ポセイドン監督:ウォルフガング・ペーターゼン出演:カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、ジャシンダ・バレット、リチャード・ドレイファス、ジミー・ベネット、エミー・ロッサム...「その瞬間、運命もさか

  • 2007/05/22(火) 19:52:29 |
  • ひめの映画おぼえがき

映画『ポセイドン』

原題:Poseidon「ポセイドン・アドベンチャー」からアドベンチャーを取ったら!?・・どちらかといえば1972年当時のCGに較べ格段に進歩したVFX技術をみせる映画みたい・・ 豪華客船ポセイドン号でのニューイヤーパーティーのさなか、異常波浪(ローグ・ウェーブ

  • 2007/06/12(火) 12:20:57 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/174-28764f9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。