ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タイヨウのうた』

太陽の紫外線を浴びると死んでしまうため夜に徘徊する謎の少女が、たまたま見かけた男子高校生を追い掛け回し、力づくで押し倒し、ついには我が物にしてしまう・・・。

え?ドラキュラもバンパイアも出てこないの?

06070601.gif


むかしむかし、約20年前、日の出と日没のわずかな時間しか会えない男女を主人公にした、つまりマジックアワーの設定ということで撮影監督ヴィットリオ・ストラーロの手腕を堪能することよりも、中世ヨーロッパが舞台のファンタジーなのに電子ロックな音楽がついてたことのほうが印象深い『レディーホーク』って映画がありました。

そんな懐古に浸ってしまうくらい、鑑賞中は弛緩しきっていました。

塚本高史くんをはじめ、役者はソツなく演じてます。
女優としては新人のYUIはセリフにやや訛りが感じられたり学芸会の域を出なかったりするものの、さすがといいますか当然といいますか、アコギ1本からバンドの音に変わる横浜の路上演奏シーンでちょっと鳥肌立ったりもしました。
メガネっ子の友人を演じた通山愛里と岸谷五朗の目や口のパーツのサイズはほとんど変わらないのですが、顔の大きさだけが倍くらい違うので、並んで話してるシーンでかなり鳥肌立ったりもしましたが。

冒頭に書いたように、今作にはドラキュラも、バンパイアも出ません。
吸血鬼も、オオカミ男も、送りオオカミも、夏休みに深夜徘徊する若い娘を狙ったナンパ師も、今からウチの事務所行って撮影モデルしてくれたらお小遣いあげるよってスカウトもいません。
おとぎ話のようなバケモノはいません。でも、悪い人間さえも存在しないので、やっぱりおとぎ話です。

人物配置はおとぎ話に仕立ててるのに、ヤケに照れが感じられます。
絵に描いたような厳格オヤジを演じさせるのは照れくさい。恋の相手を白馬に乗った王子さまに仕立て上げるのは照れくさい。「難病」っていう要素を使っても、そこで観客を泣かせるのは照れくさい。
そんな照れくささが極まった感のある踏切でのキスシーンの直前。塚本くんがYUIのホッペを引っ張っり「かわいいよ」って意味を込めて「ブサイク」って言うんですけど、いくら照れくさいからって、ホントにブサイクに撮っちゃいけません。
それから、警官も先生もみんな誰かを叱るのが照れくさい人たちだからって、原付バイクに二人乗りさせちゃいけません。

なんといいますか、非常にナマぬるい感じです。
見ていてこちらが恥ずかしくなる純愛モノでもないし、見ていてこちらが辛くなる難病モノでもない。大ほどではなくそこそこのヒットをしているようですが、そのあたりの薄さが受け入れられているのかもしれません。

ちなみに、この映画、予告について言及するとストーリーをネタバレするこにとなるので、今後見ようと思っている方のために、そこだけは避けさせて頂きました。って、ほとんどバラしてるようなもんですが。

それにしても、最後のほうのシーンで、FM局らしいスタジオに置いてあった放送用のオーディオ機器。そのCDトレイ付近にシールなのか、機器のネームプレートなのか、それに「TARO KIMURA」って文字があったんですけど、ジャーナリストの木村太郎氏と関係があるんでしょうか。どなたかお詳しい方からの一報を待ちつつ、クイズです。

問1:ヒロインが毎朝見ていたバス停の名は?
 A.江ノ島
 B.七里ヶ浜

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:ヒロインの父親でイタリアンレストランのオーナーでもある岸谷五朗。彼が店でつけてたエプロンの色は?
 A.エンジ色
 B.オリーブ色

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

しぐさ

ストーリーに関してはほとんどすべて既知のものでできていて、完全に予測通りに進行するんですが、それでもけっこう楽しんでしまいました(笑)マッチを擦ったり、チューニングしたりする女の子の日常的なしぐさに、惹かれたからかもしれません。

  • 2006/07/08(土) 22:52:28 |
  • URL |
  • fumiya #AKKjkRR6
  • [ 編集]

にらさ~ん♪

こんちは!ども~
「雑板屋」のゆきちです!
にらさん、TB&コメントさんくすでした。
にらさんからのTBを削除したりしませんよ~勿体無いですもん(笑
それに解っててTB送ってますからね・・
にらさんのウイットに富んだスパイス加減の素晴らしいいつもの感想・・・どちらかと言えば・・・好きっす☆
自分の意見と思考がきちんと書ける人を変わらず敬いたいので、これからもそのままのスタンスで!とお願いしたいくらいです。
また遊びに来ます!今後も相手してやってくださいな。。。

  • 2006/08/09(水) 16:10:15 |
  • URL |
  • ゆきち #rJCmNBK.
  • [ 編集]

あらら、、、

かえるさんのほっぺの方が、
柔らかいんですねぇ、、、

  • 2007/03/20(火) 15:25:31 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #SFo5/nok
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

タイヨウのうた

多くの純愛映画がベストセラーの小説や漫画を原作に持ち、それゆえ映像で原作を再現することが求められ、映画の演出に関して困難を抱え込むことになりがちなのに対して、この映画は、原案があるとはいえ、そのような規制から

  • 2006/07/08(土) 22:43:46 |
  • Kinetic Vision

タイヨウのうた(映画館)

彼女は、タイヨウへ帰っていった。僕の心に、歌をのこして。CAST:YUI/塚本高史/麻木久仁子/岸谷五朗/通山愛里 他■日本産 119分久々に目頭が熱くなって鼻をかんだ映画に出会いましたわ~。お気に入り度も久々の五つ★!!本当は観に行く予定はなかったけど、ロケ地が

  • 2006/07/09(日) 12:42:45 |
  • ひるめし。

タイヨウのうた

 Aadd9-E-Bm7-Dadd9♪

  • 2006/07/18(火) 22:43:55 |
  • ネタバレ映画館

『タイヨウのうた』

彼女は、タイヨウに帰っていった。僕の心に、歌を残して。■監督 小泉徳宏■原作 天川 彩(「タイヨウのうた)ソニー・マガジンズ刊」■原案・脚本 坂東賢治■キャスト YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、山崎 一□オフィシャルサイト  『タイヨウの

  • 2006/07/18(火) 23:44:19 |
  • 京の昼寝~♪

タイヨウのうた

ピュアな歌声が心に響き,じんわりと感動。だけど,お涙頂戴の場面も幾つかあって少し興醒め。良い映画なのに,そこだけ残念。

  • 2006/07/19(水) 11:58:10 |
  • Akira's VOICE

Live Life Love

『タイヨウのうた』“月の下でしか生きられない少女”雨音薫役のYUI、“バカで下品な高校生”藤代孝治役の塚本高史。この2人の演技はとてもナチュラルな感じでよかったと思います。それに岸谷五朗の不器用でぶっきらぼうな父親役も後半にかけてすごくいい味出てます。こ

  • 2006/07/21(金) 21:51:12 |
  • Tokyo Bay Side

タイヨウのうた-(映画:2006年98本目)-

監督:小泉徳宏出演:YUI、塚本高史、岸谷五朗、麻木久仁子、通山愛里評価:92点公式サイト(ネタバレあります)泣いた・・・。ラストで薫(YUI)の歌う「Good-bye days」が流れだしたきには鳥肌が立つような感動が押し寄せてきた。...

  • 2006/07/21(金) 22:36:21 |
  • デコ親父はいつも減量中

「タイヨウのうた」遅ればせながら・・・。

 ドラマも放映しているタイヨウのうたの映画版を見てきました。病気者と言えば最近は1リットルの涙が記憶に新しく、かつドラマ版は僕的には最高傑作と思っていますが、タイヨウのうたはどうでしょうか。。。

  • 2006/07/25(火) 00:32:29 |
  • よしなしごと

タイヨウのうた

評価:★10点(10点満点) 監督:小泉徳宏主演:YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗2006年 119min  公式サイトはこちら。彼女は、タイヨウに帰っていった。僕の心に、歌をのこして。歌と共に生きる雨音薫(YUI)とサーフィン好....

  • 2006/08/03(木) 15:13:04 |
  • Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)

「タイヨウのうた」

2006年 小泉徳宏監督作純粋で素朴な映画。色素性乾皮症(XP)に関する作品。映画としての出来具合は、監督初の本格デビュー作ということで雑で荒削りな気がするけれど、XPという病気そのものの知名度を高めるには十分な役割を果たしていると思う。XPに関する映....

  • 2006/08/07(月) 11:21:12 |
  • 雑板屋

タイヨウのうた

「タイヨウのうた」 2006年 日本★★★★太陽の光にあたれない難病XP(色素性乾皮症)の少女、雨音薫(YUI)は16歳。高校に行く年頃だが、病気のため 家でじっと息を潜めるように、陽がくれるのを待つ日々だったんだろう。そんな少女が毎日、恨めし...

  • 2006/08/14(月) 09:49:45 |
  • とんとん亭

「タイヨウのうた」

YUIの歌声は申し分なかった!儚げで、でも力強く一生懸命歌ってる姿は、病気と闘いながら生きる主人公・薫そのものでした。そしてこの映画は何と言っても自然なセリフがとても生きている。キレイごとじゃなくて、その辺に転がってそうな会話で、だからこそとてもリアルで

  • 2006/08/19(土) 16:55:28 |
  • Tokyo Sea Side

タイヨウのうた

ドラマも見てますが、これは映画版の感想です。観るきっかけは、ドラマ見てたからなんですけど、思っていた以上に映画が良く手ですね^^是非?紹介したかったんですが、もしかして公開終わってる?監督  小泉 徳宏出演  YUI  塚本 高史  麻木 久仁子  岸谷 五

  • 2006/09/09(土) 02:55:56 |
  • PLANET OF THE BLUE

【邦画】タイヨウのうた

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技3/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ3/合計37)『評論』「世

  • 2006/12/26(火) 13:25:25 |
  • ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!

映画「タイヨウのうた」 ~我にとっての“生きる証”は歌う事である~

月の下でしか生きられない少女。サーフィンの好きな陽に焼けた少年。交わるはずのないふたりが出会って、奇跡の物語がはじまった------。海辺の町に暮らす雨音 薫(YUI)は16才。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えている。学校には行けず、陽が

  • 2007/03/14(水) 03:38:21 |
  • 混沌と勇気日記。 ~紡げ、天地創世の破滅を綴る勇ましき姿を~

タイヨウのうた 07069

タイヨウのうた2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一うわぁ~、、、これはダ...

  • 2007/03/20(火) 15:32:28 |
  • 猫姫じゃ

映画『タイヨウのうた』

最後に窓から映る景色は、街並みと電車と遠く広がる海・・家族と歌と友人、一人ストリートミュージシャンで十分幸せ、でも、或る日目覚めた初恋の思い・・ XP(色素性乾皮症)を患う雨音薫(YUI)は、太陽を避けた昼夜逆転の生活で学校にも行けず、毎夜駅前...

  • 2008/01/03(木) 02:41:35 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

≪タイヨウのうた≫(WOWOW@2008/01/04@009)

タイヨウのうた   公式HP   詳細@yahoo映画 去年のうちにWOWOWで録画していたこの作品を鑑賞 初鑑賞だったがとても良かった XPって言う病気の事も初めて知ったし まぁ、何てったって“YUI”のかわいさ・素朴さその魅力にやられた~ 演技はまだ初...

  • 2008/01/29(火) 17:06:48 |
  • ミーガと映画と… -Have a good movie-
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/179-411b4506
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。