ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉庫

コンビニの駐車場でちょっとくつろいでたと思ってください。
目の前に鍵のかかった物置がありました。
扉に小さな白いプラスチックが3つ張られて、そこに何が収められているのか書かれています。
一番左には「ゴミ倉庫」と書かれ、これはよくわかります。
真ん中のには「ダンボール倉庫」と書かれていました。よくわかりませんが、ダンボールとはおそらく段ボールのことだろう、と善意に解釈することくらいしてあげます。
ところがです、一番右のはサッパリわかりません。
「番重倉庫」



なんと読むのでしょう。「はんじゅう」?「ばんしげ」?
読めないばかりかその意味さえもわかりません。
重い人が番をしているのでしょうか。防犯用に相撲取りが入っているかもしれません。倉庫というくらいですから、一人や二人じゃないはずです。
あんな小さな物置に、お相撲さんがぎゅうぎゅう詰め。しかも外側から鍵掛けられてるし。
死んだらどうする?詰め替え用のお相撲さんとかあるのか?

だからってこんなのも困ります。
「番長倉庫」
倉庫の中には、歴代の番長が納められているに違いありません。清水の次郎長を筆頭に、安岡力也や巨人の清原、ハリスの旋風の国松さま、そしてもちろん和田アキ子。残念ながら芦屋雁之助は入ってません。だって裸の「大将」ですから。

そしてその倉庫の前にはきっとこんな人がいるに違いありません。
「倉庫番長」
倉庫の前で、辰兄ィが腕を組んでそうなイメージです。
「ここから先、おまえらを一歩も入れさせやしねぇぜ」
倉庫に納品に来ただけなのに、このありさまです。

ちなみに、この番長は、夜になると「帝王」に変身するらしいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/18-cbde4330
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。