ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カーズ』

行ってきました、ボーズとカーズ。

06070901.gif


多くの方は、今作を擬人化されたクルマの物語だと思っておられるかもしれませんが、それは間違いで、クルマ化したヒトの物語です。
ヒトだけではありません、牧場のウシも、番犬も、ぶんぶんたかるハエたちも、全てクルマ化されています。

なんだそんなことか、と思ってはいけません。
それはピクサーの新たな挑戦といわれた前作『Mr.インクレディブル』よりも、新たな挑戦だからです。

これまでピクサー社で作られた長編映画は、主人公の属する擬人化された生物や無機物の集団がある一方、それ以外の集団も存在していました。
その全ては、主人公らにとって危険な集団であります。さらに、それは多くの場合、ヒトであります。
『トイ・ストーリ』2作、『ファインディング・ニモ』がその典型例といえるでしょう。
『Mr.インクレディブル』の場合も、超人たちの敵はヒトでしたし、『モンスターズ・インク』でも、モンスターにとってヒトは放射性物質に勝るとも劣らぬ危険な存在と思われていました(最後に、その価値観は変容しますが)。
唯一の例外は『バグズ・ライフ』ですが、そこにも昆虫たちを脅かすトリがいました。確かにトリはヒトではありませんが、交渉の余地が全くないという点では、『バグズ・ライフ』のトリは『トイ・ストーリー』のヒトと同レベルの存在だといえます。
お断りしておきますが、擬人化:非擬人化=善:悪という意味ではありません。
30年前からあいも変わらず容貌怪異な他者を排除しては「セイギノミカタ」を標榜してきた眉目秀麗な「戦隊モノ」の方々とは違い、そもそもピクサー社作品は必ずしも善悪の対立だけで成立するような単純明快勧善懲悪物語ではありません(もちろん、世界は対立する善と悪という二元論ではなく、限りなく灰色に近い混沌であるわけで、だからといって、感情移入を誘いやすく物語をわかりやすくする効果がある善悪二元論による映画を否定するつもりはありませんけど、主人公の倫理的欠陥を隠蔽するかのように「絶対悪」を登場させた『●ラえもん~のび太の恐竜』のやり口は認めません)。
必ずしも悪とは言い切れないながらも「交渉の余地の全くない存在」である非擬人化キャラクターとは、むしろ天災に近いかもしれません。

ところが『カーズ』ではモニュメントヴァレーを髣髴とさせる岩々も、さらには宙に浮かぶ飛行機の軌跡までがタイヤ痕だったりする世界です。全てがクルマ化(擬車化?)されています。
ですから、そこには擬人化と非擬人化という図式が存在しません。

そのせいでしょうか、総体的に緩い感じがします。
確かに、冒頭のレースシーンは、ピクサー史上最速ともいえるスピードが表現されています(あまりに速すぎて、よくわかんないんですけど)。でも、ジョン・ラセターが、もはや社内では誰からも文句を言われない立場になってしまったせいでしょうか、ひとつずつの描写がていねいすぎて、クルマの疾走表現としてのスピードと物語を表現するスピードが噛みあってません。
その後のラジエーター・スプリングスでの停滞やわき道にそれることが産む充実感に比べて、ただ同一円上を疾走するだけのクルマが、いかにつまらないかということがわかります。
ウチのみにらもその辺りを察したのか、クライマックスになるはずの決勝レースシーンなんて、完全に飽きちゃってました。
非擬人化キャラもおらず、中盤で全く登場しない「万年2位」チック・ヒックスは魅力的な悪役とはいえず、そうした緊張感を欠いた決勝レースなので面白くありません。
唯一面白いのは、タイヤ交換シーンなんですけど、タイヤ交換、つまり車は停止しているわけで、疾走する車のつまらなさに比べれば面白いという程度です。

飽きたのは必ずしも、今作の上映時間が2時間を越える、つまり、予告入れたら2時間半近い拘束時間だからではありません。生理的欲求、つまりオシッコですが、それさえなければ、2時間半スクリーンに釘付けにすることは可能のはずです。

もしかしたら、ウチのみにらが決勝レースに飽きてしまったのは、見てるうちに主人公よりもメーターのほうが気に入ってしまったので、レースでは彼が活躍しないせいかもしれませんので、特殊な例と思って頂いたほうがいいという忠告を付け加えて、恒例のクイズです。

問1:主人公の名マックイーンはもちろんスティーブ・マックイーンからでしょう。ドック・ハドソンの声を担当したのがポール・ニューマンというのもニヤリとさせられるわけですが、それではニューマンが『暴力脱獄』で産んだ卵の数は?
 A.50個
 B.0個

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:問1はヒッカケ問題ですが、それではマックイーンの履いてたタイヤのメーカー名は?なんて簡単な問題は出しません。タイヤ名に引用されていたピクサー作品キャラクターの日本語吹替を担当していたのは?
 A.所ジョージ
 B.唐沢寿明

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

TBありがとうございました

にらさん、こんばんは。
はじめましてじゃないんですよ♪
一度コメントさせていただいております(^▽‐)b
こちらこそ、TBありがとうございます。フライングでTBしてしまい申し訳ございませんでした。

にらさんはメーターがお気に入りなのですね♪マックイーンへのからかい方が良かったわ(・∀・)

  • 2006/07/13(木) 23:54:27 |
  • URL |
  • phan #-
  • [ 編集]

うちのブログにコメントありがとうございました。

どうでもいいことなんですけど、
個人的には、最後に出てきたフェラーリ、
もっとしゃくれてて欲しかった・・・・

声がシューマッハって、言われなきゃ
わかんないですもんwww

新たな挑戦に気づかず・・・

なるほど、ハエまでクルマになってた理由がわかりました。
ディズニーと完全にキレたピクサー、次もきっとものすごい挑戦をしてくれることを期待します。
それに気づくかどうかですが・・・。

  • 2006/07/18(火) 20:46:34 |
  • URL |
  • aq99 #-
  • [ 編集]

こんばんは

タイヤ交換のシーンは私も好きです!
かなり可笑しかったです!

  • 2006/07/26(水) 22:03:47 |
  • URL |
  • しましま #-
  • [ 編集]

キング&レースクイーンの皆さま

◆しましまさま
あのキャラがイタリア語しか喋れないって設定は、上手いなと思いました。

◆aq99さま
ディズニーと切れたんでしたっけ?
くっ付いたんじゃなかったでしたっけ?
それとも「キレた」はディズニーに掛かってるんじゃなくて、ピクサーに掛かる形容?
つまり「完全に理性のタガが外れたピクサー」ってことでしょうか?

◆舞舞さま
みにらはあまりオネショしないので、長い作品でも大丈夫かもしれません。
ただし、飽きなければ、ですけど。

◆RUMBLEさま
あのフェラーリ、日本語版だとあまりに不自然な登場だったんで、オリジナルはだれか有名レーサーかフェラーリの社長とかが声当ててるんだろうな、ってそれが聞けずにちょっと悔しかったりしました。
日本語版は誰が声を当ててたのかなぁ。
シュー・・・マッハ・・・文朱?

◆phanさま
失礼致しました。
ちなみにメーターが好きになったのは、ウチの愚息でございます。

  • 2006/07/27(木) 14:51:01 |
  • URL |
  • にら(ルート69管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

にらさん、こんにちは。
映画館だと途中で自由に止められないので、トイレは結構困りますね。

  • 2006/11/17(金) 17:51:01 |
  • URL |
  • はにまる #-
  • [ 編集]

おじゃまします。

おじゃまします。最近“寝疲れる”こともあるピロEKです。

「さすがピクサーだ」と思わせる作品でした。
最近は他にもフルCGアニメってかなり増えましたけど、ピクサー作品って他の追随を許してない…というか、他社が追いつけないというか、とにかくダントツです。他の製作会社は、未だ「トイ・ストーリー」にも追いついていないように感じるのは贔屓目でしょうか。

ただ、作品の出来は別として、私が車にもレースにも全く以って疎いので、おそらくはこの作品の全てを楽しめていないのは残念です。
シューマッハが本物だったのかどうかも判別不能です。

では、またきます。

  • 2006/11/27(月) 22:18:21 |
  • URL |
  • ピロEK #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カーズ/吹替版(映画館)

そこは、地図から消えた町―――CAST:山口智充/戸田恵子 他■アメリカ産 122分他の製作会社のCGアニメは字幕版で観るけど、ディズニー、ピクサー作品だけは吹替版で観るという変なポリシーを持っているワタシ。おもちゃ、昆虫、モンスター、魚、ヒーロー、ときて今回は車

  • 2006/07/10(月) 20:23:54 |
  • ひるめし。

カーズ CARS/感想

2006年07月01日公開の声の出演 オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマンのCGアニメ映画「カーズ CARS」を見ました。擬人化されたクルマの世界のお話。あまり期待できなそうと思いつつ鑑賞してたのが、終わる頃には

  • 2006/07/11(火) 08:30:57 |
  • 映画★特典付き前売り券情報局

映画「カーズ」

ディズニー/ピクサー作品『カーズ』を観に行った。 私がディズニー/ピクサーで初

  • 2006/07/13(木) 19:36:51 |
  • いもロックフェスティバル

カーズ・・・・・評価額1700円

「ビックリした!」というのがファーストインプレッション。ジョン・ラセター御大自らが、久々に送り出してきた作品が、これほどマニアックな代物だったとは。「カーズ」は、勿論非常に優れたファミリー映画である

  • 2006/07/14(金) 21:13:33 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

『カーズ』

轟渡るエンジンの爆音!タイヤの焼ける匂いまで伝わってきそうなリアリティ溢れるレーシングシーン。迫力のあるレーシングカー同士のデッドヒートには、いやが上にもテンションは急上昇!今年のピクサーアニメの主人公?主人車?は、レーシングカーのライトニング・マックイ

  • 2006/07/14(金) 22:39:36 |
  • Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐

カーズ-(映画:2006年92本目)-

公式サイト監督:ジョン・ラセター評価:90点(ネタバレあります)トイ・ストーリーをはじめてみたときに、そのCGのリアルな質感に驚いたものだ。あれは画期的な映画だった。それからPIXERはいくつものCGアニメ映画を作ってきたが...

  • 2006/07/15(土) 22:23:56 |
  • デコ親父はいつも減量中

「カーズ」の問題点?

「カーズ」オープニング興収3.8億円。「Mr.インクレディブル」(最終興収52

  • 2006/07/16(日) 12:04:02 |
  • 映画コンサルタント日記

『Cars』

Pixer 制作の ディズニー 映画『 カーズ 』を観てきました。Pixer の

  • 2006/07/17(月) 12:20:49 |
  • rumble::place

『カーズ / CARS』 字幕版 ☆今年60本目☆

「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」のピクサー社がクルマの世界を舞台に描く冒険ファンタジー。監督は「トイ・ストーリー2」以来6年ぶりとなるジョン・ラセター。天下のピクサーといえども、車を擬人化させるなんて大丈夫かなぁ?と一抹の不安を...

  • 2006/07/17(月) 17:42:56 |
  • honu☆のつぶやき ~映画に恋して~

カーズ

http://www.disney.co.jp/movies/cars/映画館の予告を見ていて気になった作品。予告の中で、「この町が地図から消えちゃう」というような台詞が有ってどこか異次元(?)にとばされたりするのかと期待したのですが本編にはそ

  • 2006/07/17(月) 20:41:08 |
  • 勝弘ブログ

カーズ<ネタバレあり>

登場するのは全て車、車、車レース場のシーンで観客も全て車 その車が人間の様な動きや表情をする。とにかく画像がキレイ キレイ過ぎるっ さすがピクサートイ・ストーリーを観た時 凄いと思ったけど 年数が経てば更に進化しまくりですマックィーンとサリーがドライブ..

  • 2006/07/18(火) 01:38:19 |
  • HAPPYMANIA

「カーズ」 イタ公バンザイ!

宮崎駿の真の子供は、今のところ(「ゲド」見る前なので)、吾朗ではなくジョン・ラセターのようである。ピクサー大好き!ディズニーが女の子とそのお母さんを対象にしたアニメ作りをしているのに対して、この会社は男の子とそのお父さんをターゲットにしてる感じがするから

  • 2006/07/18(火) 20:53:18 |
  • 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

『カーズ』(字幕版)

今度の奇跡は「クルマ世界」に起こる地図から消えた街「ラジエーター・スプリングス」を救え! ■監督・脚本 ジョン・ラセター■キャスト(声) オーウェン・ウィルソン、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ボニー・ハント、ポール・ニューマン、マイケル・キートン□オフ

  • 2006/07/18(火) 22:34:45 |
  • 京の昼寝~♪

カーズ

クルマだらけの大博覧会から現実に戻ると全ての自動車に愛着が湧いていました。マックィーン欲しい~(無理

  • 2006/07/19(水) 12:05:10 |
  • Akira's VOICE

『カーズ』観て来ました!

『カーズ』鑑賞レビュー!ディズニー/ピクサー最新作!6月9日に全米3985館で封切られ初登場No.1を記録ピクサー・アニメーション・スタジオの20周年記念作品♪同社は1986年にアップルコンピュータ現CEOのスティーブ・ジョブス氏によって創立され、これまでに『ト

  • 2006/07/19(水) 19:09:37 |
  • ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!

カーズ

4月に青森に来てから、映画館までは遠く、試写会当たっても車で片道60kmとかなんで、1本だけ観て帰るというのはなんか勿体ない気がしてきた。ならばハシゴ観じゃハシゴ観!って事で、東京にいたとき、NANAとか3作品ハシゴ観は何度かあるんですが、今回は青森で一

  • 2006/07/23(日) 06:50:42 |
  • 欧風

『カーズ』・試写会

今日は某新聞サイトで当選した 『カーズ』(吹替版)の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★

  • 2006/07/25(火) 11:32:25 |
  • しましまシネマライフ!

「カーズ」

期待して観に行った映画はいつも割りと評価が低いものなのですが、今回期待を裏切りませんでした!序盤からスグに引き込まれ、車なのに愛着がわきます。特にラストはとにかく感動!普通に泣きました。成長していく姿は見ていて良いものですね。ディテールも細かい部分まで凝

  • 2006/07/28(金) 00:10:42 |
  • Tokyo Sea Side

『カーズ』

子供と一緒に吹替えで。自己チュウな若者が心優しい人たちに触れてトゲトゲの心がま~るくなっていく。姿形は車ですけど、お話の内容は人そのもの。美しいCGで描かれたレトロな香りの“ラジエーター・スプ

  • 2006/07/28(金) 21:53:50 |
  • 映画館で観ましょ♪

Cars

『カーズ』アメリカでは一大メジャースポーツとしてF1以上の人気を誇るといわれるNASCAR。今作はそんなアメリカンレース特有のエキサイティングなシーンが満載でとても楽しかったです。 中でもお気に入りはミハエル・シューマッハ(フェラーリ)の登場シーン。シュ

  • 2006/07/29(土) 13:59:34 |
  • Tokyo Bay Side

No.074 「カーズ(日本語吹き替え版)」 (2006年 米 122分 シネスコ)

監督 ジョン・ラセター出演 山口智充    戸田恵子    ジローラモピクサーアニメの最新作ですが、「トイストーリー」の第1作以外は全部劇場で見てますね。大人でも充分楽しめるし、勿論子供さんがたにも喜んでもらえる!そんなところが全て大ヒットにつながる要因

  • 2006/08/02(水) 01:11:43 |
  • キングの映画の窓(劇場鑑賞版)

映画・カーズより、日常英会話抜粋です!!

(244)Who do you think you are?       〔自分を何様だと思っているの?〕アニメ映画・カーズを見たのですが、とにかく映像が綺麗で宮崎アニメもオチオチしていると、本家ディズニーに足元をすくわれる気がします。ストーリーも大人が見ても十分楽しめますし、

  • 2006/11/12(日) 17:33:34 |
  • 英語の本を原書で読みたい!

カーズ、ネタバレ感想!~車が可愛いです!!

アニメ映画『カーズ』ですが、アニメも綺麗で車のキャラも可愛いし、ストーリーも面白く、感動でき、よく出来た作品です。以下、カーズのネタバレ感想書きます。

  • 2006/11/18(土) 16:11:54 |
  • 名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など

52.カーズ

もし、“一年に一度しか、映画を見れない病”に、なってしまったら。これが、非現実的な話、と、思うなら、では、 “もし、忙しすぎて、たまにしか映画を見れなくなってしまったら・・・?”私は、即答できる。     ピクサーアニメを見る!!!

  • 2006/11/18(土) 21:31:08 |
  • レザボアCATs

カーズ…さすがピクサーと思える作品でした

最近は、すっかり週一更新の当ブログ{/face_ase2/}昨日も急遽出勤になっちゃって、なかなか週休二日とはいかない私です{/face_hekomu/}で、今日はせっかくの休みだった訳ですが、天気は生憎の雨{/kaeru_rain/}昼まで寝た{/kaeru_night/}あと、映画鑑賞しただけのダラダラし

  • 2006/11/20(月) 00:05:49 |
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

『カーズ』(2006)★★★★★

『カーズ』(2006)を観た。ジョン・ラセター監督作品。詳しい説明はウィキに任せることにして……。・ カーズ (映画) - ウィキペディア・ ジョン・ラセター - ウィキペディア面白かった。映像が凄い。CGと

  • 2006/11/27(月) 19:47:58 |
  • 映画ブログ『ポップコーンを食べながら』

カーズ

「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」のピクサー社がクルマの世界を舞台に描く冒険ファンタジー。カーズposted with amazlet on 07.03.10ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006/11/08)売り

  • 2007/03/10(土) 10:43:51 |
  • ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

カーズ

ピクサースタジオが、 ディズニーと契約した最後の作品となる筈でしたが、 その後ピクサーは、 ディズニーに買収されたのでした、♪チャン、チャン。( ^ _ ^; でも評判良かったので、 今更ながらですが、観てみました。 最高峰のカーレース「ダイナコ400」

  • 2009/05/12(火) 13:52:32 |
  • 映画、言いたい放題!

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/08/14(水) 22:16:40 |
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/181-94d83d38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。