ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タッチ』『がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン』

日米野球対決。

06071901.gif


何かにつけてアンチアンチと唱えてきたことが災いしてか、同世代なら誰もが知ってて当たり前、国民の常識、とされるような事柄がポッカリ欠落していることがあります。「タッチ」がまさしく、それです。

なので、南が好きになるのは、タッちゃんのほうだっけ?
クルマにはねられてしまうのは、カッちゃんのほうだっけ?
クルマのタイヤが食えないのは、ガッちゃんのほうだっけ?
クピプ?ってなくらい、漫画やアニメの「タッチ」にはほとんど接したり触れたことがありません。

「タッチ」に限らずあだち充についても充分な知識があるとは言えず、せいぜい、主人公がニンマリしつつ両手でつまんで広げてるのがパンティーだとか、ふと見上げた主人公の顔に舞い降りてくるのがパンティーだとか、額の汗をぬぐおうとポケットからハンカチを出してみたらパンティーだったとか、とっさに浮かぶのはその程度です。
いやはやなんともお恥ずかしい次第で、書きながら冷や汗が出てきます。その冷や汗をぬぐったハンカチを、広げてみたらパンティーでした。
なんて光景を、もしあなたが最近どこかで目にしたはずだと思ったら、それは柳の下のドジョウ企画『ラフ』の予告篇です。

なので、漫画やアニメの名場面が実写版『タッチ』に反映されてるのかどうかもさっぱりわかりません。アニメでは別々の声優で見分け(聞き分け?)もついたであろうタッちゃんとカッちゃんが、実写版では(『殺し屋1』の松尾スズキのように一人二役ではなく)あろうことか本当の双子が演じてるのでそれまでの状況といま交わされている会話を頭の中で反芻しないと違いがわかりませんでした。
だから、カッちゃんがお亡くなりになったところで、登場人物たちの感情とは逆に、ホッとしちゃってごめんなさい。

それにしても、長澤まさみちゃんです。
最近CMにも出まくりですけど、『ロボコン』と同じく、CMでは彼女の魅力の半分しか発揮されてません。
まさみちゃんは、打ち沈んだ表情があってこそ、笑顔が輝く女の子です。
それに気付かせてくれた作品である『深呼吸の必要』は、ちょいと打ち沈んだ表情が多過ぎましたけど、今作の浮き沈みの調合は絶妙でした。

そこに、パンティーが出てきたら絶品だったのに、って書きながら変な汗が出てきます。その変な汗をぬぐったハンカチを、広げてみたらまさみちゃんのパンティーでした。

ところで、調べてみたら、タッちゃんは、アニメ版でメジャーリーグに行ってるらしいですね。
でも、変化球すら投げられないようなピッチャーが、野球発祥の地で通用するとは思えません。
おそらく、あっという間に解雇されて、南ちゃんにも見放されて、飲んだくれて、リトルリーグの監督として細々と食いつないでるに違いありません。

ということで、無理やり『がんばれ!ベアーズ』につなげてみました。

いろいろと帝国主義的な様相を呈している合衆国なんですけど、映画の中のアメリカってやっぱり民主主義なんだなぁ。
『タッチ』が結局のところ個人主義に終始していたのとは逆に、個人主義から出発してチームに至る『ベアーズ』に、ついホロリとしてしまいました。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

ノータッチ

タッチばかりしていると未成年淫行条例に引っかかってしまう現在。山本圭○氏も野球少年だったことを考えると胸が痛みます。
それにしても、欽ちゃんチームの引責解散というのも残念!
ピッチャーの女の子の勇姿を一度見たかった。

  • 2006/07/20(木) 15:41:07 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

タッチでアウト

欽ちゃん球団、解散帳消しでなによりでしたね。
ただ、欽ちゃん自身は、そろそろネタも尽きたし飽きてきたしで辞めたかったのかもしれませんけど(笑)。

  • 2006/07/25(火) 10:49:19 |
  • URL |
  • にら(長澤管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

おじゃまします。
いつも読ませていただいておりますが、この御記事の「あだち充」知識は面白すぎて特に笑い転げました。
具体的にはわかんないけど、パンティの描写なんか記憶にあります。
では、また伺います。

  • 2006/08/05(土) 07:05:49 |
  • URL |
  • ピロEK #F4qIJJbY
  • [ 編集]

ピロEKさま

あだちさんに関する未熟な知識を披露してしまい、お恥ずかしい次第です。
だからって、パンティーの知識が豊富ってわけではありませんが、興味がないわけではありませんが、妻子ある身ゆえ、これ以上コメントできません。

  • 2006/08/08(火) 17:09:10 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/04/27(月) 17:01:28 |
  • URL |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

映画館「がんばれ!ベアーズ ニューシーズン」

ビリー・ボブ・ソーントンが好きなので観てきました。天才子役と当時言われていたテイタム・オニールが出ていた「がんばれ!ベアーズ」(1976年)のリメイクです。駄目親父がコーチとなって弱小少年野球チームを盛り上げていくお話。う~ん、これまたよくあるパターン...

  • 2006/07/20(木) 06:04:49 |
  • ☆ 163の映画の感想 ☆

映画館「タッチ」

人気漫画の映画化。ただ、私は漫画もアニメも見たことがありません。よくTVでやっている「懐かしのアニメ」とかで見て知っているくらいでした。人物設定など大体分かるくらい。しかも私は野球が好きじゃない。。。というか嫌い。「じゃあ、観るなよ」って思われそうで...

  • 2006/07/20(木) 06:05:13 |
  • ☆ 163の映画の感想 ☆

タッチ…ザ・たっち主演だったら評価アップ(ウソ)&スペースワールド

本日、とんでもない快晴の中{/fine_face/}{/fine_face/}{/fine_face/}、スペースワールド{/roket/}に行ってきました。年間フリーパス持ってル(もう少しで期限切れ)のに、あんまり行って無かったですからネェ。しかし、暑すぎて短時間でダウン{/face_hekomu/}水モノの乗り

  • 2006/07/30(日) 18:14:17 |
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

【邦画】タッチ

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B(演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響2/音楽3/美術3/衣装3/配役2/魅力2/テンポ2/合計27)『評論』ついに

  • 2006/08/17(木) 10:22:36 |
  • ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!

タッチ

やっぱりこんなもんだろうな..の域でした。長澤まさみ、斉藤BROSがどうとかよりもRIKIYAの原田役がピッタリだった!あのよくわかんないヘアスタイルがGoo!wタッチ スペシャル・エディションposted with amazlet on 06

  • 2006/08/28(月) 13:25:08 |
  • ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

金曜ロードショー「タッチ」

タッチはあだち充の漫画長澤まさみさん主演で映画化。原作は全部読んだような気がするけど和也が交通事故で死んでしまうことしか覚えていない・・・映画の方ですが何か違和感が・・・原作の南は新体操部じゃなかったっけ?映

  • 2006/09/02(土) 22:52:31 |
  • 勝弘ブログ

映画「タッチ」

"南を甲子園に連れていって・・"原作の浅倉南は男を手玉に取り弄ぶ"ずるい女"を感じたと言い、女の子からも好かれる女の子を演じたいと思ったという 浅倉南(長澤まさみ)と隣家の双子の兄弟上杉達也(斉藤祥太)と和也(斉藤慶太)は幼馴染、まるで三

  • 2007/02/12(月) 12:14:08 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画『がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン』

原題:Bad News Bears30年の時を経てベアーズにもニューシーズンがやってきた。笑いと感動に包まれた「スクール・オブ・ロック」に少々負けてるカンジだけど、こっちも感動的・・・ バターメイカー(ビリー・ボブ・ソーントン)は、マリナーズで3分の2イニングだけ投

  • 2007/05/13(日) 13:20:22 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/183-9d289456
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。