ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハチミツとクローバー』

四つ葉のクローバーは、葉に白いスジのないシロツメクサの群生から探すと見つけやすい。

06072801.gif



小学生時代の経験から得た法則ですが、根拠はよくわかりません。

ちなみに、ハチミツをお探しの場合は、スーパーの店員さんに尋ねると見つけやすいようです。

観て参りました、『ハチクロ』。
漫画もアニメもどちらも見たことがなく、事前に取得した情報もわずかでしたが、予想していた通り男性単独観客はほぼ皆無。さらに、金曜日のレイトショーだからでしょうか男女よりも女性同士のカップルのほうが多く、しかし、平日昼間の韓流映画とは違い、うら若き乙女ばかり。
それもある程度予想していたので、ド真ん中でふんぞりかえる勇気のない自分は、なるべくその存在を希薄にしようとやや後方の左端のシートを選択しましたが、それが間違いのもとでした。同じ列のうら若き乙女たちが飲食料を購入に行ったり、お手洗いに行ったり、ケータイに応答しようと出て行くたびに、彼女たちのために通路を確保すべく膝を縮めるハメに。そんなうら若き乙女のひとりは、ポップコーン、飲み物、トイレ、ケータイのフルコースにパンフ購入のデザートまで付けて5往復やってのけて頂き、誠にありがとうございましたとさ。


さて、いきなり質問ですが、青春とはなんだ。

これをズバリ答えられる人はいるのでしょうか。
いや、むしろ、ズバリ答えられるのは胡散臭いヤツだとしか思えません。

これが、青春とはなんだとはなんだ、ということであれば、夏木陽介主演のドラマだ、と答えてあげることもでまきす。
愛だの恋だのというのも定義付けの難しいコトバではありますが、こちらには対象となるべきモノがあります。青春にはそれがない(ちなみに、英語で「青春」に相当するコトバは、「youth」らしいのですが、それは日本語の持つ多義的なニュアンスが削がれている感じです)。

青春とはなんだ。

それが、擦り切れるぐらい繰り返し「青春時代」のレコードを聞いたって、ましてや「青春アミーゴ」のCDなんかを聞いたら余計に道に迷ってズバリ答えられっこない抽象的概念であるとしたら、これって青春っぽいんじゃない?と多くの人が賛同してくれそうな具体的行動や事象を例示するしかないわけで、今作の構造もほぼそれに即しています。
ランチに誘うだの、手を繋ぐだの、海へ行くだの、そこで叫ぶだの、キスだの、自転車で疾走して失踪だの、青春アイテム満載です。

ただ、それだけでは、あまたある青春を描いた「物語(映画に限らず、漫画も、小説も)」との差別化が図れません。
そこで、今作に持ちこまれたのは「全員片想い」という特異な状況です。

さらに、
「桜の花が好きだ。でもなんでだろう。散ってしまうとホッとする」
「人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった」
といった独白や、
「竹本くん、キミは幸せが似合わないよ」
「あゆみさんは、不幸が似合ってますね」
「言い返された・・・しかも、うまいこと言い返されたっ・・・」
といった会話にみられるように、印象的なコトバをテンコ盛りにして更なる差別化としています。

特に、印象的なのは独白です。
それらの、首筋とか、ひとさまにお見せするのがためらわれる部分とかが痒くなるような、とはいえ斎藤学さんなら「声に出して読みたい」と思うかもしれない名ゼリフっぷりもさることながら、それよりも主要な登場人物5名のうち3名だけが独白するという点です。
独白しないふたりは、独白のかわりに、絵筆やノミを持ち「作品」を作り上げます。
ま、5名を関係を内側から引っ掻き回すことになる存在が、独白であんまりズケズケ心情吐露してしまうと、振り回される3人がバカに見えてくるから、という作劇上の配慮というか、逃げなのかもしれませんが。

状況は面白そうなんですけど、映画そのものはどこが雑な印象です。
ズバリ、カメラの動かし方そのものが雑で、テレビの小さい画面でCMのように短いカットではなく、スクリーンで長めのカットなので、移動撮影のブレが気になりました。また、不必要とも思えるカット割り、桜はまだしも黒猫にCG使ったのも気になります。
気になりますけど、それは目を瞑るとしましょう。

主人公である5人の美大生役の中に、30過ぎのオッサンが2名混じってるからといって、年齢詐称だと騒ぐこともやめておきます。
主人公である5人の美大生役の中に、ジャニーズ系が混じってますけど、
『日本沈没』『ゲド戦記』というこの夏の超大作にだって主役でジャニーズ系は出てるし、むしろ、ジャニーズ系無くしては近年の邦画興行は成り立たない状況かもしれないわけですから、彼らを徹底排除せよなんて声高に触れ回ることもしません。

ただ、会話や独白で何度も何度も、耳にタコができるほど「青春」というコトバを言わせてるのだけは、どうにもガマンできません。

そういえば『タイヨウのうた』は、「青春」は一度も言わせてなかった、もしかしたら1回くらい使ってたかもしれませんが、気にはならなかったと思いつつ、クイズです。

問1:はぐみの食事に付き合ってくれ、と竹本が花本先生に呼び出された喫茶店の名は?
 A.風待ち通り
 B.カロリー

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:はじめてふたりで行った「風待ち通り」で名物のオムライスを食べるはぐみに向かって、「嵐」の櫻井翔演ずる竹本が滔々と語っていたのは?
 A.松本城の賛辞
 B.松本潤の悪口

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

青春

この言葉をそのまま使うというのが胡散臭いわけですね。
にら様は「命を大切にしない奴なんて大嫌いだ」というストレートな台詞を喋らせる映画はご覧になるのでしょうか、とても気になってきました。

  • 2006/08/01(火) 18:06:01 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

kossyさま

いつもありがとうございます。

作者が「青春っていいね」と思って作品を手がけるのはかまわないんですけど、それを登場人物に語らせるのはどうかと思って。
それに、彼らが「青春」と口にするとき、どことなく自己陶酔的な匂いがあったもので、つい辛口に(笑)。

  • 2006/08/03(木) 16:21:27 |
  • URL |
  • にら(青春管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

TBありがとうございました

こんにちは♪
原作ではト書き(?)として書かれていることをセリフで聞いちゃうと、なにやら気恥ずかしかったです。
「これもまた青春」なんて自分で言うなーって思いました。
実は昨日娘と2度目の鑑賞と相成ったわけですが、長く感じました。
若い娘さんの観客が多かったですが、とてもマナーが悪くてビックリです。
若い子も韓流おばちゃんもおじちゃんもマナーが悪い人って一定の確率でいそうですね。

  • 2006/08/04(金) 00:07:38 |
  • URL |
  • ミチ #0eCMEFRs
  • [ 編集]

ミチさま

本文ではマナー番長ぶってあんなこと書いてますが、横切るたびに「すみません」「いいえ」って見知らぬ乙女とコトバを交わせてちょっと嬉しかったりしました(笑)。

いろいろ調べたら、原作の名台詞ダイジェスト的な内容みたいですね。
そう考えると、各エピソードが有機的につながってないようですし、原作をお読みの方がリピートするとダラダラと感じるのかもしれません。

  • 2006/08/04(金) 00:29:06 |
  • URL |
  • にら(番長管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

TBありがとうございます
この絵はなかなかシュールでいいですねえ。才能を感じます。美大生がはぐチャンの絵を見て、一目で自分とは違う種類の人間だと認めるほどに。ではありませんが。

それと、あの作品の中の絵も私は認めません。

  • 2006/08/04(金) 00:58:17 |
  • URL |
  • KUMA0504 #HZmas8TI
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/08/04(金) 08:50:41 |
  • URL |
  • #
  • [ 編集]

KUMA0504さま

いやぁ、手厳しい。

あのオブジェに「穴のあきすぎた木」って名づける森田センパイのセンスも凡庸だし、オブジェもその題も両方見せちゃう映画も平凡でしたね。

と、負けずに手厳しく(笑)。

  • 2006/08/04(金) 10:53:41 |
  • URL |
  • にら(穴のあいた管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントどうもでした。

ベタベタに青春アイテム満載がいいですね。
カメラワークの不自然さは、映画初監督だからなのでしょうか。私はぶつぶつ途切れ感が気になってました。
でもよかった。

  • 2006/08/04(金) 19:12:34 |
  • URL |
  • pretty_kitten #-
  • [ 編集]

TBありがとうございます。

コメントありがとうございます。
駒吉の観た回は日曜夜だったせいか、
女子同士、カップル、そして男子同士も・・・ピンの人もいましたが居心地悪そうでしたね~

ところで原作の森田さん、留年や転部を繰り返し、イイ年でした。
でもあんな作品は作っとりません。
もっと怪しいのばかりです~
コミックスを書店で買うのは勇気がいるとおもいますので密林さんでオトナ買いをおすすめしますです。はい。

  • 2006/08/07(月) 14:33:44 |
  • URL |
  • 駒吉 #yrTdUdco
  • [ 編集]

pretty_kittenさま

ブツブツ感ですか。各挿話にオチがないまま暗転すると別の人のお話に切り替わってたせいでしょうかね。
実はいまだによくわからないのが、あの黒猫のボワボワ感です。

  • 2006/08/08(火) 16:20:37 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

駒吉さま

肉体的には一部地域を除きオトナですが、精神的経済的にはとてもオトナといえない身ゆえ、アマゾンでオトナ買いのほうが困難です。ピラニアどもに食いモノにされてしまいます。
無理してオトナのフリせずに、とりあえず青春買いにしておきます。
青春買いです、買春じゃありません。

  • 2006/08/08(火) 16:21:26 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

セイシュンだー

遅くなりましたが TBありがとうございました!
心は少女(それってヤバイかも)な私は
原作漫画で涙しておりますが、
もっともっと切なくて青臭い台詞がてんこ盛りですのよ。
それがまた良いのですが。

  • 2006/08/13(日) 02:14:46 |
  • URL |
  • kino #-
  • [ 編集]

たまにはこういう青春を前面に押し出したものも良くないですか。
もう戻れないのですから…。
何だかくすぐったい感じが結構心地良かったりします。

  • 2006/08/22(火) 00:06:48 |
  • URL |
  • しましま #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ハチミツとクローバー

『頭文字D』の主役の車はハチロクだが、この映画の略はハチクロ。『NANA』のハチは宮崎あおいだが、この映画のはぐみは蒼井優だ。と、ろくでもない書き出しになってすみません。

  • 2006/08/01(火) 18:06:54 |
  • ネタバレ映画館

『ハチミツとクローバー』

人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。  ■監督 高田雅博■脚本 河原雅彦・高田雅博■原作 羽海野チカ■キャスト 櫻井 翔、蒼井 優、伊勢谷友介、加瀬亮、関 めぐみ、西田尚美□オフィシャルサイト  『ハチミツとクローバー』 ある日のこと、竹本(櫻

  • 2006/08/03(木) 23:13:34 |
  • 京の昼寝~♪

映画「ハチミツとクローバー」

映画館にて「ハチミツとクローバー」羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。原作が大好き。「ハチクロ」といえば、胸キュン、片思いの切なさがキーワード。映画化でどこまであの空気感を出せうるだろう。登場人物の誰もが片思い。いまどきの大学生とは思

  • 2006/08/04(金) 00:00:34 |
  • ミチの雑記帳

「ハチミツとクローバー」すれ違う切ない気持ちを思い出す

「ハチミツとクローバー」★★★☆櫻井翔 、蒼井優 、伊勢谷友介 、加瀬亮 、関めぐみ主演高田雅博 監督、2006年原作は読んだことはない。この映画を見ようと思ったのはズバリ、蒼井優だ。宮崎あおいほど、まだはっきりとした存在感を映画で示していないが...

  • 2006/08/04(金) 00:10:24 |
  • soramove

ハチミツとクローバー「天才変人5人による恋愛模様も問題ありの数々・・・」

「ハチミツとクローバー」は人気漫画「ハチミツとクローバー」の実写版でとある美大に通う変わり者5人の美大生による恋愛群想起である。話題のある映画だったが、シーンの数々で首を捻るシーンもあり、恋愛模様も変わり者たちによるものでかなりの理解度を求められる作品で

  • 2006/08/04(金) 00:26:50 |
  • オールマイティにコメンテート

ハチミツとクローバー

大人気らしい羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ファンタジーって感じでしょうか!!全員が片思いというピュアな作品です。美大の建築科の竹本(櫻井翔)は、真山(加瀬亮)や陶芸科の山田(関めぐみ)達と花本先生(堺雅人)の研究室を中心にして楽しく学生生活を送

  • 2006/08/04(金) 00:43:02 |
  • ルナのシネマ缶

あ~片想い「ハチミツとクローバー」

恋はくるくる巡る ! 全員片想い !! 「月刊コーラス」連載中の羽海野チカの「ハ

  • 2006/08/04(金) 00:43:51 |
  • 映画雑記・COLOR of CINEMA

「ハチミツとクローバー」群像劇として説得力なし

片想い映画というのは、全世界で年何本も作られる。三角関係になったりなんかすると、仏映画「冒険者たち」「歓楽通り」のようにたいていは悲劇で終わるだろう。監督:高田雅博出演:櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみこの映画はそんな片想い映画にはならなか..

  • 2006/08/04(金) 01:00:15 |
  • 再出発日記

ハチミツとクローバー

公開をずぅっと待っていた映画『ハチミツとクローバー』を観て来ました。 空とか海と

  • 2006/08/04(金) 08:47:22 |
  • haljion_blog

ハチミツとクローバー

出演:櫻井翔   伊勢谷友介   蒼井優    加瀬亮    関めぐみ 監督:高田雅博男女5人の美大生の恋愛ストーリー。「ハチミツとクローバー」あうー。何度心臓がきゅぅ~~んとしたことか。タイムリーな世代にもちろんウケるだろうけど、真のターゲットは、もうその

  • 2006/08/04(金) 13:12:01 |
  • えいがの感想文

連ドラにした方が映える物語。『ハチミツとクローバー』

人気コミックを実写版として映画化した作品。美大生たちの恋愛を描いています。

  • 2006/08/04(金) 13:36:35 |
  • 水曜日のシネマ日記

芸大生が原作読まずに観た「ハチミツとクローバー」(+ちょっとゲド戦記(笑))

 まさに期待を裏切られた、良い意味で。邦画の良さを、芸大の良さを、恋の良さを、ストレートに感じた瞬間だった。ハチミツとクローバー、原作の漫画ファンでもないし、公開場所も時間も少ない(近畿は梅田ブルグへ急げ)が、是非お勧めしたい一作である。邦画の良さ 

  • 2006/08/04(金) 18:26:36 |
  • 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 

映画・ハチミツとクローバー

今日は、父と一緒に映画を見に行ってきます☆父は毎週土曜日に映画を見に行っています。いつもは一人で…。先週は「日本沈没」を見に行きました。そして、あらすじを私に話す!!「みなみ、日本は沈没しかけたが、最後まで残ったのは○○○だった。」話さないでくれ~~~!

  • 2006/08/04(金) 22:36:50 |
  • halftime ハーフタイム

「ハチミツとクローバー」

「ハチミツとクローバー」美術大学を舞台に、5人の若者が繰り広げる全員片想い青春純愛ラブストーリー。羽海野チカの同名コミックは未読であるが、この映画の世界観はすごく好きです。コミックを知らない人、コミック、アニメと別物として見れる人にはオススメした

  • 2006/08/05(土) 09:38:20 |
  • わたしの見た(モノ)

『ハチミツとクローバー』

青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]    06/07/22公開   (公式サイト)切なさ[:失恋:][:失恋:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]【監督】高田雅博【脚本】河原雅彦/高田雅博【原作】羽海野チカ【主題歌

  • 2006/08/06(日) 00:10:11 |
  • アンディの日記 シネマ版

ハチミツとクローバー(映画館)

恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしいCAST:櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ 他■日本産 116分昨年「NANA」がヒットしたため?なのか知らないけど、今年も少女漫画の実写化の映画が多いな~。そういえば、「NA

  • 2006/08/06(日) 13:15:33 |
  • ひるめし。

ハチミツとクローバー

【鑑賞】試写会【公開日】2006年7月22日【製作年/製作国】2006/日本【監督】高田雅博【出演】桜井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ【原作】羽海野チカ「ハチミツとクローバー」浜美大に通う、竹本、はぐ、森田、真山、あゆの5人。ある日、純情な...

  • 2006/08/07(月) 09:06:39 |
  • 映画日記

映画:ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー@シネマライズ「人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった」全員片思い。好きな人に何ができるかを必死で考えて、笑ってくれたり一緒にゴハンしたら一日にやにやしてしまう、キラキラなストーリーでした。何かをしてくれたから、好きになってくれた

  • 2006/08/07(月) 14:37:32 |
  • 駒吉の日記

「ハチミツとクローバー」 甘くて苦くて酸っぱくて

しつこく話題にし続けていた 映画、「ハチミツとクローバー」(2006年 日本)本日封切り!あ、↑のクローバーハチミツは、Afternoon Teaで購入したものです。小説や漫画が映画化される時、原作と映画はベツモノと心に言い聞かせるのだけど原作が大好きな場合、いつもつい

  • 2006/08/13(日) 02:12:13 |
  • 目の中のリンゴ

『ハチミツとクローバー』・試写会

今日は某雑誌で当選した 『ハチミツとクローバー』の試写会に行ってきた。 (映画「ハチミツとクローバ

  • 2006/08/15(火) 16:12:23 |
  • しましまシネマライフ!

ハチミツとクローバー

 やはり蒼井優はうまい女優さんだと、いまさらながらに再認識した作品。  でも感想としてはそれくらい……。  『NANA』にしてもそうですが、

  • 2006/08/29(火) 06:10:27 |
  • シネクリシェ

ハチミツとクローバー

ラブ・ストーリーというより青春映画といった感じだが、どうしても櫻井翼をフィーチャーしたアイドル映画の粋を越えていないような気がする。とはいうものの、「美術」と「青春」を上手くミックスして片思いの切なさをきれいに表現している。簡単にあきらめて次狙うと言う..

  • 2006/11/25(土) 00:06:14 |
  • 八ちゃんの日常空間

映画『ハチミツとクローバー』

人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった、まいっちゃうな・・たまたま並んでいたスピッツの『ハチミツ』とスガシカオの『クローバー』、その2枚のアルバム・・・ 竹本祐太(櫻井翔)は花本はぐみ(蒼井優)に一目惚れ、森田忍(伊勢谷友介)もまた、はぐみに興味を

  • 2007/08/22(水) 01:11:36 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/186-3ad1c8c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。