ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SHINOBI」

「お金儲けって、そんなに悪いことですか?」

06080601.gif


またしても、村上ファンド関連ネタで幕を開けてすみません。
製作発表時に映画としては日本初の個人向けファンドと騒がれ、公開後は元本割れの相を呈しているとのウワサの今作を、やっとDVDで拝見させて頂きました。

元ネタは山田風太郎先生の痛快無比の『甲賀忍法帖』です。
エロ、グロ、ナンセンスきわまりない描写満載でありながら、可憐であり健康的であり、感動的だったりする摩訶不思議、まこと忍法のような風太郎先生の諸作品は、読みつつその場面場面が脳裏に浮かぶ面白さですが、それを忠実に映像化したところで必ずしも面白くなるわけではありません。
映画がつねに小説より劣るという意味ではありません。
風太郎先生に限らず、その面白さは文章としての面白さを狙って組み立てられていて、つまり映画とは表現方法の異なる媒体だというだけで、差異はあっても優劣はありません。
例えば、美味しそうに撮られた冷やし中華の写真を見て評価する言葉と、被写体である冷やし中華を食べたとき感じる美味しさを評価する言葉は別物です。
ですから、細部を比較したりあれが欠けているこれが余分などと優劣をつけるような行為はまったくのナンセンスでしかないと思っています。

と、冷やし中華まで持ち出して滔々と文字を費やしたことが無駄に思えるくらい、今作は面白くありません。

チャン・ツイィーが出演した『HERO』や『LOVERS』といった華流剣戟の和製版を狙ったと思われる、海外ヒット映画の便乗はよくあることですから、その企画そのものを非難しようとは思いません。
日本のCGもワイヤーアクションも、決して引けをとらない水準になってきてますし。
監督の下山天だって、キレイな画を撮るのはそんなにヘタでもないし。

なのに面白くありません。

「プロポーズ大作戦」のフィーリングカップルのように5対5で集められた甲賀、伊賀の精鋭忍者たちですが、その大半があっという間にお亡くなりになられます。椎名桔平も黒谷友香も壮絶とは程遠いあっけない幕切れだし、沢尻エリカに至っては、活躍したのかしてないのかよくわからないうちにサクサク退場。

まぁ、脇の連中だから、それも許すとしましょう。

それじゃ主役のおふたり、オダギリ・ジョーと仲間由紀恵はどうかといいますと、確かにお美しいかんばせであらせられます。
でも、ちっともアクションしないんだよなぁ。
原作がそういう設定だからということもあるんですけど、特に仲間さん、しめっぽいばかりでちっとも動きません。
最近、どこか底意地の悪そうなところが似てきたとはいえ、チャン・ツイィーはそれなりに動き回ってなんとか誤魔化してますけど、動けないんじゃただ底意地が悪いだけの女です。

ところで、今作のファンドに投資した1300人ってどんな人たちなんでしょうね?


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

イラストは??

カエル天膳のイラストきぼん。

  • 2006/08/11(金) 02:28:51 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #-
  • [ 編集]

猫姫さま

『ゲド』のクモに似てる気がするのは、目の錯覚です。

  • 2006/08/26(土) 01:24:43 |
  • URL |
  • にら(忍者管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメント、TBありがとうございます。

この映画、ちょっと話の流れが急ぎすぎた感もありました。
そこで、細かい描写がなくなっていったのかもしれませんね。
全体的には、楽しめる映画でした。

  • 2006/09/02(土) 04:28:53 |
  • URL |
  • 出田(nao) #-
  • [ 編集]

出田(nao)さま

自分としては、いくつか面白いところはあったんですけど、トータルとしては残念だった、と。

  • 2006/09/13(水) 09:13:53 |
  • URL |
  • にら(忍法管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

SHINOBI 06年34本目

SHINOBI日本映画、やればできるじゃん。 邦画の未来は、明るい!!VFX &ワイヤーアクション、良かったです!ま、仲間由紀恵 とオダギリジョー はおいといて、薬師寺天膳 !椎名桔平 、こんなカッコイイの、始めてみました!もう、完璧に、マンガ!いい....

  • 2006/08/11(金) 02:25:18 |
  • 猫姫じゃ

映画「SHINOBI」

忍  -Heart Under Blade- 山田風太朗原作「甲賀忍法帖」の映画化作品。仲間由紀恵とオダギリジョーが主演する。時代は徳川家康、太平の世。伊賀・鍔隠れ(つばがくれ)と甲賀・卍谷(まんじだに)の両里で暮らす朧(おぼろ)と弦之介の禁断の恋の物語。・・・想像以上によか

  • 2006/08/13(日) 00:52:11 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

忍 SHINOBI -HEART UNDER BLADE-

5対5の忍者バトルというバカラシイ設定が好きだ。個々の忍者も個性的。伊賀側・赤塚不二男の漫画でみた覚えのある、明らかに袖の長さを間違った服を着たやつ・客寄せのための可愛く献身的な女の子・いかにも噛ませ犬な馬鹿力ゴリラ系・怪奇ミミズ男。反則の不死身忍者・そし

  • 2006/08/13(日) 09:25:13 |
  • 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ

映画『SHINOBI』(下山天監督)★★

>映画『SHINOBI』(下山天監督)★★ 忍者なのかΣ( ̄□ ̄;)これは、忍者なのかΣ( ̄□ ̄;)超能力バトルではなく、忍術バトルなのかΣ( ̄□ ̄;)展開的には、昔からある一人ずつお亡くなりになっていくパターンです。最後は、仲間

  • 2006/09/01(金) 07:32:45 |
  • AI-z「出田直正(nao)の一日。」
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/189-9eebaced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。