ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空中庭園」

21世紀版「昼下がりの団地妻」


引き出しにテディベアを隠す鈴木杏ちゃんが怖い。

入院してるのにピンピンしてる大楠道代が怖い。

テーブルの下から伸びてくるソニンの脚が怖い。

いつもニコニコしてる小泉今日子が一番怖い。


小泉がやっと気付いた砦であるマンションやバス、町並みという穏やかな日常に属する矩形と、それを侵食するかのように現れるさまざまな円形のせめぎ合いを追うのも楽しい作品でした。
例えば、観覧車であり、誕生日を祝うケーキであり、それの乗せられたテーブルであり、ホテル野猿のサイケな壁の模様であり、回転ベッドであり、そしてカメラワークそのものも円を描くような不思議な動きでした。

それにしても、杏ちゃん、『頭文字D』といい今作といい、いったいいつのまに男を挑発したり誘惑するような娘になっちまったんでしょう。
「女の子」だった杏ちゃんも、やがて山崎貴監督には使いこなせない「女」になっていくのでしょうか。
とはいうものの、クラスの級長さんがちょっと背伸びしてました、って感じがまだまだ強いんですけど。

ところで、今作には血の雨が降ります。
慣用表現ではなく、文字通り「血の雨」です。
そういえば、豊田監督のデビュー作『ポルノスター』にはナイフの雨が降りました。
異常気象はこんなところにまで影響を及ぼしているんですね。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

空中庭園(映画館)

あなたたちがいて、よかったCAST:小泉今日子/板尾創路/鈴木杏/広田雅裕/大楠道代/ソニン/永作博美/國村隼/瑛太/勝地涼 他■日本産 114分「家族の間では秘密をつくらない」がルールの京橋家のお話。でもみんな本当は秘密を隠し持って「学芸会」の家庭を演じている

  • 2006/08/31(木) 20:23:57 |
  • ひるめし。

空中庭園

{amazon} 角田光代原作・豊田利晃監督、映画『空中庭園』主人公絵里子(小泉今日子)は家族には隠し事をしない、秘密を持たないというルールをあくまで貫徹させようとする。だが、夫、貴史も姉マナも弟コウも秘密を全て話している仲の良い家族ごっこ

  • 2007/11/05(月) 16:24:46 |
  • 悩み事解決コラム
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/194-9dd53e8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。