ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アキハバラ@DEEP』

「『池袋ウエストゲートパーク』で若者の心を完全に捉え、第129回直木賞受賞作『4TEEN』で流行作家に留まらない地位を築いた人気作家」(東映HPより)ということになってるらしい石田衣良の小説が原作。

06090201.gif



もはや若者ではないからかどうかわかりませんがいずれにせよその原作を読んでないので、その原作がどこまで脚色されているかわかりませんが、あらすじまで変更されてはいないでしょう。
なので、デジタル頭脳戦かと思いきやアナログ肉弾戦、という『ファイヤー・ウォール』に対して見うけられたのと同様の非難を、原作者にならともかくこの映画に浴びせるのはお門違いってもんです。

むしろ映画は、「若者から絶大な人気を誇る作家」(東映HPより)による原作が持つアナログさを強調するかのような作りになってます。
なにしろ秋葉原が主な舞台のはずなのに、クライマックスの決断をするきっかけになる場所は巣鴨商店街だし、そこで見付けるアイテムは藤圭子だし、ある出演者の実の母が主演する『緋牡丹博徒』だし、あるいは、別の場面で言及される「忠臣蔵」だし(そこでは、佐々木クラノスケに「大石クラノスケかよ」ってセリフを言わせてました)。

そういう小ネタは散りばめられているものの、なんともダラダラした展開が残念。
ドラマツルギー(って言葉はあまり好きではないんですけど)の観点からすると、絶望のどん底にいた登場人物を巣鴨のシーンで感情的頂点に到達させてクライマックスに至るかと思いきや、さらなるどん底に突き落とすのはいいとして、その畳み込み方が徹底していないし、なにより2度目のどん底から再び這い上がるところに感情的頂点と時間的制約を示す描写が欠けています。


だからといって、ガッカリしたわけではありません。
ま、明朗快活健全青春路線の東宝らしさ溢れる『ラフ』を横に置くと、暴力的で病的でしかもシネマスコープで良きにせよ悪しきにせよ東映らしい作品でした。
ガッカリしなかったというより、そもそも山田優ちゃんが最大の目的で、それ以外はどうでもいいやくらいにしか思ってなかったので。

山田優ちゃん、惚れ直しました。
そのスラリとした肢体はもちろんお見事ですが、まさかここまでキビキビと動けるとは思いもよりませんでした(お正月の「里見八犬伝」を見逃したことが悔やまれます)。
パンチが強そうに見えないのは撮ってるヤツが悪いってことで、2段蹴りはそこそこスピード感があるし。
山田優ちゃんに比べたら、やっぱり『日本沈没』のハイパーレスキュー隊員がウソっぽく見えちゃいます。

とはいえ、その顔立ちのバタ臭さからか、巷では、同じく雑誌CanCamの専属モデルを務める蛯原友里のほうが人気があるようです。個人的には、どのテレビCMでも同じような表情ばかりだし、テレビCMなのに静止画みたいな表情だし、しかも「笑っていいとも!」の1コーナー「彼氏が彼女に着替えたら」に登場する化粧した彼氏のパネル写真みたいだし、エビだかタコだかよくわかりませんが、そんな輩をチヤホヤする巷がよくわかりません。

そんなエビだかタコだかユーリ海老原アルバチャコフだかよくわからない女性のことはさておき、山田優ちゃんからの延髄へのハイキックも顔面へのニーキックも受ける覚悟があるのでシルバーのホットパンツ姿でマウントポジションをとられたいとかもさておき、そんな優ちゃんに挿入
歌唄わせたり、しかもそれに原作者が歌詞つけたり、明らかに優ちゃん本人ではない吹替えとわかるスタントのためのスタントにしか見えないバイクスタントを入れたり、お笑い芸人をワンカットだけ出演させたり、そういうのはいいかげん止めにしてもらいたいもんです。
特に、博多華丸さんなんてここ最近のテレビに毎日のように出てるわけですから、そんな人のワンカットをお金を払って見ることになんら付加価値はないと思うんですけど。

ところで、チケット売り場で並んでいたら、「このアキハバラ何とかって、どんな映画なの?」って言ってた若者たちの声がそこかしこから聞こえましたけど、そんな「若者から絶大な人気を誇る作家」ご本人、あるいは中原昌也さんにお聞かせしたかったと思いつつ、クイズです。

問1:今作を見ながらふと、今はなき新宿東映パラスの急な傾斜を持つ座席にしがみつくように見た、アキハバラを舞台にストリートファイトが繰り広げられる『ザ・ディフェンダー』を思い出しましたが、その同時上映作品は?
 A.『流れ板七人』
 B.『turth』

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:今作でアクション監督を務めたのは?
 A.坂口拓
 B.ドニー・イェン

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

TBありがとうございました。
ワタシも山田優ちゃんカッコイイと思いました。里見八犬伝は見ましたヨ。
だいぶ演技上手くなってました。

  • 2006/09/08(金) 00:43:41 |
  • URL |
  • サラ #-
  • [ 編集]

サラさま

チラ見はしたんですよ、「里見八犬伝」。
でも、お屠蘇に酔ってたし、子供の寝かしつけの時間だし、結局ちゃんと見られずじまい。

悔い改めてCMの優ちゃんを食い入るように見ることにします。

  • 2006/09/13(水) 11:19:33 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

アキハバラ@DEEP/物語の世界54

本日、映画鑑賞のポイントが60点たまり、映画鑑賞+ポップコーンの優待券で、【アキハバラ@DEEP】を観てきました。(C)2006「アキハバラ@DEEP」パートナーズストーリーはこんな感じ。解説:秋葉原に集う若者たちが、理不尽な世の中に立ち向かっていく青春ムービー。それ...

  • 2006/09/07(木) 15:48:56 |
  • 新世紀の生き方、物語の世界

映画「アキハバラ@DEEP」で萌え気分を感じてみる?

成宮寛貴・山田優主演「アキハバラ@DEEP」を観てきました。「オタク映画?」「萌え映画?」と少し馬鹿にしていたのですが~痛快娯楽作品に仕上がってました。”オタク””萌え””アキハバラ”系の事が更によく理解できました。(bobbyshiroも少しその気がある。)「メ

  • 2006/09/07(木) 17:06:32 |
  • bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ

アキハバラ@DEEP/成宮寛貴、忍成修吾、 山田優

石田衣良さんの作品は原作は読んだことないんだけど映像化された「IWGP」「4TEEN」は好きなんですよ。あとはTVに出演してる石田衣良さんご本人も好きで、少年事件についてなかなかいいコメントしてたりするんですよね。NHKでは子育てに関する番組にも出てましたよね。そんな

  • 2006/09/07(木) 17:19:53 |
  • カノンな日々

【映画】アキハバラ@DEEP

今月は運良く水曜に休みが取れたので見に行ってきました。良々出てるし←これが見に行くと決め手になった人。いやぁ~笑えるオタク。あんなオタ話なのに寺島しのぶがセクスィーでした。ちゃんとオタコスして。観るべき所は寺島しのぶ@フジ子ッ!にしても所々、オタでないと

  • 2006/09/07(木) 19:04:31 |
  • 極楽鸚哥堂

【劇場鑑賞92】アキハバラ@DEEP

無限の可能性と未来を信じて僕たちは最強となる!

  • 2006/09/07(木) 19:46:47 |
  • ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

アキハバラ@DEEP

gooが応援サイトまで立ち上げてバックアップしているわりに、gooブログがサポートしていないブログパーツを推奨している『アキハバラ@DEEP』他の映画を観た後、ほんのついでのつもりで観てきました。★★★★なにコレ!面白い!帰ってから調べて知ったのですが、石田衣

  • 2006/09/07(木) 20:23:47 |
  • そーれりぽーと

アキハバラ@DEEP

検索エンジン“クルーク”だなんて、やっぱり今年はアナグラムの当たり年だ。

  • 2006/09/07(木) 20:29:10 |
  • ネタバレ映画館

「アキハバラ@DEEP」

「アキハバラ@DEEP」石田衣良の原作が好きで、映像化を望んでいたので、ドラマに続いて、映画化を楽しみにしいた。娯楽映画としては、キャラクターを誇張して、“クルーク”の奪還劇をメインにするのは同然。2時間に収めるために削らなければならない箇所、設定変

  • 2006/09/07(木) 22:05:17 |
  • わたしの見た(モノ)

「アキハバラ@DEEP」悪の金満企業と戦った勇敢な5人のオタクたち

「アキハバラ@DEEP」は秋葉原を舞台にして5人のオタクがネットの世界で世界に通用するプログラムを作って世間を驚かせるが、悪の金満IT企業にプログラムを奪われ、奪われたプログラムを取り戻すネット版忠臣蔵的ストーリーである。年配の人やアキバに抵抗のある人には

  • 2006/09/07(木) 22:22:29 |
  • オールマイティにコメンテート

アキハバラ@DEEP☆独り言

ちょっとだけ興味はあったのよね、予告観ててオタクが5人集まって、検索サイトを作っちゃうって話としか把握はしてなかったんだけどね^^;なぜか、戦闘体制でプロテクターとヘルメットでポーズ決めちゃってるし結構、わくわくしちゃうお話なのかなぁ?っと何...

  • 2006/09/08(金) 00:07:00 |
  • 黒猫のうたた寝

アキハバラ@DEEP

石田衣良原作の初の映画化。題材は面白かったと思う。アキバワールドもよく描かれてた。でもストーリーはちょっと幼稚だったかな?ワタシ的には物足りない内容でした。感動もなかったし、ただ視覚的に楽しめた映画かな。暴力的なシーンは嫌でしたし、鉄バットは...

  • 2006/09/08(金) 00:38:47 |
  • 愛猫レオンと年間170本映画生活日記

今でこそ、楽しめる映画。『アキハバラ@DEEP』

インターネットの、あるサイトを通じて知り合った、5人の物語です。

  • 2006/09/08(金) 22:14:15 |
  • 水曜日のシネマ日記

『アキハバラ@DEEP』

笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]     2006/09/02公開  (公式サイト) (公式ブログ)青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]暴力度[:パンチ:][:パンチ:][:パンチ:]満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】源孝志 【脚本】源孝志/成田はじめ 【原作】石田

  • 2006/09/11(月) 22:49:22 |
  • アンディの日記 シネマ版

アキハバラ@DEEP

アキハバラ@DEEP公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆

  • 2006/09/12(火) 10:26:06 |
  • シネマ de ぽん!

アキハバラ@DEEP

登場人物たちに感情移入して楽しめるが,あと一歩の深みに欠けて,物足りなさが残る。

  • 2006/09/12(火) 11:58:39 |
  • Akira's VOICE

【劇場映画】 アキハバラ@DEEP

≪ストーリー≫カリスマサイトの主宰者・ユイの引き合わせで出会ったページたち5人は、ウェブ制作会社「アキハバラ@DEEP」を立ち上げた。巨大IT企業「デジタル・キャピタル社」の社長・中込と知り合ったことで、事業は順調に滑り出す。そして彼らは個々の技術と知識を結集

  • 2006/09/13(水) 21:48:59 |
  • ナマケモノの穴

「アキハバラ@DEEP」試写会にて

先日ファボーレ東宝で行われた『アキハバラ@DEEP(あっと・でぃーぷ)』の試写会に行ってきました。

  • 2006/09/16(土) 09:20:44 |
  • xina-shinのぷちシネマレビュー?

アキハバラ@DEEP

 若い男女5人の物語ということから『ハチミツとクローバー』のようなシチュエーションを想像していましたが、こちらは恋愛とは無縁な男女5人組。

  • 2006/10/01(日) 07:03:45 |
  • シネクリシェ

アキハバラ@DEEP

ツマンね。それ以上の言葉か見付からないよ・・・。妄想感想いきます。

  • 2006/10/08(日) 07:24:42 |
  • オイラの妄想感想日記

アキハバラ@DEEP&働きマン

働きマンは教師が痴漢で取材するも無実の様な気がするも確証が無く 自分の夢である仕事の面接チャンスも悩むも転職する事を選択したが 痴漢の被害者が示談金目的と分かり面接を辞め教師の潔白を証明し 彼は福岡に行って今回で最終回だったが周りの良さも出て満足だし ...

  • 2007/12/21(金) 21:08:47 |
  • 別館ヒガシ日記
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/196-9190d910
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。