ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』

いつかきっと役に立つ、ニセモノの見分け方。

・目つきが悪い
・つま先が尖っている
・印籠を持ってない

06091601.gif


試写会というとほとんどが平日の夕方に県庁所在地にある施設で行われるので、県庁所在地から遠く離れた地域に住み働く身としては、サボりでもしない限り間に合わないので、応募することさえありませんでした。
ところが、今作は子供向けということもあり日曜日に試写会が催されるとのことでした。
日曜であれば時間を気にしなくていいのですが、会場がある県庁所在地までの電車賃を計算したら、前売券を利用して近所の映画館で見たほうが安くつくことが判明しました。地方のさらに地方に住む下流に属する身としては、人より先に見る特権意識とそのために被る金銭的負担を天秤に掛けるまでもなく応募を断念しました。

というわけで、ウチの「みにら」とともに、公開初日に近所の映画館へと馳せ参じたわけです。

連綿と続いていたことはなんとなく知っていたものの、長い間、実際に目にすることのなかったウルトラシリーズでしたが、「みにら」がそうした特撮番組に関心を持ち始める年齢になってきたことにより、久しぶりに見たのが「ウルトラマンマックス」でした。その流れで、現在放送中の「メビウス」もほぼ全話見ています。
しかし、今作の劇場版は、そうしたテレビ版を見ている人たちだけでなく、見ていない人にも判りやすい作りになっていました。

テレビ版でおなじみの「GUYS」クルーの面々はほとんど登場せず、活躍もさせていません。出てくるのはテレビ版の主人公と、子供に連れられて見に来た父親が子供のころ見ていたであろうウルトラマンたちや彼らと戦った宇宙人たちです。
確かに、母親の場合、かつてのウルトラマンを全く知らない可能性もあります。もしかしたらウルトラマンと無縁に育った父親もいるかもしれません。そんな人たちにとっては不親切かもしれませんが、『スーパーマン リターンズ』だってある程度の予備知識は必要としていましたし、少なくとも登場人物はおろかストーリーまで前作から繋がる『X-メン3』や『ハリー・ポッター』の不親切ぶりに比べたら、はるかに親切です。
ま、過去の映画を見てても原作を読んでないと理解できないシリーズに成り下がりつつあるハリー・ポッターは論外なんですが。

むしろ、テレビ版を見ている人には不親切かもしれません。
なにしろ映画公開日の夕方に放送されたテレビ版は、映画版を見たことが前提となったストーリー展開がなされていたからです。

「人間ドラマ」よりも「ウルトラマンドラマ」に比重が置かれている脚本、と書くと「心理描写」だのに口うるさい方が「所詮お子様向け」と顔をしかめるかもしれませんが、そんな方に「人間ドラマ」よりも「ミュータントドラマ」に、「人間ドラマ」よりも「宇宙超人ドラマ」比重が置かれていたハリウッド映画と同じだ、と書いてもどうせ納得してくれないでしょうけど。
「我々は神ではない。どんなに頑張ろうと、救えない命もあれば、届かない思いもある」
七面六腑で世界中を駆けずり回って時間を遡行させて死者を甦らせたある超人に聞かせてやりたいこんなセリフまで飛び出すわけですから、ウルトラシリーズ、というより邦画は侮れません。

と、褒めてはみたものの、不満がないわけではありません。

着ぐるみによる戦いのシーンはテレビ版とさほど変わらないし、空中戦を主体とするCGを駆使した戦いのシーンはスピード感がありすぎるしカメラワークも縦横無尽すぎて何が起きているのかにわかに判断しづらく、むしろ細部をごまかすために動きを速くしているんじゃないかという気にすらさせられてしまいます。映画の前半で、神戸空港にガンフェニックスという戦闘機が着陸するCG合成シーンが見事だっただけに残念です。

また、後半では危機的状況に何度か陥るのですが、その都度ウルトラマンを特徴付ける「3分間」という設定が覆されてしまうので、絶体絶命の緊張感がクライマックスになるほど薄れてしまいます。

とはいえ、あまり絶望のどん底に突き落とす物語だと、今作のメインターゲットであるお子様たちが泣き出したりおしっこ漏らしたりしてもいけないので、このくらいでいいのかもしれません。
ウチの「みにら」なんて、ザラブ星人が水族館に現れるまでのサスペンスなシークエンスに、心底怯えてましたし。

ところで、テレビ版のメビウスのことですけど、旧作に登場した怪獣のデザインに比べ新怪獣の造形があまりにもチャチな気がします。ウルトラシリーズの枠内でとことん遊んでいたので怪獣の造形以外の面白さがあったマックスに比べて、対怪獣が前面に出ているメビウスだけに、その造形のまずさはちょっとどうにかならないものか、と余計な心配をしつつクイズです。

問1:今作の監督を手がけた小中和哉氏の兄弟が参加した黒沢清作品は?
 A.『復讐~運命の訪問者』
 B.『DOORIII』

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:テレビ版でもおなじみクゼ・テッペイ隊員の席、背後の棚に置かれている怪獣のソフビ人形。映画版にはなかった人形は?
 A.ナックル星人、ブラックキング
 B.バルタン星人、ペスター

正解はこちらのランキングサイトに。

◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

1週遅れなのだ。

にらさん、こんばんは。

神戸が怪しげなバリアに包まれている間、GUYSクルーはバリアの周りをグルグル回っていたのでしょうか。燃料は大丈夫だったのでしょうか。
サコミズ隊長のデスクには私物が多いよなぁ…と思いました。

こちらではメビウスは1週遅れの放送です。
…ラッキー?

  • 2006/09/18(月) 21:44:41 |
  • URL |
  • あむろ #y.6mc9WE
  • [ 編集]

あむろさま

隊長があんな人だから、テッペイくんの私物持込も、熱血バカの官給品への落書きも黙認されてるんですね。

そんな連中のことですから、神戸に侵入できない間、近隣の明石や讃岐で名物料理でも食ってたんじゃないでしょうか。
あと、隊長へのお土産も。

  • 2006/09/19(火) 08:53:23 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんにちは。
実に見応えのある良い映画に仕上がってました。
TV版を見ていない自分でもすんなり世界観に入り込むことができましたね。
エンドロールで出てきた歴代ウルトラマンが凄く感慨深かったです。

  • 2006/09/24(日) 12:28:03 |
  • URL |
  • えめきん #-
  • [ 編集]

TB&コメども!!

僕の横のちっちゃい子なんか、ザラブ星人の登場に、泣き出して退場でしたから、みにらちゃんはエライと思います♪(笑)ウルトラQの音楽だったので、僕はうれしさも半分でしたが(笑)

テレビ版メビウス、旧怪獣のリメイク造形はイイと思いますが、新怪獣が、、、。でもがんばってるとは思います。

こんばんは~

やっぱ、成田さんは偉大ですな~。
マックスもメビウスもオリジナルの怪獣って、どんなんがおったか思い出せない~。
パチンコ玉の怪獣くらいかな~。
円谷のおもちゃ部門は、いまだにあの人の遺産で食ってるんじゃない?

3分設定は、TVでもしょっちゅう破られてる気がします。
ヒビノミライ、不思議ちゃんだからよくわかってないのかも?

  • 2006/09/28(木) 22:17:40 |
  • URL |
  • aq99 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』

すみません。口開けて見てました。だって燃えちゃったんですもん(o|o)

  • 2006/09/18(月) 21:38:35 |
  • なんでもreview

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

20年前、死闘の末に究極超獣を封印したウルトラ兄弟。そして現代、封印された超獣を蘇らせ、地球を支配しようと目論む宇宙人連合が出現。彼らの野望を阻止すべく、ウルトラ戦士のルーキーメビウスが戦う。しかし敵の罠に落ち、捕獲されるメビウス。彼の危機に、ウルトラ兄

  • 2006/09/24(日) 12:23:07 |
  • 5125年映画の旅

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

お子様連ればかりの中、観て参りました。<シネ・リーブル池袋>監督・特技監督:小中和哉CGI監督:板野一郎脚本:長谷川圭一期待通りのお祭りムービーでした!大満足!!館内のお子様達も概ねご満悦{/hiyob_uru/}の様子で、良い作品だったと言えましょう。やっぱり、こ

  • 2006/09/27(水) 16:02:05 |
  • お萌えば遠くに来たもんだ!

劇場版ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 ネタバレ無しレビュー

公開当日ということもあり、ネタバレは無しでレビューします。朝一で劇場に行ってみると、すでにロビーには子ども達がいっぱい。チケットを購入し、待っている間も子どもをつれる親御さんたちは大変そうでした^^;劇場で見ているときも、テンションがあがってき

  • 2006/09/27(水) 16:16:45 |
  • 医療特撮部LOG

本日公開!!ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 観てきました(o|o)

 ミライ 「未来を信じる心の強さが不可能を可能にする。信じる力が勇気になるんだ」

  • 2006/09/27(水) 18:39:44 |
  • 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく

「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」

ノスタルジーなどではなく、私達の心にいつまでも輝き続けるヒーローを、そして空に輝くウルトラの星を、ご家族みんなで見に行きましょう

  • 2006/09/27(水) 21:10:31 |
  • しんのすけの イッツマイライフ

『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』(2006)

異次元人ヤプールの怨念が生み出した究極超獣Uキラーザウルスを迎え撃つウルトラマン、セブン、ジャック、エースのウルトラ兄弟たちは、辛うじて神戸沖に封印することに成功するが、夥しい量のエネルギーを消耗した彼らはそれと引き換えに変身能力を失ってしまう。それから

  • 2006/09/27(水) 21:59:52 |
  • 【徒然なるままに・・・】

「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」試写会 感動はあなたの目で。

万感の想い、本当に幸せですひと足先に観てまいりました「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」このブログをご覧になっているすべての方に観てもらいたいので、ネタバレを極限までさけてありのままに感動を伝えたいと思います。

  • 2006/09/28(木) 02:16:28 |
  • 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 

「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」 ウルトラたちの老後

今年は、仮面ライダー生誕35周年、スーパー戦隊シリーズ30作記念、そしてウルトラマン誕生40周年とメモリアルイヤー。ガンダムは27年、エヴァンゲリオンは10周年だから、まだまだヒヨッコやね~。映画の冒頭、ウルトラマン、セブン、新マン(帰りマン、ましてやジ

  • 2006/09/28(木) 22:18:26 |
  • 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

【劇場鑑賞97】ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟(ULTRAMAN MEBIUS & ULTRAMAN BROTHERS)

宇宙最大の敵 復活!迎え撃て、永遠のヒーローたち!『メビウ~~~ス!! o(`0´)ノ 』

  • 2006/09/29(金) 19:23:31 |
  • ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

彼氏号泣のウルトラマン40周年記念映画

 ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を見に行ってきました{/hiyo_en2/}  下関では残念ながら上映していないので、小倉チャチャタウンのシネプレックスまで行きました{/car_pink/}                    

  • 2006/09/30(土) 09:21:43 |
  • 日子のさらさら日記

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

一人だけあばた顔、というか整形に失敗したかのようなごつごつしたお顔の初代ウルトラマンが素敵だった。

  • 2006/10/01(日) 23:33:01 |
  • ネタバレ映画館

「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」

半年近く前にその製作を知り、以降早く公開日が来ないかと心待ちにしていた映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟を遂に鑑賞して来た。本当ならば公開初日にでも飛んで行きたかったのだが、何しろ中年のおっさん一人で観に行くのも勇気が結構要り、延び延びになっていた

  • 2006/10/02(月) 02:18:29 |
  • ば○こう○ちの納得いかないコーナー

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

2006年9月16日 劇場初公開公式サイト: http://www.ultraman-movie.com/シネ・リーブル池袋22006年9月27日(水)2時55分の回ゴウ先生総合ランキング: B-  画質(ビスタ): A-  音質(SRD?): B+

  • 2006/10/04(水) 00:36:13 |
  • 映画と本と音楽にあふれた英語塾

劇場版ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

 今日はNHK-BSでMondayNightGameが放送される予定だったのに,セリーグの優勝が決まるかもしれないため放送は無し。私にとってはどうでもいいのに。

  • 2006/10/10(火) 23:00:58 |
  • よろずな独り言

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟…宇宙の防衛力はこの20年神戸に集中?

本日の天気{/kaeru_fine/}のことを、天気予報では梅雨の中休みといっておりましたが、晴れの中休み程度にしか雨が降らないですなぁ。水不足とかが心配です。さて、ブログ一週間放置してしまいました{/dogeza/}で、何をやっていたかと言うと、主にニンテンドーDS版{/game/}の

  • 2007/06/30(土) 23:48:57 |
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/202-44cf7f69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。