ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『46億年の恋』

胡蝶の夢か。

06091701.gif



配給元SPOの直営館であるシネマート六本木での封切から半月以上経過して、まさかこれがうちの近所のシネコンで上映されるとは思いもしませんでした。
いくら松竹が関わっているとはいえ、製作母体は「あの」伊藤秀裕氏が社長を勤める「あの」エクセレントフィルムですよ。
いまどき国際映画祭に出される作品なんて芸術性が高いかもしれないものの娯楽性に乏しい国内興行力のない映画に決まってるわけで、ベルリン国際映画祭正式出展作品だからといって地方のシネコンで上映する正当な理由とは思えません。
この夏の『釣りバカ』を上映しなかったのに、これを上映するなんて、いくら映画会社直営ではないインディーズ系のシネコンとはいえ、まともなシネコンのやることじゃない気がします。かつて某映画雑誌のシネコン紹介記事でシネコンから除外されてしまい、抗議したのか次の号で訂正記事が載ったという意味でシネコンまがいの烙印を押されたシネコンらしいといえばらしいんですけど。
もしかして真樹日佐夫氏との縁故でもあるのかな?

とはいうものの、業界のシガラミとは無縁の身分ですから、そんなことはどうでもよろしいわけです。
せっかくの休日に何事だと言わんばかりの家族を尻目に、いそいそと出掛けてまいりました。いえ、正確に記述するなら、その日は1パック97円のタマゴを購入する必要があると前日からクギを刺されていたものの、早朝の上映でスーパーの開店前には終わるから見終わり次第そこに寄って必ずタマゴ1パックを入手するから行かせてくださいとなかば土下座気分で懇願し、なおかつ、すがる「みにら」たちには「ちょっとお仕事にいってくるから、いい子で待っててね」と心ならずもウソをつき、残念至極といった風情で手を振り涙の別れを演じて、玄関のドアを閉めるや満面の笑みを浮かべて出掛けたのでした。
できることならスキップもしたかったところですが、自動車を運転中のスキップは苦手なので止めておきました。

それにしてもどんな頭の中してるんだか、NAKA雅MURA。
物語の骨格は、芥川龍之介の「藪の中」というより映画の『羅生門』のといったほうが判りやすいでしょうか、少年院におけるある殺人の真相を巡って複数の視点による証言と回想で構成されています。
形式としては殺人の真犯人探しというミステリーではあります。しかし、伏線らしい伏線が張られているわけでもなく、観終えてからもしかしたらあれがそうだったかもしれないという描写はありますが、その過程も結末も決してミステリー好きな方を満足させるようなものではありません。
なにしろ、そこには天国と宇宙に関する思索まで盛り込まれてます。物語の舞台はほとんど少年院の中にも拘らず、その世界観は地球規模さえ超えて限りなく巨大なものとなっています。これに比べて、東南アジアの島国が沈没するといって大騒ぎしている映画の、なんとチマチマしたことか(って、タマゴ1パックに右往左往してるケツの穴の小さい人間が言うな)。

そんな脚本を、セットらしいセットは監房ひとつだけで、あとはパチンコ屋の地下に小道具を置いただけという『ドッグヴィル』を思わせる簡素というより粗末な装置で撮影してしまう三池崇史監督。
そんな装置の中で、尋問といういわばセリフの洪水ともなれば、NHKあたりが放送する舞台中継の様相を呈してしまいがちなんですけど、様々な仕掛けを駆使して、映画として成立させています。

例えば、天国を象徴する巨大なピラミッド、宇宙を象徴する巨大なロケット。
いかにもCG然としている画なんですけど、そのリアリティのなさゆえ幻想性を増幅させています。
あるいは、切り返しで不意に少年に戻ってしまう安藤政信。
あるいは、安藤政信の刺青。
あるいは、青く燐光放つ蝶。
あるいは、胸を貫いた閃光。
あるいは、灰燼に帰す囚人。

極めつけは、石橋凌演ずる少年院院長です。
ドイツ表現主義を思わせる歪んだ窓枠を背にして、終始座ったまま喋るセリフの内容にまったく似つかわしくない声のトーンと抑揚、そして、笑顔以外のなにものでもないはずなのにこんな笑顔がこの世に存在していいのかと思わせる血も凍るような笑顔。
その笑顔の意味を問われて「ノロイ・・・かもしれません」と答えニンマリ笑う石橋凌のショットの恐ろしさ。

文章力の拙さゆえ抽象的な記述になってしまいましたが、こんな記事を読んでなにかピンと来た方は、ぜひご覧になってください。
見たらメン類が食べたくなるらしい映画があるそうですが、今作を見てしまうと、何の変哲もないそこらに売ってるジャムパンを食べるとき涙が溢れることになるでしょう。
ただし、コンビニに入るたびにジャムパンの前で涙を溢れさせてしばし佇んでいると、それを不審に思った店員により警察に通報され、石橋凌がいる少年院行きになっても当方で責任は持てません。

てなわけで、無責任にクイズです。

問1:カンヌ映画祭に出品された三池監督作品は?
 A.『妖怪大戦争』
 B.『極道恐怖大劇場 牛頭』

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:ヴェネチア映画祭に出品された三池監督作品は?
 A.『IZO』
 B.『サラリーマン金太郎』

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

 トラックバック、ありがとうございました。とてもユーモアを交えた楽しい映画評論ですね。気持ちがやわらかくなります。これからも楽しい評論を期待しています。読ませてもらい、ありがとうございます。  冨田弘嗣

TBありがとうございました

うふふ、最後にクイズまでついてるんですね!なんと~♪
そしてランキングサイトまで行かなくてはいかないとは(笑)
まったり濃厚な雰囲気がとっても素敵な作品でした。
これがプロレス烈伝と北斗の拳を書いた原作者の原案だなんて~♪
シネコンで上映されたのは真樹日沙夫氏って・・・wwちょっと納得してしまうような!?

  • 2006/09/27(水) 22:59:46 |
  • URL |
  • とらねこ #.zrSBkLk
  • [ 編集]

確かに石橋凌のあの顔は怖かったです。しかもちゃんと後ろにぼやっとアレまで映していただいて、あんなアップで・・・。
映画を観て感じたことの中で出てくる映画が同じでした。
そういう共通項があると安心してしまうんですよね。(小さい人間☆)
TBありがとうございました。

  • 2006/09/30(土) 16:22:55 |
  • URL |
  • akira #yl2HcnkM
  • [ 編集]

46億な皆さま

◆akiraさま
アレはちょっとやりすぎかな、とも思いましたが、数少ない女性出演者だと考えれば、アレが正解かもしれませんね。

◆とらねこさま
正論では皆さまに敵いそうもないので、こんな姑息なランキング参加しています。

◆冨田弘嗣さま
正論では皆さまに敵いそうもないので、こんな姑息な記事書いてます。
こちらこそありがとうございます。

  • 2006/10/17(火) 22:39:41 |
  • URL |
  • にら(恋の管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

「46億年の恋」

公式サイト監督/三池崇史

  • 2006/09/20(水) 14:12:14 |
  • わが思うがまま

感想/46億年の恋(試写)

カルチャーに限らず大概の現象からはなにかしら汲み取る主義ですが、こいつはさっぱり解釈不能! 松田龍平&安藤政信×三池崇史監督『46億年の恋』8月26日公開。   46億年の恋とりあえずメンズしか出てこないし、話はすべて監獄の中。ともに殺人犯として同じ日に投獄さ

  • 2006/09/27(水) 15:29:02 |
  • APRIL FOOLS

46億年の恋(試写会)

実は知人から試写会の葉書をいただきまして観に行ってきました。作品自体、ぜんぜんチェックしてなくてどういった内容なのか知らなかったのですが、男同士のラブストーリーだったんですね。

  • 2006/09/27(水) 18:59:10 |
  • まったりでいこう~

46億年の恋

ホクテンザ1  ずっと以前より、三池崇史監督の制作姿勢がわからない。はじめはビデオ専門の監督だと思っていた。以来、いろんなジャンルの映画、ビデオを様々な主演を配し、撮っている。今でも、映画で稼ぐのか

  • 2006/09/27(水) 21:27:24 |
  • 活動写真評論家人生

「46億年の恋」

「46億年の恋」見てきました。公式サイトへは写真からどうぞ。 よく考えたら、今

  • 2006/09/27(水) 21:34:29 |
  • Muses

84.46億年の恋

地球と距離が開いて光源が離れて行っても、それはまだそこに位置する訳で、存在しているように見えるという・・・この考え方それ自体が自分はとても好きだ。何万光年離れた星の爆発が、もう星自体は死んでいるのに、光源だけが地球に届いている。それはとてもロマンチックで

  • 2006/09/27(水) 23:12:40 |
  • レザボアCATs

一光年離れた場所から見えるもの

177「46億年の恋」(日本) 全くの偶然で同じ日に刑務所に入ることとなった二人。有吉淳は働いていたゲイバーで常連客に性的暴行を受け、逆上して殺害。しかし、総じて寡黙で人に心を開かない。香月史郎は幼い頃から様々な犯罪を犯し、最終的に路上で人を殴り殺す。誰

  • 2006/09/27(水) 23:46:10 |
  • CINECHANの映画感想

「46億年の恋」

(2005年・エスピーオー/監督:三池 崇史) マカ不思議な映画である。刑務所で起きた服役囚の殺人を発端に、警察がその捜査を行ううち、謎が

  • 2006/09/28(木) 01:36:13 |
  • お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法

46億年の恋(2005/日本/三池崇史)

【シネマート六本木】監獄の雑居房のひとつで、一人の青年が横たわるもう一人の青年の首を渾身の力で絞めていた。やがて首を絞めていた青年・有吉淳(松田龍平)は看守たちに取り押さえられるが、締められていた青年・香月史郎(安藤政信)は既に絶命していた。2人の刑事が

  • 2006/10/01(日) 16:13:48 |
  • CINEMANIAX!

46億年の恋

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 暴力と美・幻想と現実の狭間にたゆたう 

  • 2006/10/03(火) 21:34:05 |
  • カリスマ映画論

『46億年の恋』(’06 日本)

監督:三池崇史  原作:正木亜都 出演:松田龍平  安藤政信  遠藤憲一  石橋凌 刑務所内である日、殺人事件が起こった。加害者として捕まったのは有吉淳(松田龍平)。ゲイバーに勤めていたが、ある男から屈辱的な仕打ちを受け、その男を殺害したために刑務所入り

  • 2006/10/05(木) 16:11:48 |
  • よんふぁ広場2~HONDOのつぶやき~

46億年の恋

「46億年の恋」(2006)京都映画祭の前に1本。三池崇史監督が、梶原一騎・真樹日佐夫原作の小説「少年Aえれじぃ」を映画化。大阪はシネマート心斎橋で鑑賞。客の多さといい自由席といい、内装は全然違うのに天六のホクテン座を思い出してしまいました。刑務所の雑居房で、囚人

  • 2006/10/25(水) 12:49:40 |
  • 『じゃあ映画を見に行こう』

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2010/08/25(水) 15:13:26 |
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/203-26e2863b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。