ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インプリント~ぼっけえきょうてえ」マスターズ・オブ・ホラー

時代は変われど『殺し屋1』とまったく変わらぬ、木下ほうか氏。

06092301.gif



『46億年の恋』に引き続き、三池崇史監督作品の記事になったのは、偶然です。

お懐かしや、ビリー・ドラゴ。
『ペイルライダー』で悪徳保安官率いる6人のガンマン(つまり7人のガンマンなわけで、『荒野の七人』というか『七人の侍』への強烈なアイロニー、というのはまた別の話)のうち、セリフすらないもののその爬虫類顔で最もインパクトのあった彼。ホテルの一室で手榴弾によりあっさり殺される役(だったと思う)『地獄のコマンド』を経て、『アンタッチャブル』で「白装束の死神」と勝手に命名させて頂いた殺し屋を演じて、さらに『デルタフォース2』でチャック・ノリスが本気でムカついて蹴りを入れたんじゃないかとハラハラさせるくらい憎々しげな麻薬王を演じ、一躍メジャーになるかと思いきや、こちらのチェックが甘かったのか、いつしかお見かけすることのないまま、今作で久しぶりの再会となりました。

それにしても、なんで三池作品に?と思ってフィルモグラフィーを検索したところ、『46億年の恋』の製作も手がけたエクセレントフィルム社長・伊藤秀裕がプロデューサーとして名を連ねる、ロリコン大林某のほうではない『漂流教室』に出演しているのを見つけて、納得しました。

物語は、大筋も細部も仕掛けも原作をほぼなぞっています。
川にぽちゃぽちゃとあるものを投げ捨てるシーンも原作どおりです。キリスト教原理主義的を推し進める共和党政権下のアメリカで放映されなかったのは、このあたりが原因かもしれません。
大きく異なるのは、原作が遊女の一人称でお客の男に向かって語る構造だったのに対し、映画はお客の男の側から描いているという点です。その客の男がビリー・ドラゴなわけですが、脚本の天願大介は、ドラゴがある遊女を探しに来たという設定を加えることで、更に救いようのない深くて暗い地獄絵図を展開させています。

撮影の栗田豊通、衣装の北村道子、 美術の佐々木尚、といった「一流」スタッフの協力のもと、きらびやかな画の中で繰り広げられるヒトの神経を逆撫でしまくりな残虐場面はさすがですが、過去の三池作品を彷彿とさせてしまうという点で、ちょっと弱い気がします。
冒頭に書いた木下ほうかさんの役回りもそうですし、吊るして熱して針で刺す拷問も『殺し屋1』の寺島進に施した拷問と同じ。クルクルと無数に回る風車も『喧嘩の花道』にありました。
そもそも、「刷り込み」を意味する『インプリント』というタイトルからして、『殺し屋1』のイチとジジイの関係を起想させられます。

海外からの初オファーだし、他にも著名な監督がワンサカいる「マスターズ・オブ・ホラー」全13話の1篇だし、海外の映画祭で培ってきたイメージを崩さないように、三池監督自身が「悪名高きタカシ・ミイケ」役を演じたのかもしれません。唯一の日本人監督ということでジャパニーズ・テイストあふれる原作を選択してもいますし。

ちなみに、いつも優しいお父さんが「ヨシオとユミが面白がって見てた『妖怪大戦争』の監督の新作を借りてきたよ。みんなで見ようか」と子供たちをテレビの前に誘い、夕食の片付けを済ませたお母さんも「わたしも見たいわ。食後のコーヒー用意するから、ちょっと待ってて」なんて絵に描いたような円満家族が、一瞬にして地獄に叩き落された事例をご存知でしたらご一報ください。
ワクワクするようなその一報を待ってる間に、クイズです。

問1:脚本の天願大介の父親は?
 A.天本英世
 B.今村昌平

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:女郎屋の女将が紛失したのは、映画ではヒスイの指輪でしたが、原作では?
 A.ダイヤモンドの指輪
 B.ルビーの指輪

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

あれれ、こちら

問1が自信ないです。Aでしょうか?・・・
で、TBありがとうございました~♪
絵も楽しくて、素敵ですし*^^*
私は、あの歯の拷問は、絶対「インプラント」だと思いますねぇ~。。。にしゃ★

  • 2006/09/27(水) 23:17:10 |
  • URL |
  • とらねこ #.zrSBkLk
  • [ 編集]

とらねこさま

とらねこさま以外、誰も相手にしてくれないようなので正解をバラスと、問1の答えはBです。

Aの天本英世氏は、死神博士のあの方なので、その息子が今作の脚本担当というのも、それはそれで面白い気がするので、天願大介氏にはそう名乗れとお伝え下さい。

  • 2006/10/17(火) 22:45:37 |
  • URL |
  • にら(女郎管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんにちは!

なんだぁ、、答えばらしているから、押すのや~めた! えへへ、、
原作も、アメリカ人なんですか?
で、なんでインプリントなんですか??
わからない、、、

  • 2006/11/05(日) 15:38:53 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #SFo5/nok
  • [ 編集]

TB、ありがとうございました。
最近、ブログの調子が悪くて、TBできないことが多いのですが、にらさんのブログは、数少ないTBできる先です。それだけで、とてもうれしい。
あれれ、ごめんなさい。2回もTBしてしまった。後のは、消しておいてくださいませ。
この作品を家族団らんで観るなどという悪魔のようなことを思いつくにらさん、とても好きです。

  • 2006/12/09(土) 10:21:35 |
  • URL |
  • mina #.CsgpTAs
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

インプリント ぼっけぇ きょうてぇ

「ぼっけぇ きょうてぇ」ものを見てしまひました・・・(^_^;)公式サイトはこち

  • 2006/09/27(水) 21:38:29 |
  • Muses

35.インプリント/ぼっけえ、きょうてえ(トークショーつき)

←三池崇史監督と、原作者/岩井志麻子の、サインも見てね♪ 先週、初日公開日の5/27の舞台挨拶に引き続き、6/3は原作者、岩井志麻子のトークショーつき。 私は、日本ホラー大賞、山本周五郎賞を受賞した、「映像化不可能」と言われた、この作品の原作者が、一体どんな

  • 2006/09/27(水) 23:21:17 |
  • レザボアCATs

※3.『ぼっけえ、きょうてえ』

作者/岩井志麻子 “己、自ら地獄行きを選んだ、女” 第六回日本ホラー小説大賞と、山本周五郎賞を受賞。その他、『岡山女』が直木賞ノミネート・・・そして今年’06年に、映画『インプリント ぼっけえ、きょうてえ』が公開された。映画の感想は、この間の記事

  • 2006/09/27(水) 23:22:25 |
  • レザボアCATs

こわいじゃろ? 地獄へ堕ちるぞ

113「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」(アメリカ) 時は明治の頃か? アメリカ人の文筆家クリスは放浪の末女を買うために男が集まる川の中の小さな島を訪れる。クリスは一人の女・小桃を探していたのだが、そこにはおらず、別の女性と夜を共にすることにする。不

  • 2006/09/27(水) 23:50:57 |
  • CINECHANの映画感想

インプリント ぼっけえきょうてえ:死んだものより生きているものがひどいことをする T.I.F

月曜日夜9時半からのレイトショーというのに、やたらと入りがいい。1時間前に整理券もらったのに20番こんなこと初めてだ。三池監督は人気あるね。 夜の闇にまぎれて小船が進んでいく。船には人足のような男たちが乗っている。男たちはみなうれしそうだ。これから船が着

  • 2006/09/28(木) 00:47:34 |
  • 気ままに映画日記☆

ようやく観られた! 映画『インプリント ぼっけえ、きょうてえ』

 ようやく観ることができました映画『インプリント ぼっけえ、きょうてえ』。

  • 2006/09/28(木) 10:56:06 |
  • 海から始まる!?

『インプリント~ぼっけえ、きょうてえ』(劇場版)

岩井志麻子が山本周五郎賞と日本ホラー小説大賞を受賞した小説を、三池崇史が工藤夕貴を主演に迎え映画化。世界中から13人のホラー映画の巨匠たちが結集し誕生したプロジェクト『マスターズ・オブ・ホラー/恐ー1グランプリ』(なんちゅータイトル・・)の一編としてスカ..

  • 2006/09/28(木) 21:31:14 |
  • моя комната ~まやこむなた~

インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~(舞台挨拶付き)

【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ネタバレ全開・・・きょうてえ話  

  • 2006/10/03(火) 21:41:27 |
  • カリスマ映画論

インプリント ~ぼっけえ、きょうてえ~ 06年213本目

インプリント ~ぼっけえ、きょうてえ~2005年   三池崇史 監督   岩井志麻子 原作工藤夕貴  ビリー・ドラゴ  美知枝  根岸季衣マスターズ・オブ・ホラー 恐-1グランプリ 第1弾全世界13人の監督による競作、ホラープロジェクト Produce...

  • 2006/11/05(日) 16:00:42 |
  • 猫姫じゃ

インプリント/ぼっけえ、きょうてえ

この作品は、岩井志麻子の同名の小説を原作としている。小説の巻頭に、「ぼっけえ、きょうてえ」とは、岡山地方の方言で、「とても、怖い」の意と注釈がある。わたしは、この小説のことや作者のことは知ってはいたが、DVDでこの作品を観るまで、この小説を読もうなどとは

  • 2006/12/03(日) 18:16:59 |
  • minaの官能世界

インプリント/ぼっけえ、きょうてえ

この作品は、岩井志麻子の同名の小説を原作としている。小説の巻頭に、「ぼっけえ、きょうてえ」とは、岡山地方の方言で、「とても、怖い」の意と注釈がある。わたしは、この小説のことや作者のことは知ってはいたが、DVDでこの作品を観るまで、この小説を読もうなどとは

  • 2006/12/09(土) 10:15:09 |
  • minaの官能世界

映画「マスターズ・オブ・ホラー/インプリント ~ぼっけえ、きょ...

「着信アリ」の三池崇史監督作品。アメリカのTV局“SHOWTIME”が企画したホラー・プロジェクト<マスター・オブ・ホラー>。トビー・フーパー、ダリオ・アルジェント、ジョン・カーペンターはじめホラー界を代表する巨匠監督13人がホラー作品を競作したアンソロジー・プロ..

  • 2007/02/07(水) 11:21:55 |
  • しょうちゃんの映画ブログ

インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~

キタコレ 相当、萎えました 近所のレンタル屋には2軒ともなかったんで、余計みたくなって ぽすれん半額のときに借りました。 (250円 安ッ) 次の日到着 (はやッ) 夜な夜な一人でみましたが。。。(よかった一人で)

  • 2008/04/29(火) 17:37:20 |
  • Screen saver☆

インプリント ~ぼっけえ、きょうてえ~

ぼっけえイタブッテ ア・ゲ・ル ★★★☆☆ 監督:三池崇史 原題:Implint 脚本:天願大介 製作年と国:2006/米 鑑賞日:2008/3/25(レンタルDVD) キャスト:工藤夕貴 ビリー・ドラゴ 美知枝 根岸季衣 岩井志麻子 ジャンル:グロテスクホラー 年齢制限

  • 2009/03/29(日) 23:29:09 |
  • 映画MAGICAL
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/204-6fa91f96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。