ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブラック・ダリア』

そのむかし、「デ・パルマ」を「デ・パーマ」と発音、表記することにこだわる方が「11PM」という番組に出演していましたが、ああいう人種にだけはなりたくないものだと思ったものでした。

06101601.gif


むかしむかし、「完全入替制」とか「完全座席指定制」とかがまだ導入されておらず不完全な映画館が多かった頃、しかし、すでに「完全無欠のロックンローラー」がなぜだか判らないけれど大ヒットしてから数年後。そのくらいむかしむかし、あるところに『スカーフェイス』という映画を見たある子供がいました。

前述のようにその頃の映画館はまだ不完全だったので、1回の上映毎にお客をたたき出すようなケチな慣例はなく、その子供はその日のうちに続けざまに2回も見たのでした。ご存知のように『スカーフェイス』の上映時間は約3時間です。2回続けて見るためには6時間以上掛かってしまいます。その頃の学校の休日はまだ日曜だけなのに、そんな貴重な休日の1/4にあたる6時間をも暗闇で過ごすだなんて、その子供に人に言えないなにかあったのではないかと思われる方がいるかもしれませんが、特に何があったからというわけでもなく、強いていえばヒマがあったといったところです。

すでにおわかりかとは思いますが「ある子供」とは当ブログの管理人のことでございます。
『スカーフェイス』を続けざまに見たということで、当時の管理人は熱烈なデ・パルマ崇拝者だったのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。『殺しのドレス』も『ミッドナイトクロス』もその時点では劇場はもちろんのこと、ビデオでも見てません。レンタルビデオもそろそろ出回り始めた頃でしたが、そもそもビデオデッキが貧乏な我が家にはありませんでしたから。
『フューリー』あたりはテレビ放送で見てたかもしれませんが、子供のころは怖い映画が苦手だったので『キャリー』も見てなかったはずです。

デ・パルマ崇拝者でもないのなら続けざまに見てないでサッサとその映画館を出て、他の映画館で他の作品を見ればいいじゃないかと思われる方がいるかもしれませんが、当時の管理人はヒマはありましたがカネはない子供だったので、そういうわけにもいかないのでした。
それに続けて2回も見れば、子供なりに何か気付くわけです。
例えば、アル・パチーノ演じる主人公のトニー・モンタナは麻薬密売組織で飼い主の手を噛んだり、時には飼い主をぶち殺してまでのし上がるような人物なのですが、彼が人を殺すとき、それがどんな卑怯者であろうと必ず正々堂々正面から銃弾をぶち込んで決して背後から撃ちません。しかし、そんな彼自身は、至近距離から散弾銃で背中を撃たれて絶命するのです。
コカインをガンガン吸引しまくる狂犬なのに1本スジが通ってる、そんな彼こそ完全無欠のロックンローラーである、と。

それからしばらくして、冒頭の「デ・パーマ」野郎(*1)を目撃してしまうのでした。
「デ・パーマの作品は、ヒッチコックへのオマージュだ」
「デ・パーマの作品は、華麗なカメラワークだ」
「デ・パーマ」を連呼する彼(*2)はそう仰られるのでした。
ああそうなんですかと思っていくつかのデ・パルマ作品を見てみると、確かにヒッチのオマージュや華麗なカメラワークがありました。
しかし、そのいずれもがつまらない。

ということで、「デ・パーマ」野郎の言うことだけは信じまいと誓い、デ・パルマ作品そのものも『スカーフェイス』以降ほとんど見てません。
なので、デ・パルマ崇拝者に難癖付けられないように、映画の話はこれくらいにして、今回はアフィリエイトで1ヶ月に50万円儲ける方法と出会い系サイトで1ヶ月に5人と会う方法と無理せず楽に1ヶ月で5kgダイエットする方法についてお教えします。

と思ったら、ほとんど見てました。
さすがに劇場で見たのは半分ほどですが、見たか見てないかということで言えば見たわけで、残念ながら見てないことを理由に話題を変えるわけにもいきません。

ということで、『ブラック・ダリア』です。

今作でも、やはり「華麗なカメラワーク」や「ヒッチへのオマージュ」は見るに耐えません。
「華麗なカメラワーク」は売春宿前で銃撃戦が起こる寸前に披露されます。長廻しのそのショットは、わざとらしいきっかけを作ってカメラをパンするのも、これからなにか起きますよとばかりに高まる音楽も、なんだか野暮ったい演出にしか思えません。
「オマージュ」では、螺旋状の階段を使ったシークエンスで『めまい』をやってるんですけど、なんだかもたつく感じで、やっぱり面白くない。

それでは、「ブラック・ダリア」の死を巡るクライム・ミステリーとしてはどうかと言えば、『ミッション・インポッシブル』のときのように後でそれが効いて来ることは予想が付いてしまうこれ見よがしな伏線の張り方をしているので、謎解きのサプライズはあまり得られません(というより、デ・パルマ自身が脚本を手掛けた『ファム・ファタール』がそうだったように、そもそも彼自身は謎を解くことに興味がない人なのかもしれません)。

「ここを見よ」とばかりにいいたげなショットやシークエンスより、むしろ、ジョシュ・ハートネットが、初めてヒラリー・スワンクに会ったときのような、女性を見つめるときの切り返しにドキリとさせられます。
とりわけ、バスルームの戸口に立つスカーレット・ヨハンソンを見上げる2回のシークエンスは、そのバスルームがなぜか2階の階段を登りきったところにあるという美術も含めて、印象的です(ところで、好みの問題はあるとしても、スカーレット・ヨハンソンはまだしも、とりあえずニンフォマニアな感じは漂ってたもうひとりのヒロインであるヒラリー・スワンクの器量は、ファム・ファタルと呼ぶにはちとツライ気がするんですけど、いかがなものでしょうか?)。

そういえば、ウソかホントかわかりませんが、劇中出てくる惨殺された女優のオーディションフィルムは、その役を演じたミア・カーシュナーの実際のオーディションで撮影したフィルムを使用したとのことです。
つまりデ・パルマ監督がカメラを通して女優に注ぐ視線にドキリとさせられているわけです。ミもフタもない言い方をすれば、職業上の特権を利用して視姦してるだけのエロ爺ということです。

もしかしたら、長回しやヒッチへの目配せは、そうした欲望を悟られないように、人目をそらすためのマクガフィンなのかもしれず、ということは「デ・パーマ」野郎に植え付けられた偏見のせいで、デ・パルマ監督を不当な位置づけにしていたのかもしれません。
こうなると、デ・パルマ監督の今後上映される新作はもちろん、旧作も再見と再評価が急務です。

という事態になったので、残念ながら時間の都合上アフィリエイトで1ヶ月に50万円儲ける方法と出会い系サイトで1ヶ月に5人と会う方法と無理せず楽に1ヶ月で5kgダイエットする方法については、お教えできそうもないので、その代わりといってはなんですがクイズです。

問1:映画の冒頭で暴動を起こしていたのは、水兵と?
 A.ブラジル人
 B.メキシコ人

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:映画に名前のみ登場するサイレント時代の喜劇映画の監督名は?
 A.マック・セネット
 B.マックス・ランデ

正解はこちらのランキングサイトに。


*1・・・原音に近い表記をすべきだと唱える野郎のこと。彼の主張に従えば、「ラジオ」は「レイディオ」で、「マドンナ」は「マダナ」で、「マクドナルド」は「マクダノル」ということになる。
*2・・・原音に近い表記をせねばならないという間違った強迫観念に囚われている言論統制野郎のこと。彼が床屋に行くと「軽めのパーマネントあててください。それからプロフェッショナル野球中継をしているはずなのでテレヴィジョン点けてください。チャネル・ナムバーは東京12チャネルです」と言い終わる前に追い出されるらしい。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

『デパーマ』野郎

にらさん、こんにちわ。
TBありがとうございました。
『デパーマ野郎』誰ですかね?気になります(笑)。『マクダナル』マクドでええやん。と、東京住まいなのに関西弁で突っ込みを入れたくなります。
にらさんのイラスト「世界一 ●しい死体」の●は何なのかも気になりました。(普通はわかるハズですか?)

  • 2006/10/20(金) 21:49:03 |
  • URL |
  • 隣の評論家 #-
  • [ 編集]

素晴らしきデパーマ野郎

あら、誰なんでしょう?
昔11PMで・・・って、こっちの田舎では11PMさえ金曜日の麻雀の日しか放送されてませんでしたし、さっぱりわかりません。答えは今野雄二あたりに500点でお願いします。

  • 2006/10/20(金) 22:36:45 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

東映アニメでした

にらさん、こんばんは。
わたしが子どもの頃はまだ映画にはぜ~んぜん目覚めていませんでしたが、
長期休みになると映画館でドラ●ンボールなどを見ていました。
もち入れ替え制ではないので2回見ていました。
デ・パルマ監督の旧作の評価も
貴blogにのせていただけるとありがたいのですが・・・

  • 2006/10/20(金) 23:30:32 |
  • URL |
  • swallow tail #-
  • [ 編集]

期待していました…。

にらさん、こんばんは♪
「1ヶ月で5キロ痩せる方法」
いつ語られるか!と思いながら読み進んできたのに…。
残念です!ああ残念!

ヒラリー・スワンクは厳しかったですね。
女装かと思いました(笑)
スカーレット・ヨハンソンの下着も。
あの頃ってヒラヒラしたのが普通だったのかしら?

  • 2006/10/21(土) 00:26:52 |
  • URL |
  • あむろ #y.6mc9WE
  • [ 編集]

ブラックダリア

 実はアメリカでもイマイチだと言う評判で(大してはやらず)、しかも流血好きなデパルマさんときて見てません。このレヴュー読んでもますます見る気無くしました。(笑)
 一応バイリンガルの私としては、英語を完璧に日本語に表記すること自体不可能だと思ってますので、デパルマでもどこが悪いのかと思いますが・・・・そもそもイタリア、スペイン系ではデパルマの方が音的に正しいのではないかと思いますが。

わ~い スカーフェイス

(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ
TB有難うございました。
「スカーフェイス」の事にこんなにふれていらっしゃるなんて嬉しいです★
私の好きな生涯BEST3位なんです。(1、2じゃないとこが味噌^^)
すっごく好きで(ビデオで知って観たのですが・・・)もう10回は観ました。
この監督作品は「カリートの道」も好きです。そうです アル・パチーノが好きなんです♪
完全無欠のロックン・ローラーって 大受けです(T▽T)アハハ!

  • 2006/10/21(土) 03:36:39 |
  • URL |
  • とんちゃん #mQop/nM.
  • [ 編集]

ヒラリー・スワンクの器量

ブラック・ダリアそっくりという設定だったので、ミア・カーシュナーの顔をナイフでぐしゃぐしゃにしたくらいの顔がヒラリー・スワンクということで、彼女の起用は許してあげてください。
そうなると職業上の特権を利用して視姦してるだけのエロ爺なばかりでなく、特権を利用してオスカー女優はドブスだと全世界拡大公開で宣言する嫌な爺さんかもしれません。
いや、もともとシシー・スペイセクとかメラニー・グリフィスとか器量に問題あるタイプの女性が監督の好みだったのかもしれませんが

激しく同感。

私はただの酷評でしたが、
こうやっておだやかーに、でもどこがおかしかったのか、
ということが書いてあると、
「そうそう!つまりそれが言いたかったのよ!」
という気持ちになれて本当にいいですね(w
的を得た批評です。
本当にもったいぶっただけで「つまりなに?」って言いたいままに終わってしまった映画でした。
一言で言うと「もっさーい」感じ(笑

クイズはどっちもすぐに正解がわかって
ここにてちょっと気持ちが晴れた私でした。
ありがとうございました。えへ。

  • 2006/10/23(月) 11:19:22 |
  • URL |
  • しまりす #-
  • [ 編集]

世界一有名な皆さま

◆しまりすさま
えーと、その・・・とりあえず褒めてるんですが・・・。
文章力の拙さを猛省しております。

◆しんさま
『スカーフェイス』のメアリー・エリザベス・マストラントニオもかなり受け入れ難いものがありましたが、ミシェル・ファイファーも出てるんですよねぇ。なので、デ・パルマさんは「ミシェル出しとくから、オマエらはそっち見とけ。ワシは断然メアリーみたいなのが好きだけどね」って宣言してるんだぁ、と幼心に思ったものです。
ところで、そのメアリーが主役だったキャメロン監督の『アビス』。そのプロデューサーでキャメロンの元奥さん、ゲイル・アン・ハードと結婚してたんです、デ・パーマさん。
これから、このふたりがどんな女優を選択するかは、目が離せませんよ。

◆とんちゃんさま
『スカーフェイス』は、アダム・サンドラーの『リトル★ニッキー』でコケにされてた作品ですから、アメリカの一般的評価はクズ扱いだと思われるので、あまりおおっぴらに「好きだ」と発言しないほうが無難なようです。
だから、同じくハワード・ホークスが元ネタでクズ扱いされているカーペンターズの『遊星からの物体X』が好きだということもナイショです。

◆misaoさま
アメリカでイマイチだったのは、製作・配給がメジャー系ではないというところに問題があったような気もしますが、それよりも観客動員だけで映画の優劣が決定できたなら、こんな記事を書くことで時間費やさずにネットトレーディングをしてる気がします。

◆あむろさま
あの頃、女性の衣類を脱がせた経験がないのでヒラヒラだったのかはわかりません。
でも、1ヵ月で10キロ痩せた経験はあります。その方法は・・・現行法に抵触する危険があるのでお教えできません。

◆swallow tailさま
思えば、子供のころ、映画館でアニメはほとんど見てなかった気がします。
でも、初めて映画館で見た作品は、2~3歳の頃に連れて行かれた『トムとジェリー』だったそうです。

◆kossyさま
ならば、同郷のよしみで、いつもきれいな竹下景子さんに全部、です。

◆隣の評論家さま
そのCMでもマックと略してるのに、マクドに固持する関西圏には、畏れ入る他ありません。

  • 2006/10/28(土) 03:32:49 |
  • URL |
  • にら(世界一不可解な管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんばんは

上の階にあるバスルームって、これも監督の趣味なんですかね。個人的にはナイスでした(^^;

  • 2006/10/28(土) 22:29:05 |
  • URL |
  • カヌ #-
  • [ 編集]

へんたいちっく

ヒラリー・スワンクに納得いかないまま 
終わってしまいました。怒涛の謎解き・・・
ハリー・ポッターの叔母さんを見る目が変わってしまいました。
デ・パルマさんにはヘンタイちっくな映画が似合いますね。

  • 2006/10/29(日) 00:37:30 |
  • URL |
  • kino #01r4NFe2
  • [ 編集]

はじめまして

TBさせていただきました!
“視姦するエロ爺”・・爆笑しました。
“デ・パーマ野朗”・・幅広ネクタイのオヤジの事でしょうか?
またお邪魔させていただきますね!

  • 2006/10/29(日) 11:56:14 |
  • URL |
  • アガサ #-
  • [ 編集]

華麗なる皆さま

◆アガサさま
こちらこそよろしくお願いします。
その方は、あまりネクタイをしない方です。
なので、デ・パーマ「野朗」は水野晴朗の略ではなく、デ・パーマ「野郎」です。

◆kinoさま
ハリー・ポッター?
ハリポタの叔母さんは、いったいいつの時代に書かれたのかと作者の想像力に疑問を感じさせる典型的なキャラじゃないか、と映画しか見てないくせに思っています。

◆カヌさま
2階のバスルーム、ってのは、心臓麻痺を起こした父親を救おうと、娘がクスリを取りに階段を掛け上がった『コンタクト』もそうだったので、アメリカでは普通かもしれません。
でも、階段を上がりきってすぐの正面にあるってのはやっぱりヘンなので、ここはきっと監督の趣味だと思います。

  • 2006/10/30(月) 22:41:25 |
  • URL |
  • にら(変態管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんばんは~!

ご訪問、コメントどうもありがとうございました!
「11PM」・・・懐かしい。
「デパーマ野郎」・・・たぶん、あのオヤジだな。(笑)
デ・パルマ作品って昔は気に入ってたけど、
最近はパッとしないなぁ。
にらさん!「1ヶ月で5キロ痩せる方法」、
気になって仕方ないです!(切実)

  • 2006/11/05(日) 01:45:09 |
  • URL |
  • 伽羅 #Hw8Bcrts
  • [ 編集]

アポー

アップルがアポーになってしまったり、チョコレートがチャカリットになってしまったら、何のことやらさっぱりです!(怒)
オイラは不思議なカタカナ英語ってなんか好きです♪
話は変わりますが、映画行って、予告が終わって、映画の画像サイズが少し拡がりますね?あの度に、「シネスコなのに丸いどんぶり」を自動的に思い出してしまうカラダになってしまいました!どうしてくれるんですか!

  • 2006/11/10(金) 13:22:32 |
  • URL |
  • とらねこ #CPMyi0yQ
  • [ 編集]

追伸

オーストリアがオーストリーに表記を変えるそうですね。
さあ、コメンテーターのにらさんは何て言うのヤラ?
http://news.ameba.jp/2006/11/we1116_2.php

  • 2006/11/18(土) 05:05:47 |
  • URL |
  • とらねこ #.zrSBkLk
  • [ 編集]

はじめてのデパーマ

私とデパーマは、「キャリー」はやっぱり怖そうだったのでよう見れず、「殺しのドレス」を日曜洋画劇場で見て、激しく刺激された記憶があります。
だからデパーマはエロイ人。
私も最初が「スカーフェイス」だったらよかったのに~。

  • 2006/11/18(土) 18:01:04 |
  • URL |
  • aq99 #-
  • [ 編集]

華麗なるパーマな皆さま

◆aq99さま
屈折したエロおやじ、って感じですね。
しかもドM。って、根拠のない言いがかりですが。

◆とらねこさま
「シネスコなのに丸いどんぶり」の件、申し訳ありません。今後は脳内リピートしやすいように「シネスコどん」と短めのフレーズをご利用ください。
オーストリアが豪州との混同を避けるため日本表記を変更する件ですが、当ブログの管理人の住む地域では大須観音の鳥居との混同が懸念されています、オーストリー。
それ以外については、特に問題もなく、それにブルース・リーっぽくて、いいじゃん、というのを公式見解とさせていただきます。

◆伽羅さま
5キロ痩せる方法をお教えする前に、5キロ太って頂くことになりますけど、よろしいでしょうか。

  • 2006/11/20(月) 13:16:28 |
  • URL |
  • にら(天然パーマ管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

デ・パーマ野郎が気になって

キネ旬ベストテン号を買ってきました!
やっぱ今野雄二氏は外国映画1位に「ブラック・ダリア」入れてるし、監督賞にはブライアン・デ・パーマと書いてあった・・・

  • 2007/02/07(水) 02:56:56 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブラック・ダリア The Black Dahlia

ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカートスカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク 出演リー・ブランチャーとバッキー・ブライチャートはファイアーとアイスと呼ばれ ヘビー級のボクサーでしたその後二人はロサンゼルス警察に勤める警察官になっていますある時

  • 2006/10/19(木) 20:30:29 |
  • travelyuu とらべるゆう MOVIE

『ブラック・ダリア』

監督:ブライアン・デ・パルマ CAST:ジョシュ・ハートネット、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソン 他「LAコンフィデンシャル」の作者ジェイムズ・エルロイが、実在の迷宮入り事件を基に書き上げた小説の映画化。1947年、ロサンゼルス。元ボクサーの警察

  • 2006/10/20(金) 16:53:47 |
  • **Sweet Days**

ブラック・ダリア

盛り上がらないストーリーに乗り切れず,眠気を抱えたまま終わりを迎えてしまう微妙な映画・・・

  • 2006/10/20(金) 17:00:35 |
  • Akira's VOICE

映画「ブラック・ダリア」

映画館にて「ブラック・ダリア」ジェイムズ・エルロイの同名小説をブライアン・デ・パルマ監督が映画化。40年代のロサンゼルスを舞台に、女優志望の女性が惨殺された“ブラック・ダリア事件”を追う刑事ふたりの運命が描かれる。主役となる刑事バッキー(ジョシュ・ハートネ

  • 2006/10/20(金) 17:13:17 |
  • ミチの雑記帳

ブラック・ダリア

先日MOVX京都にて、「ブラックダリア」を鑑賞上映前から、テレビ・映画館での予告で気になっていたのもあり、早速観に行ったけど・・・・。正直言って、内容が複雑な上にちょっと思っていたイメージではなく状態「ブラック・ダリア」と呼ばれていたエリザベス・ショートはハ

  • 2006/10/20(金) 17:32:37 |
  • 銅版画制作の日々

ブラック・ダリア/ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン

原作は実在する猟奇殺人事件にヒントを得たジェイムズ・エルロイのノワール小説ということで、社会派なミステリー作品を想像してたんですけど、ちょっと違ったようです。劇場予告編と実際の中身にちょっとしたズレを感じるんですけど・・・出演はその他に、アーロン・エ....

  • 2006/10/20(金) 18:34:39 |
  • カノンな日々

ブラックダリア(2006) THE BLACK DAHLIA 121分

 共にボクサーとしての経歴を持つロサンジェルス市警の名物コンビ、バッキー・ブライカートとリー・ブランチャード。リーには美しい同棲相手ケイ・レイクがいたが、いつしか彼らは3人で行動を共にするようになっていた。そんなある日、腰から切断された若い女性の死体が発

  • 2006/10/20(金) 19:04:26 |
  • 極私的映画論+α

ブラック・ダリア・・・・・評価額1250円

1940年代のハリウッド。虚構の迷宮をたゆたう人間模様が、モザイクの様に折り重なって一つの文様を形作る。47年に起こった、未解決の猟奇殺人事件をベースに書かれたジェイムズ・エルロイの小説を、ブライアン・デ・パルマ監

  • 2006/10/20(金) 19:09:37 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

ブラック・ダリア

『THE BLACK DAHLIA』公開:2006/10/14(10/14鑑賞)製作国:アメリカ監督:ブライアン・デ・パルマ原作:ジェームズ・エルロイ 『ブラック・ダリア』(文春文庫刊)出演:ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク、ミア

  • 2006/10/20(金) 19:27:22 |
  • 映画鑑賞★日記・・・

何でもあり!の娯楽サスペンス映画。『ブラック・ダリア』

1940年代のロサンゼルスを舞台に、女優志望の女性が惨殺された事件を追う刑事の物語です。

  • 2006/10/20(金) 19:51:44 |
  • 水曜日のシネマ日記

ブラック・ダリア [監督:ブライアン・デ・パルマ]

映画なりにアレンジされたストーリーは悪くないし、クライマックスの急展開も好きなんだけど、やっぱ筋追ってるだけな気がするんだな

  • 2006/10/20(金) 19:55:46 |
  • 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ

ブラック・ダリア

40年代に起った惨殺事件で「世界一有名な死体」として知られる「ブラック・ダリア事件」をモチーフとした「LAコンフィデンシャル」のジェームズ・エルロイのフィクションノベルの映画化。「アンタッチャブル」でも発揮された映画マニアらしいブライアン...

  • 2006/10/20(金) 20:31:52 |
  • It's a Wonderful Life

ブラック・ダリア

世界一、有名な死体と、人間たちの闇。

  • 2006/10/20(金) 20:40:59 |
  • 悠雅的生活

ブラック・ダリア

1940年代、ロサンゼルスを震撼させた猟奇事件が映画化!!妖しく猟奇的な時代の空気感と、人間の心の闇を鬼才デ・パルマが濃密に描く!STORY:元ボクサーとしての経歴を持つ、ロサンジェルス市警の名物コンビ、バッキー・ブライカート(ジョシュ・ハートネット...

  • 2006/10/20(金) 21:30:28 |
  • 映画とはずがたり

ブラック・ダリア

「ブラック・ダリア」 THE BLACK DAHLIA/製作:2006年、アメリ

  • 2006/10/20(金) 21:37:25 |
  • 映画通の部屋

ブラック・ダリア

《ブラック・ダリア》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE BLAC

  • 2006/10/20(金) 21:40:39 |
  • Diarydiary!

ブラック・ダリア

あんたのはボクシングじゃないわよ!鼻折ってあげましょか?! 

  • 2006/10/20(金) 22:26:33 |
  • ネタバレ映画館

「ブラック・ダリア」

 変に区切られるドラマよりも、映画で一息に見るサスペンスは良いですね。とは言え、この作品は‘事件の真相を追う’展開を下敷きに愛情と欲望とそれらの狂乱を絡めた織物のような物語のように感じました。サスペンスと言うジャンルを主張するには、その要素は寧ろ弱かった

  • 2006/10/20(金) 22:47:23 |
  • 首都クロム

ブラック・ダリア

原題:THE BLACK DAHLIA製作国:アメリカ製作年度:2006年上映時間:121分監督:ブライアン・デ・パルマ原作:ジェームズ・エルロイ脚本:ジョシュ・フリードマン出演:ジョシュ・ハーネット/スカーレット・ヨ

  • 2006/10/20(金) 22:59:29 |
  • スワロが映画を見た

ブラック・ダリア

1947年に実際に起こった殺人事件を元に【L.A.コンフィデンシャル】(97年映画化)の作家ジェイムズ・エルロイの小説の映画化彼の生い立ちが色濃く反映されたと言うこの作品は"L.Aノワール四部作"の中の第一作目になるそうだ("L.A.コンフィデンシャル"

  • 2006/10/20(金) 23:08:31 |
  • Cinemermaid

ブラック・ダリア「迷宮入り事件の出入口は情報の差で決まる」

「ブラック・ダリア」(R-15指定)は1947年に実際に起こった殺人事件を題材にしてジェイムズ・エルロイが書き上げたノワール小説の傑作「ブラック・ダリア」を映画化した作品である。殺人内容が残忍な上事件の真相に迫る作品としてはあまりにも謎が多過ぎた作品だっ

  • 2006/10/20(金) 23:38:43 |
  • オールマイティにコメンテート

ブラック・ダリア

「ミッション・インポッシブル」の監督って、ブライアン・デ・パルマさんだったのです

  • 2006/10/20(金) 23:44:59 |
  • C note

『ブラック・ダリア』

…えっ。「そっくり」?

  • 2006/10/21(土) 00:26:43 |
  • なんでもreview

ブラック・ダリア

「ブラック・ダリア」2006年 米★★★★戦後間もない1947年、ロスを震撼させた猟奇殺人事件。ハリウッドで夢に破れ「ブラック・ダリア」の通り名で呼ばれていた娼婦は、世界一有名な死体となったが、ついに真相が明らかになることはなかった。この実在の...

  • 2006/10/21(土) 03:30:46 |
  • とんとん亭

『ブラック・ダリア』(ブライアン・デ・パルマ)@109シネマズ木場

公式サイト→http://www.black-dahlia.jp/ う~ん、デ・パルマのファンとしては充分に楽しめましたが、やはり、ボリュームある原作を無理やり120分の尺に押し込めた寸詰まり感は否めないかも。プロットを原作に忠実に進めようとするならば、あと20~30分くらい長く

  • 2006/10/21(土) 05:06:58 |
  • 香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎

ブラック・ダリア

製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 121分監督 ブライアン・デ・パルマ 原作 ジェームズ・エルロイ 脚本 ジョシュ・フリードマン 音楽 マーク・アイシャム 出演 ジョシュ・ハートネット 、アーロン・エッカート 、スカーレット・ヨハンソン 、ヒ...

  • 2006/10/21(土) 05:15:16 |
  • タクシードライバー耕作のDVD映画日誌

『ブラック・ダリア』のドッペルゲンガー

ジェームズ・エルロイのノワール小説を、ほかでもないノワール的官能をたっぷり持ち合

  • 2006/10/21(土) 12:25:28 |
  • Days of Books, Films

ブラック・ダリア

 アメリカ サスペンス&ミステリー&犯罪 監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ジョシュ・ハートネット     アーロン・エッカート     スカーレット・ヨハンソン     ヒラリー・スワンク共にボクサーとしての経歴を持つロサンジェルス市警の...

  • 2006/10/21(土) 15:01:01 |
  • 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽

ブラックダリアとウィッカーマン/ the Black Dahlia & The Wicker Man

    今日は映画祭以外にトロントで観てきた劇場新作映画3本のうちの2本のレビューいきます{/kaminari/} {/face_hohoemi/}まず、日本でもついに来月公開になるブラックダリア1947年、L.Aを震撼させたブラックダリア事件を基に『L.Aコンフィデンシャル』の原作者ジェイ

  • 2006/10/21(土) 16:57:12 |
  • 我想一個人映画美的女人blog

映画~ブラック・ダリア

  「ブラック・ダリア」公式サイトまたもや期待しちゃいました映画の公開です♪ 原作は『L.A.コンフィデンシャル』のジェイムズ・エルロイ、監督はブライアン・デ・パルマ。1947年、LA市内の空き地で、女性が腰部分を切断された惨殺死体で発見される事件が発生。その

  • 2006/10/21(土) 20:40:02 |
  • きららのきらきら生活

ブラック・ダリア(映画館)

世界一有名な死体、世界一忌まわしい謎。製作年:2006年製作国:アメリカ監 督:ブライアン・デ・パルマ出演者:ジョシュ・ハートネット/アーロン・エッカート/スカーレット・ヨハンソン/ヒラリー・スワンク 時 間:121分[感想]残業の後の平日レイトショーってキッツイ

  • 2006/10/22(日) 13:36:13 |
  • ひるめし。

『ブラック・ダリア』と乾杯

ブラック・ダリアジェイムズ エルロイ, James Ellroy, 吉野 美恵子待ちに待ったブラック・ダリアです。なんといってもブライアン・デ・パルマ監督です。1940年代の時代背景やサスペンスタッチ、などなど。。。監督らしい作品でしたね。キャスト陣、スカーレット・ヨハン

  • 2006/10/22(日) 16:16:20 |
  • 映画とお酒と・・・エトセトラ

★「ブラック・ダリア」

オスカー主演男優賞獲得の「カポーティ」を見ようと思った土曜のナイトショウ。時間が合わず、スカーレット・ヨハンソンが出てる、こちらの作品に。といっても、主演は男優・・・ジョシュ・ハートネット。パッとしないが、有名な殺人事件を基にしたサスペンス。

  • 2006/10/23(月) 03:45:34 |
  • ひらりん的映画ブログ

映画「ブラック・ダリア」

2006年57本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アンタッチャブル」「ミッション:インポッシブル」のブライアン・デ・パルマ監督作品。「L.A.コンフィデンシャル」の原作者ジェームズ・エルロイの同名ベストセラーを映画化したクライム・ミステリー。女..

  • 2006/10/23(月) 08:29:16 |
  • しょうちゃんの映画ブログ

「ブラック・ダリア」を観てきました。

ひっっさしぶりに、こーんなつまんない映画を観たと思いました(失笑(好きな方、申し訳ないです)最近ばたばたしていて映画館なんてちっとも行けてなかったからせっかく行くからには面白い映画がみたいなー、ってものすごく期待して行ったのに・・・なんなんすか、これは?

  • 2006/10/23(月) 11:19:32 |
  • しまりすのひとりごと

『ブラック・ダリア』★★・・・

『ブラック・ダリア』公式サイト制作データ;2006米/東宝東和 ジャンル;サスペンス上映時間;分 指定;R-15監督;ブライアン・デ・パルマ出演;ジョシュ・ハートネット/アーロン・エッカート/スカーレット・ヨハンソン/ヒラリー・スワンク劇場:10/11(水)ユナイテッドシネマ...

  • 2006/10/23(月) 13:06:58 |
  • ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ

ブラック・ダリア☆世界一有名な死体、世界一忌まわしい謎。

本日、観に行ってきました♪

  • 2006/10/23(月) 13:39:47 |
  • ☆お気楽♪電影生活☆

「ブラック・ダリア」:東京国際フォーラム前バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}東京国際フォーラムってよく映画の試写会が開かれるわよね。{/kaeru_en4/}ワールド・プレミアっていうやつな。日本映画で日本人しか来ないのにワールド・プレミアって名づけたりして。あの史上最低映画のひとつ「男たちの大和」もたしかここで試写会を開いたは

  • 2006/10/24(火) 23:13:44 |
  • 【映画がはねたら、都バスに乗って】

ブラック・ダリア 2006-58

ブラック・ダリア」を観てきました~♪腰から身体を両断され放置されるという猟奇殺人の現場近くに居合わせた、リー・ブランチャード(アーロン・エッカート)とバッキー・ブライカート(ジョシュ・ハートネット)は、他の事件の捜査中だったにも関わらず、猟奇殺人の捜査に

  • 2006/10/26(木) 07:28:21 |
  • 観たよ~ん~

映画vol.92 『ブラックダリア』 *試写会

 『ブラックダリア』*試写会ブラック・ダリア監督:ブライアン・デパルマ出演:ジョシュ・ハーネット(『シンシティ』) スカーレット・ヨハンソン(『アイランド』)ヒラリー・スワンク(『ミリオンダラー・ベイビー』)HP『レッド・....

  • 2006/10/26(木) 15:36:29 |
  • Cold in Summer

映画vol.92 『ブラックダリア』 *試写会

 『ブラックダリア』*試写会ブラック・ダリア監督:ブライアン・デパルマ出演:ジョシュ・ハーネット(『シンシティ』) スカーレット・ヨハンソン(『アイランド』)ヒラリー・スワンク(『ミリオンダラー・ベイビー』)HP『レッド・....

  • 2006/10/26(木) 15:36:30 |
  • Cold in Summer

「ブラック・ダリア」

ルービック・キューブを適当に回してたら、完成してしまったような感じのする作品でした。前半と後半のバランスが悪く、残り30分で急に早送りになった気分。内容的には魅力があるので、どうせなら3時間ぐらいかけてもいいから、しっかり描いて欲しかったです。【多少ネタ

  • 2006/10/28(土) 22:20:54 |
  • the borderland 

ブラック・ダリア(アメリカ)

ややこしそうなストーリーだなぁ~と思いながら観にいってきました!「ブラック・ダリア」 ( → 公式HP ?) 出演:ジョシュ・ハートネット 、アーロン・エッカート 、スカーレット・ヨハンソン 、ヒラリー・スワンク 、ミア・カーシュナー上映時間:121分

  • 2006/10/28(土) 23:22:25 |
  • 映画でココロの筋トレ

「ブラック・ダリア」 ファイア&アイス

ブライアン・デ・パルマ監督のクライム・サスペンス、原作も一級のミステリーと以前から話題だったので楽しみにしてました。「ブラック・ダリア」(The Black Dahlia ・2006年・アメリカ)'47年ロサンゼルス、若い女性、エリザベス・ショートの惨殺死体が発見される。ロス市

  • 2006/10/29(日) 00:37:54 |
  • 目の中のリンゴ

『ブラック・ダリア』

主なあらすじ元ボクサーのバッキー巡査は、ひょんな事から同じく元ボクサーのリー刑事とコンビを組む事に。仲良しタッグで目覚しい成果を挙げる2人は、リーの恋人ケイと3人で、『うれしたのし大好き(フジTV)』の頃

  • 2006/10/29(日) 11:51:17 |
  • すきなものだけでいいです

107.ブラック・ダリア

自分にとっての期待は、大きすぎるものだった。5年前に、『ブラック・ダリア』が映画化決定した、というその時期から、ずっと期待に胸を高まらせていた。・・・ジェイムズ・エルロイが現代最高の作家の一人だと思う私は、LA暗黒4部作、と言われたら、期待せずにいられよう

  • 2006/11/10(金) 13:25:13 |
  • レザボアCATs

映画「ブラック・ダリア」

原題:The Black Dahlia1940年代後半、日本では戦後色も色濃い頃、へそのところで切断され、口は耳まで裂かれ内蔵はないぞの全裸女性死体、実在事件に着想の小説映画化 元ボクサーの二人の刑事、チャリティーで催すボクシングの試合のシーンもそこそこに、ミステリ

  • 2006/11/12(日) 01:54:59 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

「ブッラック・ダリア」 ハード・ボイルドか・・・

この原作を映画化するにあたり、ブライアン・デ・パルマ監督は、「映画化する方法がわからなかったんだ」と言ったそうだが、さて困った。なにを書いていいのかわからん。ハードボイルド、苦手なんです。昭和レトロというだけで、星が1/2くらいアップする日本映画のように、1

  • 2006/11/18(土) 18:00:54 |
  • 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

ブラック・ダリア

え~っと。。。 友人が絶対見たいと言うので見ました。。。 (うさぎはこの日キャナルで期間限定のアダムが見たかった) サスペンス系は苦手?なうさぎさんです。 必死で見たわ。。。 世界一有名な死体・・・って私知らないんですけど。。。 最初のボクシングのシーン

  • 2006/11/27(月) 23:34:09 |
  • ちわわぱらだいす

ブラック・ダリア…この映画に邪魔なのはダリア事件では?

10年ぐらい後にはビリーズブートキャンプとボビー・オロゴンを混同していそうな気がするピロEKです{/face_ase2/}本日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は娘の競書会の授賞式というのがあって、門司港まで行ってきました。私は門司区在住なのですが、門司港ってあんまり行か

  • 2007/07/09(月) 21:35:15 |
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

ブラック・ダリア-(映画:2007年79本目)-

監督:ブライアン・デ・パルマ出演:ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク評価:70点公式サイト(ネタバレあります)映画が始まり数十分。登場人物たちの関係がよくわからず、また、ブラックダリ....

  • 2007/07/17(火) 00:34:07 |
  • デコ親父はいつも減量中

ブラック・ダリア-(映画:2007年79本目)-

監督:ブライアン・デ・パルマ出演:ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク評価:70点公式サイト(ネタバレあります)映画が始まり数十分。登場人物たちの関係がよくわからず、また、ブラックダリ....

  • 2007/07/17(火) 00:34:21 |
  • デコ親父はいつも減量中

ブラック・ダリア:映画

今回紹介する映画は、ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソンが出演しているサスペンス作品の『ブラック・ダリア』です。 ブラック・ダリア:ストーリー 1947年、LA市内の空き地で、女性が腰部分を切断さ

  • 2008/08/11(月) 01:11:12 |
  • 映画札幌グルメ情報のジフルブログ

ブラック・ダリア

この映画あまり評判がよくないですね。( ^ _ ^; でもスカーレット・ヨハンソンとヒラリー・スワンク、 興味ありますね。 かつてはプロボクサーとして鳴らした、警官のバッキーとリー。 LA市警のPR試合で一戦を交えた2人は、急速に接近、 特捜課でコンビを組み

  • 2008/11/11(火) 20:40:36 |
  • 映画、言いたい放題!
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/208-de9f73ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。