ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハンティング」マスターズ・オブ・ホラー

コーエンと聞いて「兄弟」を思い浮かべた方は、続きを読んでも楽しめないかもしれません。
コーエンと聞いて「ロブ」を思い浮かべた方は、続きを読んで欲しくなんかありません。



コーエンといえば「ラリー」に決まってる稀有な皆さま、いらっしゃいませ。

唐突ですが、例えば、「ブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーで映画を作ろう」なんてのは、ラリー・コーエン的にはナシなわけです。
「エイリアンとプレデターを戦わせよう」というのも、どことなくダメです。
もしかしたら「少林寺拳法とサッカーをくっつけてみよう」あたりだったらOKかもしれませんが、「チアリーダーと忍者を合体させよう」はちょっと違う気がします。

「赤ちゃんがモンスターだったらどうしよう」とか「警官がモンスターだったらどうしよう」とか「救急車にモンスターが乗ってたらどうしよう」とか「携帯電話全盛期の現代に電話ボックスだけで展開してみよう」とか「その次は携帯電話をフル活用してみよう」とか、普通だったら「一発屋」的なアイデアを、次から次へと発想できる、「思い付きの総合商社」「技のデパート」と辻本清美女史あたりだったら形容するんでしょうけど、どちらかといえばデパートというより「裏ワザのドンキホーテ」のほうがしっくりくるラリーさんが、今回発見した裏ワザは「シリアルキラーなトラック野郎のクルマに拾われたのが、シリアルキラーなヒッチハイカーだったらどうしよう」なのでした。

いや、もう、最高です。このアイデアだけで胸がキュンとなっちゃいます。

しかも主役はマイケル・モリアーティ。
『ペイルライダー』で悪徳社長に背後から撃たれそうになったイーストウッドを救ったあの人。そうです、ラリーさん監督作である『空の大怪獣Q』で主役を張ったあの人です。胸がキュンキュンです。キュンがムネムネです(とはいうものの、なぜかパッケージが写真じゃなくてイラストだったせいでクズ映画と勘違いされてしまったと思われるビデオとは違うタイトルだったので、しかもそのタイトルが視聴者に見てもらうことを拒んでるんじゃないかと思われるタイトルだったので、まさかそうとは知らずに食事しつつだらけた気分で見ているうちに、登場人物たちがQ、Qと連呼するのでもしやと思ったらやっぱりそうだったテレビ東京での放送を見たきりなので、摩天楼の上空に80年代にも拘らずストップモーションアニメの怪鳥が、羽根をばたつかせて浮遊しているイメージくらいしか思い出せないんですけど)。

そんなマイケル・モリアーティが演ずるのはトラック野郎のほうですが、彼も、そして、もうひとりの殺人鬼ヒッチハイカーも、どちらもそれぞれ殺しの美学哲学をお持ちになっているご様子。とはいうものの『悪魔のいけにえ』のレザー・フェイスのようにチェーンソウや『エルム街』のフレディーのように鉄の爪といった特定の凶器をお持ちになられてるご様子はなく、そこで手に入れられるモノ、例えば、誰かの銃、バスのトランクルームのドア、道で轢き殺されたヘビなどを利用して犯行に及びます。しかも、この2人の殺人鬼同士の最後の対決は素手でポカスカ殴り合いです。
もう、最高です。

エ?

「最初の思い付きはいいんだけど、ツメが甘い」ですか?
「ゴア描写が間接的過ぎて今どきにしては弱い」ですか?
「2人の殺人鬼の間に挟まれた女性がブサイク」ですか?

そういうことは無きにしも非ずですが、「そういうツッコミどころ満載のユルさが低予算映画の魅力なんだよねぇ」なんてニヒリスティックな視点で今作を評価しているわけではありません。
ヒッチハイカーが2人の男女をバスの中に追い詰めて銃声2発と悲鳴が聞こえたかと思ったら窓を開けた女性がバスの外に転げ出て一目散に逃げるところまでを、バスの外に据えたカメラによるさり気なさ過ぎてほとんど気付かれないかもしれない長廻しのワンショットが、それらを全てチャラにしてくれるんです。

ところで、コーエンといえば「ラリー」に決まってる稀有な皆さまは、今作のラリーさんらしい幕切れ、来るぞ来るぞとドキがムネムネしたのでしょうか。それとも、目を細めて微笑みつつ涙を浮かべてご覧になっていたのでしょうか。
それとも「ふざけるな」といろいろなものに八つ当たりしたのかしらと思いつつ、クイズです。

問1:ラリーさん脚本の『マニアックコップ』に出演していたサム・ライミ監督と縁の深い俳優は?
 A.トビー・マグワイア
 B.ブルース・キャンベル

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:今作に出てくる重要な小道具、ピアス女が持ってたシガレットケースの模様は?
 A.トラ縞
 B.ヒョウ柄

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

ダメだぁ、

あたしはそんなマニアックな見方出来ません。
いっそ、そのブスまで殺人鬼だったら、面白かったのに、、、

  • 2006/11/14(火) 18:13:25 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #SFo5/nok
  • [ 編集]

あのラスト!

あの最後の展開に、ついニタニタしちゃいました。
コーエンといえば“絶対に”ラリーに決まってます!自分の最も好きな監督(脚本家)の1人です。

  • 2006/11/15(水) 23:24:40 |
  • URL |
  • @KOBA #SFo5/nok
  • [ 編集]

ちょちょちょ

ちょいとお待ちを~今、見てるんで!!
そしたらTBくださいねー。
ああ、にらさんが見始めたとあっては、俄然ヤル気が湧いてきました。
で、1監督1記事ですか。
じゃあ、私もそうしようかなあ・・・

  • 2006/11/17(金) 22:16:45 |
  • URL |
  • とらねこ #.zrSBkLk
  • [ 編集]

コーエンといえばな皆さま

◆とらねこさま
ハイ、ぜひTBさせて頂きます。

◆@KOBAさま
「なんか、このエンディング、やけに長いぞ」と思うと同時に「もしや、これは、あの」とふと頭に浮かんだアレが不意に現実のものとなったあの瞬間、鳥肌立ちましたよ。

◆猫姫さま
ブスまでサイコ。女性の強くなった現代なら、そういう展開のほうがシックリくるかもしれませんね。
でも、古い価値観に縛られた当ブログの管理人は、それはつまらないと思ってしまうのです。

  • 2006/11/20(月) 15:08:38 |
  • URL |
  • にら(公園管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

長い♪

おおー、こないだは読まずにコメントだけさせていただいたのですが、こんなに長い記事だったのですね。・・・凄い♪
私にもこんなマニアックな見方は出来ませんー(泣)

  • 2006/11/23(木) 01:29:40 |
  • URL |
  • とらねこ #.zrSBkLk
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ハンティング 06年220本目

ハンティング Pick Me Up2005年   ラリー・コーエン 監督ファイルーザ・バーク 、マイケル・モリアーティ 、ウォーレン・コールマスターズ・オブ・ホラー 恐-1グランプリインプリント 世界の終り 魔女の棲む館 愛しのジェニファー 虫おんな ディア・ウーマ...

  • 2006/11/14(火) 17:57:20 |
  • 猫姫じゃ

『マスターズ・オブ・ホラー』ハンティング

 TVシリーズ「マスターズ・オブ・ホラー」12番目のエピソードはラリー・コーエン監督の「ハンティング」。 ラリー・コーエン監督が、ホラー映画のマスターなの??って気もしますけどネ。でも、最も好きな映画監督&脚本家の1人なんで、全然OKです!ホラー映画のマスタ

  • 2006/11/15(水) 23:01:12 |
  • @KOBAのムービー!ムービー!

125.マスターズ・オブ・ホラー 『ハンティング』

ナイトメアーなヒッチハイク・・・

  • 2006/11/23(木) 01:38:36 |
  • レザボアCATs

映画「マスターズ・オブ・ホラー/ハンティング」

「悪魔の赤ちゃん」ラリー・コーエン監督作品。アメリカのTV局“SHOWTIME”が企画したホラー・プロジェクト<マスター・オブ・ホラー>。トビー・フーパー、ダリオ・アルジェント、ジョン・カーペンターはじめホラー界を代表する巨匠監督13人がホラー作品を競作したアンソ..

  • 2006/12/03(日) 12:03:50 |
  • しょうちゃんの映画ブログ

ヴィンセント・プライス主演!17世紀イギリ

状態レンタル落ち中古ビデオメーカービクター公開・放映情報1970年米87分スタッフ監督:ゴードン・ヘスラーキャスト出演:ヴィンセント・プライス/ヒュー・グリフィス/エリザベート・ベルクナー/ヒラリー・ドワイヤー/カール・リグほか。情報ヴィンセント・プライス主演!17

  • 2007/09/08(土) 16:24:59 |
  • ホラーへの思い

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/08/05(月) 15:46:18 |
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/215-a9b51dcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。