ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鉄コン筋クリート』

<ソコカラ、ナニガ、ミエル?>
<ココカラ、ゼンブ、ミエルヨ>


06122701.gif



ということで、詳細な地図と解説付きで全国各都道府県に所在する有名パンチラ・スポットを紹介だと勘違いされる方がおられるかもしれませんが、ここにそんな情報は載っている筈はありません。むしろ、そんな情報があれば教えて欲しいくらいです。
と植草克秀さんは「天に誓って」言ってません。


正月惚けで、という言い訳すら面倒だと思うほどの万年ものぐさ者なので、書きかけのまま、ずいぶん放ったらかしにしてしまいました。
なので、危うく「前述の植草克秀さんは「少年隊」のカッちゃんで、例の経済学者は植草一秀さんです」というオチさえ書き忘れるところでした。

さて、「アニメは日本の文化である」なんて表現をよくみかけますが、当ブログの管理人にはこのコトバの意味するところがよくわかりません。

近年、劇場公開されなおかつヒットした邦画アニメは、テレビ放送の延長線上に存在する作品と、スタジオ・ジブリ製作のものばかりです。
しかも、テレビ放送の延長線上に存在する作品のほとんどは、ファミリー層といえば聞こえはいいんですが、要するにガキ向けです。もちろん、大人の鑑賞にもじゅうぶん耐えられるクオリティーはあるはずなんですが、子供に人気のある番組が映画化され、その告知や宣伝も子供向けの媒体が中心だし、多くのシネコンでは最終上映は夕方までだし、という具合に、製作、配給、興行ともに、休日の混雑を避けて平日の仕事帰りに映画館に立ち寄るサラリーマンやOLには見せないような方針がとられています。特に、格安で見られる平日のレイトショーをあてにしている時間もカネもない当ブログの管理人のような人種、ってのが果たして他に存在するのかどうか知りませんが、そんな人種にとって、例えば2005年邦画の興行収入2位を記録した『ポケモン』あたりを単独で見ることは不可能に近いわけです。
子供以外の層を映画館まで引き寄せられる邦画アニメは、ジブリ作品だけといっても過言ではありません。マンガを映画化するにしても、『海猿』や『デス・ノート』や『NANA』のように、アニメではなく実写という方法が採られます。もしこれらの作品がアニメで製作されていたら、あれほどヒットしたのかどうかはさておき、映画、という括りにおいては「アニメは日本の文化」なのかどうか、甚だ疑問ではあります。

とはいうものの、能や文楽といった古くからある「日本の文化」だって、多くの日本人が毎日大挙して能楽堂に押しかけるとか、HKN教育で日曜の夜10時に放送される文楽中継が裏番組の「おしゃれイズム」よりも視聴率が高いとか、そういうこともないわけですが。

と、前置きが長くなりましたが、今作は「日本が世界に誇る文化」であるところの「アニメ」です。

監督が『アニマトリックス』のプロデューサーだからか、今作には『マトリックス』っぽさが、そこかしこ。だからダメだってことではありません。
むしろ、今作の「宝町」が「マトリックス」同様の仮想世界だと思い込んだほうが、主人公たちの驚異的跳躍力の荒唐無稽さを許容できるはずです。
映画の舞台となる架空の町「宝町」そのものも、細部にわたる描き込みがなされ、さらにそれがCGで立体的に表現されていたり、また、ある人物の「死」に宝町の「死」を象徴させていたりと、主人公たちに劣らぬ扱いがなされています。

しかし、手放しでベタ褒めもできません。
主人公や主要メンバーたちに比べ、見た目は印象的な端役たちは役回りとしてのインパクトがなく、捨て駒のような扱われ方です(それは、連載という時間軸で物語や人物が紡げるマンガと、上映時間に拘束された映画の違いかもしれませんが、原作を読んでないのでわかりません)。
『ファイトクラブ』や「インディビジュアル・プロジェクション」のようなオチと、あるいは製作が「スタジオ4℃」ですから『マインド・ゲーム』のような表現、いずれも特に目新しいわけでもないし。

ところで、後半に出てくる「子供の城」ですが、アレはモロに東京ディズニーランドでした。原作ではどうなってるかわかりませんし、造形もサッパリ似てませんし、街なかにいきなり出没するあたり「オトナ帝国」かなとも思う向きもあるかもしれません。しかし、今作の時代設定は昭和57年です。
東京ディズニーランドの開園は昭和58年の3月ですから、映画で描かれた時期とピッタリ一致します(セリフでは言及されませんでしたが、前半のほうで「ネズミ」こと鈴木が読んでいたある本の表紙に「昭和57年」と書かれていました)。
そういえば、主人公たちを追い詰める殺し屋たちが、ガンダムに出てくる「黒い三連星」ドムみたいだなぁ、と思ったりしましたが彼らが3人組だからというだけで、それ以外になんら根拠はありません。そもそも、「ジェットストリーム」と聞いて即座に「アタック」と応えるようなガンダム好きでも児玉清ファンでもありません。むしろ「ジェットストリーム」と聞いたら、そんな夜間飛行のパイロットはわたくし「城達也」もしくは「伊武雅刀」な管理人がお送りしました。それでは、また明日、午前零時にお会いしましょう、といいかげんに締め括ってクイズです。

問1:ネズミこと鈴木が読んでいた「ある本」とは?
 A.細木数子 六星占術
 B.高島歴

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:どうやら世界各国での配給が決定したらしいけれど、よく考えたら英語直訳不可能な今作の英語圏でのタイトルは?
 A.『Black and White』
 B.『The Battle of TakaraCity』

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

良いお年を~!

執筆中に、関係ないコメを、、、
来年もよろしくお願い致します!!

  • 2006/12/31(日) 16:17:56 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #SFo5/nok
  • [ 編集]

執筆中

もしかしてこだわりのイラストに時間を取られているのではないでしょうか。それをそのまま年賀状に使ってやれ!とちゃぶ台をひっくり返すにら様のお姿まで想像してしまいます。
空飛ぶにら様を初夢で見られるように♪
よいお年を・・・

  • 2006/12/31(日) 22:30:50 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

素敵なイラスト~★

子供の顔や体、タッチなんかにも、普段のにらさまと違う感じが見受けられるのですねー♪素敵!
高いところに昇ってるオバケみたいのも、なんかかわいいですし☆
昨日、見ようと思ったんですが、満席で見れませんでした。
でも、この映画、面白かったのかどうなのか、にらさまの文を読んでも、やっぱり分かりませんでした。どうしようかなぁ・・・。

  • 2007/01/25(木) 19:01:27 |
  • URL |
  • とらねこ #.zrSBkLk
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

鉄コン筋クリート

天使のような存在なのかと思ったシロ隊員だったけど、リンゴが好きだったことからすると、もしや死神?

  • 2006/12/31(日) 22:31:25 |
  • ネタバレ映画館

#19.鉄コン筋クリート

“宝町”を根城に徘徊している、“ネコ”のシロ(声:蒼井優)とクロ(声:二宮和也)は、親のいない子供たち。いつもかっぱらいとか、ケンカとか、とにかくこの辺りで一番の強いのだ。昔なじみのヤクザ、“ネズミ”-鈴木(声:田中萊)が帰ってきた辺りから、宝町の空気

  • 2007/02/02(金) 20:21:37 |
  • レザボアCATs

DVD UDON プレミアム・エディション

あの、日本映画史上に残るヒットシリーズ『踊る大捜査線』を手掛けたユニットが、“ソウル・フード”をテーマに、またまた新たなエンタテインメントを仕掛けてきた!! それは“UDON”=うどんの物語。さぬきうどんの聖地・香川県を舞台に、うどん屋の息子が愛すべき仲間たち

  • 2007/08/17(金) 13:18:20 |
  • 邦画をあなたに捧げます

鉄コン筋クリート

 {amazon} 映画『鉄コン筋クリート』を鑑賞。少年のクロとシロが住む宝町は昭和30年代的な老若男女が共生する町。またしてもノスタルジーチックな作品かと思えば、そうでもなかった。

  • 2007/11/05(月) 16:23:18 |
  • 悩み事解決コラム

≪鉄コン筋クリート≫(WOWOW@2008/01/19@032)

鉄コン筋クリート    公式HP    詳細@yahoo映画 松本大洋原作による伝説的な超人気漫画の劇場版アニメ 豪華な声優陣がウリになってたけど、その前にこの映画の「絵が苦手!!」 まずその世界観に慣れるだけで精一杯 なので先にどの声が誰なのか...

  • 2008/03/03(月) 16:23:09 |
  • ミーガと映画と… -Have a good movie-

鉄コン筋クリート…個人的には壁紙にしたい(だけの)映画?

昨日は夕方から夜半まで仕事でした。 で、今日{/kaeru_fine/}はゆっくりしよう…と、思っていたんですが突然朝10:00頃に鳴り響く携帯電話{/handyph_pink/}{/kaminari/}。 「○○社(某車ディーラー)のSです。本日朝9:30よりお車の点検の予約だったと思いますが、どう

  • 2008/05/31(土) 22:37:20 |
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/230-04abb85f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。