ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魂萌え!』

映画のタイトルは『魂萌え!』であって『魂燃え!』ではありません。
ちなみに、劇中、主人公役の風吹ジュンとともに、由紀さおりと元ピンキーこと今陽子を含む同級生らが唄う黒人霊歌は、「焦げよマイケル」ではありません。

07012901.gif



極私的なことではありますが、阪本監督の前作『亡国のイージス』に引き続き、今回も私生活がバタバタしている時期と重なり、マトモな記事が書けないのであります。

そもそも、このブログにマトモな記事なんてあるのか?
という疑問を抱かれるかもしれませんが、それは貴方が至極マトモな方である証左であります。なので、自分ですらとてもマトモとは思えない管理人が書いた記事なんて読むべきではありません。読み進めればかならずや貴方の身に不幸が降りかかることでしょう。例えば自販機で好きな飲み物が売り切れだったり、何度しわを伸ばしても自販機に千円札が入らなかったり、お釣りを900円にしようと1020円投入したのに全部百円硬貨で出てきたり、月曜は男性サービスデーだからと映画のチケット売り場で千円を出したら「レイトショーは男女関係なく千円です」と言われたりするのも、当ブログの記事を読んだせいです。さらに、そんな貴方の元に死が訪れます。何年後に死ぬとは断定できませんが、おそらく百年以内に。
あるいは、明日、貴方の不倫が家族にバレてしまうもしれませんが、それは貴方が不注意さが原因であり、当ブログの記事とは一切関係ないので、あしからず。

と、いつものことながら、よくわからない文章で文字数稼いでおいて、本題です。

原作は読んでありました。
近所の公民館にごく小規模な図書館の支所があるのですが、開架にたまたま置かれていました。桐野夏生の新作だしテレビドラマ化もされて映画化もされて高回転率な書籍のはずにもかかわらず、運良く、予約もせずに借りることが出来ました。
夫の伴侶として生きてきた専業主婦を主人公に、彼女にとって未開のジャングルのようにも見える「世間」をさすらう大冒険物語。

家族が離散してしまう小説とは映画は異なる結末ですが、『新・仁義なき戦い。』で豊川悦司が最後に訪れたところがどこだったのかを思い出すと、阪本監督らしい選択ということで、それに文句を言うつもりはありません。
映画と小説は別物でもいいと思ってますし、長大な原作ゆえ仕方ないのですが、カプセルホテルの支配人らしき老婦人が、映画に出てこなかったのはちと残念です。

冒頭、窓際に立ち隣家に軽く会釈する風吹ジュンの横顔が、敢えてそう見せているんでしょうけど、すっかり「おばあちゃん」だったのにびっくり。あるいは、カプセルホテルで共同浴場にやってきた風吹ジュンを引きの画面で捉え、小さなタオルで身体の前面を覆ってるだけの全裸であることを見せるシークエンス。
ふとそれを残酷だと感じてしまったのですが、果たして正しいことなのでしょうか。たしかに若いおねーちゃんのピチピチした肌は目の保養でありますが、老いたそれは悪なのでしょうか。

それはさておき、風吹ジュンと三田佳子が顔をあわせるシークエンスのただならぬ緊張感はすごかった。正妻vs愛人という状況が状況ではありますが、それを差し引いても見事です。
1度目は、ひと部屋が6畳程度の狭い日本家屋で、壁やふすまを利用しつつサスペンスフルに撮っています。お互いの腹を探りつつ直に目と目が合わぬよう、といった感じがよく出ていました。
2度目のときは、蕎麦屋のテーブルに向き合って座った状態。互いの視線を真正面で受け合う位置関係です。1度目のときにあった床に正座した風吹がソファに座った三田を見上げる上下の関係も、同じ高さのイスに座っているここではなくなっています。ふたりの視線の高さの変化は、1度目の顔合わせ以来、世間にもまれてきた風吹自身の変化をも感じさせてくれます。

デパートの屋上や、友人たちとの食事や、他にも面白いところはあったんですが、精根尽き果てましたので、駄文をクイズで誤魔化すことにします。

問1:極私的なことでありますが、当ブログの管理人は林隆三と古谷一行がゴッチャになることがありまして、今作を見てる時も「こんな役、テレビ版「失楽園」でやってなかったっけ?」と勘違いしてしまいました。ところで古谷一行の息子はドラゴン・アッシュですが、和田誠の息子は?
 A.ティーレックス
 B.トライセラトップス

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:極私的なことでありますが、当ブログの管理人が幼いころ十朱幸代とゴッチャになりがちだった女優と言えば丘みつ子。では岡まゆみといえば?
 A.まんがはじめて物語
 B.エースをねらえ!

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

全国のタマが燃えたら、かなり大変なことになると思われますが?
にらさん、サザエさんちの見物人ですか?

  • 2007/02/11(日) 15:41:11 |
  • URL |
  • ボー・BJ・ジングルズ #0M.lfYJ.
  • [ 編集]

タマを燃やしたらダメです~。

  • 2007/03/19(月) 16:07:28 |
  • URL |
  • タラちゃん #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

映画「魂萌え!」

特に燃えるわけでも萌えるわけでもない・・変わりたいと言いながら、愛ルケするわけでもない・・はじけそうなのにはじけきれない、そんな59歳主婦の葛藤・・ 関ロ敏子(風吹ジュン)は専業主婦、夫隆之(寺尾聰)が60歳の定年退職から3年を過ぎて心臓麻痺により、あの

  • 2007/02/08(木) 12:56:43 |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

魂萌え!

いいか、よく聞け!不倫騒動と借金地獄によってこのカプセルホテルは一気呵成に沈んでいくんだ!

  • 2007/02/18(日) 18:58:12 |
  • ネタバレ映画館

『魂萌え!』\'07・日

あらすじ定年を迎えた夫と平穏に暮らしていた敏子(風吹ジュン)の日常は夫が心臓マヒで急死したことで一変する。葬儀の後、夫の携帯電話にかかってきた見知らぬ女性からの電話で明らかになる夫の浮気、8年ぶりに現れ強引に遺産相続と同居を迫る長男・・・。感想風吹ジュ...

  • 2008/05/04(日) 14:09:47 |
  • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/234-1aad1c7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。