ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悪夢探偵』

イヤだ、イヤだ・・・イヤだ、イヤだ、イヤだ・・・

07013001.gif




タイトルは『悪夢探偵』ですけど、松田龍平演ずる「悪夢探偵」クンは、林海象が描くところの「探偵」とは決定的に違います。もちろん彼の親父、優作とも異なる「探偵物語」であります(ここでいう探偵とは「工藤俊作」のことであり、薬師丸ひろ子に「さん」付けされるほうの探偵ではありません)。あるいは、塚本晋也監督の旧作『双生児』の原作者、江戸川乱歩の小説に出てくる明智小五郎のような名探偵でもありません。
京極夏彦の小説を映画化した『姑獲鳥の夏』で阿部寛が演じた探偵・榎木津礼二郎の持つヒトの過去が見えるという特殊な能力にも似た、ヒトの夢の中に入り込めるという不思議な能力を悪夢探偵クンは持っていますが、ただそれだけです。
同じくヒトの心に入り込む『ザ・セル』のジェニファー・ロペスが演じたヒロイン(こちらは特殊な「装置」を使ってますが)のように、精神分析とか心理学とかの専門知識を持っているわけでもありません。「コンピューターの構築した夢」ともいえる世界に入り込む『マトリックス』のネオのように、夢の中で超人的身体能力を発揮できるわけでもありません。
縁故で依頼されて、原田芳雄の夢に入るものの、なにひとつ解決できないどころか、最悪の結末を家族らになじられる始末。
彼は木造2階建ての粗末なアパートに暮らしているのですが、どう見ても「探偵」の看板を掲げているようには見えません。だからといって定職に就いているとも思えません。
彼が他より秀でているのは、その外見にもかかわらず、近所の子供には好かれやすいことくらいですが、それも今回の事件には役に立つ能力でもありません。
そもそも「探偵」なんかじゃないし。
まるで「妖怪ハンター」と名前だけは勇ましいものの、ゴキブリにさえ怯える冴えないオッサンだった『妖怪ハンター ヒルコ』の沢田研二みたいです。

そんなヘナチョコ野郎とともに事件解決に当るエリート敏腕刑事役は、その拙いセリフ回しから、賛否両論、というよりほぼ否定的見解だらけらしい、Hitomiお姉さまであります。
2流のガラッパチAV女優みたいな倖田ナントカよりも作詞家としての才能は上なのに、TV番組に出演してナマで歌を披露するとその声量のなさが露呈してしまうからでしょうか、今やアイドル歌手としては、単体じゃなくて企画モノに駆り出されるAV女優みたいなナントカ來未に完全に水をあけられてしまった観のあるHitomiお姉さま。
とまぁ、Hitomiお姉さまを褒め称えているのか、単に倖●●未に対する嫌悪をぶちまけてるに過ぎないのか自分でもよくわかりませんが、しかし、ちょいとエラが張っている点を除けば整ったキツめのお顔にスレンダーなカラダという塚本晋也監督好みの被虐心そそられるHitomiお姉さまというチョイスは正しかったと思います。冒頭からずっと不機嫌そうな顔で演じさせておいて、ラストで別の表情をさせるという演出が憎いじゃありませんか。


いつものことながら、時系列に沿ってストーリーを書き綴ることはしません。

塚本監督といえば、ふたつのものがひとつになる、同化する軌跡を描いたものばかりなんですけど、今作もまさしくそんな作品でした。しかも、『六月の蛇』ではカメラを介することで肉体的に一定の距離を置いた状態における同化を描いてましたが、今作では他人の悪夢という回路を通じて別々の人物がひとつになろうとするという、もはや物理的な距離すら意味を為さない同化にまで進化していました。

「都市」を無機質で硬そうで根源的嫌悪感を抱かせるような表情に切り取る手腕には、相変わらず舌を巻きますが、『六月の蛇』や『ヴィタール』から塚本作品に接し始めた方は、『鉄男』シリーズにあったようなおどろおどろしさに戸惑われるかもしれません。
手持ちカメラをぶんぶん振り回して突き進むかのようなカメラワークは、またかよ、と思わなくもないんですけど、それらの直前に置かれたシークエンスはあまりに静謐で、画面と耳をつんざかんばかりのノイズのような音楽とともに、えもいわれぬ不穏さを醸し出しています。
いきなり首を激しく振ったかと思ったら口がまるでケツの穴みたいにすぼんでしまうとか、手の中でグニャりとしおれる携帯電話は、これぞ悪夢、といった感じですけど、壁からだらりと生える黒くて長い髪の毛は、動かないどころか何も起こらないにも関わらず、その部屋の片隅の薄暗さもあいまって、感動とか感激とか快感とかあまり覚えなくなりつつあるスレたオッサンの背筋さえゾクゾクさせるような恐怖を覚えました。


ところで、『昭和歌謡大全集』『46億年の恋』そして今作と、松田龍平と共演すると100%の確率で殺されることに安藤政信自身も気付いてるのかしらと思いましたが、それがどうしたと自分を責めつつクイズです。

問1:『悪夢探偵』とは一字違いで大違いな『悪漢探偵』の主演は?
 A.マイケル・ホイ
 B.サミュエル・ホイ

正解はこちらのランキングサイトに。

問2:二人目の犠牲者がお酒を飲みつつムシャムシャ食べていたのは?
 A.あんパン
 B.羊の腸詰

正解はこちらのランキングサイトに。


◆こんな記事を読んで頂いたのに、さらにお願いするのも申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、こちらのランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

そのおみ足

少し太い気がします、、、
hitomiが見たら、怒るかも?

  • 2007/02/01(木) 14:21:51 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #SFo5/nok
  • [ 編集]

ああっ、

かえるがパンツ、チラ見してるぅぅ。
ヒトミの演技は凍りつきました(固)
あそこ、何言ってたんでしょ?
分かったら教えて下さいまし

  • 2007/02/03(土) 16:04:55 |
  • URL |
  • とらねこ #.zrSBkLk
  • [ 編集]

始めまして!面白いです!

悪夢探偵って見そびれてしまって
・・そういう話だったんですね(汗^^;
リンクしても良いですか~?
また応援ポチしに来ます♪

  • 2007/02/04(日) 12:08:10 |
  • URL |
  • うさぎ #Wbk1lLzE
  • [ 編集]

TBさせてください~

お久しぶりです。
うっかりお気に入りに入れ忘れて、随分探してしまいました。
皆さんhitomiの続投に疑問を投げかけているようですが、「恋のミニスカポリス」なら次回作も当然彼女ですね!

  • 2007/02/07(水) 16:57:47 |
  • URL |
  • ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  • [ 編集]

おはようございます。

トラックバックありがとうございました。

感心したのはあの警察署の造型。某役所でロケしたらしいですが、雰囲気満点でした。

hitomiは当然続編の「悪夢探偵VSフレディ」(←勝手に作るな! 私 ^^;)にも出てくるのでしょうけど、その時もしも演技が“上達”していたら、本作のような“玄妙な味(謎)”が薄れるのではないかと、それはそれで危惧するところでもあります(笑)。

それでは、今後とも宜しくお願いします。

  • 2007/02/10(土) 07:27:33 |
  • URL |
  • 元・副会長 #5lgk84Pk
  • [ 編集]

夢みる皆さまへ

◆元・副会長さま
探偵色が強くなったり、「ケイゾク」とか「トリック」みたいな男女のコンビ物にもならないことを願うばかりです。ということで続編は、霧島刑事の前日談として『エイリアンvsミニスカポリス』を希望します。

◆ノルウェーまだ~むさま
続編が、巨万の制作費と引き換えにというエイベックス側からの圧力で、倖田某に差し替えられないことを願うばかりです。

◆うさぎさま
こんなブログですが、リンク大歓迎です。

◆とらねこさま
聞き取れなかったセリフのことなら、自称「悪夢映画探偵」のわたくしにお任せあれ(ウソ)。

◆猫姫さま
太さは、管理人の好みにより勝手に脚色されてます。

  • 2007/02/12(月) 16:11:54 |
  • URL |
  • にら(初夢管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

悪夢探偵 07027

悪夢探偵 NIGHTMARE DETECTIVE2007年   塚本晋也 監督・脚本・撮影・美術松田龍平 hitomi 大杉漣 原田芳雄 塚本晋也霧島、かっこえ~!!龍平ちゃん、もう、パパそっくり!!塚本晋也 監督作品  ヴィタール ヒルコ 妖怪ハンター

  • 2007/02/01(木) 14:21:00 |
  • 猫姫じゃ

悪夢探偵(映画館)

お願い、私の夢に入って、一緒にあの男を倒して。

  • 2007/02/01(木) 20:09:15 |
  • ひるめし。

「悪夢探偵」松田龍平 これってホラー!?

劇場招待券が当たっていたのに、中々行けなかったら、とうとうロードショーが終わってしまうらしい!と知って、慌てて観に行った。実際は公開が伸びて、レイトショーでもまだ暫くは観る事ができるようになっている。しかし、「悪夢探偵」と、夢探偵の「パプリカ」・・・なん

  • 2007/02/07(水) 16:58:16 |
  • ノルウェー暮らし・イン・ジャパン

悪夢探偵/松田龍平、hitomi

アレレ?何だか想像していたのとはだいぶ違いました。事前に得ていた作品概要とも微妙に違う感じだし。監督が「ヴィタール」の塚本晋也さんなので、このダークでグロなテイストはわかるんだけど、タイトルからイメージしちゃうような探偵モノではない気がするんですよねぇ。

  • 2007/02/09(金) 16:59:53 |
  • カノンな日々

悪夢探偵(1/13公開)

 1/17、シネセゾン渋谷にて鑑賞。8.0点。 映画において、大音量の効果音というやつは使い方が難しい。たとえばホラー映画でこれを頻発したりすれば、その時点で下手糞な映画作家だと断定されかねない。いきなりの大音量が人間を驚かすのは当たり前のことだし、そんなもの

  • 2007/02/09(金) 18:27:48 |
  • 第八芸術鑑賞日記

悪夢探偵

アパートの一室で少女の惨殺死体が発見され、自殺と断定される。つづいてメタボリックなサラリーマンが、妻の隣で眠りながら自分の首をグサグサ刺して死ぬ。二人の被害者は、「0」で表示される謎の人物と最後に電話をし、悪夢にうなされていた。事件を担当するエリ...

  • 2007/02/09(金) 18:53:56 |
  • しまねこ日記

悪夢探偵@シネセゾン渋谷

他人の夢に潜り込む能力を持つ主人公の影沼京一はアンチ・ヒロイズムに徹するが、彼のセリフには説得力があった。心を読むことにも長け、欺瞞を見抜き、うがった見方しかできないのは悲劇であるものの、小鼻にしわを寄せて「ああ嫌だ嫌だ」と皮肉屋のように、敬慕の的から程

  • 2007/02/09(金) 19:17:55 |
  • ソウウツおかげでFLASHBACK現象

悪夢探偵

【悪夢探偵】 ★★★☆  2006/1/13 ストーリー 自殺とみなされる事件が2件続けて発生するが、被害者はどちらも、ベッドの上で眠ったま

  • 2007/02/09(金) 21:08:05 |
  • りらの感想日記♪

夢殺人

21「悪夢探偵」(日本) 密室状態で絶命した少女。妻の隣で眠りながら首筋を刺し、死んだ男。自殺であるのは明らかだが、一見関係のないような二つの事件には繋がりがあった。被害者は死ぬ前に?0(ゼロ?と表示されている人物と最後に話しており、かつ悪夢にうなされてい

  • 2007/02/09(金) 22:39:08 |
  • CINECHANの映画感想

「悪夢探偵」

 悪夢探偵 オリジナル・サウンドトラック「悪夢探偵」 ★★★★NIGHTMARE DETECTIVE (2006日本)監督:塚本晋也脚本:塚本晋也キャスト:松田龍平、hitomi、安藤政信、大杉漣、原田芳雄、塚本晋也 エンデ

  • 2007/02/10(土) 00:54:46 |
  • NUMB

感想/悪夢探偵(試写)

映像がおもしろいアクションスリラー『悪夢探偵』1月13日公開。人の夢の中に入れる男・影沼。しかし彼は自分の能力を好んでいない。そこに、謎の変死事件が相次ぐ。事件の鍵を握るのは夢であると考えた女性刑事が、影沼を訪ねるが、彼は夢に入る事を拒む。すでにシリーズ化

  • 2007/02/10(土) 01:34:27 |
  • APRIL FOOLS

「悪夢探偵」

 塚本晋也監督、さてはhitomiに惚れているなァ・・・・・といった下世話な感想が先に来てしまうシャシンだ(笑)。 通常ミュージシャンが演技する場合、持ち前のパフォーマンス能力で俳優顔負けの演技を見せるケースがあるし、たとえ上手くはなくとも存在感で観る者

  • 2007/02/10(土) 07:16:48 |
  • 元・副会長のCinema Days

悪夢探偵 見てきました

 別に見たかったわけではないんですが、悪夢探偵を見てきました。

  • 2007/02/10(土) 10:18:52 |
  • よしなしごと

#23.悪夢探偵

龍平最高!!! 龍平最高!!!  龍平最高!!!いやぁ~。面白いです。特に松田龍平!

  • 2007/02/10(土) 12:45:34 |
  • レザボアCATs

『悪夢探偵』

 最近はそれほどでもなくなりましたが、以前は変な夢を見る事が多かった。 僕の夢ネタはいくつかの映画感想の中で書いたと思うので詳細については省かせていただきますが、中にはいわゆる悪夢と呼んでも良いものも有ったような気がします。 悪夢・・・これは単純に....

  • 2007/02/10(土) 12:55:08 |
  • 映画大陸

超後ろ向きなニューダーティヒーロー誕生!?

「悪夢探偵」  他人の見方は人それぞれ。人のいいところばかりを見る人もいれば、悪いところばかり目につく人もいるようです。「あの人って、凄い!」といいところばかり

  • 2007/02/10(土) 14:40:36 |
  • 人生はお伽話もしくは映画のよう

悪夢探偵

「悪夢探偵」 製作:2006年、日本 106分 PG-12指定 監督、脚本:塚本

  • 2007/02/10(土) 18:21:26 |
  • 映画通の部屋

悪夢探偵

★★★  乱歩風の古風でオドロオドロしいタイトルと、ちょっとユーモラスなポスター。これを塚本晋也監督がどのように調理するのかが楽しみだった。 塚本監督の作品を観るのは、『六月の蛇』以来なので、楽しみにしていたのだが、少し期待外れだったかもしれない。  映画

  • 2007/02/10(土) 20:35:46 |
  • ケントのたそがれ劇場

悪夢探偵

立て続けに起こった二つの自殺。一見関連性の無いように思われた二つの事件だったが、自殺の直前に『ゼロ』という謎の人物に電話していたという共通点があった。エリート刑事・霧島はこのゼロが暗示によって被害者を死に至らしめたと推測し、人の深層心理に入り込む能力を.

  • 2007/02/11(日) 08:54:46 |
  • 5125年映画の旅

悪夢探偵

 もともとホラーがあまり好みではなく、時々しか観ることがありませんが、幸いなことに外れることはあまりありません。  たとえば一般的にはあまり

  • 2007/02/18(日) 18:19:02 |
  • シネクリシェ

悪夢探偵(-_-)zzzああ、いやだ ああああ、いやだ・・・・

ああ、いやだ ああああ、いやだ ああ、いやだと呟いているのは“悪夢探偵”こと影沼京一(松田龍平)・・・・。少しやる気のないいやあ~かなり生きることにもいやいや状態みたい。ある日そんな彼の元に、捜査の協力を求める刑事がやって来るエリート刑事の霧島慶子(hito

  • 2007/03/03(土) 10:29:22 |
  • 銅版画制作の日々

悪夢探偵

悪夢探偵 スタンダード・エディション監督:塚本晋也出演:松田龍平、hitomi、安藤政信、大杉漣、原田芳雄、塚本晋也...「お願い、私の夢に入って、一緒にあの男を倒して。」...

  • 2007/09/24(月) 20:48:24 |
  • ひめの映画おぼえがき

【無料映画】人間的ダークヒーローの誕生/ 「悪夢探偵」

し・しまった。なんの情報もなしに観てしまった。先入観が待ったく無いと何が起きるのか楽しい。『悪夢探偵』というくらいだから江戸川乱歩の作品イメージで、明智小五郎みたいなも...

  • 2007/12/19(水) 21:16:43 |
  • CARAMEL*PAPA

≪悪夢探偵≫(WOWOW@2008/01/12@018)

悪夢探偵   公式HP   詳細@yahoo映画 ≪パプリカ≫ に続いて観たのは同じく「夢」関係の映画 いや~、グロかったなぁ そして、眠るの怖くなるっつーの 設定はいいかなと思ったけど、サスペンスを気取りつつほとんどホラーだったのに納得いか

  • 2008/02/06(水) 15:46:52 |
  • ミーガと映画と… -Have a good movie-
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/235-6e53673a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。