ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デス・プルーフinグラインドハウス』

~映画にまつわる都市伝説~

タランティーノ→ロドリゲス→ブルース・ウィリスという流れなのか、あるいはその逆なのか、『ダイハード4.0』にも出てたメアリー・エリザベス・ウィンステッドちゃんが、劇中、撮入待ちだった映画のタイトルは『チアリーダー忍者』である。

07092101.jpg


(以下 耐眠仕様で執筆完了)

ご無沙汰しておりました。
失踪の直後、猛スピードで疾走するクルマに跳ねられたのではないか、いやいや、きっと女性を追い掛けまわしてるうちに迷子になってクルマに跳ねられたのだ、そういえば場末の映画館でよく似た人を見かけたけれど、最前列に座ってぼんやりスクリーンを見上げていたらクルマに跳ねられたらしい等々、といろんなところでウワサを立てようなんて不埒なことを考えてすみません、と、放ったらかしにしていたブログそのものに対して言ってあげたいです。


それはさておき、むかしむかし、『マッドマックス2』を観ていたときのことです。
後半、大量のガソリンを積んだタンクローリーを操るマックスと暴走族たちの死闘も終盤に差し掛かった頃、ボンネットに載って今にも転げ落ちそうなショットガンの弾薬をブーメラン小僧に取りに行かせるや、死んだと思ったウェズがドーンとあらわれ、腕を捕まれた小僧も観客もビックリ、マックスはなんとか小僧と弾薬を車内に引き戻し、ショットガンに装填してウェズ目掛けて引金を引くが不発、ウェズがニヤリと笑い、もうこれまでかと思ったところへ、暴走族の首領ヒューマンガスの運転するクルマがタンクローリーに正面から突っ込んで大破する、その次の瞬間、アドレナリン炸裂した観客同様、映写機も興奮したのか、フィルムが切れちゃったのでした。
しばらくして、上映再開したとき、スクリーンに映ったのは、いつのまにか横倒しになってるタンクローリーのカラカラ回るタイヤを手前に、タンクから砂がサラサラと流れ出るショット。
途中のショットが欠けていたせいで「ガソリンは別動隊が運んでいて、マックスは暴走族をひきつける囮役だった」というオチが、すぐにわからなくなっていました。


ということで、『デス・プルーフ』です。
いろいろなところで上映されてキズが付いたり、欠けたりしたフィルムを人工的に再現してるとのことですが、人物やクルマが遠ざかるショットの途中が欠けている程度です。どこが欠けても別に差しさわりのない「ガールトーク」のあるシークエンスなんて、欠けるどころか、同じセリフの別テイクが継ぎ足されてたりもします。
前述の映写事故ように話の前後がすぐにわかりかねるほどの過激さはありません。
そこが「脚本家」ではなく「演出家」タランティーノの限界といったところでしょうか。

それにしても、テキサスが舞台の前半は、陰惨です。
蒸し暑そうだし、雨はどしゃ降るし、店内もエアコンとか効いてなさそうだし。そこへスクラッチノイズやコマ飛びが入るばかりか、出てる女優さんが「見方によってはかわいらしい」という、かつてのハリウッド非メジャー系ホラーとか、にっかつロマンポルノとか、そういう匂いのする顔立ちばかりが額に汗を浮かべてるので、さらに蒸し暑い。
その熱と湿気で、脳内では現代が舞台だとわかっているのに、目はいったいいつの時代設定だったのかと疑いはじめるくらいです。
それに比べてテネシーが舞台の後半、画質も音質もクリア、女性たちも垢抜けてます。
前半が陰惨なだけに、より一層、明朗に感じられます。

しかもその印象がそのまんま、物語の展開とマッチしている、って、あまりに図式的でわかり易過ぎますけどね。

また、もともと、本国では2本立だったものを日本国では1本ずつバラ売り公開するのは、製作側の意向なのか、配給側の意向なのかわかりませんが、それがディレクターズカット版だかなんだか知りませんが、「グラインドハウス」をタイトルに残すなら、やっぱり113分という上映時間はダメでしょう。


最後になりますが、テキサス篇に出てくる女医さんが、ケバくて唐突でしかもあまりに呆気ないのが余計に印象的でした。
調べたところ、演ずるマリー・シェルは『プラネット・テラー』にも女医役で出てるようで、なるほどねと思った次第であります。

てなわけで、これまでの失踪の真相はこちらのランキングサイトに、失踪から復帰に至る真相はこちらのランキングサイトに、書いてないのでクリックしないでください。
スポンサーサイト

コメント

テキサスの女医

「プラネット・テラー」で大活躍。見逃せないですよう。

  • 2007/09/23(日) 23:40:09 |
  • URL |
  • ボー #0M.lfYJ.
  • [ 編集]

こんばんは。

なにはともあれ、グラインドハウス。薄汚れた映画館で観るのがツウってものなんでしょうね。二本立てでやっても六本木ヒルズじゃちょっと違うかもしれませんね。私自身はそこまで完全主義じゃありませんが。

  • 2007/09/27(木) 22:02:29 |
  • URL |
  • ジョー #SFo5/nok
  • [ 編集]

グラインドな皆さま

>ジョーさま
ウチの近所のシネコン、一部の小屋にはアナログドルビーの設備しかなく、映写機の光量が足らず、スクリーンの上と下とでピントも合わず、経年劣化でスクリーンを覆うカーテンや壁に張られた防音用の布とか破れ始めてて、シネコンなのにグラインドハウスな雰囲気が漂い始めています。

>ボーさま
見ました。
女医さん、お相手は男女を問わぬ活躍っぷりでしたね。

  • 2007/10/02(火) 16:15:21 |
  • URL |
  • にら(グライダー管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

「デス・プルーフ inグラインド・ハウス (GRINDHOUSE/DEATH PROOF )」映画感想

シンシティでも仲良く監督していた、タランティーノとロドリゲスのコンビが場末のB級

  • 2007/09/22(土) 03:43:11 |
  • Wilderlandwandar

「デス・プルーフinグラインドハウス」:都立障害者センター前バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}この道を行くと、新宿スポーツセンターがあるはずよ。{/kaeru_en4/}スポーツはもういいよ。{/hiyo_en2/}どうして?{/kaeru_en4/}タランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」を観たら、スポーツをしたあとのような爽快感を覚えたからな。{/hiyo_en2/}

  • 2007/09/22(土) 10:44:44 |
  • 【映画がはねたら、都バスに乗って】

「デス・プルーフ in グラインドハウス」

グラインドハウスとは? アメリカで1960年代から70年代にかけて、暴力・エロス・ホラーなどにあふれた低予算のB級作品を、2~3本立てで上映していた映画館の総称なのだとか。クエンティン・タランティーノ監督(以下

  • 2007/09/23(日) 23:37:54 |
  • 或る日の出来事

デス・プルーフ in グラインドハウス

着メロはダリル・ハンナの口笛・・・

  • 2007/09/25(火) 07:13:49 |
  • ネタバレ映画館

デス・プルーフinグラインドハウス

クエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観た~!”グラインドハウス”とは60~70年代のアメリカに沢山あった低予算のB級映画を2~3本立てで上映する映画館のこと。はじめは、ロドリ

  • 2007/10/01(月) 21:49:53 |
  • 描きたいアレコレ・やや甘口

デス・プルーフ in グラインドハウス [監督:クエンティン・タランティーノ]

【個人的評価 ■■■■□□】(6段階評価 ■□□□□□:最悪、■■■■■■:最高)内容とは関係ないけど、これを観たのは銀映という、松本でも指折りのボロっちい映画館で、私は大好きだ。 古くて汚い場内、綿のはみ出た椅子、スクリーンはでかいが光量が足りず薄暗い画面

  • 2007/11/06(火) 22:15:25 |
  • 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ

【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか?

うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)していたんですが、私の会社では人員が減っちゃいまして、でその仕事が私に再び回ってきちゃいました。

  • 2008/05/31(土) 22:24:38 |
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/10/24(木) 23:19:22 |
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/242-c264bd9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。