ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・リング2』

唐突ですが、ここで質問です。

<世界のナカタ、司令塔のヒデといえば誰でしょう?>

05062001.gif


いまさらながら、竹内結子さん、ご結婚、ご懐妊おめでとうございます。押入れの中で、口の端が切れるほど大きく口を開けて白目を剥いていたあなたの顔は一生忘れません。

そんな竹内結子嬢の死から始まる『リング』は、それまでも地味に作り続けられてきた日本の恐怖映画のエポックメイキングでありスタンダードとなったわけですけど、それが後続作品への抑圧になっていることも事実です。黒沢清の『回路』や清水崇の『呪怨』が、それがどこまで意図されたのものかは不明ですが、それを見る観客には『リング』という作品が強い抑圧を与えています。

もちろん、その抑圧は『リング』シリーズにまで及んでいるようです。
『リング』第1作は、脚本家の高橋洋により『ヒズ・ガール・フライデー』のように女性に置き換えられた主人公が、死のビデオという都市伝説のルーツを探すことから始まり、紆余曲折を経た結果「<貞子>は恐ろしい」という映画でした。
しかし、『リング』と同時上映だったにもかかわらず「あれはなかったことにしときましょ」ということになってる飯田譲二監督脚本『らせん』も含めて、以降の作品では「<貞子>は恐ろしい」が前提になってしまいます。そして、最後には「やっぱり<貞子>は恐ろしい」という結果に至るしかありません。
その恐怖が状況や描写としてではなく、<貞子>という固有名詞で語られてしまうために、シリーズそのものを抑圧していました。なんだか、呪いみたいですね。
それでは、「誰も知らなかった、誰も作らなかった【ハリウッド完全オリジナル・ストーリー】」(公式HPより)『ザ・リング2』で、前作『ザ・リング』のゴア・ヴァービンスキー監督等の降板により雇われ監督としてハリウッドデビューすることになった中田秀夫にとって、それは呪縛なのかどうなんでしょうか。


映画は、波立つ海面の映像を4カット連続で見せるところからはじまるのですが、その後も多く<水>が画面に溢れます。
ドアの下の隙間からじわじわ流れ出す、どす黒い血のような水。
物理的法則を無視して下から上へと滴る粒状の水、天井にたぷたぷと湛えられた水。
人が歩くとみしゃりみしゃりと音を立て、足を乗せるとそのまわりに輪郭のぼやけた小さな輪を描く、カーペットに滲み込んだ水。
<水>が重要なモチーフであるというのは、アーレン・クルーガーの脚本に拠るところが大きいらしいとはいうものの、やはり『リング』2作と『仄暗い水の底から』を撮った中田監督だけに、ストーリーの要求するレベルに留まらない表現をしていて、それがとても怖いです。

あるいは、ナオミ・ワッツ扮するレイチェルのひとり息子エイダン。今回の主役ともいえる彼が、あることをきっかけに不自然なほどまばたきをするのも怖い。
もしかしたら、そう感じるのは、例えば「満面の笑みだけど目だけモザイクがかかってる顔写真」を見てたまにふと怖くなる、小心者だからかもしれません。だって、なんかとても深い虚無がそこにある気がしちゃうんです。
もしかしたら、エイダン少年が怖いのは、その悲しみに沈んだ顔が曽我ひとみさんを彷彿とさせるせいかもしれません。

もうひとり、ほんのチョイ役ですけど印象的だったのがシシー・スペイセク。
これを書くとネタバレと言われそうですけど、彼女の登場で、サマラが、そして貞子が誰の血を継いでいるのかが、わかる人にはわかるようになってます。
アメリカは今やジャパニーズ・ホラー・ブームなんていわれてますけど、今はもうなくなってしまったアメリカの低予算ホラーというジャンルが、日本で研ぎ澄まされて、再びアメリカに帰っていっただけなんだ、とこれもまたわかる人にしかわからない話ですね。

そういえば、森でクルマに次から次へと迫るシカの群れと遭遇するところ。伏線はあるものの、それの意味するところはイマイチわかりませんでしたが、「次から次へと<せまるしか>」ってひらがなで書いて、スバルR2のCM、やや逃げ腰の木村カエラ嬢を思い浮かべては、ひとりほくそ笑むという方法で乗り切ってみました。
前作はウマを海に放り込み、今作はシカをクルマで撥ねる脚本を書いたクルーガー氏は筋金入りの動物嫌いなのかもしれません。
あ、まてよ。漢字で書くと「馬」と「鹿」・・・「馬鹿」?


冒頭の質問で、サッカーの話題だと思ってここに来ちゃったあなた、ごめんなさい。あるいは映画版「リング」シリーズのことだと思って来てくれたあなたも、こんなオチでごめんなさい。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

コメント&トラックバックありがとうございました

清水崇監督が言ってましたが、ハリウッドは「モンスター」を出したがる。
この「リング2」はまさに「モンスター映画」になってしまいました、残念。
ビデオテープはどうなったのでしょう?蓋を閉めたらサマラの怨念は解けるのでしょうか?
あまりにもチープです。
この映画を見ると清水崇が「THE JUON/呪怨」でどれだけハリウッド側と戦ったかがよく伺えます。
今度鹿に襲われたら(?)僕もカエラ嬢のように逃げ腰でやり過ごしたいと思います(^^)

  • 2005/06/25(土) 17:53:07 |
  • URL |
  • まつさん #-
  • [ 編集]

馬と鹿

馬と鹿について気づいた方が少なかったのでホッとしました!

  • 2005/06/26(日) 02:44:52 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

知恵が1上がった

TB有難うございました♪

竹内結子がリングシリーズの最初の犠牲者だったんですか♪
それは初耳・・と言うよりその当時竹内結子の存在自体知らなかったので、自分にとってそのネタはちょっとしたトリビアですね♪
今度またレンタルして、竹内結子版仰天死確認します☆
多分その瞬間、停止ボタン押して観察するかも?(馬鹿

  • 2005/06/28(火) 18:34:47 |
  • URL |
  • メビウス #mQop/nM.
  • [ 編集]

こんばんは!

echo&コメ、ありがとうございました!
リング2も、最後は大量の水、プールでしたね。
そうか、、、昔、エクソシスト以降、結構ホラー映画、ありましたね。
逆輸入ですか、、、

  • 2005/11/04(金) 23:12:19 |
  • URL |
  • 猫姫少佐現品限り #-
  • [ 編集]

猫姫さま

劇場公開も終わってるのでネタバレしてもいいかな。
シシー・スペイセクは『キャリー』の主演女優なんです。つまり、サマラはキャリーの娘って楽屋オチ。

  • 2005/11/05(土) 11:38:33 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ザ・リング2

 『ザ・リング』の裏のテーマが「馬」だとすると、『ザ・リング2』の裏テーマは「鹿」だ。1作目、2作目と続けて鑑賞すると、「馬鹿を見る」という落ちがつく・・・ 予告編を何度も見てしまうと、「次はあのシーンだな!」と想像できてしまう。もっと驚愕のシーンを期待して

  • 2005/06/25(土) 06:55:12 |
  • ネタバレ映画館

ザ・リング2

第131回★★(劇場)(核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) なぜハリウッドは「らせん」をリメイクしなかったのか? これが「ザ・リング2」に対する大いなる疑問だ。「らせん」は「ループ」へと続く、鈴木光司による原作小説「リング」の

  • 2005/06/25(土) 13:42:46 |
  • まつさんの映画伝道師

ザ・リング2

 衝撃のラストで日本中を震え上がらせた日本版「リング」、それをほぼそのまんま、キャストと舞台を入れ替えただけのリメイクで全米を恐怖のどん底に叩き落し、日本中を失笑の渦に巻き込んだ「ザ・リング」、そして今度は「ハリウッド完全オリジナル脚本!」というキャッチ

  • 2005/06/27(月) 12:32:04 |
  • 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等

ザ・リング2

中田秀夫監督作品ナオミ・ワッツ主演鈴木光司原作の「リング」から派生した映画であるが、「リング」シリーズは映像化する度につまらなくなる。今回は、単なるエクソシスト。それも、母親がエクソシスト役?「リング」独特の恐怖がまるでない。ここで勘違いしない

  • 2005/06/27(月) 12:52:21 |
  • 「月の風」シネマ日記

ザ・リング2(評価:○)

【監督】中田秀夫【出演】ナオミ・ワッツ/サイモン・ベイカー/デイヴィット・ドーフマン/シシー・スペイセク/エリザベス・パーキンス【公開日】2005/6.18【製作】アメリカ【ストーリー】あの忌まわしき事件から半年後。レイチェル(ナオミ・ワッツ)と息子エイダン(

  • 2005/06/28(火) 18:27:50 |
  • シネマをぶった斬りっ!!

映画を見たで(今年103本目)-ザ・リング2-

監督:中田秀夫出演: ナオミ・ワッツ、サイモン・ベイカー、デヴィッド・ドーフマン、シシー・スペイセク、エミリー・ヴァン・キャンプ、ライアン・メリマン評価:74点(100点満点)ハリウッド版のリング2。日本版とまったくそっくりだった前....

  • 2005/08/28(日) 09:38:33 |
  • デコ親父は減量中

ザ・リング2 今年の216本目

ザ・リング2ハリウッド版「ザ・リング」のあまりの出来の悪さに、本家中田秀夫 が登板!ん~、、、本家ファンとしては、外人が出てきても、ピンと来ません。前作からの、完全続き物。わかりやすくって、ラスト、解決するところも納得できました。でもねぇ、、、C...

  • 2005/11/03(木) 20:23:48 |
  • 猫姫じゃ

ザ・リング2(The Ring 2)

監督 中田秀夫 主演 ナオミ・ワッツ 2005年 アメリカ映画 110分 ホラー 採点★ また出たみたい。 前作が個人的には全く納得のいかない出来だったので、本家監督の中田秀夫によるリベンジを多少なりとも期待していたのに… 同じ日本人監督による和ホラーリメイクの『THE JUO

  • 2006/02/15(水) 23:28:59 |
  • Subterranean サブタレイニアン

「ザ・リング2」

恐怖だとか、震撼だとか・・・そんなもの最初から期待はなくて・・・。劇場まで足を運ぶのに「ナオミを観に行こう!」という相方の単純なお誘い言葉があったから。相方とは、おんなじシーンで、おんなじ笑いが・・・ふ。。。へっへっへっへっへっ(笑アレだな・・あ...

  • 2006/02/19(日) 00:55:18 |
  • 雑板屋

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/12/25(水) 09:55:08 |
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/51-2a6e4db0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。