ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キル・ビルVol.1&2」

パソコンの調子が悪いんです。

という書き出しで始まる記事は、あまり読む気がしません。



05071801.gif


とはいえ、それがいざ自分の身に降りかかると、つい書いちゃうのでした。
ま、7年半、ほぼ毎日のように起動して、マウスを荒々しくクリックしたり、ぶん投げたり、ツバ吐きかけたり、小便かけちゃったりすれば、そろそろガタも来るってもんです。

ということで、ここで知り合えたみなさんとお別れになってしまう日が遠からず来るかもしれないので、短い間でしたがいろいろ優しい言葉を頂きありがとうございました。短い間なのに暴力的な発言でたくさんご迷惑をお掛けしました。と、書いても読んでもらえなきゃ無意味です。


そんなどうでもいいことはさておき、近所のシネコンには、9つのスクリーンがあり、今週は11作品を上映しています。
ところが、ある1作品が3つのスクリーンを占拠しているため、ある韓国映画は1日2回だけ。ある大手映画会社の邦画なんて、公開初日から1日1回だけ、しかも午前中の上映。
いくらクルマで5分ほどの距離とはいえ、その1回だけの上映にホイホイ駆けつけられるほど、ヒマを持て余しているわけではありません。

(以下、ご指摘されるまで、欠落していた文章です)

そんなわけで、DVDで『キル・ビル』を再見したわけです。

昔の上映時間の長い作品には、例えば『十戒』のように途中で休憩が入るものがありました。中には『七人の侍』のように1部と2部の間にデカデカと「休憩」の2文字がスクリーンに写され続けるケースもあり、1991年のリバイバルの際、スクリーンに何か写ってたら席に座り続けるよう刷り込みされた「エンドロールは最後まで見る派」が、トイレに行かずに膀胱がおかしくなった事件が続発したなんてのは今思い付いたウソですが、かつての映画館が小便臭かったのは我慢できずにそのまま漏らしたヤツらのせいだというのは今や定説です。
ちなみに『キル・ピル』は劇場公開時には、1と2の間に半年もの休憩が入りましたが、そのまま半年間居座りつづけた例が日本ではあまりなかったのは、1部の上映が終わるとスクリーンになにも写らなかったからだと言われています。おかげで今日も、近所のシネコンには、小便ではなくポップコーンの悪臭だけが漂ってます。

そんなわけで、2夜連続で『キル・ビル』を再見したわけです。

世間的には評判が悪いものの『ジャッキー・ブラウン』はタイトルロールのヒロインより脇の男優こそが主役だと思って評価した者としては、デビッド・キャラダインもいいんですけど、マイケル・マドセンのダメっぷりも捨て難いのは劇場で見たときとさほど印象は変わりません。それはいいとして、ユマ・サーマンがそれが片手だったらなんとかサマになってたのに両手で剣を構えたとたん違和感となることまで、劇場で見たときと同じでした。

あ、劇場で見たときの違和感といえば、ユマ・サーマンが激情したときに鼻梁と付け根の中間あたりが呼吸とともにふくらむのが気になってましたが、ウチの小さな小さなテレビのおかげで、さほど気にはなりませんでした。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

見事に。

見事にタイトルと記事がかけ離れてますね。笑。
とはいえ、自分もいつパソコンが動かなくなるやら、戦々恐々な毎日です。
強制終了はほぼ毎日ですし。

ps.ところで『キル・ビル』はどーだったんでしょうか。
ちょびっとだけ気になるところです。

  • 2005/07/19(火) 00:36:57 |
  • URL |
  • せぷ #-
  • [ 編集]

あれれ

『キル・ビル』のこと、ちょっと書いておいたつもりが、しっかり消えてます。

あとで、修正としかなくちゃ。

  • 2005/07/19(火) 22:07:12 |
  • URL |
  • にら #-
  • [ 編集]

TB&コメントありがとうございました

ビル切ってるカエルさん可愛いですね~!
1は好きなのに~って感じでしたよ。
でもタラちゃんは3するって言ってたらしいからその時はまた観ちゃうんだろうなぁって感じです。

  • 2005/09/29(木) 17:17:03 |
  • URL |
  • ななな #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

映画『キル・ビル Vol.2』

~KILL is LOVE~バイオレンスと日本ヤクザを描いたタランティーノ監督の『キル・ビル Vol.1』の続編.タイトル通り,ビルをキルしたい映画.結婚式のリハーサル中に奇襲を受け,夫と子供を殺された1人の女.なんとか一命を取り留めた彼女はビルとその部下をキルするために立ち

  • 2005/09/17(土) 15:18:55 |
  • Trace Am's Life to Success

KILL BILL Vol.2

微妙。なんかドラマ性があるとか何とか言ってたけど・・・どこに?いや、あることはあるけども・・・何か1で隠していたとこの補足って感じ。っつか無理しすぎでしょう?あんな土の中からねぇ・・・色々ハチャメチャでこれどう考えたっておかしいだろっていうのは結構好きです

  • 2005/09/26(月) 14:29:54 |
  • 映画を観たよ
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/62-09146818
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。