ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『星になった少年』

『誰も知らない』でカンヌの主演男優賞を史上最年少で受賞したことで日本人なら誰もが知っていると書くと、つい

♪どこの誰だか知らないけれど誰もがみんな知っている

って月光仮面の歌を口ずさんじゃいますが、どちらかというと、誰も知らない知られちゃいけないデビルマン顔の柳楽優弥クン。

05072301.gif


そんなまさに旬であるデビルマンの頬を、ニッポン放送の株を買い戻したときのように札束で張り倒して主役に迎えたと勝手に憶測してる、フジテレビ製作による実話の映画化です。
「フジテレビ」製作の「実話」の映画化といえば『電車男』。ま、あっちの「実話」は、雑誌「週刊実話」に書かれた「実話」程度の「実話」だと思えばいいわけで、あまり気にしないように。それより「サンデー毎日」のほうが意味不明さでいったらダントツです。

「サンデー」なのか「毎日」なのか、それとも、「毎日」が「サンデー」なのかよくわからないことになっているばかりか、発売は「火曜日」だったりします。
それはまるで、「少年」は「星」になったのか「象」になったのかよく判らない今作みたいです。というところから始めようかと思いましたが、他の人もその指摘はされてるようなので、やめておきます。
とりあえず、「ポカリスエットはアルカリイオン飲料なのに酸性」という例を引用するにとどめて、別の切り口から入ることにします。
しかし「ぼくみたいな凡人は『星』はおろか、『マンモス西』にすらなれないことがわかってよかったです。これからはまじめに働きたいと思います」という言葉でこの記事を締めくくれないのは残念です。

やはり、優弥クン、よいですね。
初々しいというか、演技という手垢にまみれていないというか、それでいて、ちゃんと象使いに見えちゃうんですからたいしたもんです。
それに比べて常盤貴子さん。
ただそこにいる、という演技ができないんです。存在感のある優弥クンを横に置くと、それが鼻についちゃって。
自分のやりたいことばかりして主人公と対立する彼女は、言葉は悪いんですけど悪役です。映画の中では周囲に配置された人たちがあからさまな非難をしないので気付きにくいんですけど、それよりも、常盤さん自身に悪役を演じている自覚がないように思われます。
かわいそうなのは高橋克実さんです。
コメディーリリーフなのはわかります。生活能力が欠落した人物とセリフにまで出されて、しかもそれが身内から発せられて、後ろ指刺されて笑われるというのもギリギリ許しましょう。
ですけど、一時的にせよ、主人公を罵る「悪役」にさせられちゃうなんて酷すぎます。

人間の都合で親から引き離され調教されて野生で生きるすべを失っただけでなく、環境の異なる日本にまで連れて来られる象こそかわいそうじゃないの?というのはユネスコあたりに任せとけばいいことで、その視点でこの作品を非難するつもりはありません。それよりも、この少年の実話を紡ぐために用意された細部があまりにつまらないんです。
屋根に上がること、象と言葉を交わすこと、タイのゲテモノ料理、危機的状況とその救出劇、少女との出会い、ショーの前の大演説・・・そして動物たちの擬人化。
ま、もともと動物プロダクションにいる動物たちなので、ヒトっぽく振舞うように訓練されているのだ、とこじつけできなくもない。しかし、その鳴き声まで日本語っぽく調整というか合成するのは納得できません。

それにしても、動物を愛した少年が、よりによってその動物によって殺されるという結末は、それがいくら悪魔の使いといわれる黒猫だとしても、なんとかならなかったもんでしょうかねぇ。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

わらた

深夜に声を出して笑ってしまいました。
すんごいパワーを感じましたですよ。
実際、象になったのか星になったのか・・・わかりませんよね。俺がデタラメ映画館で書いた『石になった少年』も結構近いものがあったのかなぁ・・・

  • 2005/07/23(土) 03:11:24 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

コメント&トラックバックどうもです。

高橋克実が急に悪役になるのはビックリしましたねえ。
動物に殺されるという結末は確かにどうかな?と思いましたね。
それも事実ならいいんでしょうけど・・・
この映画は、脚色にしてはしょぼいし、事実にしてはありえない、という微妙なラインだったんで、どこまでが事実かわかりませんね。

  • 2005/07/23(土) 23:23:46 |
  • URL |
  • へー太 #-
  • [ 編集]

星になって

流れ星になって、隕石として地上に舞い降りて、それを使った人を形どった石像を作られたものの、風化により像の輪郭が消え、つまり人偏が消えて象になったってことで、kossyさんのネタにも辻褄が合うかと思います。

それにしても、運良く星一徹に似てくれたものです、とイラストに自画自賛(笑)。

  • 2005/07/23(土) 23:40:16 |
  • URL |
  • にら #-
  • [ 編集]

コメント&TBありがとうございました。

そうですねえ。常盤貴子は最初のほう、無理やりってかんじでしたもんね。そうか、悪役って思ってないんですね。彼女。
解釈が浅かったか・・

  • 2005/07/25(月) 17:43:22 |
  • URL |
  • foo #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございました、毎度のことながら遅くなってすみません。
柳樂優弥獲得を株買戻しに例えたあたりはさすがですね。なかなかタブーみたいで言いたくても言えないじゃないですか(^^;個人的には低予算作品で映画製作の魅力を体験していい俳優になってほしいと思います。存在感はありますから。

  • 2005/08/05(金) 18:16:41 |
  • URL |
  • まつさん #-
  • [ 編集]

黒猫の登場

ちっとも哲夢は悪く無いんだよ
って言いたくて登場させてますよね~
なので私はちょっと不快でしたね。
絵、ナイスです(笑)

  • 2005/08/14(日) 16:50:36 |
  • URL |
  • chishi #-
  • [ 編集]

Chishiさま

なにかと多忙につき、更新はおろか、お返事さえも遅れてすみませんでした。

(実際の事故が、単独だったのか相手がいたのか知りませんけど、)哲夢クンも悪くないし、かといって事故の相手を実際以上に悪く描いたら「クロマティー高校」どころではない訴訟沙汰になっちゃうので、かわいそうに黒猫がユダの山羊にされちゃったんですね。
ここはひとつ、クロネコヤマトに通報して、ゆうパック取扱いをめぐるローソンとの取引解消と同じように、フジテレビとの取引を即刻停止するよう勧告してあげるべきかもしれませんが、面倒臭いのでやめておきます(笑)。

  • 2005/08/17(水) 15:49:55 |
  • URL |
  • にら #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

星になった少年

 予告編の常盤貴子の号泣シーンでウルウルしてしまったけど、本編でもやはりやられてしまった・・・何だか騙されてる? 「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」は好きです。彼は犬や馬の心が読めるのですよ!すごいじゃありませんか。今までも、“子犬に餌を与えるときに手に餌

  • 2005/07/23(土) 03:11:53 |
  • ネタバレ映画館

中途半端フィクション&ドキュメンタリー 「星になった少年」

評価:55点星になった少年うーむ、何がいけないのでしょう?話自体は悪くありません。タイでロケした甲斐もあって、象がいるシーンは迫力があります。柳楽優弥や常盤貴子の演技もよいです。最後は泣きました。でも、感動したかと言うと、そうでもありません。すごくよかっ

  • 2005/07/23(土) 07:26:31 |
  • 平気の平左

残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』

6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にてどれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のドキュメンタリー番組を観たことがあった。これは「観た」というう

  • 2005/07/23(土) 08:03:24 |
  • 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

「星になった少年」

「星になった少年」 ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞4時からと言う中途半端な開始時間。そして隣の入り口ではレセプションやっててこれプレミア?と連れがいいました。確かに劇場内にカメラが3台入っているしプレスくれたし、雰囲気は違う。でもプレミアと

  • 2005/07/24(日) 00:13:18 |
  • てんびんthe LIFE

星になった少年

再びポイントが6つたまったので(!)無料鑑賞に娘と出かけました。「星になった少年~Shining Boy and Little Randy」です。2年ほど前、ズームインSuperで、この原作者のお母さんが勝浦に象のための終の棲家を作ったという特集をやっていました。息子の遺志をついで作っ

  • 2005/07/25(月) 17:19:40 |
  • 毎週水曜日にMOVIE!

星になった少年

主演柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、倍賞美津子、蒼井優監督河毛俊作脚本大森寿美男製作2005年、日本エレファントボーイ実在した象使いの少年の短い人生を描いた作品。動物プロダクションの長男小川哲夢(柳楽優弥)は、母佐緒里(常盤貴子)が象を購入したこ

  • 2005/07/26(火) 21:04:57 |
  • a story

星になった少年 Shining Boy & Little Randy

第162回★★★☆(劇場)【A面】 阪神大震災。 連日、空は曇り、厳しい寒さは一段と増しつつあった。 そして、非情にも小雪が舞い始めた。 悲しみよりも、自分たちが生き続けることに必死となる毎日。 そんなある夜、空は晴れ渡り、崩

  • 2005/07/28(木) 23:22:34 |
  • まつさんの映画伝道師

星になった少年 Shining Boy & Little Randy 【概論】

第163回★★★☆(劇場)【B面】(核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)「偶然なんですが、僕は哲夢さんの弟さんと一緒に仕事をしたことがあったみたいなんですよ」 継父・耕介役の高橋克実はインタビューでそう答えていた。 主人公・

  • 2005/07/28(木) 23:29:26 |
  • まつさんの映画伝道師

映画『星になった少年』貴方は何点?

この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→

  • 2005/08/06(土) 17:56:07 |
  • 本と映画と音楽と・・・お酒が好き

星になった少年

 実話を映画化したものというふれこみの作品には、構えてかかることにしています。事実であることに甘えている作品が多いからです。残念ながら、日本

  • 2005/08/07(日) 08:07:44 |
  • シネクリシェ

映画「星になった少年」で泣きました

「今日の持ち物、タオルよーし、ティッシュよーしっ!」ストーリーはちょっと聞きかじっていたので、今日は「号泣」モードで映画を観に行きました。もう、しょっぱなから泣いちゃいました。「まだ泣く場面じゃないですよ」とわかってますが、テツがいずれ死んじゃうんだな、

  • 2005/08/17(水) 18:27:17 |
  • まぁず、なにやってんだか

星になった少年 [感動したパオーン]

私の好きな動物ランキング。1位 ペンギン(皇帝ペンギンとかアデリーペンギンとかヒゲペンギンとか色々いるけど、まとめて1位)2位 シロクマで3位はこないだまではアザラシだったけど、今はゾウになりました。なお、「象だゾウ」と言ってはいけません。そう言うのは世の中の

  • 2005/08/31(水) 22:08:57 |
  • 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ

#27:星になった少年(試写)

KAZZのこの映画の評価  昨日、試写で見た”星になった少年”、最高でした泣けます泣きまくりましたエンドロールが、霞んで出演者の名前が見えませんでした

  • 2005/09/02(金) 08:55:42 |
  • (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/12/18(水) 09:34:06 |
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/67-a38d0df1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。