ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋の門」

知りませんでした、SMAPの新曲の作詞を宮藤官九郎がしていたとは。

その曲が、オリコンでトップになりそうだとのこと。
とはいえ、オリコンの集計そのものにも疑問がなくはないわけですが、世間的に「クドカン」というブランドが認知されているのは確かなようです。
とりあえず、素人に毛が生えた程度の漫才師だったら、お客さんから袋叩きにされた挙句、カネ返せといわれるようなネタを、長者番付に載るような人たちに歌わせヒットさせる才能というより思い付きにはアッパレです。

この曲がヒットすれば、さらに老若男女にも「クドカン」ブランドは浸透するはずです。
ブランドというのは、ティファニーとかブルガリとか付けば、ウンコにだってハエのように群がって買い集めて身にまとう人がいることからもわかるように、その内容とは関係なく人々が手に入れたがるものです。
宮藤さんも、そのブランドを利用して、次はもっとすごいこと流行らせてもらいたいもんです。
すごいと言っても、クドカン崇拝者にウンコ食わせるようなマネされると、街中が臭くてかなわないし、「アナタもお食べ」なんて勧められたらたまったもんじゃないし、それが若い娘さんだったりしたらその後のこと考えて、食べたフリしてバンツの中に隠しておくしかなくて、いざ服を脱いだら誤解されて結局は目的を果たせなくなりそうなので、石に漫画を描いて売る程度にしてください。

今作は、劇場公開された時には見逃していましたが、DVDを借りて見たのはずいぶん以前ですけど、SMAPの新曲からふと思い出したものですから無理やりこじつけて書いてます。

しかし、今や全国区にその臭いを放つクドカンならいざ知らず、いくら彼の所属する「大人計画」の座長とはいえ、松尾スズキにロードショー公開に耐えられるほど首都圏以外での知名度があったのかどうか。
試みに、この地方で路上アンケートを敢行してみたところ、
「たけし軍団の人でしょ?」と松尾伴内と勘違いした人や、「メジャーで活躍する日本人」と松井とイチローがゴッチャになったアメリカ人や、「野球じゃなくてホッケーだろ」と、意外に日本通な一面を持つものの大人計画と国土計画がゴッチャになってるし、しかも国土計画っていつの時代だ、と思わせてくれるトルコアイス売りのお兄さんはいましたが、松尾スズキが何者かを知る日本人は、この地方にほとんどいませんでした。

しかし、トルコアイスは知っててもトルコの現首相が誰なのかを知ってる人だって皆無なので、松尾スズキの知名度はトルコの首相並みです。

すごいぞ、松尾スズキ。


そういえば、SMAPは、かつても脚本家に歌詞を書かせたことがありましたなんて遠まわしな言い方せずにずばり「らいおんハート」ですけど、あれが本気だったらどうにも始末におえないし、狙ったのだとしたらホントに嫌なヤツを演じるのがお上手ですね、野島伸司さん。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

恋の門

{amazon} 映画『恋の門』原作の漫画を映画化。よくある話だが、この映画は実写で観ていても、ありえない話が出てきても、これ映画だからなーって感じるより、これ漫画だよーっと感じてしまう。 映画『NANA』のレン君役の松田龍平演じる蒼木

  • 2007/11/05(月) 16:30:38 |
  • 悩み事解決コラム
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/73-825b66a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。