ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チャーリーとチョコレート工場』

かつて、ロアルド・ダール原作、ティム・バートン製作のストップモーション・アニメ映画を劇場で見ていたときのことです。
映画が始まってしばらくすると、3列前方にいたお子さまが泣き始め、隣に座っていたお母さまらしき人に向かって、こう言いました。

「こんなの『ドラえもん』じゃないよ」






どうやら、『ジャイアント・ピーチ』というタイトルを「ジャイアンとピーチ」と聞き違えていたようです。

そんなウソのような作り話はさておき、ジャイアンがピーチなら、それじゃのび太は何なのかよくわかりませんけど、だからといってしずかちゃんはマンゴーなんて書いたら、ドラえもん原理主義テロリスト童貞から攻撃を受けてしまう恐れがあるので書きません。
なにしろ彼らは、どこにいて何をしてても、一日に5回、ときわ荘に向かっての礼拝を欠かさないらしいです。彼らにとって、女性が乳首を見せることは、それが入浴時であっても禁忌とされていますが、そもそも女性に乳首があるなんて想像もつかないし認めたくもない、というくらい女性には大変厳しいくせに、週に一度は入浴する女性を覗いてるらしいです。それが水戸黄門原理主義と同じだと認めたくないので、「由美かおるは、われわれにとって唯一絶対の存在ではない」なんて言い張ります。よく知らないけど。
とりあえずしずかちゃんはさておき、ドラえもんはドラ焼で、小池さんがラーメンなのは確実なのだとすれば、チャーリーはチョコレートです。

そんなわけで、滝を使って混ぜ合わせているウォンカのチョコレートのようななめらかさで、『ジャイアント・ピーチ』から『チャーリーとチョコレート工場』へとつなぐことが出来ました。

それではまず、この映画のあらすじをgooから無断拝借した文章でご紹介です。

両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー少年。彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレート。世界中で爆発的な売り上げを記録しているウォンカのチョコレートですが、実は誰も工場に人が出入りしているところを見たことがありません。世界一のチョコレート工場だというのに。いったい誰がどのようにチョコレートを作っているの? ウォンカ氏ってどんな人?? ある日のこと、チョコレート工場に5人の子供を招待する!とウォンカ氏が発表。チャーリーはその幸運な5人の中に入れるのでしょうか・・・。

なぜgooからなのかというと、みなさんがよく目にするであろうポータルサイトの中で、一番わかりやすい文章だったからです。もちろん、今作の公式サイトのほうがもっとわかりやすいんですけど、あいにくコピペができないので。
ちなみにyahooには、この映画のあらすじがこう書かれてました。

家が傾くほど貧しい家に、チャーリー・バケット少年(フレディ・ハイモア)は失業中の父(ノア・テイラー)と母(ヘレナ・ボナム=カーター)、そして寝たきりの老人4人の7人で暮らしていた。そのチャーリー少年の家の近くには世界で一番大きなチョコレート工場があった。

少年と工場について簡単な説明をしているだけで「あらすじ(yahooでは「ストーリー」と表現されてます)」と称する大胆さと、簡素に見えつつ「家が傾くほど貧しい家」と家を連呼するクドイ表現は見習いたい気もしますが、こんな映画を誰が見たいと思うんでしょうか?
と、こんなところで腹を立てても仕方がないし、腹も減るので、話題を戻して、と。

とまあ、yahooだけで予備知識を仕入れた人は知りませんけど、goo程度の知識を持って映画を見ると、始まるや否や衝撃を受けます。
なにしろ、秘密のはずだったチョコレート工場の内部、しかも製造過程が、タイトルやキャスト、スタッフの名が現われては消えるオープニングのバックに写しだされているからです。あっけにとられている間も次々とチョコレートが成型されるさまがフルCGで描かれます。
でもご安心を。ここで明かされるのは工場の本当の秘密ではなく、無人の工場で機械によりライン生産され続ける膨大なチョコレートの中に、たった5枚だけの招待券が入れられることを示すシーンなんです。無人だと思っていた工場に、紫色のゴム手袋をはめた手で金の招待券を入れる謎の人物が現われます。その人物の顔がよくわからぬまま、カットは変わり、チョコレートが工場から世界中に出荷されます。

そんなオープニング・シークエンスが終わり、「家が傾くほど貧しい家」のチャーリーくんの暮らしぶりがナレーションとともに紹介されます。
チャーリーくんの部屋は2階というより屋根裏部屋。床に穴が開いてて一階が丸見えなだけでなく、屋根にも穴が開いてて外の景色がよく見えます。それにしても、あんなに雪が降り積もってる地域なのに天井に穴が開いてて、チャーリーくんは寒くないのかと思われるかもしれませんが、ティム・バートンの世界では雪が降ることが必ずしも寒いことを意味しないのは『シザーハンズ』でジョニー・デップが証明済みです。

それにしても、ジョニー・デップのマイケル・ジャクソンぶりは大笑いです。
デップはあるインタビューでそれを否定しているようですけど、おそらく「あの裁判」でマイケル側が勝訴しちゃったんで、かつて舌禍で痛い目にあった経験を踏まえての発言なんでしょうね。

そんなデップを囲む俳優の多くが、いかにもイギリス人な顔つきしてるのにも大笑いです。
ティム・バートンは、魔女顔したヘレナ・ボナム・カーターと入籍する時に、イギリスに帰化しそうな気がします。

このミュージカル映画のエンド・クレジットを見て、またしても大笑いです。
ウンパ・ルンパの歌は、全てダニー・エルフマンが吹き込んだんですね。ほとんどのバートン作品の音楽担当なので、監督がぜひにとお願いしたのか、エルフマンの遊びゴコロなのかはわかりませんけど。

『リバー・ラン・スルー・イット』で自然光の画面作りしていた撮影監督フィリップ・ルースロが、コテコテな人口甘味料的世界を作り上げたのには驚きました。

と、いつもなら細部にに言及するところを、総論めいた箇条書きっぽくなってきたのは、どうでもいいこと書き連ねた前半で力尽きたせいです。

原作は未読ですが、小説ならではの言葉遊びの多くを取り入れていたように思えましたけど、最後のヒネリは原作とは違うらしいです。『ビッグフィッシュ』が、ヒネったふりしてヒネってない展開だったんで、その反動だったのかもしれません。
そのおかげでかどうかわかりませんが、そのまま終わったらチャーリーくんのお話になってしまうところを、ウィリー・ウォンカの物語に見事にすりかえて、フリークスと父親への複雑な想いというバートンらしい世界に引き寄せてました。

そんなバートン・ワールドですが、デップとチャーリー役ハイモアくんを再共演させて『ネバーランド』というマイケル・ワールド・ワードを招いたせいで、かなり夢魔的になってます。
フィリップ・ルースロと同じく3度目に組んだ、製作のリチャード・D・ザナックですが、その過去作品から判断するに、バートンの次回作のプロデュースを引きうけないだろうことは確実です。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

TBありがとうございました

はじめまして。
人口甘味料いっぱいの体に悪そうなお菓子満載。ハリーポッターに出てきそうな魔法のお菓子も思い出しました。
毒気たっぷり強烈な映像と強烈な音楽に否応なしに支配され、私が見たところではチョコの香り攻撃で臭覚も支配されてもうお腹いっぱいでした。
体に悪そうなものこそ惹かれてしまいますね…

  • 2005/09/17(土) 08:00:29 |
  • URL |
  • charlotte #gM6YF5sA
  • [ 編集]

TBありがとーございマンボ。

ウィリー・ウォンカの絵うまいでつね。
ぐふふ。

  • 2005/09/17(土) 10:51:32 |
  • URL |
  • ひじくろ姫 #mQop/nM.
  • [ 編集]

 私のところでも書いたんですが。。。
時間がたつにつれ、あの4人の子ども達こそが本来の「子ども」の姿であって、チャリーこそが大人の顔色を見るとっても素直じゃない「やな奴」に思えてきました

 欲望の趣くままの姿の方がより自然で子どもらしいと思います

  • 2005/09/17(土) 11:57:10 |
  • URL |
  • しんちゃん #-
  • [ 編集]

チャーリー君はいい子。
貧乏を苦にせず(してるかも)、親思い、祖父母思いのホントにいい子。
でも、そんな子がウチの息子だったらイヤだわぁ(笑

子供はこ憎たらしいぐらいの方がいいんですってば。
でも、チャーリー以外のお子様たちがひどい目に会うのはスカッとしました。
「…えー。戻ってきちゃうわけ?この子たち、戻ってこなくてもいいのに」とか思ったり。

トラックバックありがとうございました。

  • 2005/09/17(土) 12:13:55 |
  • URL |
  • あむろ #y.6mc9WE
  • [ 編集]

TB&コメントありがとうございました

歯白いですよね。
歯並びもばっちり!!
でもホント面白かったので大満足の映画でした。
時間があったら旧作見てください。
ウンパ・ルンパの歌がすごいですから

  • 2005/09/17(土) 12:51:34 |
  • URL |
  • ななな #7qDEbzaw
  • [ 編集]

TBありがとうございました

にらさん。お久しぶりです。
いつも製作者のいろいろな秘話がわかって面白いです。
子供にとっては「夢魔」でしょう。きっと。

  • 2005/09/17(土) 14:06:49 |
  • URL |
  • foo #-
  • [ 編集]

オヒさです

にらさん
お久しぶりです。
ジョニーがあの白い歯にはああしなければならないわけがあったのですよ。そのヒミツを目にした私は超ラッキー。たぶんジャック・スパローのヒミツなんですよ。ウフウフ…。

コメントありがとうございました

冒頭の文章で笑ってしまいました。

雪が降る=寒いとは限らないんですか。勉強になりました。
私も雪は少し引っかかっていたので・・・
どうもありがとうございました。

  • 2005/09/18(日) 21:31:43 |
  • URL |
  • ろーそ #-
  • [ 編集]

ふたりずつお返事

charlotteさま
視覚と聴覚ばかりか、嗅覚まで!
さすがは、わが町のある地名「二本木」よりも木が3倍多いだけのことはありますなぁ。
ちなみに、こちらでは鑑賞中に触覚刺激されました、って蚊に刺されたたげですが(笑)。

ひじくろ猫さま
♪帽子がひとつありました~、おかっぱ頭に、丸メガネ~、エラをつけたら、ウォンカさん~
これをウンパ・ルンパの曲にあわせて歌えば、あっというまに誰でも描けますよ。

  • 2005/09/18(日) 22:03:12 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

ふたりずつお返事

しんちゃんさま
>欲望の赴くまま
やはり、ウォンカさんが一番子供らしいってことかも知れませんね。
なにしろ、15年経過しても老けないし。

あむろさま
いくらクソガキとは言え、世界中から衆目されてるわけですから、出てこないのはマズイでしょ。
後日談として、幼児虐待で告訴されて裁判にかかるウォンカ社長・・・ってまんまマイケルじゃん(笑)。

  • 2005/09/18(日) 22:04:12 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

ふたりずつお返事

なななさま
旧作のウンパ・ルンパも気になりますが、ウォンカ役のジーン・ワイルダーの声は、やはり広川太一郎氏だったりしちゃったりなんかしたりして?
って、30代以上でないと判らないネタか?

fooさま
製作者の秘話ですが、ほとんどわたくしの憶測と妄想なので、人に話すと恥をかく可能性がありますよ(笑)。

  • 2005/09/18(日) 22:08:46 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

ふたりずつお返事

chikatさま
海賊でもうけたお金を資本に、温暖なカリブから酷寒のイギリスへ渡り、あの工場をブッ建てたわけですね。
その途中で、アフリカに寄り、あの人たちを連れてきたのかぁ。

ろーそさま
逆に、雪の降らないクリスマスでもバートン&デップがいたら大丈夫。
そういえば、チョコレート工場の内部は、ドラえもんのポケットの中を映像化したみたいでしたね、って無理やり過ぎるか(笑)。

  • 2005/09/18(日) 22:18:12 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメント有難うございます!

冒頭の文は、ウンパ・ルンパ並みにインパクトありますね(笑)
オリジナルは未見なので、この機会に観たいと思います。^^

  • 2005/09/18(日) 23:50:50 |
  • URL |
  • ルーピーQ #-
  • [ 編集]

ルーピーQさま

なにを隠そう、って隠すまでもないんですが、たわくしも旧作は未見です。

もしも、ウンパ・ルンパがジャイアンだったら・・・身の毛もよだつミュージカルですよね(笑)。

  • 2005/09/19(月) 00:12:32 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

yahooとgoo

私もyahooの紹介記事だけ見ていたら、この映画は観に行かなかったかも(笑)。するどい観察力に脱帽。
旧作も観たくなりました。ウンパ・ルンパのすごい歌が聴きたいなぁ。

  • 2005/09/19(月) 00:30:10 |
  • URL |
  • km_achin #-
  • [ 編集]

マイケルデップ

はじめまして。コメント&TB失礼します。
「おもしろい上にうまいなぁ」なんて思いながら、
撮影監督が「リバーランスルーイット」の人と同一だという事も知り得て、
大変興味深く拝見させていただきました。
チャーリーからウォンカへのすり替え、ホント見事でした。
いや見事なのか?微妙っす。

  • 2005/09/19(月) 00:52:58 |
  • URL |
  • 現象 #nl2TgjRk
  • [ 編集]

現象さま

まさしく、バートンとデップの持つ、「おもしろい上にうまい」が、微妙なさじ加減で融合した映画でしたね。

  • 2005/09/19(月) 01:12:47 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

km_achinさま

今作に限らず、「あらすじ」紹介、いいかげんなyahooです。
次の記事で、そのあたりを叩く予定(笑)。

って、そんなことしたら、yahooにつながるわたくしの別HPが閉鎖されちゃうかな。

  • 2005/09/19(月) 01:16:05 |
  • URL |
  • にら(管理人) #-
  • [ 編集]

TB返し&コメントありがとうございました

私も、雪が降ってるのに天井が空いていて寒くないのかな?と疑問に思いました。でもバートンの世界では寒くないという事になっているんですね(笑)
それと、家はボロボロだけど一等地に立ってるように思えてしょうがなかったんですけど、それもツッコんではいけない所なんでしょうね。

  • 2005/09/19(月) 03:04:35 |
  • URL |
  • 井上チカ #2sQQXnjA
  • [ 編集]

突出

コメントを2つもいただいちゃって、
どうもありがとうございました。
そしてなんか分かりにくい書き込みをしてしまい、
まことに申し訳ありません。
正統異端を突き抜けて非常に秀でていると感じました。
今後も拝見させていただきます。

  • 2005/09/19(月) 08:33:37 |
  • URL |
  • 現象 #nl2TgjRk
  • [ 編集]

井上チカさま

町外れの庭付き一戸建て、チョコ工場まで徒歩●分!
って書くと、日本だったらお薦めの物件に思えますよね。建物の写真は載せられませんけど、庭はそこそこ広いし。
でも、土地に抱く執着心や価値観が、日本人と西洋人とでは違うのかもしれませんね。

それにあの庭、野菜作りしてるようにも見えましたが、食卓にはキャベツしか並ばないところを見ると、相当やせてる土地みたいだし(笑)。

  • 2005/09/19(月) 09:11:21 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

現象さま

照れ臭くて、いろんなところが痒くなってきますが、ありがとうございます、とてもうれしいです、といろんなところを掻いた手で打ってます。
でも、どこを掻いたかは言えません(笑)。

  • 2005/09/19(月) 09:26:15 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

そういや、他にも野菜作ってましたよね!するどい。
確か、お父さんが葉っぱっぽいのをもっていたような。

  • 2005/09/19(月) 09:55:45 |
  • URL |
  • 井上チカ #2sQQXnjA
  • [ 編集]

はじめまして。

トップのイラストに噴出してしまいました。
ホント~上手ですね~~(~o~)
映画の紹介って各サイトでそんなにも違うものなんですね。。
この作品は原作と前作ともかなりニュアンスが違うと他ブログでも知りましたが・・・ぜひチェックしたいです。

  • 2005/09/19(月) 21:28:30 |
  • URL |
  • 未来 #-
  • [ 編集]

未来さま

旧作どころか原作も未見ですけど、同じく見てみたいですね。

映画に限らず、人の好みとその反応は千差万別でおもしろいですよね。
ネコのフィリッツくんがプリントされた包装紙のフーセンガムが好きな人もいれば、フルコース料理の味のするガムが好きな人もいるんです、いや、いるのか?

そんな中、ウチの残飯かき集めたような、ラーメンもあればドラ焼きも入ったごった煮ブログにお越し頂き、しかもコメントまで頂いて、大変ありがとうございました。
とりあえずスカート姿なので、ここらで失礼します(笑)。

  • 2005/09/19(月) 22:13:15 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

TBありがとうございます☆
イラスト上手ですね!
ブラック感がたまらないです(笑)
こちらもTBさせてくださいね。

  • 2005/09/22(木) 02:54:06 |
  • URL |
  • 瞳香 #-
  • [ 編集]

こんにちわ。

独特の視点が相変わらずとても楽しいです、にらさんのレビュー。
とりあえずウンパ・ルンパのインパクトが、あらゆる意味であまりにも強くて頭から離れません。夢に出てきそうです・・・。

  • 2005/09/22(木) 15:52:30 |
  • URL |
  • さばきち #-
  • [ 編集]

瞳香さま

お礼が遅れてすみません。

ここにあるイラストはほぼ毒入りのため、お子さんや彼氏さんの手の届かないところに保管しておいて下さい。
もしも、誤って目に入ってしまった場合は、専門の医師に相談するか、運が悪かったと思って諦めて下さい(笑)。

  • 2005/09/23(金) 11:09:31 |
  • URL |
  • にら(管理人) #-
  • [ 編集]

さばきちさま

お褒め頂き嬉しいんですが、独特さを狙いすぎて、映画のレビューになってない気がしますが、気にしません(笑)。

仕事熱心なウンパ・ルンパを雇って、レビューらしいレビューを書いてもらおうかしら。もしくは、誰かのレビューをコピペだ(笑)。

  • 2005/09/23(金) 11:29:27 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントありがとうございます。
コメントいただいた『ティム・バートンの「007」』は本当にキッチュになりそうでいいかもしれない。「カジノロワイヤル」以上の快作になりそう。
ザナックの影響も納得です。おかげで資金調達(特に大きな予算)は以前よりもしやすくなった反面、少しだけ個性が抑えられている気がするのは僕だけでしょうか?

  • 2005/09/23(金) 16:53:53 |
  • URL |
  • まつさん #-
  • [ 編集]

万歳!映画パラダイスより

はじめまして。「『リバー・ラン・スルー・イット』で自然光の画面作りしていた撮影監督フィリップ・ルースロが、コテコテな人口甘味料的世界を作り上げたのには驚きました」と書いておられます。さすが、よくご存知で。「リバー…」は僕も結構好きな映画なのに、何も知らない。映画を主題にし、ランキングもベスト10入りしているのに、無知で恥ずかしい。

京野菜さま

ルースロと聞くとつい『リバー…』のこと思い出すんですけど、調べたらいろんな作風の映画撮影してて、こちらも無知に恥じ入ってます。
それより、自分も登録してる映画ブログランキングの上位10位以内に入ってる京野菜さまの存在を知らなかったことが恥ずかしい。

てなわけで、登録したもののロクに営業活動もしてないし自分でノゾキにも行かないので、現在のところ何位あたりなのかさえ知らないことも恥ずかしいような当ブログを、探し当てて頂いたばかりか、コメントまで頂きありがとうございました。

  • 2005/09/26(月) 12:08:42 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

TBどうもっす

ご無沙汰です。

ダニーの音楽最高でしたね。
ダニー・エルフマンは「ナイトメアー・ビフォア・・・」でもカボチャ頭の歌を全曲歌ってるので、バートンが頼んだというより、好きでやってたんでしょう。
この2人「マーズ・アタック」で大げんかして音楽担当降ろされて以来、ちょっと関係ぎくしゃくしつつも、今はビジネスと割り切って一緒に仕事してるらしいです。だからバートンの意向など聞かずにエルフマンが勝手に吹き込んだということも考えられる。

まちがい

まちがい
マーズアタックでなくてエド・ウッドでごんした。

追記
ドラえもんがネズミで、オバQが犬なら、チャーリーは歯医者なんですね

しんさま

だから、『スリーピー・ホロウ』のDVDに収録された音声解説で、オープニングのタイトルバック、エルフマンの名前が出たとき、「自分のトコだけ、音を大きくしやがったな」とバートンが言ってたわけですね(笑)。

てなわけで、コメントありがとうございます。

  • 2005/09/28(水) 10:18:19 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんにちは!

確かにYAHOOの解説では分かりにくいと言うか…全然分からない(・Д・)???
相変わらず面白いツッコミ(?)をされていますね。笑いを堪えるのに必死ですよ(笑)

P.S 勝手ながらリンクさせて頂きました。もし支障があればお申し付け下さい。これからも宜しくお願い致します。

  • 2006/02/09(木) 17:32:37 |
  • URL |
  • 稲葉 #-
  • [ 編集]

稲葉さま

こちらからもリンクさせて頂きました。これからも宜しくお願いします。

ツッコミというより、ボケてるつもりなんです。
でも、あまりツッコミして頂けず、無意識のうちに兼任しがちなのも否定できません(笑)。

  • 2006/02/14(火) 09:13:57 |
  • URL |
  • にら(工場管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

にらさま♪

いつもお世話になっておりますm(__)m

おおせのとおり、チャーリーはいい子なのか実は腹黒い小悪魔なのか、よくわからないところがありますね。

このまま大人になると、「そこがまたス・テ・キ♪」なんて言われながら、女子を惑わすことになるのかもしれませんね。

そんなこんなで、コメント&TBありがとうございました。

  • 2006/03/04(土) 23:13:55 |
  • URL |
  • 映画好き@れんた #mQop/nM.
  • [ 編集]

映画好き@れんたさま

~女子よ、チャーリーみたいな男子にチョこを与えるなかれ~

なんて、バレンタインを半月も過ぎてホワイトデーを控えた今ごろ書いても遅いし、そもそも、ジゴロ系男子に惹かれる女子なんてこんなブログ読まないし。

それはさておき、家族愛しか信用できなくなってる米国(物語は英国ですが)に比べ、友情賛歌が描かれた『ドラえもん』が作られる日本はまだまだ捨てたもんじゃない、って思うのはモテない男子のヒガミでしょうか。

  • 2006/03/07(火) 23:42:57 |
  • URL |
  • にら(腹黒管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

かわいいですね

こんにちは。
いろいろまわっていてたどりつきました。
毎回描いている絵が素敵ですね~。
かわいい!
TBさせてください♪

  • 2006/11/12(日) 16:26:44 |
  • URL |
  • ひめ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

シンプルだが、大胆・・・おまけにブラック 「チャーリーとチョコレート工場」

評価:80点{/fuki_love/}チャーリーとチョコレート工場若干ネタバレあり個人的にはかなり好きです。根幹となるストーリーは、①チョコの中にある、チョコレート工場へ行くためのゴールデンチケットを見つける②チョコレート工場見学で5人のうち1人に賞品が渡されるので、

  • 2005/09/17(土) 02:59:44 |
  • 平気の平左

チャーリーとチョコレート工場

 いきなりジョニー・デップの右手がハサミになってる・・・初っ端から『シザーハンズ』のセルフオマージュで攻めてきた! 甘いチョコレート。肥満、高血圧、糖尿病、鼻血・・・かつては様々な病気の原因になるようなイメージしかなかったのだが、カカオがポリフェノールを

  • 2005/09/17(土) 04:09:27 |
  • ネタバレ映画館

チャーリーとチョコレート工場

ジョニー・デップだし、もう少し奇想天外な映画になっているかなと思ったのですが、印象は旧作と殆ど同じでしたね。それだけ原作に忠実だということですか。ウィーリー・ウォンカ氏(ジョニー・デップ)は、ある日大決心をする。5人の子供をウォンカ氏の秘密のチョコレート

  • 2005/09/17(土) 04:16:59 |
  • (ほとんど)シネマ日記

「チャーリーとチョコレート工場」

イイノホール「チャーリーとチョコレート工場」試写会。 とても楽しみにしていた作品。 冒頭、ダニー・エルフマンの音楽と舞い降りる雪。 まさしくティム・バートンの世界!  それだけで感動してしまう。 CGのチョコレート工場。機械のアームしか見当たらない単調なはずの

  • 2005/09/17(土) 05:08:27 |
  • 試写会帰りに

チャーリーとチョコレート工場

子供にとっては魅惑的な食べ物のひとつ。最近はチョコレートキライっていう子もいるらしいけど。ブラックユーモア満載のこの映画、子供たちは笑えるのかもしれないが、ここには心から笑えないというか、おなかがよじれるほどおかしいという笑いは私にはなかった。しいていう

  • 2005/09/17(土) 07:18:16 |
  • シャーロットの涙

チャーリーとチョコレート工場 / charlie and chocolate factory

イギリスのベストセラーの児童文学、ロアルド・ダール作『チョコレート工場の秘密』。それを初めて映画化したのが1971年のオリジナル版『夢のチョコレート工場』 ←33年前!原作者のダールが、自分の子どもに創ったお話らしい。それを観たのは3年くらい前。その後まもなくし

  • 2005/09/17(土) 08:57:28 |
  • 我想一個人映画美的女人blog

工場見学の気分で

チャーリーとチョコレート工場を見てきました。まるで金色のチケットは自分が当たったかの如く私は楽しんで来ましたよ(笑)ジョニーは実の子どもに「パパって変ね」って言われたらしいですが、うん、激しく納得。ウィリー・ウォンカは確かにヘンでした。そこが凄く魅力的な

  • 2005/09/17(土) 09:05:15 |
  • 気まぐれ足跡

チャーリーとチョコレート工場 (2005) 115分

失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。ある日

  • 2005/09/17(土) 09:12:54 |
  • 極私的映画論+α

『チャーリーとチョコレート工場』

-----ティム・バートン&ジョニー・デップ。これは超強力!「完成披露が行われる丸の内ピカデリー2には20分前に着いたんだけど、どうにか席を一番前に見つけたって感じ。人気高いね、このコンビは。映画も『シザーハンズ』を思わせる<雪>から始まり、ジョニー・デップも『

  • 2005/09/17(土) 09:25:30 |
  • ラムの大通り

映画館「チャーリーとチョコレート工場」

ティム・バートン監督は「ビートルジュース」のころから大好き!ジョニー・デップは「エルム街の悪夢」のころから大好き!!この2人が組んだ「シザー・ハンズ」や「スリーピー・ホロウ」も大好きなので、私が嫌いなわけが無い!と思って観にいってきました。前評判が...

  • 2005/09/17(土) 09:56:46 |
  • ☆ 163の映画の感想 ☆

チャーリーとチョコレート工場

すっごい楽しみにしていた作品!さて結果は・・・最高でした。旧作があまりに面白かったからどうなることだろうと心配していた部分もあったけどその心配を吹き消してくれるとても愉快な作品に仕上がっていました。話の筋自体は同じだけど旧作よりはわりとあっさり描かれてい

  • 2005/09/17(土) 09:58:34 |
  • 映画を観たよ

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場  2005/アメリカ  ★★★★★監督 ティム・バートン出演 ジョニー・デップ / フレディ・ハイモア / デヴィッド・ケリー / ヘレナ・ボナム・カーター / クリストファー・リー■あらすじ■ 両親2人・祖父母4人と合計7人で暮らし

  • 2005/09/17(土) 10:26:45 |
  • Cinema-Absolutism

#32 チャーリーとチョコレート工場

■チャーリーとチョコレート工場■ウンパルンパと一緒に歌って踊りたいでございマンボ。ふごー。ティム・バートン好きのわたくち的に、今年観た映画の中では一番風味でつわ

  • 2005/09/17(土) 10:51:42 |
  • ひじくろさんぼ

『チャーリーとチョコレート工場』

 ティム・バートン久々の会心作! どうも女性と付き合い始めた辺りからバートン監督作品からダークな持ち味が消えてしまったような気がして作品を観る度に複雑な気分にさせられていました(でも作品自体は悪くなかったりするからより複雑なんですよね・・・『猿の惑星』...

  • 2005/09/17(土) 11:27:15 |
  • 映画大陸

チャーリーとチョコレート工場

ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開!

  • 2005/09/17(土) 11:41:15 |
  • Akira's VOICE

『チャーリーとチョコレート工場』

悪夢のような画面でした。いやあ、強烈。公式サイトはこちら。チョコレートの滝、食べられる草、ホイップクリームの詰まった木の実。見ているだけでおなか一杯。というか胸焼けになりそうです。ワンカさんの右手がハサミ!ここでニヤリ。拾ったお金でゴールド・チケットを手

  • 2005/09/17(土) 12:07:59 |
  • なんでもreview

チャーリーとチョコレート工場

ついに!ついに観てきました。六本木ヒルズでの試写会!(スクリーン5で見たんだけど、スクリーン7にはジョニーとティムが挨拶に来たんだよね。その差は大きいけどしょうがない)長いこと自分の頭の中にこの世界を作ってきました。(小学生からです)たくさんたくさん児童

  • 2005/09/17(土) 14:05:42 |
  • 毎週水曜日にMOVIE!

チャーリーとチョコレート工場

? さぁ、世界一オカシな工場見学へ! ?ティム・バートン監督 × ジョニー・デップ が見せてくれる大人も子供も楽しめる夢のチョコレート工場にうっとり。バートン監督も、ジョニー・デップも、チョコレートも大好きです。ティム・バートン監督の映画...

  • 2005/09/17(土) 14:27:30 |
  • 生きてるだけで儲けもの☆

Charlie and the Chocolate Factory(2005,U.S. & U.K.)

 観てきたよ、観てきたよ、観てきたよ~囹  Charlie and the Chocolate Factory  Johnnyの白塗りメイクと真っ白な歯(げーのーじんは歯が命ってCMを思い出した)もいいけれど、Tim Burtonの世界にハマリまくった約2時間。  原作ではWilly Wonka氏の過

  • 2005/09/17(土) 18:42:28 |
  • The Final Frontier

チャーリーとチョコレート工場

観に行ってきました。月曜日で混んでないと思ったら、大入り満員でした。不思議な映画だったなー。それなりに面白かったんですが・・・何か物足りない感じもします。意外とこじんまりした終わり方だったからかな.。o○でも原作どおりならしょうがない??実はジョニー・デッ

  • 2005/09/17(土) 19:07:44 |
  • ダラダラ生活 日記

「チャーリーとチョコレート工場」

「チャーリーとチョコレート工場」 ニッショーホールで鑑賞試写状やっと当たりました。苦戦でした。8月中遊んでいたので仕方ないです。そして、さすがに人気のある作品で並んでいる人の人数もすごくて私たちが入れたのは開場15分後でもうほとんど満席。後ろに並んでいた相当

  • 2005/09/17(土) 19:48:05 |
  • てんびんthe LIFE

チャーリーとチョコレート工場

この映画は何ヶ月か前に、フジテレビのお昼の番組「ごきげんよう」で、こはたあつこさんがゲストに出たときに「オススメですよー」と紹介していたので、とーっても楽しみにしておりました。水曜日とあって、映画館はほぼ女性で8割くらいの席が埋まっていました。「チャーリ

  • 2005/09/17(土) 20:57:48 |
  • まぁず、なにやってんだか

チャーリーとチョコレート工場

ジョニー&ティム、この二人が仕組んで面白くないわけが無い!!公開初日、早速映画館へ~~ジョニーの来日効果もあってか先売りの初日夜、既に中央辺りの座席は売り切れ、当日もほぼ満席の混雑ぶりだった。映画は期待通りの面白さ、やはり裏切りませんね~~もちろ....

  • 2005/09/17(土) 23:55:48 |
  • future world

『チャーリーとチョコレート工場』

  • 2005/09/17(土) 23:58:52 |
  • 京の昼寝~♪

チャーリーとチョコレート工場

ずっと楽しみにしていた『チャーリーとチョコレート工場』を見て来ました。ああ、待ってる間長かったな♪だって、だって、ティム・バートンですよ?ティム・バートンってだけでも

  • 2005/09/18(日) 00:23:04 |
  • 有限会社三好猫丸

「チャーリーとチョコレート工場」★★★★☆☆

監督:ティム・バートン脚本:ジョン・オーガスト出演:ジョニー・デップ   パケット・フレディー   ・ハイモア   デイビット・ケリー   ディープ・ロイ※この感想は、ネタバレ的要素を含んでいます。ウオンカ製の板チョコに入ってる“....

  • 2005/09/18(日) 00:25:59 |
  • 晴れ、ときどき 三匹と一緒。

チャーリーとチョコレート工場

鑑賞した日 : 9月10日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋 本日2本目は「チャーリーとチョコレート工場」です。ついにこの日が来ました。昨日から高鳴る鼓動。そのせいで寝不足にもなり(笑)なんといっても本年度の本命なのですから。 ....

  • 2005/09/18(日) 00:38:59 |
  • ★☆★ Cinema Diary ★☆★

「チャーリーとチョコレート工場」@ヤクルトホール

「台風11号さま」が東京に遊びに来ちゃった為(来なくていいのに…)チャーリーとチョコレート工場を見に行くのを断念!って事があったのよ。あとから、あとから後悔が押し寄せてきて…このくらいの天気なら全然見に行けたじゃん!…←けど、後の祭り…仕切りなおしで今日や

  • 2005/09/18(日) 00:55:30 |
  • 旦那にはひ・み・つ (☆o☆)

チャーリーとチョコレート工場(評価:◎)

【監督】ティム・バートン【出演】ジョニー・デップ/フレディー・ハイモア/デイビット・ケリー/ヘレナ・ボナム=カーター/ノア・テイラー/ミッシー・パイル/クリストファー・リー【

  • 2005/09/18(日) 01:00:32 |
  • シネマをぶった斬りっ!!

チャーリーとチョコレート工場観たよ

本日は、メゾン・ド・ヒミコとチャーリーとチョコレート工場観てきました。就活も夜バイトもこなして映画2本も観れたなんて自分を褒めてあげたい。まずはチョコレート工場の感想

  • 2005/09/18(日) 01:11:27 |
  • わにわにしちょし

★「チャーリーとチョコレート工場」

公開初日のナイトショウ(0:15~)で観てきました。夜中だっていうのに、ほぼ満員。さすがチネチッタ川崎?さすがジョニー・デップ?それともティム・バートン監督?こんなにナイトで賑わっていたのは「SWEP3シスの復讐」以来だね。原題は「CHARLIE AND THE CHOCOLATE

  • 2005/09/18(日) 01:59:58 |
  • ひらりん的映画ブログ

チャーリーとチョコレート工場

公式サイト バートンもデップも大好きなので、 見逃せない作品。面白かった! チャーリーの住む傾いたボロ家も、 きらびやかな工場も、 どっちもしっかりバートン・ワールド。 デップはこういう役がホント上手いなあ。 奇人だけど愛すべきキャラクターだった。 ウンパ・ルン

  • 2005/09/18(日) 07:53:01 |
  • chaotic library

「チャーリーとチョコレート工場」ちょっと真面目すぎ、どうした!

「チャーリーとチョコレート工場」★★★☆ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア主演毒のあるお伽話だ。人を信じられない大人と、まっすぐの視線で世の中の全てを見つめる子供無機質で灰色の外の現実世界と極彩色のチョコレート工場内部甘く夢の...

  • 2005/09/18(日) 14:03:39 |
  • soramove

■チャーリーとチョコレート工場

 両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー(フレディ・ハイモア)。彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレートだ。世界中で爆発的な売り上げを記録しているウォンカのチョコレートだが、実は誰も工場に人.

  • 2005/09/18(日) 16:30:48 |
  • ルーピーQの活動日記

チャーリーとチョコレート工場*Johnny Depp

Charlie and the Chocolate Factory: Color and Draw (Charlie & the Chocolate Factory)観てきました♪素敵な素敵なウィリー・ウォンカ♪映像も音楽も役者さん達もよかった♪このサングラス?にも意味があるとは・・♪

  • 2005/09/18(日) 20:13:47 |
  • CinemaCoconut

『チャーリーとチョコレート工場』を観た!

2005年9月14日『チャーリーとチョコレート工場』CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY★さあ、世界一オカシな工場見学へ!★2005年9月10日工場大公開2005年/アメリカ/カラー上映時間/115分配給:ワーナーブラザースイマジネーションが縦横無尽に駆け巡る!ありきたり

  • 2005/09/18(日) 23:27:22 |
  • ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!

試写会連チャン初日!

チャーリーとチョコレート工場@イイノホール2005.08.1212日から開催されているGTF 2005 トウキョウ シネマショーで「チャーリーとチョコレート工場」を見て来た。最初、別の試写会で予告を見たときに一見してジョニー・デップとはわからなかった。(背が高く...

  • 2005/09/19(月) 00:00:26 |
  • つぶあんの★my favorite things★

チャーリーとチョコレート工場

Charlie and the Chocolate Factory 公式サイト監督 ティム・バートン出演 ジョニー・デップ フレディ・ハイモア デイビッド・ケリー ヘレナ・ボナム=カーター ノア・テイラー クリストファー・リー世界中でベストセラーになっている同名の原作の再映画化なんですね

  • 2005/09/19(月) 00:14:46 |
  • I LOVE CINEMA +

チャーリーとチョコレート工場@渋谷シネパレス

1971年の作品「夢のチョコレート工場」との比較をしたかったのだが、小学生の時に見た記憶では既におぼろげで、活字として読んだのか映像として見たのかすら定かではなく、大まかなあらすじしか覚えていなかった。平凡な少年チャーリーは、世界中で食されているウィリー・

  • 2005/09/19(月) 00:40:47 |
  • ソウウツおかげでFLASHBACK現象

チャーリーとチョコレート工場

ティム・バートン監督には去年の『ビッグ・フィッシュ』にやられてしまったコトにより“新作は必ず観に行く宣言!”をしていました。あれから1年‥‥ついに待望の新作が‥‥‥‥で、10月にはもう1本?どんなペースで映画撮ってんの?しかも10月公開の『コープス・ブライド

  • 2005/09/19(月) 02:39:41 |
  • オタクの魂forビギナーズ

チャーリーとチョコレート工場。

まず本文の前に、個人的な事情で多くの方々にご心配とご迷惑をお掛けしたことを心からお詫び申し上げます。また励ましのコメント、メール、チャット、電話、本当にありがとうございました。事態はまだ完全に収束してはいませんが、その折にはあらためてお礼をさせていただき

  • 2005/09/19(月) 22:25:19 |
  • この世界の憂鬱と気紛れ

チャーリーとチョコレート工場

1964年に出版されて以来、世界中で愛され続けているロアルド・ダールの大ベスト・セラー「チョコレート工場の秘密」を、1971年の「夢のチョコレート工場」に続き映画化した作品。主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」「ネバーランド」のジョニー・...

  • 2005/09/20(火) 02:22:38 |
  • Imagination From The Other Side

痛快なブラックファンタジー◆『チャーリーとチョコレート工場』

9月16日(金)TOHOシネマズ木曽川にてチャーリー(フレディー・ハイモア)は、貧しいながらも暖かい家族に囲まれて暮らす少年で、彼の憧れは、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営する世界一のチョコレート工場。昔、祖父がその工場に勤めていたが、内部にスパ...

  • 2005/09/20(火) 07:18:09 |
  • 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

チャーリーとチョコレート工場

『チャーリーとチョコレート工場』を初日に見てきた。簡単にまとめると、チョコレートに入っているゴールデンチケットを当てた貧乏な少年、他4人がチョコレート工場見学に招待される。って話(省略し過ぎw でも誰もが予想し得る単純なストーリーである。 

  • 2005/09/20(火) 15:04:44 |
  • |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο

チャーリーとチョコレート工場(試写会) - CHARLIE AND THE CHOCOLATE ...

言わずと知れたロアルド・ダールの児童文学「チョコレート工場の秘密」の映画版。15年前に全従業員を解雇した後も、商品を出荷し続ける謎に包まれたチョコレート工場。変わり者で知られる工場経営者のウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)はある日突然、5人の子供を工

  • 2005/09/20(火) 21:04:51 |
  • Chic & Sweet * びいず・びい

チャーリーとチョコレート工場

オフィシャルサイト → チャーリーとチョコレート工場両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー少年。彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレート。世界中で爆発的な売り上げを記録しているウォンカのチョコレ

  • 2005/09/20(火) 22:54:35 |
  • 日々映画三昧

チャーリーとチョコレート工場

★本日の金言豆★遺失物横領罪:遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金もしくは科料。(日本での話) 全世界で1300万

  • 2005/09/21(水) 17:10:29 |
  • 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等

チャーリーとチョコレート工場

「ココアさんがすきです。でもチョコさんはも~っとすきです!」と、31アイスクリームに行っても、チョコ系のフレーバーをダブルで注文しちゃったり、ハウステンボスのチョコレートの滝をこそっとなめようとする位無類のチョコレート好きなINDYですが、そんな私が気になっ

  • 2005/09/22(木) 00:18:27 |
  • 欧風

チャーリーとチョレート工場

今日は、彼氏さんとチャーリーとチョコレート工場を見てきました{/kaeru_en2/}瞳香は英文学科らしく(?)、ロアルド・ダール原作のCharlie and Chocolate Factoryを読んだことがあったのですんなり映画に入れたのですが、どうやら彼氏さんにはイマイチだったみたい{/face_ase2/

  • 2005/09/22(木) 03:03:17 |
  • だってスキなんだもん。

チャーリーとチョコレート工場

私は監督で映画を選ぶほうではないのですが、ティム・バートンの新作と来れば観ないわけにはいきません。そんでもって、バートン&デップ&作曲のダニー・エルフマンの黄金トリオ再びですよ!?期待すんなと言うほうがムリでしょう。イヤでも期待してしまいます。オープニン

  • 2005/09/22(木) 15:20:38 |
  • ひとりごと

チャーリーとチョコレート工場

第208回★★★☆(劇場)「PLANET OF THE APES 猿の惑星」(2001)によってティム・バートンが証明したもの。 それは「リメイクも手掛けることが出来る」ということだった。 よくよく考えれば、彼の大ヒット作「バットマン」(....

  • 2005/09/23(金) 13:03:52 |
  • まつさんの映画伝道師

チョコレート工場をもっと見たかったな

 先週「シンデレラマン」を観に行った際、シネコン「MOVIX京都」の窓口付近で係員が「『チャーリーとチョコレート工場』は後3つしか席が残っていませんよ」と大きな声を張り上げていた。その時点でまったく予備知識なし(情報収集意欲なし)。ただきっと、面白い映画.

  • 2005/09/24(土) 23:42:59 |
  • 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記

チャーリーとチョコレート工場 ウォンカ最高★4.5

チャーリーとチョコレート工場 ★★★★☆(4.5) ウンパ・ルンパのグッズがないのが非常に納得がいかない! なのでマイナス0.5(ウソ) 待っていました! ティム・バートン監督&ジョニー・デップ主演のゴールデンコンビ! チャーリーにゴールデンチケットが手に入.

  • 2005/09/25(日) 02:15:58 |
  • おえかき上達への道

チャーリーとチョコレート工場(映画館)

 CAST:ジョニー・デップ 他幼い頃見学に行った某お菓子メーカーの工場がこのチョコレート工場のように奇想天外だったら、人生観が変わってただろうな~。なんて思ってしまった。とにかくチャーリー役のフレディー・ハイモアくんがかわいかった。「ネバーランド」の時はそん

  • 2005/09/25(日) 15:05:13 |
  • ひるめし。

チャーリーとチョコレート工場

 よくも悪くもティム・バートンの俺さま映画。  組織として映画を製作するハリウッドにあって、よくぞこのような個性の際だつ作品を創れるものと感

  • 2005/09/25(日) 15:15:19 |
  • シネクリシェ

『チャーリーとチョコレート工場』見た!(ネタバレ)

世界中に大人気のチョコレート工場に招待された5人の子供たちが見た不思議な世界。監督ティムバートン。主演ジョニーデップ。このコンビがまたやってくれました。楽しくて笑えて、ちょっぴりジーンとくる映画でした。オススメ映画です。ネタバレOKな方は...

  • 2005/09/25(日) 19:14:17 |
  • Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』

再・『チャーリーとチョコレート工場』

 レビューを書く前に、9/10にこの『チャーリーとチョコレート工場』のレビューをアップしました。 ところが原因は今もわかりませんが、記事が消えてしまいました そこで9/12に“行方不明~”で、「取り合えず、TB戴いた方には申し訳ないですが、TBはお返ししますが、

  • 2005/10/02(日) 22:47:00 |
  • 京の昼寝~♪

チャーリーとチョコレート工場

ティム・バートン&ジョニー・デップの4本目の共作。いまや押しも押されぬ大スターJデップ。そして作品に独特なテイストを盛り込むバートン監督。この2人がタッグを組むなら期待せぬ訳にはいきません。原作は解説しか読んないし1971年の作品も見ていませんが、こういう雰囲

  • 2005/10/03(月) 02:57:48 |
  • 暗やみのシートで現実逃避

チャーリーとチョコレート工場

「チャーリーとチョコレート工場」なんて、タイトルからすれば子どもだましかと、、、 ジョニー・デップが10年ぶりに来日するほどの内容かと、、、 かなり疑っていたが、これが驚くなかれ、大爆笑の傑作、快作の...

  • 2005/10/09(日) 14:12:22 |
  • お気楽極楽ブログ

「チャーリーとチョコレート工場」

「チャーリーとチョコレート工場」主演ジョニー・デップ、監督ティム・バートンのファンタジー?家族愛をテーマにしているが、かなりひねくれものの、ヘンテコな作品。作品は素晴しい、私の好きなタイプではなかっただけ。ブラックユーモアが度を越してい

  • 2005/10/14(金) 00:04:44 |
  • わたしの見た(モノ)

「シン・シティ」 女祭り!

「フランク・ミラーのシン・シティ」。またアメコミの映画化。しかも今度は漫画家自ら監督。海の向こうの漫画家も大ヒット作を抱えると、ホームランボールを落札(トッド・マクファーレン)できるだけでなく、映画も監督できるのか・・・。さぞかし自己慢チキな映画だろうな

  • 2005/10/14(金) 18:14:06 |
  • 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

ウォンカの視点で観てみる◆チャーリーとチョコレート工場(DLP吹替版)

10月8日(土) XYZシネマズ蘇我にて2回目なので、今度はウィリー・ウォンカの視点でこの作品を観てみることにした。(注・完全に、ネタばれモードで書きます)ねたバレなしの1回目鑑賞の感想はこちら。DLP吹替版で観た感想についてはこちら。ウィリー・ウォンカ...

  • 2005/10/16(日) 07:29:54 |
  • 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

チャーリーとチョコレート工場/母の不在

(ネタバレ注意!) 大人のための毒気に満ちたメルヘン。資本主義にどっぷり浸かっている現代人を批判しているが、その底流には、不在の母に対する飢餓感がある。チャーリーとチョコレート工場  ウォンカは、歯科医の父が彼の歯を守るためにチョコレートを燃やしたことに

  • 2005/11/05(土) 23:03:18 |
  • マダム・クニコの映画解体新書

チャーリーとチョコレート工場

コレも10月には観ていました。感想あげるのが遅すぎです。自分。お菓子好き。、特にチョコレート大好きな、私。このタイトルだけでも「美味しそう!」(面白そうじゃないのかよ)と、惹かれるものがあります(笑というわけで、きっとスゴクスウィートで美味し...

  • 2005/11/09(水) 23:55:08 |
  • きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/

今日の映画「チャーリーとチョコレート工場」

「さあ、世界一オカシな工場見学へ!」公開中に見に行くことが出来ず、DVDの発売を心待ちにしてました。いや~、ホント最初っからとばしまくってます。不思議な世界というか、完全にファンタジーな世界というか。良質な絵本に出会ったような、ワクワクする気持ちだったり

  • 2006/02/04(土) 00:04:33 |
  • Pepinの言い訳

チャーリーとチョコレート工場

『チャーリーとチョコレート工場』 2005年アメリカ(115分)監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ   フレディ・ハイモア   デヴィッド・ケリー   ヘレナ・ボナム=カーター   ノア・テイラー★ストーリー★家が傾...

  • 2006/02/09(木) 17:23:20 |
  • WILD ROAD

チャーリーとチョコレート工場

●映画の満足度・・・★★★★★★☆☆☆☆6.5点ウィリウォンカ~♪ウィリウォンカ~♪ 最近、頭の中で鳴り響くんです(笑)ようやくこの作品を、レンタルして観ることができたのですが、少し期待を大きく持ちすぎてしまったようです。久しぶりに「宝...

  • 2006/02/18(土) 02:26:23 |
  • ホームシアター映画日記

『チャーリーとチョコレート工場』この映画を見て!

第43回『チャーリーとチョコレート工場』こんな人にお奨め!「ちょっとブラックなチョコレートが好きな人。」  今回紹介する作品は昨年公開され大ヒットした『チャーリ

  • 2006/02/20(月) 10:30:10 |
  • オン・ザ・ブリッジ

チャーリーとチョコレート工場/ジョニー・デップ

分かりやすいストーリーとは裏腹に、奇怪な創造物の数々。そしてその風景に異様なほどはまっているのがジョニー・デップでした。工場に招待されたチャーリーは、夢のような体験を次々として行きます。チョコでできた木や川、そして小人のおっちゃん。ウンパ・ルンパ族という

  • 2006/06/11(日) 17:59:04 |
  • 文学な?ブログ

映画・チャーリーとチョコレート工場より日常英会話抜粋!!

(236)Everything in this room is eatable.     〔この部屋のものは、全部食べられる〕映画・チャーリーとチョコレート工場から、日常英会話抜粋です。チョコレート工場の秘密は原書でも読んだのですが、やはり映像化は良かったです。ほぼ原作通りですが、チョコ

  • 2006/10/29(日) 00:54:35 |
  • 英語の本を原書で読みたい!

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場 特別版監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー、ミッシー・パイル...「さあ、世界一

  • 2006/11/12(日) 16:25:57 |
  • ひめの映画おぼえがき

チャーリーとチョコレート工場

 前の記事でココアを飲んでいると書いたが、実は先程まで、九時からは見るものが無い(細木の婆ぁはさっさとくたばらないものか)と言う事で小学生の弟と共に、何度目かの『チャーリーとチョコレート工場』を見ていた為であ

  • 2006/12/30(土) 02:09:01 |
  • 黄昏ミニヨン想録堂

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場は前にWOWOWで見たが感想を書いてなくて 今回は地上波で2度目を見たが初回は字幕で2度目は吹き替えだったから 同じ作品でも少し違うの見た感じだが2度目の方が分かり易く良かった 内容はチャーリー住むチョコレート工場に招待さ...

  • 2008/01/13(日) 14:50:46 |
  • 別館ヒガシ日記

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2010/08/27(金) 15:48:37 |
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/82-4110a103
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。