ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ナショナルトレジャー』

先日、観てまいりました『ナショナル・トレジャー』。

監督のジョン・タートループは嫌いではないんですが、ジェリー・ブラッカイマー製作の映画はどうも苦手だということもあって、予告を見るたびに暗い気持ちになっていました。
ところが、なかなかこれが楽しめました。
ストーリーではなくその感触が、なんというか、まるで「トムソーヤの冒険」みたいで童心あふれてます。って、トムソーヤをちゃんと読んだことありませんけど、主演のニコラス・ケイジを見ていると、そんな気にさせられます。
05032501.gif

アクションシーンも、人がほとんど死なないし、スローモーションの多用をしてないし、「ザ・ロック」や「アルマゲドン」にあった<不自然なエキストラ>も出てこないし、もしかしたらそれらの映画がつまらないのは、ブラッカイマーじゃなくて、マイケル・ベイが悪いのかもしれません。

それにしても不思議な役者です、ニコラス・ケイジ。
ラクダとしては光り輝く男前かもしれませんが、ヒトとしてはそれほど美男子でもないし、コッポラ叔父の七光りも消えうせてるはずなのに、ちゃんとハリウッドスターです。やはり、情けない役をやらせたら日本一(ハリウッドNo1に非ず)というあたりが好感と評価を得ているところでしょうか。
そんな童心を、悪く言えばラクダのお面を、ペッタリ顔に貼り付けたニコラス・ケイジを取り巻く他の役者も、なかなかいい味出してます。
ジョン・ボイドが『トゥームレーダー』と同じトレジャーハンターの父親役だったとか、ショーン・ビーンがまたしても「旅の仲間」を裏切るとか、ステレオタイプなイメージキャストなとこもありますけど。そういえば、ケイジは『60セカンズ』で、ボイドの娘アンジェリーナ・ジョリーと共演してました。イヤハヤ、世間は狭い。出会い系で知り合った女子高生に会ってみたら自分の娘だった父親の気持ちがわかるってもんです。

ちなみに、『ナショナルトレジャー』も『トゥームレイダー』も、母親はなぜかあまり言及されません。なので、この2作品を見ても、出会い系で知り合った女子高生に会ってみたら自分の奥さんもしくは母親だった男の気持ちはわからないようです。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

はじめまして、自由人と申します。
この映画、ディズニーらしい安心した展開ですが、なかなか面白かったですね。
万人が観ても楽しめる映画を得意とするディズニーらしいです。
個人的には、もう少しアクションシーンがあってもよかったのでは?と思っています。
また遊びに来ます。
今後とも宜しくお願いします。

自由人さま

ボストンの街中を走って逃げるシークエンスなんて、たしかにブラッカイマー製作にしては地味ですよね。
でも、そのシークエンス、好きなんですよ(笑)。

こちらこそよろしくおねがいします。

  • 2006/05/30(火) 23:29:17 |
  • URL |
  • にら(管理不自由人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメント&TBありがとうございます。

テンポの件と独立宣言書の件、うまいことおっしゃいますね(笑い)。

また、お邪魔させていただきます。
では。

  • 2006/11/17(金) 18:11:40 |
  • URL |
  • イエローストーン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

★「ナショナル・トレジャー」

公開初日のナイトショー(0:20~)で観てきました。さすがチネチッタ、この時間でも40~50人くらい入ってたよ。しかし、うっかりした事に、ポイント・スタンプを押してもらうの忘れてきちゃった。残念っ。ブラッカイマー+ニコラス・ケイジの合体技のお宝・ムービー。2004

  • 2005/03/26(土) 02:15:38 |
  • ひらりん的映画ブログ

『ナショナルトレジャー』を観て来ました。#57

『ストーリー』伝説の秘宝を探し求める歴史学者にして冒険家のベン。彼は合衆国独立宣言書が秘宝の謎を解くカギだということを知る。

  • 2005/03/28(月) 23:04:38 |
  • ★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...

ゲイツ家の永年の夢・・・「ナショナル・トレジャー」

ゲイツ家は何世代にも渡り、ある夢を追っていた。

  • 2006/11/17(金) 11:32:40 |
  • 取手物語~取手より愛をこめて
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/9-6dbe3f77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。