ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スウィング・ガールズ」

DVDをレンタルして見た今作。

起伏に富んだ展開、片田舎の季節感溢れる風景、元気な女子高生、ふんだんに盛り込まれたギャグと、ほんのり添えられた恋心。
じつに、よくできた青春物語です。

05101701.gif


もし劇場公開のとき見ていたら、そう思ってしまったかもしれません。
『リンダ・リンダ・リンダ』を見てしまうまでは。

今作は、見ているとなんだかモヤモヤしてしまうのです。
制服姿の女子高生たちがワンサカ出てきますが、彼女たちの年齢やそのあどけない顔に似合わず大胆でむせかえるような艶めかしい場面に劣情を掻き立てられたということではありません。そんな場面もありません。そもそもそれは、モヤモヤではなくムラムラです。
たしかに、チラリと下着を覗かせてスカートが脱げるシーンもあります。それも含めてモヤモヤですから、この記事をここまで読んでそのシーンを目当てに今作を見ようと思った健全な精神が健全な肉体に宿った男性は、スポーツで発散してからご覧になってください。
もしくは、女子トイレを示す●と▲の記号を見ただけで飛び掛りたくなるくらい冷静さを欠いた状態に自分を追い込んでからご覧に頂くという方法もあります。しかし、世の中全ておカネだというつもりはありませんけど、レンタル店で借りるにせよ思い切って購入してしまうにせよ、それよりも廉価で手に入れられる青年向けコミック雑誌あたりのほうが無難です。

モヤモヤに話題を戻して、例えば、主人公が楽器店の店頭に飾られたサックスを眺めてショウウインドウに顔を寄せ、近づきすぎてガラスにオデコをぶつけるシーンがあります。
それが、黒人少年が食い入るようにショウウインドウのトランペットを眺めていたジャックスカードのCMのパロディーで、CM放送当時の「かくし芸大会」あたりでやるならまだしも、なにをいまさら古臭いことを。とか、もしかしたら実際にCM放送当時の「かくし芸大会」で井上順あたりがやってたかもしれないとしたら、それはそれで今作を製作したフジテレビにへつらってる感じで気分が悪い。ということではありません。
オデコをぶつけた自分の不注意さではなく、そこにガラスがあることを恨むかのような主人公の表情に、なにか釈然としないものが感じられるからです。

今作は、女子高生の音楽モノという点のみしか共通項がない『リンダ・リンダ・リンダ』よりも、最近のものであれば『スクール・オプ・ロック』、邦画ということであれば『シコふんじゃった』らの作品のほうがよく似ていると思います。あらゆる出来事に対し責任や義務を回避しようとしているそんな連中が、自分の利益のために未知の世界を嫌々体験するうち、ある契機を経て積極的に取り組むようになり、ある挫折を味わい、それを乗り越えることでクライマックスを迎える、というパターン。
それらの主人公に「社会不適応」で「自己中心的」な人物造形がされていたように、今作の主人公も夏休みに補習を受けていて、しかもそれすらまじめに受けてはおらず、そこから逃れることばかり考えているような女子高生として紹介されます。
そんな彼女が、野球部の応援へとバスで出発してしまった吹奏楽部に、弁当が渡し損ねられたと知るや、補習をサボる口実として多忙な弁当屋さんの代わりに補習を受けていた友人らと配達を引き受けますが、彼女らの不手際と自堕落な行動により長時間炎天下にさらされた弁当を食べた吹奏楽部員が食中毒を引き起こし入院してしまいます。それにより、彼女は吹奏楽からジャズという「未知の世界」へと足を踏み込むことになります。
10日後に控えた野球部の次の試合までの間、吹奏楽の練習をするのは、またしても補習をサボる名目という設定はまだしも、ひとつ間違えば弁当屋さんが保健所から営業停止処分を受けかねない犯罪スレスレの行為の責任をとる、のではなく、それをもみ消してもらうためという責任回避としての導入部はいかがなものでしょうか。
重大かつ残忍な犯罪行為には未成年者であっても極刑が下されるような世知辛い時代なので、それを忘れさせてくれるようなおおらかなファンタジーだからと思えば、たったひとつの米粒ほどの出来事が坂を転がるうちにとんでもないことになってしまったかのようなおかしさにあふれた設定と言えるかもしれませんけど。

前述したショウウインドウの件は、導入部を経てジャズにのめりこみつつある頃の主人公の責任回避しがちな性格を象徴する出来事だったわけですが、その責任回避ぶりがクライマックスにまで持ちこまれてしまうのは頂けません。

またしても主人公の不手際で、吹奏楽の県大会に出場できなくなってしまうのですが、彼女は当日になってもそれを仲間に伝えず責任回避をしています。会場へと向かうため電車に乗るのですが、折りしもその日は大雪で、その雪のせいで電車は立ち往生。止まった電車の中でやっと事実を仲間のひとりに打ち明け、その次にみんなに謝るのではなく、打ち明けられた彼が説明するのでした。それを知って落ちこんでいた仲間たちがふとラジオから聞こえたジャズに合わせて演奏し始めるというのはありがちながらいい感じなんですけど、その演奏に主人公まで加わってサックスを奏でてしまうので、主人公の反省も挫折感も薄まってしまいます。そこに舞い込んできた大会繰上げ出場というクライマックスがタナボタ式で他力本願に思えてしまうのも、それを祝福するために設けられた挫折が弱いせいです。
しかも、会場で司会を務める男性が彼女らの到着を待たずして大会を打ち切ろうとする様子を決して短くはないカットで見せ、演出までもが彼女の責任回避をごまかそうとしています。

この種の映画にありがちな努力や根性といった要素を矢口監督があえて排したであろうことは、楽器の入手と練習場所の確保に東奔西走するところにさんざん時間をかけたものの、曲の途中であっという間に季節が変わるや演奏まで上手くなるというデタラメながらも楽しい演出をワンシーン・ワンカットでしていることからもわかります。しかしながら、楽器の演奏をマスターするためにはそれなりの練習が必要なわけで、実際に映画内の全演奏をさせるため出演者たちには厳しい練習を課したと聞きます。

物語をファンタジーにしたい意図と、現実における水面下での努力や根性というふたつの要素に挟まれた結果、主人公の責任回避を黙認はおろか積極的にサポートしてしまう甘い演出になったのかもしれませんが、かなりの興行成績を収めたのがそのおかげかもしれないと思うと・・・。


ところで、最後の演奏で、舞台に向かって右端のトランペット奏者の方。
マウスピースを口に当てて吹き鳴らす顔がどうしても女子高生に見えませんでした。実際の年齢はわかりませんが、女子高生に対するこちらの幻想を見事に打ち砕いて頂いたことに対する感謝として、何らかのお礼をぶちかましてやりたいので、放課後に体育館の裏まで独りで来るように。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

上野樹里が山田花子に見えてしまう自分といたしましては、山田花子が楽器と戯れる姿なんぞソソラレないので今まで触手が延びなかったんですが… 責任回避を検証すると言った意味では日本野鳥の会にでもカウンターを借りてすぐさまTSUTAYAにでも駆け込みたくなりました。
体育館の裏に行けばにらさんがオバン高生に想いを打ち明ける瞬間に立ち会える訳ですね、ドキドキですね。

  • 2005/10/18(火) 09:17:59 |
  • URL |
  • たみお #-
  • [ 編集]

たみおさま

山田花子で挫折していてはダメです。
ぜひ修行を重ねて、森三中と森昌子をまとめて一斉に面倒見られるくらいになったら、放課後に体育館の裏までセーラー服姿で来てください。

てなわけで、花より団子、山田花子より山田優を宣言しつつ、コメントありがとうございます。

  • 2005/10/20(木) 01:32:25 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

こんにちは。
僕は、この作品、好きでした^^
ノリが良く、元気になれました。
感想は人それぞれですね^^
また遊びに来ます。

  • 2006/03/22(水) 14:02:31 |
  • URL |
  • ぽっぷ #.1Yf4bn.
  • [ 編集]

ぽっぷさま

すぐ寝ちゃう『リンダ~』娘たちに比べると、確かに元気な娘さんたちでしたけど、でもやっばり、樹里ちゃんからの謝罪が一度もないのは引っ掛かりつつ・・・。
コメントありがとうございました。

  • 2006/03/23(木) 09:56:47 |
  • URL |
  • にら(謝罪管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『スウィングガールズ』★★★★★

『スウィングガールズ』(2004)を観た。シンプルで楽しい。心地良く、ウキウキした。脚本と監督は、『ウォーターボーイズ』(2001)の矢口史靖。『ウォーターボーイズ』で感じた「わ

  • 2006/03/22(水) 14:03:16 |
  • ポップコーンを食べながら
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/94-b36b3049
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。