ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片岡礼子

先日から、近所の映画館が休館してしまいました。

そこは開館以来、雨の日も、台風や雪の日でも、通ったものです。
デートを申し込んだ日も、それがドタキャンされた日も。
映画の日も、文化の日も、体育の日も、自分の誕生日も、どこの馬の骨だかわからないやつのサラダ記念日も。
高熱のため会社を早退したことになってる午後も、同時多発テロが起きた9.11の夜も、オウムが強制捜査を受けた朝も、ペリー提督が黒船で来航した日本の夜明け前も。

そこを利用していたのは開館以来には違いないんですけど、ちょいと事情が複雑です。
実は数年前に引っ越しをして、引っ越した先の近所にはたまたま新たに出来た映画館があり、数年間そこに通っていたのです。数年に及ぶ浮気期間を経て、再び引っ越しをしたのが数ヶ月前。そして今に至るわけですが、現在のところ最寄なのは古巣の映画館なのであります。浮気先とは泣く泣くお別れなのであります。

「女と畳と映画館は新しいほうがいい」というのは神代の頃から言われてきたとどこかで読んだ気がしますが、博愛精神に満ちているといいますか、ストライクゾーンが広めと申しますか、古いとか新しいとかだけで女性も男性も、もちろん映画館も差別するつもりはありません。ホクロ有無で古いだの新しいだのと古田新太を線引きした覚えもございません。
だから、そりゃまぁ浮気先はシートもゆったり、音響は全てデジタル、スクリーンも大きく、映写機の光量もじゅうぶんでしたけど、別れを惜しんだのはそればかりではないんです。
なにしろ、古巣のほうは、音が始めから出ないこともあるわ、出たら出たで途切れるわノイズが入るわ、音はちゃんと出てると思えば画面は真っ暗なこともあるわ、ピントが甘いのは当たり前でフィルムの境目がズレてスクリーン中央に来ることがあるわ、シネスコ作品をビスタスクリーンであるいは逆パターンで上映するわ、『ウワサの真相~ワグ・ザ・ドッグ』が途中から『ナッシング・トゥ・ルーズ』に切り替わるというフィルム装填間違いをするわ、そうした映写事故を報告してやってもなにが起きてるのか理解できない従業員ばかりだわ、しかも全員下半身素っ裸だわ、といった状況だったからです。
そんな程度でサービス業だというのなら、こっちは上半身も脱ぎ捨ててサービスしてやろうじゃないかと鼻息荒々しい露出系の皆さまには申し訳ありませんが、冒頭にお伝えしたように、この映画館はすでに休業しています。

というわけで、今回は映画の記事でなく、日曜の朝またしてもボウズに叩き起こされた視線の先に片岡礼子嬢の姿を見ることができた「仮面ライダー響鬼」という、土曜の「ウルトラマン」に引き続き、たまたま見たTVの特撮モノをとりあげる後ろめたさの言い訳ばかりです。
そういえば、以前「響鬼」をとりあげた際、エンディング・テーマを歌うのが布施明ということに触れましたが、その後、たまたま途中から見た回ではどういう役柄か判りませんがご本人さんが劇中に出演して、どういう状況か判りませんが10畳ほどの和室というか宴会場のようなところで浪々と延々と歌い続けて、レギュラーメンバーにうんざりされてました。
片岡礼子嬢の登場も、判らないことだらけの布施明が出てきた理由とその後の回には出てこない理由も、どちらも気になります。しかし一番気になるのは、これを読んでる人に特撮モノを見てるのが「たまたま」じゃないと勘違いされたらどうしようということです。


ちなみに、改装を経て2週間ほどで古巣の映画館は再開するそうです。
スポンサーサイト

コメント

礼子

へえ、ウルトラマンもライダーも大好きなんですね。
実は私も大好きです。
ってもちろん記事読んだ上で書いてるので気にしないでください。

私、昔、片岡礼子と高島礼子を素で間違えてました。
でも「ハッシュ!!」を見てからは決して間違えません。

でライダーの礼子さま
・・・・・・・あんなにババアだったっけ!?
「ハッシュ!!」のスポイト妊娠作戦を真面目に語っていたあの人はどこにいったんだ
それこそ高島礼子と間違えそうだった

片岡礼子って石井隆の「黒の天使」にも出てましたよね?高島の間違いじゃないよね

しんさま

そうなんですよ、思いのほか老けていらしたんですよ、礼子嬢。
やはり、例の脳外科手術のせいでしょうかねぇ。

初めて礼子嬢の顔と裸体とヘアを目にしたのは『愛の新世界』でしたが、気になる存在になったのは『KAMIKAZE TAXI』からでした。
その後、石井隆作品の常連になって、喜んでいたのに、奥山社長をめぐる松竹のクーデターにより、『黒の天使』の公開すら危ぶまれたせいで、元気をなくした監督が、その不遇な頃におそらく雇われ監督として撮ったZEEBLA主演の『TOKYO G.P.』ってヒップポップ映画をDVDで見たとき、のエンドロールに礼子嬢の名を見つけて小躍りしたもんです。
しかし、何度再生してもその姿が確認できずに泣きじゃくったもんです。

なので響鬼での思わぬ再会に喜んだものの、なぜ変身忍者アラシなの?と腑に落ちませんが、コメントありがとうございました。

  • 2005/10/20(木) 23:11:39 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

エリーも

「ウルトラマンMAX」に出てくるメカ少女エリーも、最近、顔変わってない?太った?チョコの中~♪に入った?
礼子、こんな所で再会するとは・・・。「愛の新世界」「KAMIKAZE TAXI」「鬼火」と時代の空気を吸った作品に連投しては、裸体を輝かせてましたが、今後、崩れた裸体はどう展開させるのでしょうか?

  • 2005/10/23(日) 18:39:03 |
  • URL |
  • aq99 #-
  • [ 編集]

aq99さま

再会したと思ったら、今週早くもお別れでした、礼子嬢。
これで日曜の朝はあと30分ゆっくり眠れます、って見るのか「プリキュア」は。

エリーに関しては、たいした情報を持ち合わせていないので、
 ウルトラマンがチョコの中~
 ウルトラマンチョコの中が~
 ウルトラまんちょがこの中~
と、うろ覚えの連呼に留めまして、コメントへのお礼の言葉に替えさせて頂きます。

  • 2005/10/25(火) 13:49:41 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/95-5a9f2882
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。