ねこのひたい~絵日記室<ネタバレなしの映画評?>

 ~ネタバレなしでも、読めばガッカリ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「復讐者に憐れみを」

ストーリーを要約して格言に置き換えると、「人を呪わば穴ふたつ」ですね。

復讐が復讐を呼ぶという点では、パク・チャヌク監督が今作の次に撮った『オールド・ボーイ』と同じなんですけど、復讐が収斂へと向かう『オールド・ボーイ』とは逆に、今作では混沌へと向かいます。

05101901.gif


それぞれ単独でもかなりショッキングな題材が、次から次へと繰り出されます。

 聴覚障害
 腎臓疾患
 臓器提供
 苛酷労働
 強制解雇
 政治結社
 臓器売買
 路肩放置
 痴話喧嘩
 幼女誘拐
 浴室自殺
 脳性麻痺
 溺死事故
 遺体埋葬
 死体解剖
 一家心中
 頭部殴打
 昏睡強姦
 動脈刺殺
 電撃拷問
 血尿失禁
 出前配達
 車内排尿
 遺体切断
 死刑宣告
 集団刺殺


と、列挙してみたものの、今作ではそれらの言葉から起想される衝撃と同等かそれ以下の、いわゆる想定の範囲内な描写による画面連鎖です。
さらに、冒頭のラジオ番組のDJや途中に現れる関節に異常をきたしている青年といった「これはなにか意味があるに違いない」と思わせつつ現れる人物が、その次に登場したときには物語を転がすためだけに配されていたに過ぎなかったという作劇上のイビツさに目がいってしまうことが、題材の衝撃性を削ぐ作用をしています。

なので、題材そのものへの不快感より、凡庸さへの不快感ばかりがつのってしまいました。

これが映画だという現実を忘れさえすれば、肉付きがいいとはとてもいえない乳房に添えられた乳首を視覚を通じて触覚で擬似再現してみるという、ペ・ドゥナ嬢への妄想に耽ることはできるんですけど。

ちなみに、聾唖の主人公を演ずるシン・ハギュンの脱色して緑色に染めた頭髪を見ていると、ついつい日本のお笑い芸人ロバートを思い出してしまいます。

それを要約して格言に置き換えると、「隣の芝は青く見える」ではなく「隣国の馬場は青く見える」ですね。


◆この記事にガッカリした方はランキングに清き一票あるいはこちらに怒りの一票を◆
スポンサーサイト

コメント

金色緑色

シン・ハギュン。
「この顔、どこかで見たことあるよ…」
映画が終わってから
「…市川染五郎+マシューだ!」と叫びました。
似てますよね?

TBありがとうございました。

  • 2005/10/19(水) 21:30:34 |
  • URL |
  • あむろ #y.6mc9WE
  • [ 編集]

あむろさま

似てます、ヒットです、ベストヒットTVです。

ちなみに、ドゥナちゃんは、太古の昔にお付き合いした女性に似てると書くと、いろいろ問題があるので、書きたくても書けません。

てなわけで、コメントありがとうございました。

  • 2005/10/20(木) 01:37:59 |
  • URL |
  • にら(管理人) #-
  • [ 編集]

kossyさま

お待ちしておりました(笑)。

最後にソン・ガンホを殺す連中ですけど、一切コトバを発しないんで、シン・ハギュンとペ・ドゥナが通ってた聾唖学校の同級生かな?と。
あのタイミングで現われたところを見ると、ドゥナのために来たのであって、ハギュンのためではない。
もしかしたら、ドゥナちゃん、ハギュンにはナイショで複数の同級生たちをマタにかけて、それぞれに悪事をそそのかしてたのかもしれません。

というのが、見ていたときに抱いた見解です。
ところが、kossyさんの「コミカルなシモネタ」の件を読んで、ふと別見解が浮かびました。

 もしかしたら、ハギュンの隣に住んでた連中じゃないか?

人数もピッタリ4人だし。
壁越しにいろいろ情報も舞い込んできただろうし、それに、ハギュンのお姉さんにはいろいろお世話になってたし。それに、あの河原はガンホの娘さんが亡くなった場所だけでなく、お姉さんの埋まってた場所でもあるけれど、ドゥナちゃんが殺された場所じゃないし。
つまり、彼らの目的は、隣のお姉さんの復讐なんじゃないでしょうか。

思いも拠らない人に恨みを買うってのは、まさに『オールド・ボーイ』と同じです。

それが正しいかすぐ再確認できるDVDってすごいなぁ、と思いつつ、でもこの仮説が間違ってたらヤダなぁと考えたら、見るべきか見ざるべきか、見ても言わざるべきか、悩んでます。ま、言ったところで誰も「聞かざる」でしょうけど(笑)。

  • 2005/10/20(木) 16:19:48 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

kossyさま

先ほど確認したところ、第2の仮説が違っていたと判明しました。

慎んでお詫び申し上げるとともに、少し持ち上げた今作に対する評価を元の位置に戻しておきます。

  • 2005/10/20(木) 23:18:41 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

あれ・・・評価を持ち上げたのに下げちゃったのですか~残念。
そろそろDVD借りてきて確認してみようかしら・・・あのテロリストたち。どこかに出ていないのかなぁ・・・

  • 2005/10/21(金) 01:03:22 |
  • URL |
  • kossy #YaTS71PM
  • [ 編集]

引用しました。

こんにちは。
四字熟語が見事だったので、了承なしに引用させていただきました。僕は、べたほめですが(笑)
TBもさせていただきます。

kimion20002000さま

こちらこそ、こんな若輩者のつたない文を引用頂けて、光栄の至りです。

そういえば、最後にひとつ、四字熟語が欠けてましたので、ここで追加しておきます。

 連鎖喫煙

てなわけで、コメント&TBありがとうございました。

  • 2005/10/25(火) 11:25:31 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

にらさま

コメント・トラバありがとうございました。
この作品に対するわたしの評価は高いですよ。
ペ・ドゥナさんもでているしね。
拷問されて死んじゃうけどね。
四字熟語でキーワードを羅列されるとフラッシュバック現象が起きてきました。
その言語センス、見事ですね。

  • 2005/12/02(金) 17:17:49 |
  • URL |
  • 唐須 #wr80fq92
  • [ 編集]

TB&コメントありがとうございました。

こんばんわ!『カリスマ映画論』管理人の睦月です。
単語の羅列・・・すごいです。けど多からず少なからずその全ての意味合い、要素が含まれていた作品でした。

では。これからもよろしくお願いいたします。

  • 2005/12/24(土) 00:41:03 |
  • URL |
  • 睦月 #-
  • [ 編集]

睦月さま

こんにちは!カリスマどころか仮の住まいの管理人です。

そんなシーンあったっけ?と思わせるような、ぜんぜん関係のない四字をひとつくらい紛れ込ませておけばと悔やまれます。
例えば、【麻婆豆腐】とか。

てなわけで、コメントありがとうございました。

  • 2005/12/27(火) 10:06:48 |
  • URL |
  • にら(管理人) #lcbXb0/Q
  • [ 編集]

TB,コメントありがとうございました。

にらさんが、太古の昔、付き合ってた人にということでリンダリンダリンダのぺ・ドゥナを思い浮かべてみてました。

  • 2006/11/17(金) 17:46:57 |
  • URL |
  • motti #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『復讐者に憐れみを』

『JSA』『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督がこの2作の間に撮った作品。出演ははソン・ガンホ、シン・ハギュン、ペ・ドゥナ。ソン・ガンホは『殺人の追憶』で印象に残っていた俳優さん。『シュリ』『JSA』にも出演しているが、『シュリ』での印象は…ない。見

  • 2005/10/19(水) 21:22:19 |
  • なんでもreview

復讐者に憐れみを

 『オールドボーイ』の衝撃がかすんでしまうほど重い。そして、帰りのエレベーターの中では思わずわき腹を押さえてしまった・・・ 普段なら、DVDがまもなく発売されるので観ないところだったけど、ペ・ドゥナをスクリーンいっぱいに感じたいため観てまいりました。彼女は

  • 2005/10/20(木) 13:10:24 |
  • ネタバレ映画館

NO.101「復讐者に憐れみを」(韓国/パク・チャヌク監督)

ぺ・ドゥナには「敢闘賞」を捧げたい!5月23日は誕生日だが、その日から書き始めたこの拙いブログが5ヶ月を終了し、6ヶ月目に入ろうとしている。座布団シネマは今回で101本目である。月に20本。「甲殻機動隊」などのアニメや古典シリーズ、「24」などの海外TVシリーズは除

  • 2005/10/22(土) 04:28:13 |
  • サーカスな日々

復讐者に憐れみを@新宿東急オールナイト

 11月11日におこなわれたオールナイトイベント、「パク・チャヌク復讐三部作一挙上映」レポートの続きです。当日上映されたのは、「親切なクムジャさん」、「復讐者に憐れみを」、「オールド・ボーイ」の3作。ついでに宮台信司氏のトークショーもあり、見応えのある内容で

  • 2005/12/01(木) 13:17:21 |
  • 流線型事件

映画「復讐者に憐れみを」

ジェネオン エンタテインメント 復讐者に憐れみを デラックス版  11月14日に紹介した「親切なクムジャさん」、また4月16日に紹介した「オールド・ボーイ」。この2作の前に作られた復讐3部作のはじまりが「復讐者に憐れみを」です。パク・チャヌク監督。

  • 2005/12/13(火) 21:18:01 |
  • ある在日コリアンの位牌

復讐者に憐れみを

【映画的カリスマ指数】★★★★☆    連鎖する復讐劇

  • 2005/12/23(金) 02:02:58 |
  • カリスマ映画論

「復讐者に憐れみを」

一つ前の「トンマッコルへようこそ」に続いて、また韓国映画。パク・チャヌク監督の“復讐三部作”の第一作目。最初に「オールド・ボーイ」・・・その後「親切なクムジャさん」も見ました。またまた、残酷シーン満載なのかな???

  • 2006/11/05(日) 04:34:44 |
  • ひらりん的映画ブログ

復讐者に憐れみを

復讐者に憐れみを デラックス版監督:パク・チャヌク出演:ソン・ガンホ , シン・ハギュン , ペ・ドゥナStoryパク・チャヌク監督による“復讐三部作”の第1弾となる、『オールド・ボーイ』の原点とも言うべきバイオレンスアクション。ソン・ガンホ、シ

  • 2006/11/06(月) 15:33:32 |
  • my life of my life

「復讐者に憐れみを」

一つ前の「トンマッコルへようこそ」に続いて、また韓国映画。パク・チャヌク監督の“復讐三部作”の第一作目。最初に「オールド・ボーイ」・・・その後「親切なクムジャさん」も見ました。またまた、残酷シーン満載なのかな???

  • 2006/11/07(火) 01:00:04 |
  • ひらりん的映画ブログ

復讐者に憐れみを

“復讐三部作”、その第一作目。パク・チャヌク監督は韓国のコーエンだ!復讐者に憐れみを デラックス版posted with amazlet on 06.11.17ジェネオン エンタテインメント (2005/07/22)売り上げランキング: 23768おす

  • 2006/11/17(金) 11:16:36 |
  • ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

復讐者に憐れみを

     = 『復讐者に憐れみを』  (2002) = 聾唖の青年、リュ(シン・ハギュン)は、腎臓病の姉(イム・ジウン)を救うため、臓器密売組織のもとを訪れる。 しかしながら、全財産と腎臓を奪われてしまったリュは、恋人のヨンミ(ペ・ドゥナ)とともに、誘拐...

  • 2008/07/21(月) 18:06:40 |
  • サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画
トラックバックURLはこちら
http://nekohita.blog6.fc2.com/tb.php/96-253f9831
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。